プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Prince Edward Island( 57 )

じゃがいも石けん 2

以前ジャガイモの石けん について書きました。見た目は普通の石けんですが、じゃがいもの汁が入ってます。生のじゃがいもにはビタミンやミネラルが豊富に含まれていて、肌にいいそうです。(HPはこちら

最近ファーマーズ・マーケットなどで見かけるのが、ジャガイモにそっくりな石けんです。こちらはジャガイモが含まれているかどうか分かりませんでしたが、見事に再現されてます。確か1個12ドルで石けんにしては高いなと思いましたが、おもしろいお土産だと思いました。袋もジャガイモ用の袋そっくりでかわいいです。
c0353373_02373960.jpg



[PR]
by abegweit | 2017-10-18 19:53 | Prince Edward Island | Comments(0)

ラグ・フッキング展

キルト展 と同時に、教会の別室ではラグ・フッキング展も開催されていました。
c0353373_21172372.jpg
「フック(ホック)」は「引っ掛ける」という意味で、目の粗い麻などに細長く切った布を引っ掛けていきます。昔はぼろぼろになった毛布などのウール生地をリサイクルとして使ったそうですが、今では毛糸などいろいろなものが使われるそうです。
c0353373_21173073.jpg
伝統的なパターンはもちろん、クラゲ(島で見かけるクラゲは赤いです)模様などもありました。
c0353373_21174917.jpg
c0353373_21174227.jpg
c0353373_21173623.jpg
展示会の中には販売しているものもありました。膨大な時間と手間がかかるので、気軽には買えない料金です。いつか「これ!」という一枚があったら、是非購入しようと思います。

[PR]
by abegweit | 2017-10-06 20:44 | Prince Edward Island | Comments(0)

教会でキルト展

先週、シャーロットタウンの教会でキルト展がありました。

最近はお店でも手作りのキルトを見ることは少ないので、アイランダーの手作りのキルトがこれだけ揃うと圧巻です。教会の雰囲気やステンドグラスともとても合ってました。

c0353373_02580996.jpg
c0353373_02580314.jpg
c0353373_02575115.jpg
モンゴメリとアンがテーマのキルトもありました。
c0353373_02575751.jpg
キルトの裏側には作り手から贈る人へのメッセージが書かれていることもあります。軍手を貸してくれたので、キルトをめくってメッセージを見ることもできました。一針一針にアイランダーの愛がたっぷりこもったキルト展でした。

[PR]
by abegweit | 2017-10-05 20:53 | Prince Edward Island | Comments(1)

見事な尻尾

暖かい9月でしたが、葉っぱの色が変わり始めています。これはSumacの葉で、ウルシ科のようです。
c0353373_02562520.jpg
町で見かけたキツネは、えさ探しに急がしそうで、茂みの中へジャンプしてました。それにしても見事な尻尾のキツネでした。
c0353373_02563187.jpg
c0353373_02563934.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-10-01 22:18 | Prince Edward Island | Comments(3)

マグロ

昨日はシャーロットタウンに5隻のクルーズ船が寄港する予定でしたが、強風などの諸事情で3隻だけとなりました。3隻だけでもすごいのですが、5隻そろっているところを見たかったです。

下の写真は他の日に撮影したクルーズです。飛行機雲がきれいでした。
c0353373_20235958.jpg
そして昨日の夕方、マグロ漁に立ち会っていた友人が、マグロの尾の身をもってきてくれました。サバに続きマグロをもらって、連日で嬉しいサプライズです。

下の写真も数年前に撮影したものですが、このように尾の切り落とした部分をもらってきたようです。ネットでいろいろレシピを調べてみましたが、結構筋がありそうなので煮付けにして食べる人が多いようですね。
c0353373_20241352.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-09-27 20:31 | Prince Edward Island | Comments(2)

ハチミツワイン

先週の金曜日、新しいワイナリーのグランド・オープニングに招待されました。シャーロットタウンから車で30分ほど、キャベンディッシュからは15分くらいのところにあります。ここではハチミツのワイン、ミードを作っていて、ワイルドフラワー、ラベンダー、ハスカップ、デザートワインの4種類あります。

9月下旬とは思えない、とても暖かくて気持ちのいい夕べでした。こんな日にグランド・オープニングとは、幸先が良さそうです。
c0353373_03285252.jpg
最近プリンスエドワード島ではハスカップの人気がじわじわと高まっています。北海道と気候が似ているから栽培しやすいのかもしれませんね。オーナーさんに「私は北海道で産まれたんだよ」と言ったら、なぜかものすごく喜んでくれました。ハスカップの花まで食べてしまうそうで、当面の敵は鳥だそうです。ハスカップのワインは色もきれいで、飲みやすくておいしかったです。
c0353373_03284677.jpg
スリムなボトルがおしゃれです。
c0353373_03283648.jpg
ワイナリーではハチミツやラベンダー製品も売られています。
c0353373_03290467.jpg
島で作られた素焼きのワイン用カップも売られています。「15ドルのワインが50ドルの味に変わるよ。」とのことでした。「これをずっと探していたんだ!」と、私のパートナーが早速買ってました。手作りなので1つ1つ違う形です。とてもきれいな色合いで、手にしっくりとくるフォルムです。50ドルの味になったかどうかはともかく、お気に入りです。
c0353373_03285893.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-09-25 19:47 | Prince Edward Island | Comments(0)

