プリンスエドワード島の四季 abegweit.exblog.jp

カナダ・プリンスエドワード島での四季折々の姿を綴るブログ


by abegweit
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ:Canada( 46 )

冬のフライト

このニュースは日本でも報道されていたので、ご存知の方も多いと思います。ニューアーク空港から香港へ向かった飛行機が、急病人搬送のためカナダのニューファンドランドの空港に緊急着陸しました。ところが機械系のトラブルで出発できなくなり、14時間以上も機内で缶詰状態になってしまったそうです。国が変わると入国/税関の問題があり、19日は確かに凍えるほど寒い日でした。諸事情で機内にとどまらなければならなかったようです。因みにカナダのトロント空港から羽田までが約14時間です。このような不安な状況であの長い時間を狭い機内で過ごさなければならなかった人たちは本当に大変だったと思います。

このニュースを読んだのは日曜日の朝でした。その晩、トロントの友人を訪ねていた彼をシャーロットタウン空港まで迎えに行くことになっていました。予定時間通り搭乗が始まりましたが、全員搭乗後に「シャーロットタウン空港付近の風の状況によってはモントリオール空港まで引き返す可能性があり、往復分の燃料を入れているので出発時間が遅れます」という機内アナウンスが流れたそうです。当日は大雪で日中のフライトがすべてキャンセルとなっており、飛行機は満席でした。彼の隣の人は朝のフライトがキャンセルされたので、10時間以上もトロント空港で待っていたそうです。乗客に事実を隠さずに案内してくれるのはとても助かります。でも、「Uターンするかも」と考えるだけでがっかりしたことと思います。私も、「空港に行っても飛行機が引き返してしまうかも。。。」と思いつつ、とりあえず空港へ行きました。幸いなことに1時間の遅れだけで到着し、無事に家に帰ることができました。シャーロットタウン空港と自宅は15分ぐらいしか離れていないので、こういうとき本当にありがたいと思います。

シャーロットタウン空港ではCOWSアイスクリームの牛が出迎えてくれます110.png
c0353373_05011307.jpg


by abegweit | 2019-01-22 21:35 | Canada | Comments(0)

クレジットカード

今朝は気温がマイナス19度、体感温度がマイナス23度と寒いです。気温がマイナス20度近くまで下がると、寒さの質が違うような気がします。週末は暖かくなるようで日曜日は0度!の予報が出ています。

個人的な話ですが、12月分のクレジットカードの請求書に私の知らない買い物が4件も含まれていました。個人のカードはオンラインで時折チェックしてますが、会社のカードは郵便で請求書が届いてから経理に提出しているので、全く気が付きませんでした。

州外の出張から帰った日から4日間続けて、北米の有名な大型店で使われていました。すぐにカード会社に連絡したところ、カード会社も不審に思って私の携帯に電話をくれたそうですが、私はちょうど飛行機に乗っていたので電話が取れなかったみたいです。その後20回以上も同じお店でオンライン・ショッピングの試みがあったようで、カード会社が止めていてくれていました。1回であきらめないで再び私に電話くれればよかったのに…とも思いましたが、このカードはすぐに停止して4件の請求もすべて返金してくれるとのことで、ほっとしました。カスタマーサービスの担当者がとても親切で迅速に対応してくれたのが不幸中の幸いでした。気をつけているつもりですが、どこかでスキミングされてしまったのでしょうか。カナダでは小額でもクレジットカードやデビットカードで支払うことがほとんどであまり現金を使わないのですが、気をつけないといけませんね、今更ですが。。。今回不正に請求されていた金額は小額のものが多かったので、見過ごしてしまう可能性もあります。皆さんもどうぞお気をつけて。

下の写真はビクトリア・パークのトレイルで、雲間から一瞬だけ日差しが射したときのものです。1本の白樺だけにスポットライトが当たっていてきれいでした。
c0353373_23431445.jpg


by abegweit | 2019-01-18 21:30 | Canada | Comments(0)

グランプリ・ファイナル

1週間のバンクーバー出張を終えて、プリンスエドワード島に戻ってきました。さすがにアトランティック・カナダの方が寒いです。

バンクーバーでは、とてもラッキーなことにフィギュアスケートのグランプリ・ファイナルの女子と男子のフリーを見ることができました。全体的に(特にジュニア)ロシアからの選手が多い大会でしたが、日本人選手大活躍で、皆さん輝いてました。
c0353373_23594624.jpg
c0353373_23595425.jpg
プリンスエドワード島にもプロのアイスショーが来ることはありますが、競技大会を見たのは初めてです。前日にチケットの手配をしてくれたり、会場までいっしょに連れていってくれたバンクーバー在住の友人たちに心から感謝してます。

by abegweit | 2018-12-11 00:09 | Canada | Comments(0)

今週のバンクーバー

今バンクーバーに滞在中ですが、週末にかけてちょうどフィギュア・スケートのグランプリ・ファイナルが行われます。おそらく日本からもたくさんの方が観戦に来ているのではないでしょうか。街中で選手の皆さんに会える確率は非常に低いと思いますが、同じ場所にいると思うと嬉しくなります。

それから、プリンスエドワード島の写真集を数多く出版されている写真家の吉村和敏さんもバンクーバーで撮影されていたようです。公式TwitterやInstagramでクリスマスの素敵な写真をアップされています。

