プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Anne and Montgomery( 43 )

アン尽くしのCanada Day

来週の7月1日はCanada Day、カナダ建国記念日です。特に今年は150周年。盛り上がること間違いありません。夜10時の花火が楽しみです。

さらに午後1時半から『赤毛のアン』のミュージカルの初日公演が行われ、『赤毛のアン』のテレビシリーズ3部作の最終回がテレビで3時から放映されます。去年はNorth Rustico村でCanada Dayを楽しみましたが、今年はシャーロットタウンでアン尽くしの日となりそうです。



[PR]
by abegweit | 2017-06-25 08:05 | Anne and Montgomery | Comments(2)

Lower Bedeque Schoolhouse

Lower Bedeque Schoolhouseは『赤毛のアン』の作者Lucy Maud Montgomeryが3番目に教えていた学校です。One Room School。文字通り教室が1つしか無い小さな学校です。1人の先生が、いろいろな学年の子を教えるのは大変だったと思います。

この学校は1840年から1962年まで学校として使われましたが、学校がクローズした後は野ざらしにされ、1987年ごろにはひどい状態だったそうです。地元や島の有志により修復され、1990年に博物館としてオープンする運びになりました。7月と8月の2ヶ月間、月曜日から土曜日の週6日オープンしています。コンフェデレーションブリッジから車で15-20分ほどです。
c0353373_21433714.jpg
c0353373_21434354.jpg
家の前の赤土の小径もとても素敵です。
c0353373_21434924.jpg
下はプリンスエドワード島出身のアーティスト、Maurice Bernardさんが描いた学校です。このプリントは学校で販売されています。グリーンゲイブルズなどの観光主要地からは遠く、この学校を維持していくのは非常に難しいようです。是非近くまで行った際には立ち寄っていただきたいなと思います。『学校維持の為にプリントをご購入したり、寄付をしていただければとても助かります。』と関係者の方がおっしゃってました。
c0353373_21435630.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-05-26 22:02 | Anne and Montgomery | Comments(0)

『アンという名の少女』と『赤毛のアン』原画展

今日5月12日からネットフリックスで『アンという名の少女』(原題"Anne")のテレビシリーズが世界で配信開始となりますね。シーズン1は初回が2時間スペシャルで、2話~7話までが1時間ずつのエピソードです。シーズン1の最終話は原作には無いエピソードでした。しかも謎を秘めたまま来シーズンに続く形で終わってしまったので、なんとも気になります。個人的にはできる限り原作に忠実な形で撮影して欲しいのですが、私のカナディアンのパートナーは当時の時代背景やアンの生まれ育った環境などが深く掘り下げられていて非常におもしろいと言ってます。

それから、鎌倉の葉祥明さんの美術館で『赤毛のアン』原画展が開催されていますが、この週末の5月13日の午後にはご本人のトークとサイン会が行われるそうです。ご本人にはお目にかかったことがないので、日本にいたら行きたかったです。洋館の一室の壁にアンの原画が展示されていて、とても素敵な空間です。原画展も5月19日までとのことです。私が訪れたときは桜が満開でとてもきれいでしたが、今の時期の鎌倉も散策にはいいでしょうね。
c0353373_03571552.jpg
日本にいたら、今週末は『赤毛のアン』三昧だったことでしょう… 



[PR]
by abegweit | 2017-05-12 20:35 | Anne and Montgomery | Comments(0)

カナディアンワールドのパスポート


今朝は豪雨の影響でトロント空港でのフライトの遅延やキャンセルが増えているようです。同じシステムが来るのか、プリンスエドワード島も今週末は荒れるようです。週末はメイフラワー摘みに行こうと思っていましたが、残念ながら天気が回復するのを待つことにします。

さて、先日北海道のカナディアンワールドの件について書きましたが、パンフレット以外にもパスポートが見つかりました。1990年8月18日のスタンプが押してあります。おそろしいことに27年前… 本当に懐かしいです。
c0353373_20405853.jpg
c0353373_20491728.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-05-05 20:50 | Anne and Montgomery | Comments(0)

映画『赤毛のアン』関連のインタビュー動画

ここ数日、晴れたり、曇ったり、雨が降ったり、暖かくなったり、寒くなったりと不安定な天候が続いています。朝、何を着るかとても迷います。

さて、最近日本のニュースで『赤毛のアン』関連の記事やインタビューをよく見かけます。アン役を務めたエラ・バレンタインや、映画の製作総指揮を務めたモンゴメリの孫であるケイト・マクドナルドのインタビューの動画です。




[PR]
by abegweit | 2017-05-03 20:52 | Anne and Montgomery | Comments(0)

『アンという名の少女』

CBC(カナダ放送協会)で1シーズン放映された"Anne"というテレビドラマが、『アンという名の少女』という邦題でNetflixで5月12日より配信されます。

カナダでは今年の3月19日に初回2時間スペシャルが放映され、昨晩の4月30日にシーズン1の最終話が放映されました。非常にややこしいことに、今月6日より日本の劇場で公開される『赤毛のアン』の映画とは全く別の作品です。

