プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 07月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ハリファックスのゴースト・ウォーク

Halifaxでゴースト・ウォークに参加しました。町の中を歩きながら、英語のガイドさんに怖い話をしてもらうツアーです。昨年参加したツアーはあまり怖くなかったので、今年は別のツアーに参加してみました。

出発はOld Town Clock。Halifaxを見渡す丘に佇む時計台です。(下の写真は昼間撮影)
c0353373_23550678.jpg
Halifaxは2つの大事故と深い関係があるせいか、不思議な現象がよく起こるそうです。

1つは1912年のタイタニック事故。Halifaxから救助船が送られましたが、300キロ離れた場所だったこともあり、救助船が到着した頃には生存者はいませんでした。救助船は200人を超える遺体や遺品とともにHalifaxに戻りました。
それから1917年のハリファックス大爆発。ハリファックス湾で火薬を積んだ貨物船が衝突して大爆発が起こり、2000人以上もの方が亡くなりました。

タイタニック事故と大爆発の際に遺体安置所として使われたのが下の写真の建物です。今ではHalifaxを代表するレストランの1つですが、不思議な現象が後を絶たないそうです。私は明るい時間に早めの夕食を食べましたが、さすがにお手洗いを使う時に躊躇しました。
c0353373_23555100.jpg
今回参加したゴースト・ウォークではアンシリーズ第3巻『アンの愛情』でアンが散策した墓地の中も歩きました。5月某日に行われたツアーでは多くの参加者が不思議な人影を見たそうですが、今回はそのようなことはありませんでした。足元から腰までかーっと熱くなってきたという方はいました。
c0353373_23554634.jpg
今回のツアーとは関係ないですが、Halifaxのウォーターフロントにはこんな物騒なものも置いてあります。昔は血気盛んな海賊(政府から公認の海賊もいたそうです)や軍人たちがいろいろと騒動を起こし、殺人事件も多々あったようです。
c0353373_23553664.jpg
今回のツアーもそれほど怖い話は無く、町の歴史を聞きながら夕暮れの散策を楽しむ…という感じでした。Trip Advisorのコメントを読んでも同じような感想の人が多く、家族連れでも気軽に参加できるツアーです。どちらのツアーも1人15ドルです。(2016年現在)

[PR]
by abegweit | 2016-07-30 05:40 | Sightseeing | Comments(0)

ハリファックスのプライド・パレード

先日Halifaxに行ったところ、偶然プライド・パレードが開催されてました。プライド・パレードはLGBTの人たちの自由と権利を祝うフェスティバルといえばいいのでしょうか。ショーウィンドーはシンボルである虹色で飾られ、官公庁には虹の旗が掲げられ、パレードを警備する警察官まで虹色の靴下をはいてました。学生町で若い人口が多いこともあり、非常に盛り上がってました。
c0353373_20572869.jpg
c0353373_20574085.jpg
c0353373_20574411.jpg
『アンの愛情』に出てくるオールド・セント・ジョン墓地(小説上の名前)の前の交差点もこの通り、虹色に塗られています。
c0353373_20573414.jpg
今月はじめにおこなわれたトロントのパレードではカナダの首相が率先して参加し、話題になりました。P.E.I.のCharlottetownでは今週末に開催される予定です。

[PR]
by abegweit | 2016-07-28 21:04 | Canada | Comments(0)

マスタード?キャノーラ?

この時期島内を運転していると、突然鮮やかな黄色がぱっと目の前に広がってくることがあります。
マスタードかキャノーラの畑なのですが、この違いがいまだによく分かりません。

最近は土壌改良や虫駆除の為にマスタードを栽培している農家が増えているとききます。
インターネットでいろいろ調べてみると、花弁の付き方や葉っぱの付き方や形で見分けられるそうです。ただし撮影した写真は遠景ばかりでやはり分かりませんでした。

1枚目と2枚目の写真がおそらくマスタードの花、3枚目の写真は多分キャノーラ畑だと思いますが、全く自信がありません…  
c0353373_04305818.jpg
c0353373_04304761.jpg
c0353373_04305286.jpg
いずれにしても、上空から見たらさぞかしきれいなことと思います。

[PR]
by abegweit | 2016-07-28 00:28 | Summer | Comments(0)

ポケモンGoで市バスが無料

カナダでは日本よりも数日早く配信されたPokemon Go。ゲームに疎い私はなぜ朝からラジオで「ポケモン、ポケモン」と連呼されていたのか分からなかったのですが、これだけニュースになっているとさすがに気になります。

私の勤めている会社では市から委託されて市バスの運行などもしています。社長が「今週はポケモンGoのアプリを提示した人は無料で市バスに乗れることにする!」と宣言して、本当に実行してしまいました。夏休みで市バスを利用する大学生が少ないので、この時期を利用して子供たちに市バスの乗り方を学んでもらおうと主張しつつ、流行にのっているのではないかと思われます。

週末はお隣の州のHalifaxに行ったのですが、ここでもポケモンGoに夢中になっていると思われる人々がたくさんいました。Charlottetownでも夜に外を歩いている人がどっと増えました。私のパートナーもよい年をして早速ダウンロードしてましたが、とにかく怪我しないように気をつけて楽しんでもらいたいものです。
c0353373_20455597.png
c0353373_20483733.jpg

[PR]
by abegweit | 2016-07-26 20:50 | Prince Edward Island | Comments(0)

