人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

2020年 03月 20日 ( 1 )

キングストンのレストラン

日本は春分の日ですね。関東では桜が咲き始めたときいて、ますます日本に帰りたくなります。さすがに今年の春の一時帰国はあきらめました。

カナダのニュースとしては、不要不急の渡航者にたいするカナダ・アメリカ間の国境封鎖は本日20日の夕刻から21日にかけて実施される予定だそうです。プリンスエドワード島州では2人目の感染者が確認されました。

昨日オタワで公共バスを使いました。私が椅子に座った途端に前の席の人がものすごいため息をつき、ものすごい勢いでバスの後方へ行ってしまいました。25年以上カナダにいてこんなにあからさまな差別を受けたのは初めてでしばらくへこみましたが、通路を隔てた隣の席の人が一緒に方をすくめてくれたので少しだけ救われました。この後に行ったスーパーのスタッフの人がすごく親切だったのも、いつも以上に嬉しかったです。バスの出来事があった後は、実は周りの人全員が私の近くによりたく無いと思っているのではないかと過剰に警戒してしまいましたが、そんなことはなくて、ほとんどの人は優しいです。ただカナダも移民国家とはいえ、いろいろあります。こんなときはおいしいものを食べて気分を上げるしかありませんね。ということで、先日食べておいしかったものをご案内します。

少し前の週末、オタワからキングストンという町へドライブしました。キングストンはオタワから車で2時間ぐらい、アメリカ国境に近く、オンタリオ湖からリドー運河へ流れる起点にあります。Queen's Universityという大学、カナダ軍関係の施設、病院、連邦更生施設、観光業などが産業の中心で、同じ州にあるトロントやオタワに比べるとかなり小さいですが、歴史を感じさせる落ち着いた町です。
キングストンに到着した夜は人気のレストランでとてもおいしいディナーを食べました。2人で175ドルとかなり高かったですが、2人とも心から満足しました。

隠れ家的な雰囲気のよいレストランでした。
キングストンのレストラン_c0353373_01444175.jpg
前菜のベトナム風春巻きです。春巻きというともやしなどの野菜が入っていそうですが、野菜はほとんど無く豚や鶏のひき肉と海老がたっぷり入ってました。しかも1つ1つが大きくて食べごたえもありました。
キングストンのレストラン_c0353373_01440179.jpg
スモークサーモンの前菜です。スモークサーモンはプリンスエドワード島でもよく食べる機会がありますが、今回いただいたスモークサーモンは食感と舌触りが最高でもちろん味も抜群でした。ビーツ風味のマスタードが華やかでした。
キングストンのレストラン_c0353373_01440892.jpg
私がメインに食べたレッド・スナッパーというお魚です。真っ黒なお米と一緒にサーブされました。このお米はかつてはエンペラーしか食べられなかったんだよと言われました。ネットでちょっと調べてみたら楊貴妃が好んで食べていたそうですね。お米もお魚もねぎもトマトのクリームソースによく合って、とてもおいしかったです。
キングストンのレストラン_c0353373_01442603.jpg
彼が食べたビーフとヨーグルトソースです。お肉が柔らかかったです。ものすごく量が多いですが、ぺろりと平らげていました。
キングストンのレストラン_c0353373_01443425.jpg
他にもワインとデザートもオーダーしました。本来であれば手術直後で入院しているはずだったので、「まさかKingstonでワインを飲みながらおいしいディナーを食べているとは思わなかった。。。」とつぶやいてました。因みに彼の場合お酒の制限は無くて、手術前や退院後はワイン1杯程度なら問題無いそうです。

3月20日現在、オンタリオ州のレストランやバーがクローズしており、このレストランも休業中とのことです。

by abegweit | 2020-03-20 22:43 | Food and Drink | Comments(2)