プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

朗報! The Site of Lucy Maud Montgomery's Cavendish Home

モンゴメリに関する嬉しいニュース です。

プリンスエドワード島のキャベンディッシュ村には "The Site of Lucy Maud Montgomery's Cavendish Home"、モンゴメリが住んでいた家の跡地があります。モンゴメリは、幼い時に母親を亡くしてから結婚するまでキャベンディッシュ村の母方の祖父母と住んでいました。その家は1920年代に取り壊されてしまい、現在では家の跡地と敷地が公開されています。実は、プリンスエドワード島の歴史家がキッチンの部分だけを譲り受け、昨年亡くなるまで大切に管理されていたそうです。その建物が長い年月を経て、元の場所に戻ったとのニュースでした。

なぜ「キッチンだけ?」と思われるかもしれません。当時は鉄製のストーブで調理をしていました。これは冬は暖房としても使われるくらいでしたので、夏の台所仕事は暑くて大変だったようです。(『アンの青春』にもそんな描写があります。)そこでサマーキッチンと呼ばれる小屋を建てて、夏の間はここで炊事をした家もあったようです。今回移転されたのは、このサマーキッチンの部分です。すべて取り壊されなくて本当によかったです。

下の写真の建物は今回移転されるサマーキッチンではなく、Cavendish Homeのギフトショップと小さい博物館です。モンゴメリが使っていた机や、たくさんのモンゴメリ関連の本が置いてあります。
c0353373_22581057.jpg
c0353373_22581839.jpg
c0353373_22582593.jpg
下の写真はモンゴメリが住んでいた家の跡地です。モンゴメリはこの家に住んでいたときに、『赤毛のアン』『アンの青春』『果樹園のセレナーデ』と『ストーリーガール』を執筆しました。モンゴメリが好きだった樹齢100年を超えるりんごの木もすぐ傍に立っています。
c0353373_22583208.jpg
来年訪れるのが楽しみです110.png

by abegweit | 2018-12-20 21:42 | Anne and Montgomery | Comments(2)
Commented by Mayflower at 2018-12-22 10:38 x
とても興味深い記事をありがとうございます。こうした時をまたいだ話題は価値を感じます。
CBCの記事も読みました。サマ-キッチンの屋根は木製なんでしょうか。来年訪問されるとありますので、ご覧になったらぜひ教えてください。
Commented by abegweit at 2018-12-25 00:29
> Mayflowerさん
こんにちは。いつもありがとうございます。噂には聞いていたので、Cavendish Homeに移転されることになって嬉しいです。
日本はクリスマスですね。日本の年末年始の雰囲気がなつかしいです。どうぞよいお年を。