プリンスエドワード島の四季 abegweit.exblog.jp

カナダ・プリンスエドワード島での四季折々の姿を綴るブログ


by abegweit
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー

カテゴリ:Food and Drink( 230 )

ハンドパイのお店

寒い週末に続き、寒い月曜日の朝です。体感温度がマイナス30℃まで下がるかもしれないとの予報が出ています。

さて、サマーサイドからシャーロットタウン方面に向けて15~20分ぐらい運転したところに"Handpie"のお店があります。ハンドパイは折りたたんだパイ生地の中にお肉やお野菜などが入った、ボリュームのあるパイです。ブルーベリーなどが入った甘いデザートのパイもあります。オーガニックの小麦粉と、プリンスエドワード島の食材(じゃがいも、ビーフ、鶏、ブルーベリー、クランベリーなどなど)を使っているそうです。

ブログ掲載用にと許可をもらい、オーナーさんにも写真に入ってもらいました。いつ会ってもにこにこしていてエネルギーにあふれた人です。
c0353373_22304178.jpg
c0353373_22304816.jpg
右がビーフ、左はポークです。お肉がぎっしり詰まっています。
c0353373_22285633.jpg
ハイウェイ沿いのシンプルな建物ですが、パイのロゴが目印です。パイのロゴが豚の鼻にも見えて、かわいいです。
c0353373_22310824.jpg
c0353373_22310239.jpg
オープンキッチンになっています。
c0353373_22305521.jpg
屋内には食べる場所が無いのでお持ち帰りか、夏は外のピクニックテーブルで食べることができます。ここからコンフェデレーションブリッジまで 10分かからないので、橋が一望できるところで食べるのもいいですね。
c0353373_22311426.jpg


by abegweit | 2019-02-11 21:30 | Food and Drink | Comments(0)

サマーサイド

サマーサイドはプリンスエドワード島で2番目に大きな町で、2016年の国勢調査によると人口は13,814人です。同調査で、州都のシャーロットタウンの人口が36,094人でした。アンシリーズ4巻目『アンの幸福』では、アンがサマーサイドの学校を教えながら3年間を過ごします。その3年間の悲喜こもごものエピソードが、アンからギルバートへの手紙形式で綴られています。サマーサイドにはアンが下宿していた柳風荘を彷彿とさせる、塔のある建物などがあります。

シャーロットタウンからサマーサイドまでは1時間ぐらいのドライブです。個人的にはサマーサイドに行く用事があまりなく、久しぶりに友人とサマーサイドまでドライブしました。友人が事前にいろいろ調査してくれ、小さなカフェでランチを食べることになりました。友人はウィスキー・メープル・ベーコン・ジャムという響きだけでも食欲をそそるジャムを挟んだグリルド・チーズ・サンドイッチ、私はローストチキンとフォカッチャのサンドイッチを食べました。これに4ドル~5ドルぐらい追加すると、サイドにスープやサラダを付けることができます。私たちが食べている間、ひっきりなしにお客さんが訪れていました。サマーサイドで人気のカフェのようです。

あたたかいフォカッチャがふんわりとおいしく、ローストチキンにとても合ってました。
c0353373_23322704.jpg
友人のグリルド・チーズのベーコンジャムもおいしかったです。ただパンにバターがしっかりと塗られていたので、全部食べるとちょっと胃に重そうでした。家で作るとこんなに色が付かないので、レストランで食べるグリルド・チーズ・サンドイッチのパンにはどれだけのバターが使われているのだろうと思います。
c0353373_23322004.jpg
毛皮用のSilver Foxという狐の飼育や造船業で栄えた名残で、古くて立派なお屋敷が残っている町でもあります。シャーロットタウンとはまた違って、興味深い町です。この日は寒すぎて短いメインストリートを歩くだけで凍えてしまったので、春になったらゆっくり散策しに来ようと思います。

by abegweit | 2019-02-08 21:51 | Food and Drink | Comments(0)

ポテトチップス

今日2月5日は春節/旧正月です。こちらではChinese New Yearと呼ばれていて、スーパーでは中華料理に必要な野菜や食材のセールをしています。

さて、プリンスエドワード島はじゃがいもの島としても有名です。カナダのじゃがいもの全生産量の3分の1をこの小さな島で産出しています。その内の30%は小売店、スーパー、レストランなどに卸され、10%が種芋用として世界20カ国へ輸出、そして60%がフライドポテトを主とした冷凍食品やポテトチップスなどの加工用となります。
c0353373_04303418.jpg
ところが、昨年度のじゃがいもの生産量は前年と比べて8%少なかったそうです。春が遅くて植え付けが遅れ、夏は雨量が足りず、しかも秋は例年よりもずっと早く霜が降りてしまって十分な大きさになる前に収穫をしたり、収穫が間に合わずに霜で駄目になったりしたことがその理由です。プリンスエドワード島のフライドポテト工場は、島外からじゃがいもを大量に調達しなければならなくなり、大きなニュースになっています。通常は島の契約農家のじゃがいもを使っていますが、すべてのじゃがいもを島ではまかなうことはできないようで州外から調達はしているそうです。今回に関しては近隣州だけではなくアメリカのアイダホ州などからも輸入したためかなりの輸送コストがかかり、苦渋の策だったようです。北米のレストランや家庭ではフライドポテトが欠かせないですものね…

