プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Prince Edward Island( 84 )

イタドリ

昨年の秋に引っ越した家の裏庭にJapanese Knotweed(イタドリ)がはびこってます。昨年の秋に根こそぎ取り除いたはずでしたが、元気いっぱいです。世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれているのもうなずけます。
c0353373_05061102.jpg
c0353373_05061976.jpg
他にも害虫であるJapanese Beetle(マメコガネ)もプリンスエドワード島で勢力を広げているようです。これだけ世界中の人や物の往来が多いと、避けようがない問題です…


[PR]
by abegweit | 2018-06-17 05:18 | Prince Edward Island | Comments(2)

シャーロットタウン・フェスティバル

土曜日に『ジーザス・クライスト・スーパースター』がオープニングを迎え、来週からはいよいよ『赤毛のアン』のミュージカルが始まります。6月18日、19日と22日のプリビューの後、23日の1時半にオープニングとなります。プリビューというのは試演と訳す他ないかもしれませんが、本公演と全く同じです。しかも料金もお得です。

コンフェデレーション・センター内の大きなシアターで上演されるのは上記の2本がメインですが、他にも小さいホール、野外シアター、そしてThe Mackというシアターを中心に夏の間行われるイベントをシャーロットタウン・フェスティバルといいます。

センターの壁の『赤毛のアン』の大きなポスターが目立ちます。
c0353373_20282641.jpg
c0353373_20284215.jpg
今、コンフェデレーション・センターの前ではクラブアップルの花がとてもきれいに咲いています。さくらんぼのような小さくて真っ赤なりんごの実がなります。昔はこれを砂糖漬けにして食べていました。ノバスコシアの養護施設から来る男の子(実際はアン)のためにマリラが用意していたのはこのクラブアップルの砂糖漬けでした。リンド夫人がこの砂糖漬けを見て、「たいしたお客様ではないようだ。」と一瞬でみやぶってました。
c0353373_20283537.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-06-12 20:37 | Prince Edward Island | Comments(0)

ジーザス・クライスト・スーパースター

夏の間シャーロットタウンのConfederation Center of the Artsの劇場を中心にCharlottetown Festivalが開催されます。メイン・シアターでは今年54年を迎える『赤毛のアン』はもちろん、シャーロットタウンでは初となる『ジーザス・クライスト・スーパースター』が上演されます。基本的に月、火、土の夜は『赤毛のアン』、水、木、金の夜は『ジーザス・クライスト・スーパースター』です。それぞれマチネ(お昼の部)が水曜日と土曜日に上演されます。日曜日はお休みです。
c0353373_20225780.jpg
この土曜日に『ジーザス・クライスト・スーパースター』のオープニングに行ってきました。去年『赤毛のアン』でギルバートを演じた人がキリスト役を演じていました。私は彼の演じるギルバートが好きだったので、今年ギルバートを演じないと聞いたときは残念でしたが、このキリスト役もとてもすばらしかったです。ユダを演じた人も圧巻の声量と演技でしたが、歌詞がまったく聞き取れず自分の英語力にがっかりしました。でもカナダ人の同僚も「全く分からなかった」と言っていたのでほっとしました。

[PR]
by abegweit | 2018-06-11 20:31 | Prince Edward Island | Comments(0)

ファーマーズ・マーケットでお土産

6月になって島の観光地もどんどんオープンしてきました。冬は土曜日のみオープンするファーマーズ・マーケットですが、水曜日の営業も始めました。(10月の感謝祭まで水曜日もオープンしています。)

ファーマーズ・マーケットでは島の野菜、肉、シーフード、お花、お酒などが買えますが、日本へ持って帰れるようなお土産も見つかります。

下の写真はメープルシュガーです。プリンスエドワード島にはサトウカエデがそれほど多くないので、島のメープルシロップやメープル製品はなかなか貴重なお土産です。
c0353373_20332865.jpg
それから紅茶が入ったポストカードです。映画のシーンを彷彿とさせるイラストです。他にも灯台や島の風景などがありました。
c0353373_20334282.jpg
水曜日は開いているお店も少なくて静かなので、できれば土曜日に行くことをお勧めします。

[PR]
by abegweit | 2018-06-08 20:39 | Prince Edward Island | Comments(0)

プリンスエドワード島のロブスター漁


5月1日からプリンスエドワード島のロブスター漁が始まりました。5月1日から6月末までの2ヶ月間、島の北海岸及び南東部で漁が行われます。1ヶ月半ほどお休みして8月上旬から10月上旬までは島の南西部で漁が行われます。アトランティックカナダの海域ごとに漁期が細かく決められており、1年を通してどこかでロブスター漁が行われています。

数年前に知人のロブスター船に乗ってロブスター漁体験をしました。といっても私は見ていただけですが、貴重な体験でした。確か朝4時ぐらいに港に行って船に乗りました。
c0353373_03401047.jpg
まずはロブスタートラップを船に引き上げて、ロブスターのサイズを測って、爪にゴムをはめます。基準よりも小さいロブスターやお腹に卵を抱えているロブスターは必ず海に戻します。
c0353373_03402448.jpg
c0353373_03403115.jpg
c0353373_03403935.jpg
それから、ロブスタートラップにえさを入れ海に戻します。えさはサバを使ってました。
c0353373_03401726.jpg
港に戻ったのが2時半頃。お掃除したり、明日の準備をしたり、まだまだ忙しそうでした。日曜日はお休みで、週に6日この作業を繰り返します。
c0353373_03404605.jpg
島では母の日に初ロブスターを食べる人が多いです。北海岸のロブスターで有名なFisherman's Wharf レストランも母の日にオープンします。



[PR]
by abegweit | 2018-05-02 20:33 | Prince Edward Island | Comments(0)

