プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

ビーコンズ・フィールド

ビクトリアパークの入り口に佇むビーコンズ・フィールド。造船業などで財をなしたPeake氏が家族の為に1877年に建てたビクトリアン調のエレガントな建物です。お金に糸目をつけず当時の最先端の設備を整えた邸宅ですが、残念ながらPeake一家がここで過ごした時間はとても短かったそうです。現在は博物館として公開してされています。
昔Emily of New Moon(邦題『かわいいエミリー』)のテレビドラマの撮影にも使われていました。原作と大きくずれてしまって途中で見るのをあきらめてしまったのですが、島出身のエミリー役を務めた女の子は今も女優さんとして活躍しています。

c0353373_23402930.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-03-27 23:42 | Winter | Comments(0)

雪の花

今日はプラス3度。あちこちの雪が溶け始め、アイランダー(島の住人)の最大の関心事は大量に発生するであろう雪解け水の行き先です。この島には半地下室を持っている家が多いので、浸水が懸念されます。

しかも今日は雪解け水と土が交じり合って道も悪いです。『アンの青春』の中でアンは『もし、あたしの両親があたしに相談してくれたのなら、(誕生日は)3月にはならなかったでしょうよ。』と言ってますが、確かに今日のプリンスエドワード島はあまりきれいとは言えません。。。

従ってこちらは昨日撮影した写真です。木が霜で覆われて真っ白で、雪のお花が咲いているようでした。これからどんどん暖かくなるようなので、雪のお花は次の冬まで見られないかもしれませんね。
c0353373_02045765.jpg
c0353373_02045204.jpg



[PR]
# by abegweit | 2015-03-27 02:17 | Winter | Comments(0)

輝くビクトリアパーク

今朝の気温はマイナス13度、体感気温はマイナス15度。きちんと防寒さえすれば冬の散策には適温(?)です。

ダウンタウンの外れにあるビクトリアパークのボードウォークは春夏秋冬きれいですが、今朝のビクトリアパークはまさに『アナと雪の女王』の世界。何もかもが真っ白で朝日にきらきらと輝いて、それはそれは魔法にかかったような景色が広がっておりました。こんなにきれいなのに歩いている人は数人しかいなく、静かな時間を楽しむことができました。日が高くなるにつれて木々の霜もどんどん溶けていき、まさに魔法がかったあっという間の夢の世界でした。。。今日はよい1日になりそうです。
c0353373_23590993.jpg
c0353373_23592432.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-03-26 00:11 | Winter | Comments(0)

かわいい雪だるま

March Break(春休み)明けの月曜日です。が、早速昨日の雪の影響で休校となりました。何だか毎週月曜日に休校になるような気がします。
遡って、1日中青空が広がっていた金曜日、仕事帰りにウォーターフロントのボードウォークを散策してきました。ふと脇を見ると、かわいらしい雪だるまが5つ並んでいます。子供が作ったのでしょうか?何だかお地蔵さんみたいな雪だるまでした。
c0353373_21450785.jpg
c0353373_21450004.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-03-23 21:54 | Winter | Comments(0)

国立公園で見かけたキツネ

降雪記録更新中!ということで3月16日現在の総積雪量は469.60センチとなりました。シャーロットタウンの町は再び真っ白。しかも今夜も20センチ程度の雪予報が出ており、500センチを超える日もそう遠くは無さそうです。

さて、吹雪の前日の夕方、プリンスエドワード島の国立公園までドライブへ行ってきました。この島にはたくさんの野生のキツネが生息していて、特にこの国立公園では高い確率で見かけることができます。こんなに雪が多いとえさを探すのも大変そうですが、たくましく生きてます。

c0353373_02401262.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-03-18 01:59 | Winter | Comments(0)

あざらしの赤ちゃんを見るツアー

ふた昔も前になりますが、3月の最初の2週間だけプリンスエドワード島が日本人観光客でにぎわっていた時代もありました。皆さんのお目当ては『赤毛のアン』ではなく、あざらしの赤ちゃんでした。当時は「ゴマちゃん」というキャラクターの漫画が流行っていたこともあり、大人気のツア-だったのです。

c0353373_23355143.jpg

今は残念ながら島の周りの氷が昔ほど厚く凍らない為、あざらしはもっと北上してしまいました。氷が薄すぎると産まれたばかりのあざらしが海に落ちておぼれてしまうのだそうです。生後2-3週間は脂肪分たっぷりの母乳で育ち、あっという間に成長します。そういえば、日本の某テレビ番組であざらしのミルクを使ってアイスクリームを作る実験をしたことがあり、何だかものすごく濃厚なアイスクリームができあがっていました。

