プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Anne and Montgomery( 37 )

アンの来日

日本に一時帰国中、朝のワイドショーで映画のプロモーションの為に来日中のアンを見ました。『赤毛のアン』の作者モンゴメリの孫であるケイト・マクドナルドさんも来日し、一緒に村岡花子さんの母校東洋英和女学院を訪問されたようです。本屋さんでは映画の宣伝帯が付いた文庫本が平積みになっていたし、再びアンブームですね。日本でのアンの人気は本当に息が長いと思います。

下の動画は映画の予告編です。


[PR]
by abegweit | 2017-04-29 22:03 | Anne and Montgomery | Comments(0)

カナディアンワールド

北海道の芦別に「カナディアンワールド」というテーマパークがあったのをご存知でしょうか?

1990年に『赤毛のアン』の世界をテーマにオープンし、プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズと寸分違わないレプリカも建てられました。残念ながら集客が伸びないままテーマパークとしては閉園し、現在では「カナディアンワールド公園」として無料開放されているようです。

非常に幸運なことに、私はオープンした1990年の夏に訪れることができました。札幌に住む祖父母を訪れていた時に新聞に入っていたチラシを見たのです。その頃はまだプリンスエドワード島に行ったことが無かったので、大感激したのを覚えています。まさか20年以上もプリンスエドワード島に住むことになるとは考えもしませんでした…

なぜ急に思い出したかというと、島のニュースで現在の様子がレポートされていたからです。当時はプリンスエドワード島からもたくさんの人が働きに行っていたみたいですね。アン役として芦別に住んでいた人のインタビューなどが興味深かったです。

現在も芦別とプリンスエドワード島の州都シャーロットタウンは姉妹都市を提携しており、交流も続いています。

自分でもよくとっておいたなと思うのですが、当時のチラシとパンフレットです。左のチラシが北海道の新聞に入ってました。27年前… 懐かしいです。
c0353373_20572285.jpg
c0353373_20565462.jpg



[PR]
by abegweit | 2017-04-28 20:59 | Anne and Montgomery | Comments(0)

『赤毛のアン』原画展

昨日は鎌倉の桜並木に関して書きましたが、鎌倉に行った本来の目的は葉祥明さんの美術館です。『赤毛のアン』の絵本の原画展が行われていたのです。私が行ったときは奇跡的に誰もいなく、1人でゆったりと鑑賞できました。桜も満開だったし、何もかもがタイミングのよい鎌倉訪問でした。

葉祥明さんの美術館は北鎌倉駅からとても近い住宅街の中にあります。瀟洒な洋館で、葉祥明さんの作品にぴったりです。元々ファンでしたが、今回の原画を見てますます好きになりました。アンの原画展は5月19日までです。かなり前にプリンスエドワード島の画集も出版されています。鎌倉に行かれる方には是非是非おすすめします。

熊本にも姉妹館があるそうで、いつか訪れてみたいと思っています。
c0353373_00172794.jpg
c0353373_00172099.jpg
c0353373_00173217.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-04-22 22:19 | Anne and Montgomery | Comments(0)

映画『赤毛のアン』の声優さん

5月に日本で公開される『赤毛のアン』の映画で、岡田結実さんがアンの声優に決まったというニュースを読みました。私は字幕派ではありますが、マシュウやマリラの声優さんも気になります。公開までちょうど1ヵ月ですね。

この映画とは違うCBC版の『赤毛のアン』ですが、トロントやバンクーバーでは宣伝用のポスターが貼られたり、宣伝でラッピングされたバスが走っているということを、H.I.S. バンクーバー支店さんのブログで知りました。舞台となったプリンスエドワード島では1つも見かけないのに… もう宣伝する必要が無いからでしょうか??? もう3話まで放映しているので遅いでしょうけど、プリンスエドワード島でアンのバスが走っているのを見てみたいです。



[PR]
by abegweit | 2017-04-06 20:18 | Anne and Montgomery | Comments(0)

グリーン・ゲイブルズへ続く白い道

昨晩から今朝にかけて20センチもの積雪がありました。今朝は再び真っ白。風で雪があちこちに舞い、視界が非常に悪いです。こんな日は来られる人だけ出社しています。

さて、先日のグリーン・ゲイブルズの写真です。日当たりのいい家の周りの雪はほとんど解けていましたが、白い雪の道が1本グリーン・ゲイブルズへと続いていました。でも今朝は再び一面の銀世界に戻っていることでしょう。
c0353373_02242652.jpg
c0353373_02243762.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-03-23 23:05 | Anne and Montgomery | Comments(2)

『赤毛のアン』のテレビシリーズ 

CBC(カナダ放送協会)でアンの新しいテレビシリーズが始まりました。3月19日は初回2時間スペシャル。グリーンゲイブルズが立派すぎるような気はしたものの、じっくりと丁寧に作ってあって、とてもよかったです。アンも原作の描写のイメージにとても近かったと思います。今後の展開が楽しみです。

今年日本の映画館で公開されるのは、別のテレビシリーズです。
カナダでは同時期に2つの『赤毛のアン』が放映されているのでややこしいですね。下記がそれぞれの公式HPです。

YTV版
http://www.anneofgreengablesmovies.com/anne-of-green-gables.html (2016年に放映された第1話)
http://www.anneofgreengablesmovies.com/the-good-stars.html (今年放映された第2話)
http://anne-movie.jp/ (日本語HP/日本で5月に公開)

CBC版
http://www.cbc.ca/anne/ (全8エピソード)

