プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

Dalvay by the Seaのリンク

今夜から明日にかけて、Extreme Cold Warningという聞くだけで凍えそうな注意報が出ています。明日の朝の体感気温がマイナス35度前後まで下がるとか。。。学校は体感気温がマイナス35度を下がると休校になるそうです。

極寒で思い出したのが2012年に撮影したこの写真。3連休の週末で「雪靴」や「屋外リンク」などの国立公園によるファミリー向けのイベントの一つでした。
c0353373_23315218.jpg
この日も確か気温がマイナス20度以下で体感気温はもっともっと下がっていましたが、Dalvay by the Seaで滑る機会はそうそう無いだろうと可能な限りの防寒をして行ってきたのです。北海岸からの凍るように冷たい北風が吹きさらしているので、とにかく寒くて氷の上には10分ほどしかいられませんでした。大丈夫とは思いながらも氷が割れたら助からないかも。。。という不安もありましたが、Dalvayで滑っているんだという満足感の方が大きかったです。短いながらも貴重な時間でした。

[PR]
by abegweit | 2015-02-23 23:53 | Fall | Comments(0)

Victoria Park

今日も町中が真っ白です。特に今朝はものすごい強風で雪が舞い上がっています。CharlottetownのVictoria Parkもこの通り。ボードウォークが雪に覆われて歩ける状態ではなさそうです。
c0353373_23274502.jpg


[PR]
by abegweit | 2015-02-20 23:37 | Winter | Comments(0)

Baking

プリンスエドワード島ではあまりの雪の多さになかなか除雪が進みません。子供の安全第一で学校は3連休となり、先週末のロングウィークエンドを含めて何と6連休。でも今絶対に休めないのは公道などの除雪に携わっている人々で、24時間除雪作業が行われています。あるカフェは除雪関係者に無料のホットドリンクを提供しているようです。素敵なサービスです。

さて、こんな日はオーブンを使って温かいものを作りたくなりますね。島の食材を使ったレシピ本をぱらぱらとめくっていたところ、2年前の雪の日にブルーベリーケーキを作ったことを思い出しました。島のブルーベリーの旬は8月中旬から9月中旬ぐらいまでで、特にワイルドブルーベリーが美味です。今は本土やアメリカから輸入されたブルーベリーが冬でも入手できてとても便利です。
c0353373_01553085.jpg


[PR]
by abegweit | 2015-02-20 02:16 | Food and Drink | Comments(0)

Frozen

プリンスエドワード島はどこもかしこも真っ白です。
こちらはNASAの衛星写真。島の形がきれいに浮き上がっていてきれいですね。
c0353373_05592625.jpg
そしてこちらは国立公園内Dalvay のビーチ。全部海です。まるで極地にいるかのようです。
c0353373_05594313.jpg
空から見ても陸から見ても真っ白なプリンスエドワード島でした。

[PR]
by abegweit | 2015-02-19 06:06 | Winter | Comments(0)

Snow Storm

2日間で積もりに積もって86.8センチ!という記録的な吹雪で、
空港はクローズ、コンフェデレーションブリッジも封鎖、まさに島が孤立した2日間でした。

今日2月17日(火曜日)も学校、州政府、連邦政府含めて官公庁はお休み。Charlottetownダウンタウンもほとんどのお店がお休みでとっても静かです。優先的に除雪される為ダウンタウンを歩くのは問題無いのですが、郊外はまだ全然雪に埋もれている状態で今日はアイランダー総出で雪かきをしています。
残念ながら私の勤め先はオープンしているので、オフィスまで歩きがてら写真撮影。気温はマイナス13度、体感気温はマイナス20度という寒い朝ながら、久しぶりの日差しが心地よく空気も新鮮で気持ちのいい散策になりました。

今朝の写真と夏の写真を比較してみました。
c0353373_00363089.jpgc0353373_00371003.jpg







[PR]
by abegweit | 2015-02-18 00:57 | Winter | Comments(0)

冬のDalvay by the Sea

今日は2月16日。他の州ではFamily Dayとも呼ばれますが、2月の第3月曜日はPrince Edward Island州のお休みIslander Dayです。因みに州によっては第2月曜日だったり様々です。それはともかく、クリスマス後の最初のロングウィークエンド(3連休!)ということで結構楽しみにしていましたが、日曜日と月曜日両日とも記録的な吹雪で島中がシャットダウンしてしまいました。日曜日の1日だけで60センチ以上、このブログを書いている月曜日の午前中もまだ降り続けており、視界が悪いこともあって除雪車も出動できない模様。今日も1日雪篭りとなりそうですが停電にならない限りはこんな日も楽しいものです。

