人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Food and Drink( 300 )

オタワ便り4 バイワード・マーケットのランチ

オタワからプリンスエドワード島に戻るにあたって必要な食料品を買いにスーパーに行きました。するとスーパーの前には列ができており、数日前にはなかった赤いラインが2メートルおき毎に引かれていました。この列に10分ぐらい並んで中に入ることができました。
オタワ便り4 バイワード・マーケットのランチ_c0353373_03251173.jpg
トイレットペーパーなどはかなり売れていましたが、他の食料品や日用品はたっぷり揃っていたし、スーパーの中にいる人数が制限されていたので買い物自体はとてもスムーズでした。レジには再び長蛇の列が出来ていましたが、スタッフの人たちがきちんと誘導してくれていたし、あらゆるところを拭いたり殺菌しているので、ちょっと時間はかかったものの安心してお買い物ができました。スーパーまでは歩いて片道20分ぐらいで、いい運動にもなります。車が無い生活をはじめて3週間、毎日よく歩くようになりました。

さて、昨日に続きバイワード・マーケットです。屋内ではインターナショナルなご飯を食べることができます。

今とても人気のバターカレーチキン。これにお皿よりも大きなナンが付いてきました。
オタワ便り4 バイワード・マーケットのランチ_c0353373_03140540.jpg
中近東のお店のスパイスたっぷりのお魚です。
オタワ便り4 バイワード・マーケットのランチ_c0353373_03135531.jpg
日本食もありましたが、スパイシーな香りに惹かれてしまいました。


by abegweit | 2020-03-26 22:15 | Food and Drink | Comments(0)

オタワ便り3 バイワード・マーケットのオバマクッキー

今日は朝から気持ちよく晴れて、午後は3℃まで上がりそうです。お散歩日和です。110.png

新型コロナウイルスの感染者は、プリンスエドワード島州では3人のままですが、お隣のノバスコシア州で1日に10人増えたのが気になるところです。プリンスエドワード島州では、14日間の自主隔離をすべき人が従わない場合、罰金が科されることになりました。1回目は1,000ドル、2回目が2,000ドル、これ以降は10,000ドルです。ところで先週島の酒屋さんがクローズしましたが、シャーロットタウンの1店舗だけ再オープンすることになったようです。開店後1時間はシニアや買い物に時間がかかったりアシストが必要な人のみ入店できます。

今週末にオタワからP.E.I.に戻る予定です。今回は彼の手術や新型コロナウイルスの影響でほとんどオタワ観光ができなくて残念でした。昨年の7月は彼の検査でオタワに数日滞在したのですが、その時にたくさん観光をしておいてよかったです。今回はこんな騒ぎになる前にダウンタウンのバイワード・マーケットへ行きました。1826年からの歴史を持つマーケットです。昨年の7月に行ったときは屋外にもたくさん店舗が並んでましたが、さすがに冬は静かです。

このバイワード・マーケットで一際目立っているのが、オバマ前大統領が訪れた際にクッキーを買ったお店です。もう10年以上も前のことですが、今でも人気のようですね。
オタワ便り3 バイワード・マーケットのオバマクッキー_c0353373_23593706.jpg
オタワ便り3 バイワード・マーケットのオバマクッキー_c0353373_23594559.jpg
オタワ便り3 バイワード・マーケットのオバマクッキー_c0353373_23592695.jpg
他にもおいしそうなデザートがたくさん並んでいます。
オタワ便り3 バイワード・マーケットのオバマクッキー_c0353373_00000495.jpg
オタワ便り3 バイワード・マーケットのオバマクッキー_c0353373_23595522.jpg


by abegweit | 2020-03-25 23:08 | Food and Drink | Comments(0)

オタワ便り2 てつおじさんのチーズケーキ オタワ店

昨日は終日雪が降っていました。

カナダ政府も州政府もとにかく不要不急の外出を一切避けて家にいることと、食料品を買いに行く時は出来るだけ家族を連れずに1人で行くようにと勧告しています。お店では、現金ではなくデビットカードかクレジットカードでの支払いを推奨しています。

さて、去年かおととしのこと「てつおじさんのチーズケーキ」という人気のチーズケーキがあることを知りました。ただ福岡を中心に展開しているお店のようで、私にはなかなか食べる機会は無いだろうと思ってました。ところが、最近オタワに支店がオープンし、友人がお土産に買ってきてくれました。(3月はじめのことです)

北米では「ニューヨーク・チーズケーキ」という濃厚などっしりとしたチーズケーキばかりなので、まさに「日本のチーズケーキ」といった感じのふわふわだけどしっとりしたチーズケーキが新鮮でおいしかったです。そしてラスクがちょうどいい甘さでほろほろっと口の中でくずれて絶品でした。
オタワ便り2 てつおじさんのチーズケーキ オタワ店_c0353373_05064985.jpg
カナダ人の彼にはもう少しボリュームが欲しいようで、アイスクリームやラズベリーソースをかけて食べたら完璧と言ってました。
オタワ便り2 てつおじさんのチーズケーキ オタワ店_c0353373_05064211.jpg


by abegweit | 2020-03-24 21:32 | Food and Drink | Comments(0)

