プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

からし菜畑

プリンスエドワード島ではMustard(からし菜)を植えるじゃがいも農家が増えています。花が咲いた後に刈り取って畑にすきこむと、じゃがいも生産の天敵であるWirewormという害虫を駆除する効果があるそうです。

とても鮮やかな黄色がきれいです。この写真を撮った数日後には刈り取られてしまいました。
c0353373_02511737.jpg
c0353373_02512372.jpg
プリンスエドワード島でもかつてはもっと農薬が使われており、島の白頭鷲の数が激減した一因だそうです。食物連鎖の頂点であるがために、体内で高濃度になった農薬がカルシウム摂取を妨げて、雛がかえる前に薄い殻の卵が割れてしまったようです。1970年代に入って農薬の規制などが行われ、現在では白頭鷲を目撃する機会もぐんと増えました。いつも雄大に空を飛んでいます。からし菜栽培などで害虫駆除ができるならすばらしいと思います。

[PR]
by abegweit | 2018-09-17 20:44 | Prince Edward Island | Comments(2)
Commented by Mayflower at 2018-09-19 11:23 x
からし菜の風景とそちらの農業事情、ありがとうございました。
からし菜は春に関西でも大きい河川の河原、土手などに咲いていてきれいです。そちらは今の時期なんですか?
Commented by abegweit at 2018-09-19 20:44
> Mayflowerさん
こんにちは。いつもありがとうございます。からし菜は土壌改良用なので、今の時期にすきこんで、来年のじゃがいもを植える準備をしているのだと思います。
お花はそろそろ終わりで、あと1ヶ月後には紅葉がきれいになります。