プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

久しぶりの外食はLobster Supper

5月と6月は仕事がものすごく忙しくて、仕事が終わったらとりあえず家に帰る日々を送っていました。

年度末の会社のスタッフパーティで当たったロブスター・サパーの食事券があったので、ロブスターが旬のうちにと行ってきました。Charlottetownからは30分、Cavendishからは10分のところにあるNew Glasgow Lobster Supperというレストランです。ここではプリンスエドワード島の昔ながらのロブスター・サパーを食べることができます。

まずはロール(パン)が出てきます。このロールだけ食べに来てもいいぐらい、ものすごくおいしいです。薄い皮はかりっと、中はしっとりもっちりしていて、何個でも食べられそうです。今回も1個半食べてしまいました。お代わり自由です。もう少し食べたいところを我慢しました。
c0353373_03150126.jpg
それからシーフードチャウダーとムール貝。こちらもお代わり自由です。
c0353373_03150884.jpg
そしてサラダ。伝統的なロブスター・サパーにはポテトサラダとコールスローが欠かせません。
c0353373_03151467.jpg
ついにメインのロブスターです。このレストランでは、ロブスターは"Hot"か"Cold"か選ぶことができます。私は身がしまってぷりっとしたColdが好きですが、ゆでたてのHotを好む人も多いです。さすがにロブスターはお代わりできません。

小さいカップに入っている黄色い液体は溶かしバターです。個人的にはレモンだけが好きですが、島ではムール貝やロブスターには溶かしバターが付いてきます。レモンは食べた後の指先のにおい消しにもなります。
c0353373_03152188.jpg
最後はデザート。私はストロベリー・ショートケーキ、私のパートナーはブルーベリーパイを食べました。ストロベリーもブルーベリーもプリンスエドワード島産です。西日が強くて写真は撮れませんでした。

最初のロールからデザートまで、すべておいしくいただきました!

[PR]
by abegweit | 2018-07-05 21:12 | Summer | Comments(2)
Commented by Mayflower at 2018-07-06 12:38 x
レディ・スリッパーの美しい色、ルーピンの咲き誇る丘の風景、そして今日は美味しいレポート、P.E.Iってなんていい所なんでしょう。

シーフードチャウダーとムール貝までお代わりできるなんて!年齢的にたくさんのお代わりはできないけど、汁物好きにとっては魅力的です。
Commented by abegweit at 2018-07-06 20:29
> Mayflowerさん
いつもありがとうございます。ここ数日ものすごく蒸し暑くて外に出るのも勇気がいりますが、お花がたくさん咲いていてきれいです。
島ではほとんどのレストランでシーフードチャウダーがメニューにあって、食べ比べしてみるのも楽しいです。