プリンスエドワード島の四季 abegweit.exblog.jp

カナダ・プリンスエドワード島での四季折々の姿を綴るブログ


by abegweit
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ボストンのクリスマス・ツリーとハリファックス大爆発

ほぼ100年前の1917年12月6日、ノバスコシア州ハリファックスの港で火薬を積んだ船と貨物船が衝突して大爆発が生じました。詳細はWikipediaの日本語ページで読むことができます。ハリファックスの町は壊滅状態となり、2000人近くもの人が死亡、約9000人が負傷しました。衝突から爆発まで30分近くあったことが災いし、窓越しに様子を見ていた200人もの人が爆発で割れた窓ガラスによって失明したそうです。その日の深夜から到来した大寒波が状況をさらに悪化させました。大惨事でした。

この時、鉄道で結ばれていたアメリカの大都市ボストンからただちに救援の人や物資が届きました。その感謝をこめて、ハリファックス市からボストンへ毎年クリスマスツリーが贈られています。このツリーに関してもWikipediaの日本語ページで詳しく紹介されてます。(経費のことまで詳しく紹介されていて、興味深く読みました。)

函館には友好、ボストンへは感謝のしるしとして贈られているノバスコシア州のクリスマス・ツリー。クリスマス・ツリーほど最適な贈り物は無いですね。

下のビデオはコンピューター・グラフィックで当時の衝突の様子を再現したものです。



ハリファックスのMaritime Museum of the Atlantic(大西洋海洋博物館)はタイタニックの展示で有名ですが、ハリファックス大爆発に関する展示も圧倒されます。


[PR]
Commented by Mayflower at 2017-12-03 10:29 x
きょうも興味深い記事をありがとうございます。
このような史実を読むのは大好きです。
最近、ニューファンドランド島の鉄道線路跡地を自転車で巡るTV番組を見ました。固い岩に覆われているので、島はThe Rockと呼ばれると知りました。当地の風景を楽しめました。
Commented by abegweit at 2017-12-04 05:01
> Mayflowerさん
こんにちは。いつもありがとうございます。ハリファックスはタイタニック号事故の際には救助する側、大爆発の際には救助される側でした。5年の間に歴史的大事故が続けて起こったのですが、今では5月から10月にかけてクルーズ船の人気の寄港地になっています。不思議なものですね。

アトランティックカナダとはいえ島から遠いので、まだニューファンドランドへ行ったことがありません。映像で見ると行きたくなります。
by abegweit | 2017-12-02 20:41 | Nova Scotia | Comments(2)