人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

Lower Bedeque Schoolhouse

『赤毛のアン』の作者モンゴメリは、牧師さんと結婚する前は学校の先生でした。最後に教えていたのがLower Bedequeという場所にある小さな学校です。この学校は今でも当時と同じ場所にあって、現在では博物館となっています。しかし、今年は諸事情で一般には公開していません。事前に予約のあったグループツアー(大半は日本の方のグループです)にだけオープンしていて、現状個人の方がプリンスエドワード島に滞在中に学校の中を見ることはできません。外観だけなら写真撮影は可能です。グリーンゲイブルズなど観光客でにぎわっている北海岸とは離れた南海岸にあり、維持するのが大変のようです。CBC地元紙の記事でも報道されました。
c0353373_02123907.jpg
c0353373_02130434.jpg
近くにはテレビドラマ『アボンリーへの道』のオープニングで登場するSeacow Headの灯台もあります。島と本土を結ぶConfederation Bridgeからはそう遠くありません。灯台から見える橋もとてもきれいです。なんとか来年は一般への公開を再開して欲しいと願っています。
c0353373_02124624.jpg


by abegweit | 2019-06-25 20:19 | Anne and Montgomery | Comments(2)
Commented at 2019-06-25 21:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by abegweit at 2019-06-26 04:06
> inumachiさん
こんにちは。今頃島にいらっしゃるのだろうなと思いながら過ごしておりました。お天気がめまぐるしく変わった週末でしたが、グリーンゲイブルズに行く日が晴れてよかったですね。おそらくクラブツーリズムさんのツアーでおこしになった思いますが、Halifaxの町並み、Lower Bedequeの学校、Bideford の博物館など、モンゴメリ尽くしのツアーですね。実は私のパートナーのお母さんがBidefordの村出身なので、この博物館にはよく行くのです。日本の方はお天気が良かろうが悪かろうかいつも幸せそうで、見ていて気持ちがよいと言ってました。
ブログの旅日記も楽しみにしています。とても素敵なガーデンですね。