[PR]
# by abegweit | 2015-03-08 23:38 | Winter | Comments(0)

ムール貝のサラダ

プリンスエドワード島の名産といえば文句無くロブスターとじゃがいもが筆頭にきますが、実はムール貝もとってもおいしいです。カナダの全生産量の80%を産出しているそうで、前菜にムール貝のメニューが無いレストランを探すほうが難しいぐらい豊富です。

普段は蒸したてをそのまま食べることが多いのですが、島のレシピブックに触発されて「ムール貝とフェンネルのサラダ」を作ってみました。セールの時に買って惜しみなく入れたので贅沢なサラダとなりました。
c0353373_23480480.jpg
蒸したてのムール貝は格別ですが、冷たくてもまたおいしいです。チャウダーに入れるとよい出汁が出て、これまたおいしいですよ。

[PR]
# by abegweit | 2015-03-05 23:54 | Food and Drink | Comments(0)

足あと

過去30年間のプリンスエドワード島の平均の年間降雪量が286センチ。今年は3月4日の時点で421センチを越えています。グリーンクリスマスを迎えたこの冬、まさかこんなに雪が積もるとは。。。気温の高低差が激しいのも困ったもので、雪が溶けたり凍ったりして家屋や道路に被害を与えています。

その代わりと言ってはなんですが、郊外の森は雪に覆われてとてもきれいで動物の足あとがあちこちに残っています。これはうさぎの足あとでしょうか。何だかうさぎの顔のような形をしていませんか?

c0353373_22511302.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-03-04 22:56 | Winter | Comments(0)

グラウンドホッグ

本日は朝から真っ青な空が広がっています。なのに島中の学校はまたもや休校!強風が雪を撒き散らして視界が悪い(White out)為スクールバスの運行が出来ないようです。

真っ白な雪に覆われたP.E.Iの冬景色は大好きなのですが、さすがに春が恋しくなる今日この頃。北米では毎年2月2日(もう1ヵ月も前ですが)をグラウンドホッグディと呼んでいます。グラウンドホッグを使って春の訪れる時期を占うイベントで、冬眠から覚めたグラウンドホッグが自分の影を見て穴に戻ると冬があと6週間続き、影を見ずにそのまま動き回ると春がもうすぐやってくると言われています。P.E.Iに一番近いノバスコシア州のグラウンドホッグによると、春はまだまだ遠いようです。。。 

この写真は昨年の5月にお隣のニューブランズウィック州で見かけたグラウンドホッグ。春の陽射しでうとうとしていました。日本では地リスとかウッドチャックとも呼ばれているようですね。むっちりとしていて「リス」のイメージとは遠いのですが、なんとも愛嬌のある姿です。
c0353373_03131853.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-03-04 03:31 | Winter | Comments(0)

ジンジャーブレッド

赤毛のアンシリーズ第7巻『炉辺荘のアン』に出てくるジンジャーブレッド。クリームをたっぷりかけたジンジャーブレッドはアンの長男ジェムのお気に入りでした。
始めて『炉辺荘のアン』を読んだのは30年近くも前で日本語訳の「しょうがパン」というものが全然想像できずにいましたが、P.E.I(プリンスエドワード島)に来てやっと正体が分かりました。しょうがとスパイスがたっぷり入ったパンのようなケーキのような素朴なデザートで、確かにクリームをたっぷりかけて食べると本当においしいのです。

日本人のご夫婦が経営されているBlue Winds Tea Roomという素敵なカフェのジンジャーブレッドがとにかく大好きで、機会があればまとめ買いして家で楽しんでいます。素朴なケーキなのに贅沢な気分にひたれます。
c0353373_04110291.jpg

ところがこんなにおいしいジンジャーブレッドなのに、レストランやカフェではめったにお目にかからないのです。メニューで見かけると嬉しくて、お腹がいっぱいな時はテイクアウトにしてでもつい頼んでしまいます。お隣のノバスコシア州のペギーズコーブ灯台(映画『ハナミズキ』のロケ地)やSherbrook歴史村(アニメ『こんにちはアン』のロケハンが行われた村)などのカフェのジンジャーブレッドも美味でした。
c0353373_04185675.jpg
c0353373_04190528.jpg