下の写真はプリンスエドワード島のじゃがいものポテトチップスです。"Spud"はじゃがいものことで、島ではよく目にする単語です。"Spud Island"はまさに「じゃがいもの島」ということです。
c0353373_03465365.jpg
今のこの厳しい寒さも害虫駆除の役割を果たすので、じゃがいも産業には好条件なのです。そう思えば、この寒さも仕方がないことなのかもしれません。


by abegweit | 2019-02-05 21:37 | Food and Drink | Comments(0)
シャーロットタウンにはおいしいレストランがたくさんあります。ただし、外食は高いです。税金やチップもかかるので、1000円ぐらいで食べられるランチはほとんどありません。日本のようなコンビニもなく、ファースト・フードも結構高くつきます。カロリーも気になるので、節約と健康のためにも毎日会社にはお弁当を持っていきますが、昨日は久しぶりに会社のスタッフと外でランチしました。グリルド・チーズ・サンドイッチの専門店です。チーズはもちろん、パン、バター、ベーコン、トマトなどもすべてプリンスエドワード島産のものを使っています。さらにプリンスエドワード島のポテトチップスが付いてきます。
c0353373_02322966.jpg
店内は黄色を基調とした明るい雰囲気です。
c0353373_02321085.jpg
私はベーコンとトマトのグリルド・チーズ・サンドイッチを食べました。他にはポーク、ターキー、ビーフなどを挟んだものもあります。
c0353373_02321649.jpg
今日は特別にトマトスープとマック&チーズのサンプルをもらいました。マック&チーズはマカロニとチーズのグラタンのようなもので、カナダ人の大好物です。クラフト社が販売しているインスタント食品が有名で、クラフト・ディナーとも呼ばれます。スーパーに行くとクラフト・ディナーがたくさん並んでいて、「カナダの国民食」と呼ばれるのも納得します。
c0353373_02322255.jpg
とてもおいしかったですが、少しカロリー高めのランチでした… 最初から半分にカットしてありますし、女性なら誰かとシェアしてもいいですね。夏にはロブスターのサンドイッチもあるそうです。

シャーロットタウンのお店は車が無いと行けないところにありますが、キャベンディッシュのお店はAvonlea Village内(夏のみオープン)にあり、グリーンゲイブルズからも歩いて行ける距離です。Charlottetownのお店の周りにはCowsのアイスクリーム、島のビーフをつかったBoom Burger、島のブルーワリーで作っているビール、ポテトチップス、ポップコーン、チョコレートなど、島のグルメを楽しめるお店が並んでいます。車で島を周る人は、是非お立ち寄りくださいね。

by abegweit | 2019-01-30 21:38 | Food and Drink | Comments(0)

朝ごはん

日をおかずに、専門学校のカフェテリアの朝ごはんに行きました。この日は「世界の朝ごはん」のテーマで6種類もありました。私のパートナーの家族も集まって(平日なのにのりのいい家族です)みんなで丸テーブルを囲んで食べました。

日本、インド、スコットランド、フランス…などのチョイスがあり、私はフランス風クレープを選びました。クレープがもっちりとしていておいしかったですが、量が多すぎて完食できなかったのが心残りです。
c0353373_22160591.jpg

by abegweit | 2019-01-16 21:42 | Food and Drink | Comments(0)

朝ごはん

今朝は調理師専門学校のカフェテリアで朝食を食べました。ここでは生徒さんが調理をしていて、朝食やランチは日替わりメニューです。昨晩、学校のSNSをチェックしていたら"Japanese Breakfast"というメニューを初めて見かけたので、試してみたかったのです。
c0353373_22050284.jpg
今朝はフレンチトーストなど4種類の中から選べました。朝食はコーヒーがついて$5.25+税金ととってもお得な料金です。もちろん、私はJapanese Breakfastをオーダーしました。ごま油としょうゆで味付けしてある蕎麦に照り焼きサーモン、ゆでたまごとパクチーがトッピングしてあります。生徒さんたちを指揮しているシェフ(学校の先生)が、「Authentic(正統派)ではないけれど、おいしいわよ。」と声をかけてくれました。先生のおっしゃるとおり、とてもおいしくいただきました。最近カナダの日本食レストランではパクチーがトッピングされていることが多いような気がします。カナダではタイ料理も和食と同じぐらい人気なので、混同しているのかもしれませんね。
c0353373_22044874.jpg
c0353373_22045550.jpg
私のパートナーはフルーツのコンポートがたっぷりかかったフレンチトーストとフルーツサラダのセットを食べていました。フレンチトーストはとても甘かったです。だからベーコンと合うのでしょう。
c0353373_22043670.jpg
それから、持ち帰り用にと、私の友人お勧めのシナモンロールを買いました。
c0353373_22044216.jpg
授業の一環なので学校がお休みの日はカフェテリアもクローズです。したがって週末も夏休み期間中もクローズしているので、なかなか観光客の方にお勧めできず残念です。カフェテリアの他に、学校が経営しているレストランもあります。こちらは夏の間もオープンしていますが、行く前にオープンしているかどうか確認して、予約した方がいいと思います。カフェテリアもレストランもウォータービューで、料理といっしょにすばらしい眺めも楽しめます。

