人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

プリンスエドワード島の年越し

今日は1月7日です。日本では七草の日ですね。

クリスマスに全精力を注ぐからか、プリンスエドワード島での年越しはとてもあっさりとしています。もちろん大晦日の夜に家族や友人で集まって飲んだり食べたりもしますし、ホテルでは年越しパーティが行われたりしますが、これと決まった食べ物もありません。31日はいつもよりは早めに仕事を終え、1日は休んで、2日から仕事はじめといった感じです。唯一、花火が大晦日らしいイベントでした。日本のような「お正月気分」を感じることができないのです。

私は31日は会社をお休みして、師走という響きとは無縁ののんびりとした1日を過ごしました。クリスマスの飾りも残っているし、カナダでは冬が終わった後の春の大掃除の方が理にかなっているので、普段どおりの簡単な掃除と洗濯を済ませ、ダウンタウンのカフェでチキンバーガーを食べました。
c0353373_00084162.jpg
夜は花火を見に行った後に、生牡蠣を食べました。島の東部でとれた大きな牡蠣でした。冬の牡蠣はおいしいです。
c0353373_22221471.jpg
そして、おせち料理は無理ですが、せめて日本らしいものが食べたいと思い、栗を買ってきて栗ご飯を作りました。最近出来た野菜とフルーツのお店には、大型スーパーでは売っていないような、今までは島で入手困難だったものをそろえています。しかもとても安いのです。移民が増えているとはいえ、このように顧客層が限られているお店は1年も経たずに店じまいしてしまうことが多いので(島では)、繁盛して欲しいです。
c0353373_00083304.jpg


by abegweit | 2019-01-07 22:24 | Food and Drink | Comments(0)