プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

モンゴメリの生家

今年はモンゴメリの生まれた家が博物館として一般公開されてから50周年を迎えます。モンゴメリは1874年11月30日にNew London(当時はClifton)で産まれましたが21ヶ月の時に母を亡くしました。父親はモンゴメリを母方の祖父母の下に預けて西部へ旅立ってしまいます。

c0353373_21521205.jpg
明日の土曜日8月1日の午後2時から4時まで、近くのコミュニティホールにて50周年のレセプションが開かれるそうです。また8月1日の午後、生家の入場料も無料になるとのことです。残念ながら私は行くことができない為、友人の報告を待とうと思います。

地元の新聞でも紹介されました。(このリンク先は閲覧制限があるので、同じパソコンから何度喪アクセスすると有料購読サービスへのご案内が出てきます。月に数回までは無料です。)


[PR]
by abegweit | 2015-07-31 21:52 | Anne and Montgomery | Comments(0)

赤土の崖

プリンスエドワード島の大地は赤いです。日本の観光客の方たちが、「本当に赤いんですね」とよくおっしゃってます。土に含まれている鉄分が酸化していて、雨の後急に青空が広がると赤と青のコントラストがよりくっきりと鮮明になってそれはきれいです。

この赤土の崖がおりなす光景は観光スポットとしても人気がありますが、浸食が激しい為写真撮影の際は注意が必要です。こんな看板が立っている近くに焚き火の跡が残っていたりすると、よく日が落ちてからこんな危険な場所に来られるなと思います。
c0353373_21325810.jpg
浸食を最小限におさえるための努力はしているものの資金的にも物理的にもなかなか難しいようで、島は少しずつ小さくなっています。。。
c0353373_21332061.jpg

[PR]
by abegweit | 2015-07-30 21:50 | Sightseeing | Comments(0)

フィッシュ アンド チップス

Fish and Chips... アトランティックカナダの人たちの大好物です。あるアイランダーによるとカトリックでは金曜日の肉食が禁じられていたようで、毎週金曜日は必ず魚を食べたと言っていました。今でも多くのレストランの金曜日の日替わりランチにFish and Chipsが多いのは、その影響かなと思います。

この辺りでFish and Chipsに使われるのはHaddockという白身のお魚です。CharlottetownダウンタウンにあるFish and Chipsの専門店では、Haddockの他にHalibut、CodとSoleの4種類から選ぶこともできます。以前4種類を食べ比べしてみましたが、フライにするとHalibut以外はあまり違いが分かりませんでした。Halibutはオヒョウの仲間で、この辺りでは高級魚です。他の白身魚より身がしっかりしているので分かりやすいのです。

最近の健康志向から、Chips(フライドポテト)をサラダなどに変更可のレストランも多くなりましたが、やっぱり王道はChipsです。島の多くのレストランが、「島で一番おいしいFish and Chips」とうたっていて、オリジナルタルタルソースにも凝っているようです。やはりFish Marketも兼ねている海辺のお店のFish and Chipsがおいしいと思います。
c0353373_03034042.jpg
c0353373_02323196.jpg


[PR]
by abegweit | 2015-07-29 21:43 | Food and Drink | Comments(0)

ゴグとマゴグ

オークションの時に1点気になったのが、マゴグの行方です。
モンゴメリの父方の祖父が住んでいたこの家は数年前までL. M. Montgomery Heritage Museumとしてオープンし、『アンの愛情』以降にしばしばアンシリーズに出てくるマゴグも展示されていました。
c0353373_21172980.jpg

ゴグとマゴグというのは、『アンの愛情』でアンが大学時代に友人と借りていた「パティの家」に飾ってあった陶製の対の犬の置物です。『アンの夢の家』では結婚の贈り物としてアンに贈られました。

モンゴメリの祖父の家にこの緑の斑点の犬の置物があり、モンゴメリは是非自分の家にも飾りたいとあこがれていたそうです。残念ながらゴグの方はずっと昔に割れてしまったそうで、マゴグだけが残っていました。ゴグの方は割れてしまったのに大胆だなとも思いましたが、ツアーで行くとこのマゴグを抱いて写真を撮らせてくれました。