[PR]
# by abegweit | 2015-03-03 04:26 | Food and Drink | Comments(0)

Dalvay by the Seaのリンク

今夜から明日にかけて、Extreme Cold Warningという聞くだけで凍えそうな注意報が出ています。明日の朝の体感気温がマイナス35度前後まで下がるとか。。。学校は体感気温がマイナス35度を下がると休校になるそうです。

極寒で思い出したのが2012年に撮影したこの写真。3連休の週末で「雪靴」や「屋外リンク」などの国立公園によるファミリー向けのイベントの一つでした。
c0353373_23315218.jpg
この日も確か気温がマイナス20度以下で体感気温はもっともっと下がっていましたが、Dalvay by the Seaで滑る機会はそうそう無いだろうと可能な限りの防寒をして行ってきたのです。北海岸からの凍るように冷たい北風が吹きさらしているので、とにかく寒くて氷の上には10分ほどしかいられませんでした。大丈夫とは思いながらも氷が割れたら助からないかも。。。という不安もありましたが、Dalvayで滑っているんだという満足感の方が大きかったです。短いながらも貴重な時間でした。

[PR]
# by abegweit | 2015-02-23 23:53 | Fall | Comments(0)

Victoria Park

今日も町中が真っ白です。特に今朝はものすごい強風で雪が舞い上がっています。CharlottetownのVictoria Parkもこの通り。ボードウォークが雪に覆われて歩ける状態ではなさそうです。
c0353373_23274502.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-02-20 23:37 | Winter | Comments(0)

Baking

プリンスエドワード島ではあまりの雪の多さになかなか除雪が進みません。子供の安全第一で学校は3連休となり、先週末のロングウィークエンドを含めて何と6連休。でも今絶対に休めないのは公道などの除雪に携わっている人々で、24時間除雪作業が行われています。あるカフェは除雪関係者に無料のホットドリンクを提供しているようです。素敵なサービスです。

さて、こんな日はオーブンを使って温かいものを作りたくなりますね。島の食材を使ったレシピ本をぱらぱらとめくっていたところ、2年前の雪の日にブルーベリーケーキを作ったことを思い出しました。島のブルーベリーの旬は8月中旬から9月中旬ぐらいまでで、特にワイルドブルーベリーが美味です。今は本土やアメリカから輸入されたブルーベリーが冬でも入手できてとても便利です。
c0353373_01553085.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-02-20 02:16 | Food and Drink | Comments(0)

Frozen

プリンスエドワード島はどこもかしこも真っ白です。
こちらはNASAの衛星写真。島の形がきれいに浮き上がっていてきれいですね。
c0353373_05592625.jpg
そしてこちらは国立公園内Dalvay のビーチ。全部海です。まるで極地にいるかのようです。
c0353373_05594313.jpg
空から見ても陸から見ても真っ白なプリンスエドワード島でした。

[PR]
# by abegweit | 2015-02-19 06:06 | Winter | Comments(0)

Snow Storm

2日間で積もりに積もって86.8センチ!という記録的な吹雪で、
空港はクローズ、コンフェデレーションブリッジも封鎖、まさに島が孤立した2日間でした。

今日2月17日(火曜日)も学校、州政府、連邦政府含めて官公庁はお休み。Charlottetownダウンタウンもほとんどのお店がお休みでとっても静かです。優先的に除雪される為ダウンタウンを歩くのは問題無いのですが、郊外はまだ全然雪に埋もれている状態で今日はアイランダー総出で雪かきをしています。
残念ながら私の勤め先はオープンしているので、オフィスまで歩きがてら写真撮影。気温はマイナス13度、体感気温はマイナス20度という寒い朝ながら、久しぶりの日差しが心地よく空気も新鮮で気持ちのいい散策になりました。

今朝の写真と夏の写真を比較してみました。
c0353373_00363089.jpgc0353373_00371003.jpg







[PR]
# by abegweit | 2015-02-18 00:57 | Winter | Comments(0)

冬のDalvay by the Sea

今日は2月16日。他の州ではFamily Dayとも呼ばれますが、2月の第3月曜日はPrince Edward Island州のお休みIslander Dayです。因みに州によっては第2月曜日だったり様々です。それはともかく、クリスマス後の最初のロングウィークエンド(3連休!)ということで結構楽しみにしていましたが、日曜日と月曜日両日とも記録的な吹雪で島中がシャットダウンしてしまいました。日曜日の1日だけで60センチ以上、このブログを書いている月曜日の午前中もまだ降り続けており、視界が悪いこともあって除雪車も出動できない模様。今日も1日雪篭りとなりそうですが停電にならない限りはこんな日も楽しいものです。

