プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

モンクトンの鉄道駅

日曜日はニュー・ブランズウィック州のモンクトンにいました。モンクトンはハリファックスに次ぐアトランティック・カナダの交通の要地で、空港、鉄道駅、長距離用バスターミナルが揃っています。

オンタリオ州やケベック州などから鉄道を使う場合、プリンスエドワード島には鉄道が走っていないので、モンクトン駅で降りて長距離バスを使うことになります。長距離バス(Maritime Bus)では、一度Amherstという町のガソリンスタンドで乗換えをします。それからコンフェデレーション・ブリッジを渡って合計で3時間ぐらいかかります。乗り換えの際、預けた荷物の移動は自分でしなくてはならないので要注意です。バスによっては無料のWi-Fiも使えます。シャーロットタウンのバスターミナルはダウンタウンの外れにあり、ダウンタウンまで徒歩20分です。ただ、初めての人には分かりにくい場所にあるので、到着したばかりの際はタクシーを利用したほうが安心です。たいてい空のタクシーが1,2台待ってますし、バスターミナルの受付で呼んでくれます。

さて、モンクトンの鉄道の駅舎はダウンタウンのメインストリート沿いにあります。
c0353373_22063965.jpg
中に入るとすぐにチェックイン用のカウンターがあります。
c0353373_22062780.jpg
そして降りたときに荷物を取るターンテーブル、待合室と長距離バスのカウンターだけがあるコンパクトな駅です。
c0353373_22063370.jpg
駅舎にはキオスクやコンビニなどはありませんが、駅から200メートルぐらいのところに大型スーパーやドラッグストアーがあるので便利です。スーパーでお惣菜やおすしを買って乗り込むこともできます。
c0353373_22181544.jpg
c0353373_22180886.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-02 21:32 | New Brunswick | Comments(0)