因みにモンゴメリは新婚旅行先のイギリスで金色の斑点のあるものに一目ぼれしたそうで、現在はオンタリオ州のGuelpf大学で保管されています。

私の部屋には昔買ったゴグとマゴグのミニチュアが飾ってあります。茶色い斑点のあるものは試作品だそうで、昔ここが博物館だったときに買いました。どちらもかわいいです。
c0353373_21272160.jpg
c0353373_21273177.jpg


[PR]
by abegweit | 2015-07-28 21:37 | Anne and Montgomery | Comments(0)

ルバーブのプディングとジンジャーブレッド

土曜日にPark Cornerのオークションに行った帰り、Blue Winds Tea Roomへ立ち寄りました。本日のデザートがルバーブのプディングだったので迷わずオーダー。今までルバーブタルトやルバーブクリスプは食べましたが、今回初めてルバーブのプディングです。小麦粉もお砂糖も使っていないとのこと。ルバーブの酸味がしっかり味わえておいしかったです。
c0353373_21110243.jpg

カナダ人の友人はアイスクリーム。これって「本当にホームメイドなの?すっごくおいしい」と食べてました。
c0353373_21111421.jpg

さらに、ここのジンジャーブレッドをお持ち帰りして、夜のデザートにしました。ピーチがたくさんあったのでソースを作って加えてみました。
c0353373_21112115.jpg

オークションの興奮冷めやらなかったので、寝る前にモンゴメリの『ストーリーガール』を読み始めました。20年以上前に篠崎書林版を読んだ以来久しぶりです。この小説の中にオークションに出てきたフルーツバスケットが出てきます。ルバーブパイの描写もあり、1日の出来事に思いを馳せながら久しぶりの『ストーリーガール』を楽しみました。

[PR]
by abegweit | 2015-07-27 21:24 | Food and Drink | Comments(0)

モンゴメリのオークションに行ってきました。

さて、本日オークションへ行ってきました。先日このブログにも書きましたが、『赤毛のアン』の作者モンゴメリの父方の祖父が住んでいた家でモンゴメリの作品に登場する品々をはじめ、家財のほとんどがオークションにかけられたのです。

寄付を募ってプリンスエドワード島州立大学(UPEI)のMontgomery Instituteに寄贈する呼びかけ(HP Facebook)もありました。これが見納めになるかもしれないと、Charlottetownから車で50分ほどにある北海岸のPark Cornerへ行ってきました。

実はこれが私にとっては初めてのオークションです。地域や国によっていろいろだと思いますが、今回はこんな感じでした。
まず9時から11時の間、Previewといってオークション対象品を自由に見ることができました。驚くことにモンゴメリの初版本なども手にとって自由に見ることが出来たのです。写真撮影もOKでした。参加する人は名前、電話番号、出身地を伝えて番号札をもらいます。これまたびっくりしましたが、手続きもごく簡単でした。

そして11時からオークションが始まりました。野外です。折りたたみ式の椅子を持ち込んだり、オークション対象の家具に座ったり、非常に自由です。始まってから30分ぐらい経った頃でしょうか、モンゴメリのサインの入った初版本、『赤毛のアン』のバラの蕾のティーセット、『ストーリーガール』のフルーツバスケットなどがどんどんオークションにかけられました。
c0353373_09031456.jpg
私の見た感じでは、モンゴメリに関係する品々に関心がある人と古い家財道具に関心がある人とに二分されていたような気がします。ここで詳しく書いていいのか分からないのですが、いつかまたバラの蕾のティーセットやフルーツバスケットが一般の人の目に触れる機会があるのではないかという期待を感じさせられる結果となりました。