嵐の前の静けさだったのか土曜日はとてもいいお天気でした。映画『アンの青春』やTVドラマ『アボンリーへの道』でホワイトサンズホテルとしてロケが行われたDalvay by the Seaホテルの方までドライブしましたが、周りの海も湖も何もかもが凍っていました。3年前のIslander Dayにはこの湖で屋外スケートをしたこともあったなあと思い出しながらのドライブでした。
c0353373_01202705.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-02-17 01:25 | Winter | Comments(0)

Row House Lobsterにて

昨年オープンしたばかりのRow House Lobsterというレストランに行ってきました。
バレンタインデー前日かつ金曜日でもあり、お店は大繁盛。
ロブスターのタコス、ロブスターのてんぷらなどロブスターを使ったメニューが楽しいレストランですが
今夜シェフ自身が「このメニューの為にこのレストランを始めたんだ。」と言いながらサーブしてくれたのは
ロブスターリゾットのコロッケ。前菜メニューですが、メインで食べたいと思うほどのおいしさでした。
シーフードはもちろんお肉料理も充実していて、
アジア風リブはお肉がほろほろと柔らかくてこれまたおいしく頂きました。
c0353373_02574342.jpgc0353373_02574031.jpg
c0353373_02573606.jpg








20年前は洒落たレストランなどほとんどなくて
高級レストランといえばホテルのダイニングぐらいだったCharlottetownですが、
最近はビストロ風、オープンカフェ風、アジア風などおしゃれなレストランがすごく増えました。
チップや税金などで結構高くついてしまうので、残念ながら頻繁に外食をするわけにはいきませんが
嬉しいことにプリンスエドワード島は日本の小さな県1つぐらいの大きさながら食材が豊かです。
ファーマーズマーケットやスーパーで買出しして料理するのも大好きになりました。

[PR]
# by abegweit | 2015-02-16 09:25 | Food and Drink | Comments(0)

霧氷

11月から3月ぐらいまで、冬が1年の半分近くを占めるプリンスエドワード島です。だからこそ春、夏、秋の季節の移り変わりがより愛しく感じられるのでしょうね。でも私はこの長い冬も大好きです。道路の凍結や雪の壁が視界を邪魔をするので運転しにくいし、フライトのキャンセルや遅延の確立も高いし、外出する際にはいろいろなものを着込まなくてはならないので面倒ではあるのですが、凍った海や真っ白に覆われた雪景色を楽しめるのはやはり今ならではです。
c0353373_23252860.jpg

この写真は昨年撮影したのものです。冬が長いとはいえ、青空の下で輝く霧氷を見られる機会は意外と少ないです。この日は太陽の日差しで溶けることもなく、一日中きらきらときれいでした。

この調子なら日暮れ時もきれいに違いないと行ってみたところ、ピンク色がかって幻想的な雰囲気を満喫できました。観光地はほぼ閉まっているので観光には向かないシーズンですが、この冬景色をもっと多くの方に見てもらいたいなと思います。
c0353373_23171018.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-02-13 23:22 | Winter | Comments(0)

Green Gables

『赤毛のアン』で有名なプリンスエドワード島に住み始めて早20年。もちろん『赤毛のアン』とモンゴメリのファンで移住してきましたが、今では島の四季折々の景色に魅了されてしまいました。今まで撮り貯めた写真も交えて、私の大好きな島をご紹介します。

さて、初回はとことん青い空ときらきら輝くまっ白な雪がきれいなGreen Gablesの冬の写真です。夏には1日に何千人もの人が訪れるとは思えないほど、観光客も無くひっそりと静まり返っています。

新潮文庫『赤毛のアン』村岡花子訳より
『「お化けの森」の樅はみんな鳥の羽のように美しく、樺や野生の桜の木は真珠でふちどられていた。耕された畑は雪の原のえくぼのように横たわり、空気はなんとも言えなくさわやかだった。』
c0353373_06485856.jpg
昨年放映された連続テレビ小説『花子とアン』のオープニングタイトルでお馴染かもしれませんね。
私は地元のツアー会社勤務ということもあり、テレビの影響力のすごさを身をもって実感した1年でした。2015年はどんな1年になるか楽しみです。

[PR]
# by abegweit | 2015-02-12 23:35 | Winter | Comments(0)