プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

モンゴメリのブレスレット

1月3日のブログでご紹介しましたが、プリンスエドワード島のコンフェデレーション・センターが赤毛のアンのお人形を募集中です。北米以外ではどのようにアンが解釈されているかを比較する為に、世界中から手作りのアン人形を集めています。一番期待していた日本からまだ連絡が無いとのことで、募集期間を延長したそうです。

因みにコンフェデレーション・センターはシャーロットタウンのダウンタウンの中心にある大きな劇場です。メインステージ以外にも、レストラン、図書館、ギフトショップ、多目的ホール、美術館などが入ってます。1964年に、シャーロットタウン会議(カナダ建国の基となった会議)100周年を記念して建築され、エリザベス女王を招いてオープンしました。1965年に『赤毛のアン』のミュージカルが上演され、今年54年目を迎えます。
このミュージカルの上演期間に合わせて、ロビーのガラスケースの中にアンのお人形を展示したいそうです。

因みに2017年はモンゴメリのブレスレットとモンゴメリ宛のポストカードが展示されていました。所有しているのはモンゴメリの息子(Stuart)の妻(Ruth)が親しくしていた友人の姪であるJoanne Craigさんです。説明文によると、モンゴメリの宝石類は残念ながら息子さん夫婦の留守中に盗まれてしまいましたが、このブレスレットはたまたまRuthさんがつけていて被害を免れました。Ruthさんは以前から親しい友人のEvaさんの姪御さんにモンゴメリの宝石を譲ると約束していました。そして約束どおり、唯一残ったブレスレットとモンゴメリ宛のポストカードをJoanneさんに贈りました。Joanneさんが多くの人にこのブレスレットを見てもらいたいと希望され、コンフェデレーション・センターに貸し出されました。今年も引き続き展示されるかどうかは分かりませんが、モンゴメリらしいとても上品なブレスレットだと思いました。ルビーとペリドットが使われているそうです。
c0353373_22130489.jpg
c0353373_22131851.jpg
c0353373_22131161.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-01-23 22:30 | Anne and Montgomery | Comments(0)