プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Prince Edward Island( 109 )

歴史的な1日

「歴史的な1日」と書くと大げさですが、シャーロットタウンの港に4隻の船が寄港しました。1日に4隻は初めてです。しかも3隻は大型船です。人口4万人前後の町に、クルーズのクルーを含めて1万1000人の人が来たのです。町は人であふれていました。グリーンゲイブルズも行列ができていたようです。

下の写真は同僚がシャーロットタウンの対岸から撮った写真です。他に2隻いましたが、なかなか1枚にはおさまりません。
c0353373_20513468.jpg
クルーズ・ターミナルではアンと連邦警察(RCMP)がお出迎えしてくれます。
c0353373_20512396.jpg
この小さな町に1日に4隻も寄港すると、観光地、レストランやギフトショップの受け入れ能力を超えてしまって、不満足な滞在に終わってしまうのでないかとも危惧されています。特にグリーンゲイブルズは島一番の観光地なので、どうしても集中してしまいます。


[PR]
by abegweit | 2018-10-03 21:00 | Prince Edward Island | Comments(0)

ビクトリア・パークの遊び場

まもなくビクトリア・パーク内に"accessible playground"がオープンする予定です。accessibleはバリアフリー、もしくはユニバーサル・デザインというのでしょうか、まだ実際に近くで見ていないので、ここは英語のままにしておきます。

フェンスの隙間から覗いてみました。大人もわくわくするような遊び場です110.png  
c0353373_03302852.jpg
c0353373_03303591.jpg
この日は夕陽もきれいでした。
c0353373_03302132.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-09-28 21:58 | Prince Edward Island | Comments(0)

毎日クルーズ

クルーズが毎日のようにシャーロットタウンの港に寄港しています。
町のギフトショップやレストランは大忙しです。
c0353373_03525400.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-09-21 23:51 | Prince Edward Island | Comments(0)

南海岸の夕暮れ

先週は毎日のようにお天気が良くて、真っ青な空と海が本当にきれいでした。家にいるのがもったいなくて、北海岸や南海岸へと夕陽鑑賞三昧しました。

今回は南海岸のVictoria by the Seaの海岸の写真です。島の南海岸ではビーチも真っ赤です。このあたりではSoftshell Clam(ハマグリ)がたくさんとれるので、引き潮の時はたくさんの人が潮干狩りを楽しんでいます。
c0353373_23180514.jpg
c0353373_23175267.jpg
白い貝がより真っ白に見えます。
c0353373_23175910.jpg
c0353373_23181145.jpg
朝晩どんどん涼しくなっているので、パーカー1枚でゆっくりと夕陽鑑賞を楽しめるのもあと数日かもしれません。これから島にいらっしゃる方は秋用の上着をお持ちくださいね。

[PR]
by abegweit | 2018-09-19 20:11 | Prince Edward Island | Comments(0)

からし菜畑

プリンスエドワード島ではMustard(からし菜)を植えるじゃがいも農家が増えています。花が咲いた後に刈り取って畑にすきこむと、じゃがいも生産の天敵であるWirewormという害虫を駆除する効果があるそうです。

とても鮮やかな黄色がきれいです。この写真を撮った数日後には刈り取られてしまいました。
c0353373_02511737.jpg
c0353373_02512372.jpg
プリンスエドワード島でもかつてはもっと農薬が使われており、島の白頭鷲の数が激減した一因だそうです。食物連鎖の頂点であるがために、体内で高濃度になった農薬がカルシウム摂取を妨げて、雛がかえる前に薄い殻の卵が割れてしまったようです。1970年代に入って農薬の規制などが行われ、現在では白頭鷲を目撃する機会もぐんと増えました。いつも雄大に空を飛んでいます。からし菜栽培などで害虫駆除ができるならすばらしいと思います。

[PR]
by abegweit | 2018-09-17 20:44 | Prince Edward Island | Comments(2)

