人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Car Life Museum

Trans Canada Highway(国道)1号線沿いにあってよく前を通るのに、一度も入ったことがない博物館がありました。Car Life Museumです。
Car Life Museum_c0353373_03244365.jpg
プリンスエドワード島では車は必需品です。車はそこそこきれいで快適に動けばいいと思っている私にとって、申し訳ないけれども全く興味を感じない博物館でした。今年の春先にこの博物館が50周年を迎えたというニュースを聞いて少しだけ興味を覚え、車好きな私のパートナーに引きづられるようにして、行ってみました。エルビス・プレスリーのキャディラックがあるという看板は見たことがありますが、同じ年代の車両かレプリカが展示されているものだと思ってました。
Car Life Museum_c0353373_03240483.jpg
入ってみると、アンティーク・カーが大好きなオーナーさんの個人の趣味が高じてできた博物館のようです。アンティーク・カーだけではなく、車輪の付くものがたくさん展示してありました。
Car Life Museum_c0353373_03241776.jpg
Car Life Museum_c0353373_03242350.jpg
Car Life Museum_c0353373_03241007.jpg
多くのアンティーク・カーはまだ動くようで、1997年にコンフェデレーション・ブリッジが開通した時にはこの車で橋をドライブしたそうです。
Car Life Museum_c0353373_03243712.jpg
そして、ありました。ピンクのキャディラック。本当にエルビス・プレスリーが所有していたそうです。
Car Life Museum_c0353373_03243097.jpg
なぜかこの博物館の庭には古びた動物の像がたくさんおいてあって、不思議な雰囲気が漂っています。
Car Life Museum_c0353373_03435546.jpg
Car Life Museum_c0353373_03440850.jpg
Car Life Museum_c0353373_03440114.jpg
外の動物の置物は別として、アンティーク・カーの車体もエンジンもぴかぴかで、Facebookも頻繁に更新していて、オーナーさんの車好きが伝わってくる博物館でした。

by abegweit | 2018-09-06 20:44 | Sightseeing | Comments(0)