プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

滅多に見られない光景

11日の午後から気温がぐんぐんと上がり、今朝12日の気温はプラス6度!!!です。今日は11度まで上がる見込みです。家の前の道路には溶け出した雪が流れ出ていて、小川のようです。今日は長靴で出勤です。

この極端な天候の影響か、滅多に見られない光景が出現しました。Paul Tymstraさんという方が飛行訓練中にコンフェデレーション・ブリッジの上空から撮影した写真が話題となっています。

是非CBCのニュースサイトの写真を見てください。下の方に本土とプリンスエドワード島を結ぶコンフェデレーションブリッジが見えます。そして、コンフェデレーション・ブリッジの支柱(Pier Shaft)が氷をきれいに切断しています。因みに橋は12.9キロメートルで、支柱は190メートルごとに設置されています。こんな光景は滅多に見られないと思います。

因みに、橋の下部はこのような感じになっています。
c0353373_22084607.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-01-12 22:12 | Prince Edward Island | Comments(2)
Commented by Mayflwer at 2018-01-13 11:41 x
marvelou picture の情報をありがとうございます。CBC Newsの記事を拝見しました。すごいですね。今冬は極寒ということでしょうか。日本でも大雪の被害が出ています、新潟県ではJRの列車が積雪のため15時間も立ち往生しました。

CBC Newsの記事のなかに abegweitさんの名前を発見! ……New Brunswick at Abegweit Passage…… とありました。
Commented by abegweit at 2018-01-15 21:46
> Mayflwerさん
こんにちは。あの写真は本当にすごいです。自然と人工的建造物が起こした奇跡ですね。

"Abegweit"は先住民族がこの島に名付けた名前で、「波間に浮かぶゆりかごの島」という意味です。響きが好きなので、使わせてもらってます。先住民族もヨーロッパからの移民もどうやってこの島の冬を過ごしたのだろうと、本当に不思議に思います。