夕暮れのDalvay by the Sea

Coveheadで夕日鑑賞をした後、Dalvay by the Seaホテルを周ってシャーロットタウンへ帰りました。Dalvay by the Seaには何度も来ていますが、こんなにきれいな景色はなかなか見られません。Dalvay Lakeが鏡のようでした。
c0353373_00114635.jpg
c0353373_00112799.jpg
写真では分かりにくいですが、三日月が雲ひとつ無い夜空にくっきりと浮かんでいました。
c0353373_00114092.jpg
下の写真は同日の5時ごろにDalvay by the Seaホテルの前で撮影したものです。この時はまだ雲がたくさん残ってました。南へと渡っていく前のカナダ雁がたくさんいます。
c0353373_00113489.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-09-14 20:14 | Prince Edward Island | Comments(0)

グレート・ジョージ・ストリート

1864年にシャーロットタウンの州議事堂でカナダ建国会議が行われ、1867年にカナダという新しい国が生まれました。もろもろの事情でプリンスエドワード島が新しい国カナダに加入したのは遅れて1873年のことではありますが、この島は「カナダ誕生の地」や「連邦のゆりかご」と呼ばれています。

その州議事堂(Province House)ですが、現在修復中で工事関係者以外立ち入りができません。周囲には足場が組まれていて、残念ながら写真映えもしません。修復工事中は隣のコンフェデレーション・センターに建国会議に使われたテーブルや椅子のレプリカが置かれ、建国会議当時のシャーロットタウンを再現した20分の映像"Story of Confederation"を見ることができます。無料です。
c0353373_01392733.jpg
州議事堂の前の通りはGreat George Streetと呼ばれていて、当時の建物が残っています。教会、ギャラリー、ホテルなどが立ち並び、とても絵になる通りです。
c0353373_01394018.jpg
c0353373_01393343.jpg
c0353373_01560818.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-09-11 19:39 | Prince Edward Island | Comments(0)

9月

9月に入って朝晩の気温はぐっと低くなってきました。長い夏休みが終わって9月6日からは学校も始まりました。お店は早くもハロウィーン・グッズを売っています。
c0353373_23000282.jpg
1日1日秋に近付いています。赤土の道も1ヵ月後には紅葉が始まっていることでしょう110.png
c0353373_23090732.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-09-07 23:02 | Prince Edward Island | Comments(0)

Victoria by the Seaでの休日 2

Victoria by the Seaはシャーロットタウンから車で30分、南海岸に面した小さな村です。大きくはないですが漁港と灯台があり、メインストリートを中心にレストラン、カフェ、クラフトのお店などが並んでいます。とても小さい村で簡単に歩き回ることができ、灯台、漁港、村の建物、海岸など島らしい写真スポットがたくさんあります。近くには別荘地もあるので、夏はいつも人でいっぱいです。
c0353373_01253395.jpg
c0353373_01254785.jpg
c0353373_01254034.jpg
c0353373_01255435.jpg
c0353373_01260090.jpg
「プリンスエドワード島で一番大きい木」と書いてある看板もあります。家の中からでてきた人が「American Elmよ。」と教えてくれました。ニレの木の一種のようです。
c0353373_01260726.jpg
c0353373_01261384.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-09-05 19:51 | Prince Edward Island | Comments(2)

ケープ・ベア灯台とマルコーニ無線局

ケープ・ベア灯台(Cape Bear Lighthouse)です。
c0353373_02070099.jpg
看板には"Cape Bear Lighthouse & Marconi Station" と書いてあります。以前は灯台に隣接してマルコーニ無線局があったそうです。1912年のタイタニック事故の際、SOS信号を受信した無線局の1つです。
c0353373_02071212.jpg
侵食が激しい場所にあり、2015年に現在の位置に移動しました。下は2009年に撮影した写真です。崖ぎりぎりに立っていました。
c0353373_02064563.jpg
中は小さい博物館(入場料5ドル)になっていて、かつての灯台守やマルコーニ無線局の写真などが展示されています。
c0353373_02070688.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-08-31 20:25 | Prince Edward Island | Comments(0)