プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 14日 ( 1 )

Young CompanyとConfederation Players

気がつけば8月も半ばです。今週末でYoung CompanyとConfederation Playersによる無料のショーが終わってしまうので、今更ながら行ってきました。正午にYoung Companyが若さいっぱいの歌とダンスを披露します。先住民族、有色人種、異文化や移民そしてLGBTへの差別など多民族国家カナダが抱える問題がテーマです。英語もわかりやすくて子供から大人まで楽しめます。ただ日陰が全く無い野外ステージなので、演じる人はもちろんですが観客も暑いです。45分です。雨の日は屋内で演じられます。
c0353373_20580509.jpg
c0353373_20581279.jpg
このYoung Companyのすぐ後に、Confederation Playersによる寸劇が行われます。Confederation Playersは1864年のカナダ建国会議の時に島に集まった政治家、その家族たち、当時の島の人のコスチュームを着て、町の案内などをしてくれる人たちです。彼らが建国会議当時の人々の様子を再現してくれます。こちらは15分です。
c0353373_20582648.jpg
c0353373_20583273.jpg
どちらも基本的には無料ですが、寄付をお願いしています。プリンスエドワード島へは9月も10月もたくさんの観光客が来ますが、Young CompanyとConfederation Playersのほとんどが学生さんです。学校に戻らなくてはならないこともあり、今週末で終わってしまうのです。
c0353373_20584027.jpg
終わった後はConfederation Playersと写真撮影もできます。このConfederation Playersと一緒に町を歩いて案内してもらうウォーキングツアー(有料)は来週末で終わりです。

[PR]
by abegweit | 2018-08-14 21:16 | Sightseeing | Comments(0)