人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

牛に関する10の雑学

プリンスエドワード島で肉牛を飼育している人のインタビュー記事を読みました。彼の経験に基いた、牛に関する10つのトリビアです。10つの内容を要約してしまうと次のようになります。ものすごく特別なことが書いてあるわけではないですが、彼の牛に対する愛情があふれていて、読んでいて楽しい記事でした。110.png

1 牛にも性格がある。
2 食べるのが大好き。
3 何でもなめる。
4 砂の寝床がお気に入り。
5 牛の性質は予測できる。
6 塩に目がない。
7 体を掻くのが好き。
8 牛の品種はたくさんある。
9 呼べばやって来る。
10 乗馬ならぬ、乗牛ができる。

プリンスエドワード島ではたくさんの肉牛や乳牛が飼われています。牛の写真を撮ろうとすると、牛がじわじわと寄って来ます。上の記事によると、人懐っこい牛もいれば人間嫌いの牛もいるそうです。
c0353373_03425153.jpg
島のある酪農家は自分の牛をビーチやシャーロットタウンへ連れて行ってプロの写真家に撮影してもらい、今年の4月に写真集を出版予定とのことです。ここで一部の写真を見ることができます。おもしろい写真集になりそうですね。110.png

by abegweit | 2019-02-06 22:16 | Prince Edward Island | Comments(2)
Commented by Mayflower at 2019-02-07 11:16 x
乳牛、可愛いです。私が子供の頃,家で山羊を飼っていて私も世話をしていたので懐かしく拝見しました。
「9 呼べばやって来る。」これで思い出したことがあります。以前島根県をドライブしているとジャージー牛が放牧されていました。車を止めて眺めていると、同乗していた飼い犬が牛を見つけて吠え出しました。ずっと啼いています。すると牛たちが車のほうへどんどん集まってきました。「わあわあと、うるさいのは誰やねん。」って感じ?
飼い犬は、牛を呼んだわけではなかったと思いますが。
Commented by abegweit at 2019-02-07 21:34
> Mayflowerさん
こんにちは。ヤギも人懐っこくてかわいいですね。とくに子ヤギは。
牛はまさにそんな感じでやってきますね。癒されます。