プリンスエドワード島の四季 abegweit.exblog.jp

カナダ・プリンスエドワード島での四季折々の姿を綴るブログ


by abegweit
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

今年のValentine's Day

少し遡りますが、先々週末のことです。

バレンタインディが近づくとお店にチョコレートが並ぶのは日本と変わりませんが、北米ではどちらかというと男性から女性に贈り物をする方が多いと思います。スーパーの生花コーナーに男性の行列ができるのも微笑ましい光景です。もちろん女性主導の場合もありますし、家族でカードやギフトを贈りあったりもして、特にこうあるべきというルールは無いようです。

今年のバレンタインディはどうやって過ごそうかと話していたら、最近よく行くFarmでWinterludeという立食パーティが行われることを知り迷うことなく予約しました。そしてバレンタインディの2日前の金曜日、ヤギやアルパカのいる納屋で、ヤギのチーズ、チリ、サーモン、七面鳥のミートボール、チーズとポテトのオーブン焼き、デザートを食べてきました。立食形式だったので写真を撮る余裕がなかったのですが、全部おいしかったです。

ただ、ものすごく寒かったので、手袋を外しては食べ、食べ終わっては手袋をし。。。という忙しい夜でもありました。そこでヤギの群れの中に入って、まるで「おしくらまんじゅう」のようにしてヤギと暖をとりました。ヤギがものすごく動くので写真がぶれましたが、こんな感じです。ヤギのお腹はとっても温かかったです。
c0353373_00233999.jpg
あまりにも寒くて他の人たちは食事が終わったらすぐに帰宅していましたが、私たちはヤギと暖をとりながら一番最後まで残っていました。すると生後まだ1時間のヤギの赤ちゃんを抱かせてくれました。私の連れはジャケットの中にヤギを入れてお互いに温めあっていました。心地よかったのかヤギの赤ちゃんが彼のジャケットの中で粗相してしまいました。が、それすらもかわいらしいと離れ難いようで、無理やり引っ張るようにして家に戻りました。
c0353373_00234509.jpg
c0353373_03081108.jpg

Farmにはお酒の持ち込みも可能でしたが、家でゆっくり飲もうということにして、2日後のバレンタインディの夜にお隣のノバスコシア州で買ってきたワインで乾杯しました。ヤギたちのおかげで楽しいバレンタインディの週末となりました。
c0353373_00235430.jpg
c0353373_00235927.jpg

[PR]
by abegweit | 2016-02-22 23:40 | Food and Drink | Comments(0)