雨の多いバンクーバーには珍しく、今週はずっとお天気が良さそうです。私も仕事の合間に街中の散策を楽しもうと思います。
c0353373_22074768.jpg


by abegweit | 2018-12-05 22:12 | Canada | Comments(0)
バンクーバーに到着しました。プリンスエドワード島の10月上旬よりも暖かいのではないかと思うくらいの陽気です。
c0353373_22552051.jpg
ちょうど、ホテルの近くでクリスマス・パレードが行われていました。
c0353373_22552636.jpg
c0353373_22553319.jpg
c0353373_22553886.jpg
最後にサンタが登場するのはプリンスエドワード島のパレードと同じでした。当たり前ですが、パレードの規模と見に来ている人たちの数は比較にならないです。大きな違いはプリンスエドワード島のパレードは日が暮れてから始まりますが、バンクーバーでは日中に行われることです。日が暮れた後のパレードは華やかでクリスマス気分が高まりますが、待っているに凍えてきますし、参加する側もかなりの電飾を用意しなくてはなりません。日中のパレードはダンスや楽器を演奏しながら行進している人や山車の飾りの細部まで見られるのでいいですね。昨日みたいにお天気が良くて暖かいと、ずっと立って見ているのが苦になりません。どちらもそれぞれよかったです。
by abegweit | 2018-12-03 23:07 | Canada | Comments(0)

バンクーバーへ

日本から戻ってきたばかりですが、今度は1週間ほどバンクーバーへ出張です。バンクーバーには仕事の関係上12月しか行ったことがないのですが、クリスマスのイルミネーションや飾りががとてもきれいな時です。プリンスエドワード島とは違う「都会のクリスマス」を楽しんできます。(1週間ほどブログの更新が不規則になると思います…)

下の写真は同じ時期にバンクーバーから戻ってきたときに上空から撮影したシャーロットタウンです。今年は11月にして既に何度も雪が降っているので、昨年の写真を見るとまだ雪が全く無くてびっくりです。
c0353373_03183876.jpg


by abegweit | 2018-12-02 16:29 | Canada | Comments(0)
プリンスエドワード島は雪が降ったり、体感温度がマイナス2桁まで下がったりと、すっかり冬のようです。下の写真は2008年の11月23日に撮ったものです。リメンバランス・ディの10日後で、まだポピーのリースが飾ったままです。リメンバランス・ディに関してはここのサイトが分かりやすいと思いました。
c0353373_14142781.jpg
『アンの娘リラ』を読むと、第一次世界大戦時のプリンスエドワード島の状況がよく分かります。


by abegweit | 2018-11-16 05:36 | Canada | Comments(0)
今日は私のブログを読んで下さっている方に日本で偶然お会いしました。仕事が忙しかったりプリンスエドワード島を離れているときはブログを休んでしまおう...と思うこともありますが、このような出会いがあると励みになります。これからも皆さんに読んでいただければ嬉しいです110.png

さて、昨日に続いてリメンバランス・ディです。ここ数年11月11日は日本にいることが多いので、最後にリメンバランス・ディの追悼式に行ったのは2010年ごろだと思います。私が覚えている限り11月11日はいつも寒くて、氷雨や雪が降っていました。凍えるような寒さの中、戦没者やベテラン(退役軍人)への追悼、敬意や感謝が捧げられます。私のパートナーによると、第一次及び第二次世界大戦の際、プリンスエドワード島からの志願者の人口比率がどの州よりも高かったそうです。アンの息子も3人戦地に赴いて、次男のウォルターは帰らぬ人となりました。

下の写真は2010年11月14日に州議事堂の戦士の像の前で撮ったものです。赤いポピーをあしらったリースが飾ってあります。赤いポピーはリメンバランス・ディのシンボルです。この理由に関しては、またあらためて…
c0353373_22080140.jpg


by abegweit | 2018-11-06 21:51 | Canada | Comments(0)

リメンバランス・ディ

毎年11月11日はリメンバランス・ディです。1918年11月11日の11時に第一次世界大戦が終結したことから、毎年同日の同時間に戦没者追悼式が行われます。カナダにおける追悼式は第一次世界大戦だけではなく第二次世界大戦、朝鮮戦争、アフガニスタンなど、カナダ国民が関係したすべての戦争が対象のようです。2018年は100周年です。

シャーロットタウンの対岸にあるストラットフォードという人口1万人弱の町では、この時期になるとバス停の広告スペースがストラットフォード出身の戦没者のポスターに代わられます。下記の写真は2011年度のものです。今年は全部で26枚のポスターが貼られました。
c0353373_16271465.jpg
c0353373_16271929.jpg
c0353373_16272365.jpg

by abegweit | 2018-11-06 04:46 | Canada | Comments(0)

カナダの歴史的な1日

カナダでは2018年10月17日に、マリファナが合法化されました。ラジオやテレビのニュースは、朝からこの話題でもちきりです。時差の関係でいち早く解禁となったニューファンドランド州では、午前12時にお店がオープンし、一番最初に購入した人がインタビューを受けていました。

プリンスエドワード島州では4店舗がオープンすることになり、今朝の9時のオープン時には行列ができていたようです。そして、仕事帰りの午後5時ごろにシャーロットタウンのお店の前を通ったら、ものすごい行列ができていました。シャーロットタウンのお店は、大きなスーパーのすぐ近くで車の通りも多く、かなり目立つ場所にあります。

モントリオール領事館からも注意喚起のメールが届いていました。マリファナに関しては居住国に関係なく日本国民には日本の法律が適用されるようです。ここに領事館からのメールを抜粋しておきます。

1. カナダでは、本年1017日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。

2. 一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。

3. この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。

4. 在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。


さて、下は町で見かけたかわいいパンプキンです。最近雨が多いので、お口の周りにカビができていますが、それもハロウィーンらしいです。
c0353373_04190015.jpg

by abegweit | 2018-10-18 20:35 | Canada | Comments(0)