人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:My Favorite( 30 )

母の日とメイフラワー

今年の5月は例年よりも寒いです。お天気もあまりよくなかったので、メイフラワーを探しに行く機会がなかなかありませんでした。昨日は母の日だったので、彼のお母さんに渡せる分ぐらい咲いていることを期待して、森の中へ探しに行きました。いつもなら4月末には咲いているので遅いかなと思いながら行ってみると、ちょうどいいタイミングで咲いていました。
c0353373_21071044.jpg
c0353373_21071875.jpg
c0353373_21072547.jpg
車の中でさっとブーケを作って彼のお母さんに渡したところ、とても喜んでくれました110.png
c0353373_21073200.jpg
会社へも少し持ってきたら、同僚の女性たちが『メイフラワーの香りをかがせて!』と集まってきました。『昔はたくさんあったのに、最近は全然見かけないね。』『まさに春の香り!』と話していました。今日は1日幸せな気分で仕事ができそうです。
c0353373_21125588.jpg

by abegweit | 2019-05-13 21:18 | My Favorite | Comments(2)

ティファニーで朝食を

プリンスエドワード島の州議会選挙が終了し、新しい州首相が誕生しました。投票が平日に行われることも日本と大きく違う点です。期日前投票日が3回設けられており、この3日間だけでも3割の人が投票したそうです。私のパートナーによると以前は期日前投票をする為には理由を伝えなければならなかったそうですが、現在は特に理由は必要なく、期日前に済ませる人がどんどん増えているそうです。彼は投票所のスタッフが足りないと聞きつけるや早速スタッフに応募し、選挙当日は投票所で働き、興奮して帰ってきたと思ったら、その後はずっとニュースで選挙結果を確認していました。でも彼が特別ではなくて、翌朝の会社でもみんな選挙に関して熱く議論を交わしていました。

モントリオール領事館が公開しているプリンスエドワード島州情勢はこちらです。今回の選挙前の政治情勢や経済に関してコンパクトにまとめられています。今回は進捗保守党(PC)がトップとなったものの過半数が取れなかったので少数政権となり、緑の党(Green)が大躍進しました。今まではPCとLiberal(自由党)の2党体制でしたが、今回はGreenを含めた3党体制となります。島の政治が大きく変わりそうです。

さて話は大きく変わりますが、先週のニューヨーク滞在中、私がハリー・ポッターよりも楽しみにしていたのは「ティファニーでの朝食」でした。5番街のTiffany 本店でBlue Box Cafeというダイニングがオープンしたと聞いてから、とても行きたかったのです。ハリー・ポッター同様、予約が非常に困難と聞いていたので、いろいろな人のブログを読んで研究し、無事に予約することができました。たまたま彼の誕生日だったので、朝食後のデザートにはキャンドルをつけてもらいました110.png  彼はレストランで"Happy Birthday"の歌をうたわれることが何よりも恥ずかしいそうです。Tiffanyではそういうことも無く、さりげなくサーブされたので「さすがにエレガントだ…」と彼も感心してました。
c0353373_23460095.jpg
c0353373_23460972.jpg
(朝食についてくるフルーツカップとクロワッサン)

c0353373_23461695.jpg
c0353373_23462376.jpg
(クロワッサンのブレッド・プディング)

c0353373_23463094.jpg
(ダイアモンド型のチョコがついてきたチョコレート・ムースのケーキ)


映画『ティファニーで朝食を』で、オードリー・ヘップバーン扮するホリーのアパートとして撮影された建物もセントラル・パークの近くにありました。映画を観たのはかなり昔なのですが、同じアパートに住んでいる日本人が「ちょっとこれは。。。」という感じの人だったのは覚えています。
c0353373_23482738.jpg
このブログを書いていたら、原宿でティファニーのカフェが期間限定でオープンしたとのニュースを読みました。こちらも予約が大変そうですが、日本に帰ったら是非行ってみたいです。

by abegweit | 2019-04-25 20:53 | My Favorite | Comments(0)