バラの蕾のティーセット(赤毛のアン)
c0353373_09114023.jpg
ブルーチェストに入っていたフルーツバスケット(ストーリーガール)
c0353373_09123511.jpg
モンゴメリの猫入りの貴重なサインの入った『もつれた蜘蛛の巣』の初版本
c0353373_09125493.jpg
そうそう、一番意外だったのは『アンの愛情』に出てくるゴグとマゴグのラグフッキングがフルーツバスケットとそれほど変わらない金額で競り落とされたことでした。いろいろ勉強になったオークションでした。
c0353373_09132265.jpg
因みに私は特にモンゴメリとは関係ない品を競り落とそうとしましたが、どんどん料金が上がっていく緊張に堪えられず断念しました。。。


[PR]
by abegweit | 2015-07-26 09:27 | Anne and Montgomery | Comments(0)

セイヨウミヤコグサ

スーパーで買ったイチゴの中にちょっと変わった形のものがありました。きれいに4つに分かれています。
c0353373_09340118.jpg
このイチゴを見た時に何かに似ていると思ったのが、このお花です。セイヨウミヤコグサというそうで、今の時期島のあちこちで見かけます。ミヤコグサは4つではなく3つに分かれているのですが、このぷっくらとした感じがよく似ていると思います。
c0353373_09341482.jpg

[PR]
by abegweit | 2015-07-25 20:41 | Summer | Comments(0)

Garden Party

先日ご案内した副総督主催のGarden Partyに行ってきました。お天気が危ぶまれましたが雨は降らず、気温が低くて心配していた藪蚊などもいませんでした。今年は蚊が多くて既にあちこち刺されて大変な思いをしたので、どうしても野外イベントでは蚊が気になってしまいます。。。

副総督ご夫妻と護衛の方が出迎えてくれた後は、公邸で作られたスイーツが振舞われます。
c0353373_21235189.jpg
ストロベリーソースのかかったアイスクリーム、クッキー、タルトなどがありました。
c0353373_02194888.jpg
c0353373_21240206.jpg
c0353373_21240893.jpg
もちろんGarden Partyというからにはお庭も散策。昨年の雪でかなりのバラの木がだめになってしまったそうで、今年の春は何十本も植え替えたそうです。
c0353373_02201051.jpg

[PR]
by abegweit | 2015-07-24 21:58 | Summer | Comments(0)

ルバーブのタルト

CharlottetownのFarmers Marketは毎週土曜日の9:00-14:00、夏は水曜日と土曜日の週2回オープンしています。いつもは10時から11時の間に行くことが多く、いいものは売切れてしまいます。早く行けばいいとは分かっているものの、なかなか週末は起きられません。
でも先週の土曜日はがんばってオープン直前に行ってきました。新鮮な野菜やシーフードなどがたくさんあり、いつもより散財してしまったもののいいお買い物ができました。

朝早く起きて小腹がすいて買ってしまったのが、このルバーブとカスタードのタルトとエッグタルトです。
c0353373_21243439.jpg
どちらも甘さがちょうど良くておいしかったのですが、特にルバーブのカスタードタルトが非常においしかったです。ルバーブのほどよい酸味とカスタードがぴったりでした。是非焼きたてを食べてみたいです。
c0353373_21244224.jpg


[PR]
by abegweit | 2015-07-23 21:35 | Food and Drink | Comments(0)

ルバーブとストロベリーのビール

オフィスの近くに新しい地ビールのお店、Upstreet Craft Brewingがオープンしました。あまりビールの種類は詳しくないのですが、ピルスナー、ペール・エール、そしてルバーブとストロベリーのビールの3種類があります。少しずつ味見させてくれたので、私はピルスナー(写真右)、友人はRuby Socialという名前のルバーブとストロベリーのビール(写真左)をオーダーしました。
c0353373_23442817.jpg
基本的にこの3種類のビールだけですが、外にあるタイ料理のフードトラックで買った食事だけは持ち込めます。タイ料理にビールはぴったりだし、これはWin Winのいいアイディアだなと思いました。

[PR]
by abegweit | 2015-07-22 21:42 | Food and Drink | Comments(0)