嵐の前の静けさだったのか土曜日はとてもいいお天気でした。映画『アンの青春』やTVドラマ『アボンリーへの道』でホワイトサンズホテルとしてロケが行われたDalvay by the Seaホテルの方までドライブしましたが、周りの海も湖も何もかもが凍っていました。3年前のIslander Dayにはこの湖で屋外スケートをしたこともあったなあと思い出しながらのドライブでした。
c0353373_01202705.jpg

[PR]
by abegweit | 2015-02-17 01:25 | Winter | Comments(0)

Row House Lobsterにて

昨年オープンしたばかりのRow House Lobsterというレストランに行ってきました。
バレンタインデー前日かつ金曜日でもあり、お店は大繁盛。
ロブスターのタコス、ロブスターのてんぷらなどロブスターを使ったメニューが楽しいレストランですが
今夜シェフ自身が「このメニューの為にこのレストランを始めたんだ。」と言いながらサーブしてくれたのは
ロブスターリゾットのコロッケ。前菜メニューですが、メインで食べたいと思うほどのおいしさでした。
シーフードはもちろんお肉料理も充実していて、
アジア風リブはお肉がほろほろと柔らかくてこれまたおいしく頂きました。
c0353373_02574342.jpgc0353373_02574031.jpg
c0353373_02573606.jpg








20年前は洒落たレストランなどほとんどなくて
高級レストランといえばホテルのダイニングぐらいだったCharlottetownですが、
最近はビストロ風、オープンカフェ風、アジア風などおしゃれなレストランがすごく増えました。
チップや税金などで結構高くついてしまうので、残念ながら頻繁に外食をするわけにはいきませんが
嬉しいことにプリンスエドワード島は日本の小さな県1つぐらいの大きさながら食材が豊かです。
ファーマーズマーケットやスーパーで買出しして料理するのも大好きになりました。

[PR]
by abegweit | 2015-02-16 09:25 | Food and Drink | Comments(0)

霧氷

11月から3月ぐらいまで、冬が1年の半分近くを占めるプリンスエドワード島です。だからこそ春、夏、秋の季節の移り変わりがより愛しく感じられるのでしょうね。でも私はこの長い冬も大好きです。道路の凍結や雪の壁が視界を邪魔をするので運転しにくいし、フライトのキャンセルや遅延の確立も高いし、外出する際にはいろいろなものを着込まなくてはならないので面倒ではあるのですが、凍った海や真っ白に覆われた雪景色を楽しめるのはやはり今ならではです。
c0353373_23252860.jpg

この写真は昨年撮影したのものです。冬が長いとはいえ、青空の下で輝く霧氷を見られる機会は意外と少ないです。この日は太陽の日差しで溶けることもなく、一日中きらきらときれいでした。

この調子なら日暮れ時もきれいに違いないと行ってみたところ、ピンク色がかって幻想的な雰囲気を満喫できました。観光地はほぼ閉まっているので観光には向かないシーズンですが、この冬景色をもっと多くの方に見てもらいたいなと思います。
c0353373_23171018.jpg


[PR]
by abegweit | 2015-02-13 23:22 | Winter | Comments(0)

Green Gables

『赤毛のアン』で有名なプリンスエドワード島に住み始めて早20年。もちろん『赤毛のアン』とモンゴメリのファンで移住してきましたが、今では島の四季折々の景色に魅了されてしまいました。今まで撮り貯めた写真も交えて、私の大好きな島をご紹介します。

さて、初回はとことん青い空ときらきら輝くまっ白な雪がきれいなGreen Gablesの冬の写真です。夏には1日に何千人もの人が訪れるとは思えないほど、観光客も無くひっそりと静まり返っています。

新潮文庫『赤毛のアン』村岡花子訳より
『「お化けの森」の樅はみんな鳥の羽のように美しく、樺や野生の桜の木は真珠でふちどられていた。耕された畑は雪の原のえくぼのように横たわり、空気はなんとも言えなくさわやかだった。』
c0353373_06485856.jpg
昨年放映された連続テレビ小説『花子とアン』のオープニングタイトルでお馴染かもしれませんね。
私は地元のツアー会社勤務ということもあり、テレビの影響力のすごさを身をもって実感した1年でした。2015年はどんな1年になるか楽しみです。

[PR]
by abegweit | 2015-02-12 23:35 | Winter | Comments(0)