2019年2月15日 補足
今朝のニュースによると、残念ながら5月~9月は学校の休みに合わせてレストランもクローズするとのことです。観光シーズンなのに残念です。

by abegweit | 2019-01-10 22:35 | Food and Drink | Comments(0)
今日は1月7日です。日本では七草の日ですね。

クリスマスに全精力を注ぐからか、プリンスエドワード島での年越しはとてもあっさりとしています。もちろん大晦日の夜に家族や友人で集まって飲んだり食べたりもしますし、ホテルでは年越しパーティが行われたりしますが、これと決まった食べ物もありません。31日はいつもよりは早めに仕事を終え、1日は休んで、2日から仕事はじめといった感じです。唯一、花火が大晦日らしいイベントでした。日本のような「お正月気分」を感じることができないのです。

私は31日は会社をお休みして、師走という響きとは無縁ののんびりとした1日を過ごしました。クリスマスの飾りも残っているし、カナダでは冬が終わった後の春の大掃除の方が理にかなっているので、普段どおりの簡単な掃除と洗濯を済ませ、ダウンタウンのカフェでチキンバーガーを食べました。
c0353373_00084162.jpg
夜は花火を見に行った後に、生牡蠣を食べました。島の東部でとれた大きな牡蠣でした。冬の牡蠣はおいしいです。
c0353373_22221471.jpg
そして、おせち料理は無理ですが、せめて日本らしいものが食べたいと思い、栗を買ってきて栗ご飯を作りました。最近出来た野菜とフルーツのお店には、大型スーパーでは売っていないような、今までは島で入手困難だったものをそろえています。しかもとても安いのです。移民が増えているとはいえ、このように顧客層が限られているお店は1年も経たずに店じまいしてしまうことが多いので(島では)、繁盛して欲しいです。
c0353373_00083304.jpg


by abegweit | 2019-01-07 22:24 | Food and Drink | Comments(0)

ぶたのパン

18日の火曜日は終日雪でした。学校はすべてお休みで、お店なども早仕舞いしたようです。今朝は雪は降っていませんが、学校は昨日に続いてお休みとなりました。シャーロットタウンの町の中は除雪が早いですが、郊外の道路は除雪が進んでいないようで、休校と判断したようです。子供には嬉しい2連休ですが、13歳までの子供だけで留守番させることは出来ないので(法律で決まってます)保護者は大変です。

さて、2週連続Blue Winds Tearoomのベイク・セールに行った友人が、ぶたのパンを買ってきてくれました。大きい豚にはドライカレーが入っていて、小さいほうにはラズベリーとチョコレートが入ってました。
c0353373_03505125.jpg
かわいくて食べるのがもったいないと思いつつ、食べ始めたらあっという間になくなりました… この季節は日照時間も短く、寒さや雪などで家にいる時間が長いです。家にいる時間に比例して食べる量も増えているので、気をつけようと思います…
c0353373_03505851.jpg
c0353373_03510562.jpg

by abegweit | 2018-12-19 21:56 | Food and Drink | Comments(0)

バンクーバーの朝ごはん

バンクーバー出張中は時差の関係でものすごく朝早く目が覚めてしまうので、ほぼ毎朝24時間オープンしているマクドナルドで朝食を買います。ある日、出張先の人にすすめてくださったSugar Bunというクリームたっぷりのパンを買いに行きました。朝6時からオープンしているおしゃれなカフェでした。薄い生地にたっぷりのクリームが入っていて、クリーム好きの私は大満足でした。
c0353373_00271141.jpg
12月のバンクーバーはどちらかというと雨や曇りの日が多いのに、私の滞在中はほぼ毎日快晴でした。グランプリ・ファイナルでバンクーバーに滞在されていた松岡修造さんの効果だとしたら、本当にすごいです。最後の朝だけは雨が降っていたので、ホテルで少し贅沢なエッグス・ベネディクトを食べました。サーモンはアトランティック・サーモンが一番と思っていましたが、太平洋側のスモーク・サーモンもとてもおいしかったです。
c0353373_00270541.jpg

by abegweit | 2018-12-13 22:39 | Food and Drink | Comments(0)

Blue Winds Tearoomでランチ

バンクーバーに来る前日、Blue Winds Tea Roomでクリスマス・ベイク・セールがありました。オーブンで焼いたお菓子(ベイク)をたくさん買った後は、ゆっくりとランチを食べました。

メインは野菜たっぷりのミートローフです。
c0353373_23485923.jpg
そしてデザートには、栗のロールケーキを食べました。
c0353373_23490593.jpg


by abegweit | 2018-12-04 23:53 | Food and Drink | Comments(0)