北米のテレビドラマは日本と大きく違って、1年で1シーズンです。たいていは北米の新学期である9月や10月に始まり、3月から6月の間に終了することが多いです。評判がよければ何年(何シーズン)も続きます。作品によっては年に数話しか放映されないものもあります。このアンのドラマは2ヶ月で今シーズンの放送が終了しました。イギリスのBBCで放映されている『シャーロック』も年に3話ぐらいしか放映されないですね。その分1話1話じっくりと作っているのだと思います。

このアンのドラマもCBCとNetflixの製作だけあり、丁寧に作ってあります。配役も合っていると思いますし、キャラクター設定もしっかりしています。ただ、原作のエピソードに加えてオリジナルのエピソードをかなり織り交ぜているので、ここが好き嫌いの分かれるところかもしれませんね。

こちらはNetflixの日本語予告です。



[PR]
by abegweit | 2017-05-01 22:07 | Anne and Montgomery | Comments(0)

アンの来日

日本に一時帰国中、朝のワイドショーで映画のプロモーションの為に来日中のアンを見ました。『赤毛のアン』の作者モンゴメリの孫であるケイト・マクドナルドさんも来日し、一緒に村岡花子さんの母校東洋英和女学院を訪問されたようです。本屋さんでは映画の宣伝帯が付いた文庫本が平積みになっていたし、再びアンブームですね。日本でのアンの人気は本当に息が長いと思います。

下の動画は映画の予告編です。


[PR]
by abegweit | 2017-04-29 22:03 | Anne and Montgomery | Comments(0)

カナディアンワールド

北海道の芦別に「カナディアンワールド」というテーマパークがあったのをご存知でしょうか?

1990年に『赤毛のアン』の世界をテーマにオープンし、プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズと寸分違わないレプリカも建てられました。残念ながら集客が伸びないままテーマパークとしては閉園し、現在では「カナディアンワールド公園」として無料開放されているようです。

非常に幸運なことに、私はオープンした1990年の夏に訪れることができました。札幌に住む祖父母を訪れていた時に新聞に入っていたチラシを見たのです。その頃はまだプリンスエドワード島に行ったことが無かったので、大感激したのを覚えています。まさか20年以上もプリンスエドワード島に住むことになるとは考えもしませんでした…

なぜ急に思い出したかというと、島のニュースで現在の様子がレポートされていたからです。当時はプリンスエドワード島からもたくさんの人が働きに行っていたみたいですね。アン役として芦別に住んでいた人のインタビューなどが興味深かったです。

現在も芦別とプリンスエドワード島の州都シャーロットタウンは姉妹都市を提携しており、交流も続いています。

自分でもよくとっておいたなと思うのですが、当時のチラシとパンフレットです。左のチラシが北海道の新聞に入ってました。27年前… 懐かしいです。
c0353373_20572285.jpg
c0353373_20565462.jpg



[PR]
by abegweit | 2017-04-28 20:59 | Anne and Montgomery | Comments(0)

『赤毛のアン』原画展

昨日は鎌倉の桜並木に関して書きましたが、鎌倉に行った本来の目的は葉祥明さんの美術館です。『赤毛のアン』の絵本の原画展が行われていたのです。私が行ったときは奇跡的に誰もいなく、1人でゆったりと鑑賞できました。桜も満開だったし、何もかもがタイミングのよい鎌倉訪問でした。

葉祥明さんの美術館は北鎌倉駅からとても近い住宅街の中にあります。瀟洒な洋館で、葉祥明さんの作品にぴったりです。元々ファンでしたが、今回の原画を見てますます好きになりました。アンの原画展は5月19日までです。かなり前にプリンスエドワード島の画集も出版されています。鎌倉に行かれる方には是非是非おすすめします。

熊本にも姉妹館があるそうで、いつか訪れてみたいと思っています。
c0353373_00172794.jpg
c0353373_00172099.jpg
c0353373_00173217.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-04-22 22:19 | Anne and Montgomery | Comments(0)

映画『赤毛のアン』の声優さん

5月に日本で公開される『赤毛のアン』の映画で、岡田結実さんがアンの声優に決まったというニュースを読みました。私は字幕派ではありますが、マシュウやマリラの声優さんも気になります。公開までちょうど1ヵ月ですね。

この映画とは違うCBC版の『赤毛のアン』ですが、トロントやバンクーバーでは宣伝用のポスターが貼られたり、宣伝でラッピングされたバスが走っているということを、H.I.S. バンクーバー支店さんのブログで知りました。舞台となったプリンスエドワード島では1つも見かけないのに… もう宣伝する必要が無いからでしょうか??? もう3話まで放映しているので遅いでしょうけど、プリンスエドワード島でアンのバスが走っているのを見てみたいです。



[PR]
by abegweit | 2017-04-06 20:18 | Anne and Montgomery | Comments(0)