クルーズ船がシャーロットタウンに集結

クルーズのシーズン到来です。9月と10月は週に4-5隻のクルーズがCharlottetownに寄港します。ほとんどの場合1日に1隻ですが、来週の9月26日は1日に3隻も寄港するので、町が人であふれるだろうなと思ってました。
c0353373_20422008.jpg
c0353373_20421366.jpg
ところが、現在南に来ているハリケーンの進行方向へ進めなくなくなったクルーズ船がマリタイム(カナダ東部の沿岸州であるP.E.I.、ノバスコシアとニューブランズウィック州の3州)周辺の海域で留まることを余儀なくされています。そして、26日にはさらに2隻!!、合計5隻!!!!!ものクルーズがCharlottetownに寄港することになりました… といっても大型船2隻と小型船3隻なので実質の乗船客は3隻ほどですが、それにしてもものすごい1日となりそうです。

下の写真のようにCharlottetownはとても小さい町です。5隻も入港したら、どんなことになるでしょう… 町のレストランやお店はクルーズ船客であふれそうです。
c0353373_20422627.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-09-21 20:52 | Prince Edward Island | Comments(2)

シェルフィッシュ・フェスティバル 2017

9月の1ヵ月間、プリンスエドワード島ではFall Flavour というイベントが行われています。文字通り「秋の味覚」を感謝して楽しむイベントです。島のあちこちのレストランやコミュニテイで趣向をこらした企画が催されています。

そのFall Flavourのメインイベントの1つである、シェルフィッシュ・フェスティバルが週末に開催されました。ロブスターや貝類をメインにしたイベントです。プリンスエドワード島の牡蠣やムール貝は有名ですが、ホタテ、ハマグリ、ホンビノス貝などもとてもおいしいです。

土曜日の11時~1時まで生牡蠣が1個1ドル!ということで、その時間に合わせて行きました。

生牡蠣のほかに、スモークサーモンのベーグル、私の大好きな蒸したハマグリ、それからシーフードチャウダーを食べ、お腹いっぱいになりました。
c0353373_21125230.jpg
c0353373_21124411.jpg
c0353373_21130073.jpg
c0353373_21130714.jpg
私は行きませんでしたが、日曜日には世界で一番長いロブスター・ロールに挑戦し、61メートルで世界一を記録したそうです。お隣の州のShediacの町と毎年お互いの記録を破りっこしてます。

Fall Flavourのほとんどのイベントは有料です。そして島のあちこちで開催されている為、多くのイベントでは移動手段が必要です。でも、最終日(2017年は10月1日)に行われる大きなファーマーズ・マーケット、Farm in the Cityは無料のイベントです。しかもシャーロットタウンのダウンタウンのメインストリートであるQueen Streetで行われるため、ダウンタウンのホテルからは徒歩圏内です。

[PR]
by abegweit | 2017-09-18 21:22 | Prince Edward Island | Comments(0)

プリンスエドワード島国立公園 グリニッジ

島のSt. Petersという町のすぐ近くにあるGreenwich。1988年に国立公園となりました。砂丘や森の中のトレイルはもちろんですが、湿地帯の浮き橋がとても絵になる国立公園です。雨が降ったり青空が出たりと忙しい天気でしたが、蚊がほとんどいなくて助かりました。湿地があるので、夏は蚊がすごそうです。
c0353373_04225620.jpg
c0353373_04222839.jpg
c0353373_01301397.jpg
砂丘にはいかにもという感じの植物が生えてます。厚い葉の中で水分を蓄えるそうです。
c0353373_04225099.jpg
c0353373_04224001.jpg
4.8キロのトレイルを歩いたら小腹がすいたので、St. Petersで人気のお店でシーフード・チャウダーを食べました。ここのチャウダーはカレー風味です。見た目どおり非常に濃厚です。2人で食べても、お腹いっぱいになりました。
c0353373_04222299.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-09-14 19:36 | Prince Edward Island | Comments(0)

国立公園の草花

先日、島の東部の国立公園を散策したときに見かけた草花です。

Common St. Johnswort (セイヨウオトギリソウ)
これは薬局のビタミン剤やサプリメントのコーナーでよく見かけます。精神安定にいいみたいですね。ただ動物が食べてしまうと害があるようです。
c0353373_01091170.jpg
Butter and Eggs (ホソバウンラン)
日本語名を聞いたことがありませんでしたが、英語名は単純明快です。「バターとたまご」です。
c0353373_01090514.jpg
野生のラズベリー
ほとんど動物や鳥に食べられてしまって残ってませんでした。
c0353373_01085104.jpg
インディアン・パイプ(ギンリョウソウモドキ)
こちらも日本語名は聞いたことがありませんでした。今までずっと探していてやっと見つけましたが、残念ながら枯れてました。
c0353373_01093323.jpg
秋のサインも見つけました。
c0353373_01091752.jpg
この国立公園では、生息している動植物に関しての詳しい展示もあります。
c0353373_01085679.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-09-13 19:20 | Prince Edward Island | Comments(0)