話は前後しますが日曜日の午前中は抜けるような青空だったので、グリーンゲイブルズまでドライブしてきました。お化けの森の中では、キツツキの音だけが響いています。グリーンゲイブルズもあと1ヵ月半でオープンです。
c0353373_21145308.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-03-20 21:23 | Anne and Montgomery | Comments(0)

ノーヴァル牧師館

『赤毛のアン』の作者モンゴメリは1911年に結婚した後、プリンスエドワード島を離れてオンタリオ州に移り住みました。1926年から1935年までモンゴメリ(マクドナルド)夫妻が住んでいたノーヴァルという町の牧師館がThe Lucy Maud Montgomery Heritage Societyによって買い取られ、近い将来博物館として公開されることになったそうです。

寄付金を募るサイト(ローンの返済の為、今後も寄付金を募っているようです。)
http://heritagefoundationhalton.ca/lucy-maud-montgomery

牧師館の写真
https://www.facebook.com/pg/acohaltonhills/photos/?tab=album&album_id=1742620292451636

モンゴメリがこの牧師館に住んでいる間に出版されたのは、『青い城』『エミリーの求めるもの』『マリゴールドの魔法』『パットお嬢さん』『もつれた蜘蛛の巣』『パットお嬢さん』の6冊でした。

モンゴメリの後半生については、オンタリオ在住の梶原由佳さんという方が出版された「『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ」という本で詳しく述べられています。
c0353373_21312322.jpg
(左上の本が「『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ」、右下の本はモンゴメリを子供に紹介している英語の本です。)

最近はオンタリオ州のモンゴメリ関連の場所を巡る日本語ツアーもあります。昨年お会いしたトロント観光局のご担当者もモンゴメリについて熱く語っていました。モンゴメリファンは今後オンタリオ州にも注目ですね。

3月15日 追加
http://www.cbc.ca/news/canada/prince-edward-island/pei-montgomery-norval-museum-1.4023215
プリンスエドワード島でも話題になっています。

[PR]
by abegweit | 2017-03-13 21:39 | Anne and Montgomery | Comments(0)

映画やミュージカルで『赤毛のアン』を演じる人々

週末は晴れたり、曇ったり、雪が降ったりと忙しい天気でした。土曜日は一歩も外に出ずに読書三昧。日曜日はファーマーズ・マーケットでMaple Taffy作りをしていたので、吹雪いている中出かけました。Maple Taffyに関しては後日あらためて…
c0353373_22061003.jpg
さて、ここ数日カナダでも日本でも『赤毛のアン』に関するニュースをよく目にするようになりました。

まずはカナダのニュース。
今月にカナダ放映されるCBC/Netflix版の『赤毛のアン』のテレビドラマのワンシーンが公開されました。アンがグリーンゲイブルズで初めて迎える朝です。
https://www.youtube.com/watch?v=NF7xmB1RtQo

今年プリンスエドワード島のシャーロットタウンで上演されるミュージカルのアンを演じる女優さんも発表となりました。
http://www.cbc.ca/news/canada/prince-edward-island/anne-of-green-gables-aj-bridel-chartlottetown-1.4009166

それから日本。
YTV版の『赤毛のアン』の日本劇場公開用のポスターが発表されました。
http://www.crank-in.net/movie/news/48637/gallery/#0
公式サイトもできました。
http://anne-movie.jp/

エステーが主催している『赤毛のアン』のミュージカルの主演が決まったというニュースも読みました。

それぞれどんなアンになるのか楽しみです。

[PR]
by abegweit | 2017-03-06 22:22 | Anne and Montgomery | Comments(0)

祝!『赤毛のアン』の新しい映画が5月6日に日本で全国公開!

タイトルのとおりです。モンゴメリの孫であるケイト・マクドナルドが製作総指揮を務めた『赤毛のアン』の新しい映画が5月6日に日本で全国公開されることになりました。北米では2016年の2月にテレビで放映され、パート2が来週の月曜日に放映される予定です。日本ではいつ公開されるのかなと思っていたので、うれしいニュースです。



[PR]
by abegweit | 2017-02-17 00:11 | Anne and Montgomery | Comments(0)

CBC/Netflix版の『赤毛のアン』

テレビやラジオではストーム注意報が出ていましたが、朝起きるとそれほどたいした積雪量はありませんでした。確かに風は強かったので雪が舞って視界は悪かったです。運転できるようになるまで家で仕事。ランチを食べ終える頃には青空まで広がってきて、午後は出社することになりました。今日は家で仕事だと思っていたので肩透かしを食らったような感じですが、被害が無いにこしたことはないですね。

さて、先日YTV(北米の子供用テレビネットワーク)で今月放映予定の『赤毛のアン』のテレビドラマのトレイラーをご案内しましたが、こちらはCBC/Netflix版の『赤毛のアン』です。

CBC(Canadian Broadcasting Corporation )はカナダ放送協会、NHKのような公共の放送局です。ただし、Wikipediaによると政府の補助金7割、残りの3割は広告収入とのことで、普通に広告が入ります。

このCBC及びNetflix版の『赤毛のアン』の放映日が決まりました。CBCでは3月19日、Netflixでは5月12日から配信開始です。全8話の予定です。(日本のNetflixで見られるかどうかは分かりません。)アン役はプリンスエドワード島を含むカナダ全国で行われたオーディションで1800人以上の中から選ばれたAmybeth McNultyです。彼女はアイルランドに住んでいますが、お母さんがカナダ出身なのだそうです。どちらのアンも楽しみです!

(16秒後ぐらいからAnneの画像が見られます)

[PR]
by abegweit | 2017-02-10 21:47 | Anne and Montgomery | Comments(0)