プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Nova Scotia( 4 )

ジョギンズ 世界遺産

2月26日のTBSの世界遺産の番組で、ノバスコシア州のジョギンズが特集されていたと知りました。事前に知っていたら、録画してもらったのに残念でした。

ジョギンズはノバスコシア州のファンディ湾に面した場所です。ファンディ湾は世界でも干満の差が激しい場所のひとつとして知られています。毎日何万トンもの海水が押し寄せては引き、断崖から化石を露出させています。露出しているだけではなく、化石はあちこちに転がっています。あのダーウィンも『種の起源』でジョギンズの化石に関して言及しているそうです。

私がジョギンズに行ったのは3年前の夏の終わりです。小雨が降っていてちょっと肌寒い日でした。シーズン中は干潮の時間に合わせてツアーが行われています。ツアーは3種類ありますが、私は一番短い30分のツアーに参加しました。
c0353373_05131970.jpg
c0353373_05133499.jpg
c0353373_05133986.jpg
正直、地質学の英単語に弱く、ガイドさんが熱心に話してくれる話には???な箇所もありましたが、岩の間に露出している多くの化石やその辺に落ちている石ころにも化石らしきものが見え、いかに特別な場所かということは十分に分かりました。因みに石1つ持ち帰ることは許されておりません。

敷地内にある博物館はとても新しくてきれいです。ここで子供向けの本を買ったのですが、読まずに3年経ちました。
c0353373_05134538.jpg
2008年、ユネスコの世界遺産に指定されました。因みに、現在ノバスコシア州には3つの世界遺産があります。もう2箇所はルーネンバーグとグラン・プレです。

プリンスエドワード島のシャーロットタウンからは片道約2時間。ジョギンズは本土のノバスコシア州にありますが、島からはコンフェデレーション・ブリッジを使って日帰りでも行けます。ノバスコシア州のHalifaxからは片道2時間半~3時間弱ぐらいです。干満によっては、歩けない時間帯(特に満潮時の1時間前後)もあるのでHPで要確認です。できる限り干潮時に行った方が歩きやすいと思います。

[PR]
by abegweit | 2017-03-01 23:02 | Nova Scotia | Comments(0)

日本で見たノバスコシア州

日本に2週間ほど滞在して、プリンスエドワード島に戻ってきました。

非常に大きなスーパームーン出現の夜に日本を出発、同日にカナダに到着ということで、スーパームーンが2回楽しめるかと期待していました。ところが羽田空港に到着した途端雨。プリンスエドワード島は晴れていましたが、飛行機が到着したのが深夜1時20分。既に頭上高くに昇っている月はあまり大きさの違いが分かりません。残念でした。いつかグリーンゲイブルズでスーパームーン鑑賞をしてみたいものです。

さて、日本滞在中、電車内の広告を見ていたらいやに見覚えのある写真が目に留まりました。プリンスエドワード島のお隣のノバスコシア州のマホーンベイの写真が英会話学校のポスターに使われていたのです。マホーンベイは水辺に並ぶ3つの教会が絵になる町です。
c0353373_04512483.jpg
それからアメリカの次期大統領が決まったときにカナダの移民サイトにアクセスが殺到してダウンしたようですが、カナダへの移民を呼びかけていたノバスコシア州のケープ・ブリテン島の映像が日本のニュースで流れました。2週間の日本滞在の間に2回もノバスコシア州に関連する画像を見ることは珍しいので、小さな偶然にちょっとびっくりしました。

[PR]
by abegweit | 2016-11-16 04:57 | Nova Scotia | Comments(0)

世界で一番干満の差が激しいファンディ湾

ノバ・スコシア州へ向かうフェリーの中で出会った人と話していたら、「グラン・プレ方面に行くならHalls Harbourがお勧め」とのアドバイスをもらいました。

Halls Harbourはファンディ湾に面している小さい港です。ファンディ湾は世界で一番干満の差が激しい湾...と思ってましたが、Wikipediaによると他の2箇所と世界一の座を争っているそうです。それはともかく干満の差が10メートルを超えるのはすごいです。

さて、到着したのは満潮から2時間半後でした。この写真よりももっと海面が下がることになります。Halls Harbourの公式HPで干満の様子が早送りで見られますが、これが毎日起こっていることが奇跡のように思えます。
c0353373_01305731.jpg
c0353373_01305330.jpg
c0353373_01304918.jpg
ここは観光スポットにもなっているらしく、漁港にはギフトショップやシーフードレストランが並んでいます。レストランではいけすから好きな大きさのロブスターを選んで調理してもらえるようです。ロブスターは重さによってCannersとかMarketなどと分類されますが、3ポンド(約1.4キロ)以上のロブスターはジャンボと呼ばれます。この写真では分かりにくいですが爪は私の手と同じぐらいの大きさです。
c0353373_01310146.jpg


[PR]
by abegweit | 2016-08-03 20:41 | Nova Scotia | Comments(0)

グラン・プレ

カナダには17つのユネスコ世界遺産があります。そのうちの3つがノバ・スコシア州にあり、今回は2012年に指定されたグラン・プレに行ってきました。グラン・プレの景観がユネスコ文化遺産として登録されています。

グラン・プレが面しているFundy湾は世界で一番干満の差が激しいところですが、17世紀に移民してきたフランス系住民(アカディアン)は堤防を築きこの地を豊かな田園へと変えていきました。ところが英仏戦争の激しい領土争いに巻き込まれ、1755年のアカディアン大追放(The Great Deportation)によって、イギリス軍に徹底的に追い出されてしまいます。この時に別れ別れになったカップルの悲劇を描いてベストセラーになったのが、ヘンリー・ワーズワース・ロングフェローの叙事詩『エヴァンジェリン』です。

エヴァンジェリンの像とメモリアル教会周辺は国定史跡でもあり、喧騒とは無縁でとても静かです。エヴァンジェリンは架空のキャラクターですが、まるで実在していたかのように戦争の悲劇を静かにうったえかけてきます。

グラン・プレはノバ・スコシア州の州都ハリファックスから1時間ほどですが、プリンスエドワード島のシャーロットタウンからは4時間以上のドライブです。島からはなかなか頻繁には行けませんが、ヨーロッパの小さい村のような佇まいや雰囲気などにとても惹かれます。
c0353373_03472614.jpg
エヴァンジェリンの像とメモリアル教会(秋撮影)
c0353373_03472222.jpg
(同じく、秋撮影)
c0353373_03473445.jpg
(ロングフェローの像 秋撮影)

c0353373_03471850.jpg
(メモリアル教会 内部)
c0353373_03473827.jpg
(グラン・プレを見渡す丘)

[PR]
by abegweit | 2016-08-02 21:09 | Nova Scotia | Comments(0)