プリンスエドワード島へのツアー

来週の5月1日にはグリーンゲイブルズハウスがオープン、5月2日には今年初のクルーズが寄港します。やっと暖かくなったと思った途端に、観光シーズン突入です。

日本からプリンスエドワード島へ行く場合、全て個人手配、飛行機とホテルだけの手配、現地係員がつくパッケージ・ツアー、添乗員さんが付くツアーに加えて、プリンスエドワード島だけのツアー、ノバスコシア州と組み合わせたツアー、ナイアガラやカルガリーなどカナダの他の地域と組み合わせたツアーなど、とにかくたくさんの選択肢があります。今年の6月からは成田⇔モントリオール便が就航するので、今年はプリンスエドワード島とモントリオール/ケベックを組み合わせたツアーの人気が高いようです。
c0353373_01175659.jpg
プリンスエドワード島の小さい空港を使っている私がこう言うのもなんですが、昔のモントリオール空港は人口の割りには寂しい感じのする空港でした。でもここ数年、モントリオール空港を利用するたびに、どんどんきれいになっていくのが分かりました。照明も明るくなって、レストランやカフェは一新されつつ数も増えて、とても居心地のいい空港になりました。

因みに日本からAir Canadaのトロント/モントリオール空港経由でシャーロットタウン空港へ行く場合、トロント空港経由だとシャーロットタウン空港到着が夜の1時ごろです。モントリオール空港経由の場合シャーロットタウン空港着が23時前後ですので、日本を出発した日と同日に到着できます。ツアーだとフライトは選べない場合がほとんどですが、個人でフライトを手配される方は、日本発着の空港重視か、シャーロットタウン空港の到着時間重視か、悩ましいですね。私の日本の実家は羽田空港の方が圧倒的に近いのでトロント便を使い続けますが、翌日観光が入っていたりすると悩むところだと思います。料金も違うと思いますので、いろいろ検討して、「これだ!」というルートやツアーでお越しくださいね。

[PR]
by abegweit | 2018-04-27 20:42 | Prince Edward Island | Comments(2)

マスクラット

今朝は2度ですが、とても暖かく感じます。いつもは車で通勤していますが、パートナーがお父さんと釣りへ行くのに車を持っていってしまったので、久しぶりにオフィスまで歩いてきました。車だと5分かかりませんが歩くと20分です。オフィスに到着する頃には体もぽかぽかしてちょうどいい運動になりました。住宅街を歩いてきたのですが、お庭ではクロッカスのつぼみが大きくなり、水仙の茎がぐんぐん伸びて、とても春らしくなってきました。今日は12度、明日は16度まで上がるようです。

歩いている途中に彼から写真が届きました。朝釣りをしている傍らにマスクラットがやってきて、朝の身づくろいを始めたそうです。プリンスエドワード島の野生の動物はなんだか人懐っこい感じがします。
c0353373_20542381.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-04-23 21:13 | Prince Edward Island | Comments(0)

スカンク vs キツネ

シャーロットタウンで昨年駆除されたスカンクの数が劇的に減ったそうです。ニュースによると、シャーロットタウン及び周辺に出没しているキツネの数と反比例しているとのことでした。ただキツネがスカンクを食糧にしているわけではなく、キツネもスカンクもほぼ同じようなもの(地中の虫や昆虫など)を食べているので、えさを求めてのテリトリー争いの結果のようです。個人的には町のスカンクが少なくなったのはありがたいですが、結局郊外では増えているのかどうか気になります。夏の夜に郊外で車を運転するときは注意が必要です。

数年前の春に自宅の庭で見かけたキツネは日向でおおあくびしてました。この島ではキツネの天敵は人間(と車)とコヨーテぐらいでしょうし、人間はペットが襲われたりしない限りはキツネに手を出さないでしょうから、町で見かけるキツネはかなりリラックスしてます。
c0353373_21540918.jpg
こちらは子ギツネです。
c0353373_21533902.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-04-18 20:30 | Prince Edward Island | Comments(0)

カーリング

今日はオリンピックの女子カーリングの準決勝の日です。カナダ(女子チーム)は今回初めて決勝トーナメントに残れなかったそうで、私のパートナーはがっかりしています。男子チームも3位決定戦で敗れてしまいました。昔はカナダの独壇場だったのに、今では世界各国が強くなってきたと嘆いてます。実は韓国女子チームのコーチはプリンスエドワード島の人です。カナダが他の国も強くしているんですね、きっと。

彼も毎週木曜日にカーリングをしています。男女混合のチームで11月から3月ぐらいまでの期間、毎週違うチームと対戦するのですが、買ったチームが負けたチームにビールをおごる暗黙のルールがあるんだそうです。負けても悔しくないですね。昨日写真を撮ってきてもらいました。
c0353373_22414400.jpg
c0353373_22413927.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-02-23 22:43 | Prince Edward Island | Comments(2)

修復中の州議事堂

シャーロットタウンの町のシンボルといえば、やはりProvince House(州議事堂)です。ダウンタウンのど真ん中にあります。1864年に植民地の代表が集まってCharlottetown Conference(カナダ建国会議)が行われたことで、Birthplace of Canada(カナダの誕生日)と呼ばれています。

この州議事堂は2014年のカナダ建国会議150周年のお祝いをしてから、大規模な修復工事に入りました。築170年近い建物です。調査すればするほどひどい状態であることが判明して工期が延び、コストも増大しています。再オープンまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

今週の朝の様子です。
c0353373_23314874.jpg
c0353373_23315666.jpg
下はレゴで作られた州議事堂です。
c0353373_23330691.jpg
中の様子を知りたい方は州議事堂を管轄しているParks Canadaのサイト (英語)からご覧になれます。

[PR]
by abegweit | 2018-02-22 21:35 | Prince Edward Island | Comments(0)