プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

明治にハリファックスから日本へ

来年は2隻の日本のクルーズがハリファックスに寄港します。ノバ・スコシア州のフォーク・アート作家モード・ルイスさんの後半生を描いた映画も来年3月に日本で公開されます。来年はノバ・スコシアとハリファックスにスポットライトが当たりそうです(???)。

1887年(明治20)年、「日本女子の教養を高めるためには女子教育が必要である(静岡英和のHPより)」との理念のもとに、静岡に静岡英和女学院が創立されました。ハリファックスから迎えたミス・マーサ・ジェイン・カニンガム(Martha Jane Cunningham)が初代校長だったそうです。

私も今年まで知らなかったのですが、ハリファックスのタイタニック号の犠牲者が眠っている場所のすぐ近く彼女を讃えるにモニュメントが立っています。
c0353373_22270022.jpg
函館の五稜郭とハリファックスのシタデルが似ていることから両都市が姉妹都市を提携していますが、それ以外にも日本とハリファックスには深いつながりがありそうです。

村岡花子さんに『赤毛のアン』の原書を渡してカナダに帰ったミス・ロレッタ・レオナード・ショーは、隣のニューブランズウィック州のセント・ジョンにある広大な墓地に眠っています。セント・ジョンの博物館には彼女が日本から持ち帰った品々がThe Loretta L. Shaw Collectionとしてたくさん保管されています。モンゴメリの小説には日本や中国へ宣教師として行く人の話が度々出てきます。当時は多くのカナダ人が宣教活動のために日本に渡っていたようですが、その中でも当時の女子教育への貢献が大きかったようですね。

[PR]
by abegweit | 2017-12-14 21:27 | Nova Scotia | Comments(0)