キングストンのレストラン

日本は春分の日ですね。関東では桜が咲き始めたときいて、ますます日本に帰りたくなります。さすがに今年の春の一時帰国はあきらめました。

カナダのニュースとしては、不要不急の渡航者にたいするカナダ・アメリカ間の国境封鎖は本日20日の夕刻から21日にかけて実施される予定だそうです。プリンスエドワード島州では2人目の感染者が確認されました。

昨日オタワで公共バスを使いました。私が椅子に座った途端に前の席の人がものすごいため息をつき、ものすごい勢いでバスの後方へ行ってしまいました。25年以上カナダにいてこんなにあからさまな差別を受けたのは初めてでしばらくへこみましたが、通路を隔てた隣の席の人が一緒に方をすくめてくれたので少しだけ救われました。この後に行ったスーパーのスタッフの人がすごく親切だったのも、いつも以上に嬉しかったです。バスの出来事があった後は、実は周りの人全員が私の近くによりたく無いと思っているのではないかと過剰に警戒してしまいましたが、そんなことはなくて、ほとんどの人は優しいです。ただカナダも移民国家とはいえ、いろいろあります。こんなときはおいしいものを食べて気分を上げるしかありませんね。ということで、先日食べておいしかったものをご案内します。

少し前の週末、オタワからキングストンという町へドライブしました。キングストンはオタワから車で2時間ぐらい、アメリカ国境に近く、オンタリオ湖からリドー運河へ流れる起点にあります。Queen's Universityという大学、カナダ軍関係の施設、病院、連邦更生施設、観光業などが産業の中心で、同じ州にあるトロントやオタワに比べるとかなり小さいですが、歴史を感じさせる落ち着いた町です。
キングストンに到着した夜は人気のレストランでとてもおいしいディナーを食べました。2人で175ドルとかなり高かったですが、2人とも心から満足しました。

隠れ家的な雰囲気のよいレストランでした。
キングストンのレストラン_c0353373_01444175.jpg
前菜のベトナム風春巻きです。春巻きというともやしなどの野菜が入っていそうですが、野菜はほとんど無く豚や鶏のひき肉と海老がたっぷり入ってました。しかも1つ1つが大きくて食べごたえもありました。
キングストンのレストラン_c0353373_01440179.jpg
スモークサーモンの前菜です。スモークサーモンはプリンスエドワード島でもよく食べる機会がありますが、今回いただいたスモークサーモンは食感と舌触りが最高でもちろん味も抜群でした。ビーツ風味のマスタードが華やかでした。
キングストンのレストラン_c0353373_01440892.jpg
私がメインに食べたレッド・スナッパーというお魚です。真っ黒なお米と一緒にサーブされました。このお米はかつてはエンペラーしか食べられなかったんだよと言われました。ネットでちょっと調べてみたら楊貴妃が好んで食べていたそうですね。お米もお魚もねぎもトマトのクリームソースによく合って、とてもおいしかったです。
キングストンのレストラン_c0353373_01442603.jpg
彼が食べたビーフとヨーグルトソースです。お肉が柔らかかったです。ものすごく量が多いですが、ぺろりと平らげていました。
キングストンのレストラン_c0353373_01443425.jpg
他にもワインとデザートもオーダーしました。本来であれば手術直後で入院しているはずだったので、「まさかKingstonでワインを飲みながらおいしいディナーを食べているとは思わなかった。。。」とつぶやいてました。因みに彼の場合お酒の制限は無くて、手術前や退院後はワイン1杯程度なら問題無いそうです。

3月20日現在、オンタリオ州のレストランやバーがクローズしており、このレストランも休業中とのことです。

by abegweit | 2020-03-20 22:43 | Food and Drink | Comments(2)

オープン・ビーフ・サンドイッチ

少し前に食べたランチです。パンの上に、アイランド・ビーフ(プリンスエドワード島のビーフ)がたっぷり盛られています。ここhアイランド・ビーフの熟成肉がおいしいレストランで、ディナー時の料金はかなり高めですが、ランチは比較的リーズナブルに食べられます。ビーフももちろんおいしいです。
オープン・ビーフ・サンドイッチ_c0353373_00584383.jpg


by abegweit | 2020-03-12 21:03 | Food and Drink | Comments(0)