エルマイラ駅

プリンスエドワード島にも昔は鉄道が走ってました。主要路線の一番東端の駅だったのがElmira(エルマイラ)です。現在はP.E.I.の鉄道に関する博物館となっています。
c0353373_21344335.jpg
映画や日本で作成されたアニメのブライトリバー駅舎とよく似ていて、今にもアンが出てきそうです。博物館の中にはアンが持ってきたようなかばんも展示されています。
c0353373_21344912.jpg
c0353373_21345480.jpg

エルマイラの駅舎はCharlottetownからもCavendishからも1時間半近く離れています。モンゴメリがブライトリバーを描写するにあたって頭に描いていたのはハンターリバー駅周辺だそうです。エルマイラの博物館内には当時の全駅舎の写真が飾ってあり、ハンターリバー駅舎の写真もあります。
c0353373_21350678.jpg
島内の鉄道が廃線となって25年以上が経ちます。線路は全て取り外されましたが、島を横断するトレイル、Confederation Trailに生まれ変わりました。もちろんElmiraは東の発着点。人気のあるサイクリングトレイルとなっています。
c0353373_21350069.jpg


[PR]
by abegweit | 2016-07-25 22:09 | Sightseeing | Comments(0)

East Point 灯台

久しぶりに島の最北東端にあるEast Pointの灯台へ行ってきました。
c0353373_03373024.jpg
灯台、ギフトショップ、小さなカフェがあるのみで、いかにも島の端っこという感じがします。車が数台、自転車で来ている人が数人いましたが、みんな何をするでもなくのんびりと過ごしていました。
c0353373_03373544.jpg
この灯台に行く途中にはこの目立つ郵便&新聞受けが立っていて、灯台までもう少しという目印になります。
c0353373_03373881.jpg


[PR]
by abegweit | 2016-07-21 20:36 | Sightseeing | Comments(0)

じゃがいも畑

先週島の東の先端までドライブへ行ってきました。うねうねとした赤土の畑が海へ続いていく光景は島ならではのものです。
c0353373_20441483.jpg
島の中央部のじゃがいも畑ではお花が咲き始めてきました。後方に見える黄色いお花はカノーラかマスタード(からし菜)です。マスタードは土壌改善や虫除けにいいそうで、最近よく見かけるようになりました。
c0353373_20442041.jpg


[PR]
by abegweit | 2016-07-20 20:51 | Summer | Comments(0)

Bay Fortune 5 (デザート)

Bay Fortuneレポート最終回です。

ダイニングでメインを食べて外にでると、楽しいサプライズが待ってました。

木の枝に刺してあるマシュマロと、熱くなった丸太が用意されていました。ブルーベリーでうっすらと紫がかったマシュマロをあぶります。
c0353373_00130403.jpg
c0353373_00124801.jpg
そしてとろとろになったマシュマロと熱いチョコレートソースをクッキーの上にかけて出来上がりです!
c0353373_00125564.jpg
c0353373_00130096.jpg

最後の方は、こんな空洞になってました。
c0353373_00131008.jpg
家に帰るまで気がつきませんでしたが、家に入った途端煙臭いと言われて、帽子も含めて全て洗濯機で洗わなくてはなりませんでした。でもこんなランチは初めてです。きっとゲストに楽しんでもらおうと、毎回趣向を凝らしているのだと思います。今回はチャリティの為の特別なランチでしたが、Dinnerは誰でも予約できます。HPによると1人95ドル(プラス税金とチップ)ですし、Chrlottetownから車で1時間強離れているのでなかなか簡単には行けないのですが、金額だけの価値はあると思います。要予約です。

[PR]
by abegweit | 2016-07-20 00:51 | Food and Drink | Comments(0)

Bay Fortune 4(直火グリルのハンバーガー)

Bay Fortuneのレポートその4です。

いよいよ、メインのハンバーガーです!
c0353373_11250999.jpg

P.E.I.ビーフ100%のパテ、Innのキッチンでスモークされたベーコン、P.E.I.チーズが、P.E.I.ポテトを練りこんであるパンに次々とのせられていきます。
サラダもみずみずしくておいしそうです。
c0353373_11265355.jpg
c0353373_11255788.jpg

c0353373_04181610.jpg
メインはInnのダイニングの大きなテーブルで食べました。デザートは再び野外です。



[PR]
by abegweit | 2016-07-19 11:22 | Food and Drink | Comments(0)

Bay Fortune 3 (シェフのこだわり)

Bay Fortuneのレポートその3です。

このレストランをプロデュースしているMichael Smith氏は、「火」で調理することにとてもこだわりをもっていました。今回のランチのメインはハンバーガーですが、もちろんただのハンバーガーではありません。

Innを引き継いだ際、Smith氏が最初に全面改装したのがこのキッチンだそうです。電気、ガスなどは一切使ってなくて、原始的な薪を使う釜戸です。スイッチやダイヤルなどもなく、全てシェフとしての技術と経験によって火を操るのだそうです。調理器具も鉄製とか木製ばかりです。年間の薪の使用量が半端ではないというのもうなづけます。
c0353373_03392486.jpg
c0353373_23595920.jpg

c0353373_00000485.jpg
今回のランチはこのキッチンのオーブンではなくて、外で直火グリルされたハンバーガーです。プレゼンテーションもすばらしいですね。みんなの期待がいやがおうにも高まっていきます。
c0353373_03382533.jpg
それから、もう1つシェフがこだわっていることは、可能な限り自分で育てた野菜と島の食材を使うことです。スパイス、りんご、オレンジだけは島の外から仕入れるしかないそうですが、それ以外は全てプリンスエドワード島の食材とのことでした。特に野菜やハーブはInnの広大な土地で栽培したものがほとんどだそうです。

[PR]
by abegweit | 2016-07-18 09:51 | Food and Drink | Comments(0)