人気ブログランキング | 話題のタグを見る

『赤毛のアン』のコミック

何気なくニュースを見ていたら、『赤毛のアン』のコミックらしい表紙がちらっと見えたので、記事を探して読んでみました。

古典小説を漫画化した書籍を販売しているManga Glassicsというカナダの会社があるそうです。新型コロナウイルスで在宅時間が長くなって漫画の売れ行きが伸びた半面、紙不足の影響で供給が需要に全く追い付かないそうです。この会社のラインナップの中でも『赤毛のアン』は特に人気があって在庫が無いにも関わらず、来年の4月まで印刷ができないほど紙が不足しているそうです。記事と動画はこちら(CBCニュース/英語) でご覧になれます。

このニュースを見て、2019年に日本の本屋さんで買った本を開いてみました。表紙のイラストは萩岩睦美さんで、日本で出版された『赤毛のアン』の漫画(3作家)についての特集や、他にもいろいろな方のイラストが掲載されていておもしろいです。小説も映画もいいけれど、漫画も読んでみたいなと思いました。
『赤毛のアン』のコミック_c0353373_04204963.jpg


Commented by Karen at 2021-11-22 13:55 x
私もこの記事を読みました。出版業界のこのような事情には驚きました。実は、Koさんが手にしている漫画Anne of Green Gablesですが、先月偶然に近くのコミック専門店で見つけて思わず購入しておりました。買っておいて良かったです。小説とは違う漫画ゆえの情景や気持ちの描写が興味深いです。赤毛のアン、日本では複数漫画化されているのですね。機会があればそちらも読んでみたいです。
Commented by abegweit at 2021-11-22 23:51
> Karenさん
アマゾンでもまだ入手可能みたいですね。日本ではいがらしゆみこさんとかまつざきあけみさんが描いていらっしゃるようです。アンシリーズではないですが、原ちえこさんが描いたモンゴメリ原作の『もつれた蜘蛛の巣』の漫画も気になっています。
Commented by Karen at 2021-11-23 01:08 x
>abgeweitさん
情報ありがとうございます。いつか帰国したときの楽しみにします。漫画で読もうなんて、日本にいたときには考えてもみませんでした。が、英語版漫画を手にしたことは、小説もいろんな楽しみ方があっていいと思うきっかけになりました。
by abegweit | 2021-11-20 23:52 | Anne and Montgomery | Comments(3)