Phoレストラン

州都とはいえ、シャーロットタウンのダウンタウンはとても小さくて簡単に歩きまわることができます。ダウンタウンのメインストリートはQueen Streetで、レストラン、ギフトショップ、劇場などが並んでいます。気が付けば、このQueen StreetにはPhoをメインにしたベトナムレストランが3件もオープンしていました。中国やインドからの移民が増えていますが、ベトナムからもたくさん移民しているのでしょう。
Phoレストラン_c0353373_01354023.jpg
Queen Streetではないですが人気のあったコーヒーショップがクローズした後にインド料理レストランもできるそうですし、アジア系料理のレストランがますます増えています。アジア系レストランではなくても、YuzuとかKimuchiなどのアジア食材を使ったメニューもよく見かけるようになりました。プリンスエドワード島には古き良き時代の雰囲気を残してほしいと思いつつ、食に関して選択肢がどんどん広がっているのはありがたいです。
by abegweit | 2020-03-06 21:40 | Food and Drink | Comments(0)

新しくオープンしたレストラン

冬に新しくオープンしたレストランにやっと行くことができました。

突然ですが、1864年に植民地の代表を集めたカナダ建国会議がシャーロットタウンで行われました。この会議から3年後にカナダという新しい国家が生まれたので、シャーロットタウン/プリンスエドワード島はカナダ誕生の地と呼ばれています。このカナダ建国会議が開催されるとき、このレストランの向かい側の広場にサーカスが来ていました。ほとんどの島の人はカナダ建国には興味が無く、熱狂を持って迎えられたのはサーカスの方だったそうです。レストランの名前はそのサーカスの名前から付けられています。
新しくオープンしたレストラン_c0353373_02501944.jpg
いろいろとつまみながら飲めるタパス風レストランなので、2~3人でシェアできるような小皿料理がメニューに並びます。

メニューには載っていない本日のお勧めが2品あり、両方ともオーダーしました。

ホタテのセビーチェ(本日のお勧めより)
新しくオープンしたレストラン_c0353373_02503493.jpg
ハムと卵のブレッド・プディング(本日のお勧めより)
新しくオープンしたレストラン_c0353373_02504526.jpg
オニオン・グラタン・スープ
新しくオープンしたレストラン_c0353373_02505189.jpg
2人でこの3品では少し物足りなかったので、もう一品チキン・ウェリングトン(パイ焼き包み)をオーダーしました。
新しくオープンしたレストラン_c0353373_02505858.jpg
2人とも本日のお勧めの2皿がとても気に入りました。タバーンというのでしょうか、ちょっとエキゾチックな感じで雰囲気も良かったです。2階はInnになっていて、泊まることもできます。


by abegweit | 2020-03-04 20:25 | Food and Drink | Comments(2)

サンシャイン・サラダ

かなり前に日本でも翻訳されましたが、「Aunt Maud's Recipe Book」という、モンゴメリさんの親族代々に伝わるレシピをまとめた本があります。この本で紹介されている「サンシャイン・サラダ」というゼリーで固めたサラダをいただく機会がありました。名前の通り、鮮やかな黄色がきれいです。この本のレシピによると、野菜はにんじんだけで他はパイナップルやオレンジなどのフルーツがメインです。今回いただいたサラダにはパイナップルとにんじんの他に、グレープフルーツやブルーベリーも入ってました。甘さがちょうどよくて、口の中がさっぱりして、食欲がどんどん進みます。110.png
サンシャイン・サラダ_c0353373_01502399.jpg
サンシャイン・サラダ_c0353373_04044718.jpg


by abegweit | 2020-02-27 21:31 | Food and Drink | Comments(0)

ファーマーズ・マーケットのパン

土曜日の朝はできるだけ寝ていたいのですが、ファーマーズ・マーケットに行く為にがんばって起きています。マーケットは9時オープンですが、11時頃に行くと前に進めないほど混むこともあり、新鮮な卵なども売切れてしまうのです。混雑解消の為に拡張工事が行なわれる予定と聞いています。

ファーマーズ・マーケットで買ったビーツとポテトのパンです。ムール貝たっぷりのシーフード・チャウダーと食べました。ものすごく月並みな表現ですが、どちらも皮がぱりっとしてて、中はもっちりしていておいしかったです。
ファーマーズ・マーケットのパン_c0353373_23550687.jpg

by abegweit | 2020-02-22 22:22 | Food and Drink | Comments(0)

生牡蠣

プリンスエドワード島のBeach Pointという場所で採れた牡蠣です。1個1ドルだったので12個買いました。臭みが無くて、とても新鮮でおいしい牡蠣でした。プリンスエドワード島の牡蠣はこぶりですが、カナダのどこよりもおいしいと思います。
生牡蠣_c0353373_23365489.jpg
島の多くのレストランでは1個3ドル前後で生牡蠣を食べることができます。レストランではシーフード・ソースやホースラディッシュなどが付いてきますが、私はレモンだけで食べるのが一番おいしいと思います。

by abegweit | 2020-02-21 21:29 | Food and Drink | Comments(0)