ハリー・ポッター in New York

雨空が続くプリンスエドワード島です。車のタイヤも赤土で真っ赤です。今週はずっとこんな感じのお天気が続き、日中の気温は5-8℃ぐらいとの予報です。とくに朝晩はまだまだ冷えますので、ゴールデンウィークに島にいらっしゃる方は暖かい上着をお持ちくださいね。とけた雪や雨の影響で足元が悪いところがたくさんあるので、防水の歩きやすい靴も必要です。服についた赤土は落ちにくいので、薄い色より濃い色の服をお勧めします。

さて、今回ニューヨークへ行った一番の目的は、ブロードウェイの「ハリー・ポッターと呪いの子」の舞台を観ることでした。私のパートナーが「ハリー・ポッター」シリーズの大・大・大ファンなのです。私もアン・シリーズの大ファンでプリンスエドワード島に移住したので、彼の気持ちはとてもよく理解できます110.png
c0353373_00035657.jpg
この舞台は前半と後半に分かれた2部構成なので、水曜日の午後に前半、金曜日の夜に後半を観ました。1日で前半・後半を続けて観ることもできますが、彼は前半の余裕に浸ってから後半に臨みたかったそうで、このスケジュールとなりました。
c0353373_00040543.jpg
とても人気のある舞台でチケット入手も大変でした。1年前に舞台のチケットを確保してから飛行機とホテルを手配したら、たまたまイースターの週になりました。私は初期の映画をちらっと見たことがあるだけだったので、全7巻を日本語で2回ずつしっかりと読み、英語の原作本は3巻まで読み(英語は4巻目の途中で挫折しました…)、映画も全部見て、舞台の脚本も3回読んで、準備万端で臨みました。前半が終了した後は"Keep the Secret (ネタばれ厳禁)"と書いてあるピンが配られました。ということで、私もここでは何も書きませんが、ファンでない私もとても楽しめた舞台でした。というよりは、これだけ原作をしっかり読んで、ブロードウェイでハリー・ポッター好きに囲まれて舞台を観たら、ファンになりました110.png 『赤毛のアン』もそうですが、一見子供向けの小説のようでいて、実は様々なキャラクターの描写が緻密で、大人が読んでもとてもおもしろいと思います。

そして、気がつけば来週の4月30日からプリンスエドワード島でも"Anne and Gilbert"が始まります。こちらは『赤毛のアン』の続編にあたる『アンの青春』と『アンの愛情』を基にしたミュージカルです。ロマンチックかつコミカルで、毎年楽しみにしているミュージカルです。『赤毛のアン』は6月下旬より上演です。『アンとギルバート』が上演される劇場はとても小さいので、観たい方は事前に要予約です。『赤毛のアン』の方は1000人収容できる大きな劇場なので満席になることはほとんど無いですが、いい席で観るためにはやはり事前の予約をお勧めします。

by abegweit | 2019-04-24 20:56 | My Favorite | Comments(0)

大岡川プロムナードと京浜急行

遅い春です。やっとクロッカスが咲いているのを見かけました。とても暖かい日本で2週間を過ごして島に帰ってきたので、体だけ春仕様になってしまって寒さに弱くなってしまった気がします。もう2週間も前のことなのですが、日本の実家のある京浜急行沿いにある大岡川プロムナードの桜並木がきれいだったのでご紹介します。
c0353373_23064902.jpg
上大岡駅のお隣の弘明寺駅からプロムナードを歩き、南太田でUターンして再び弘明寺駅まで歩きました。写真を撮りながら2時間半ぐらい歩いたと思います。黄金町駅や日の出町駅沿いの桜並木は京浜急行の車内から見られますが、弘明寺駅からこんなに長い桜並木が続いているとは知りませんでした。たまたま駅でパンフレットを手にとって知りました。

駅名だけずらずらと書いても京浜急行を使わない人にはよくわからないと思いますので、こちらが地図です。
c0353373_23063075.jpg
橋がたくさんかかっていて、写真を撮りやすかったです。桜の花がデザインされている欄干もありました。
c0353373_23063719.jpg
街道にはたくさんの屋台も出ていて、お昼前にはものすごい人出でした。

もう終わってしまったのかもしれませんが、リラックマと上大岡駅のキャンペーンがほほえましくて、見るたびに顔がゆるんでしまいました。私が使うのが横浜駅から南方面ばかりということもあるのでしょうが、京浜急行ののんびりした雰囲気が好きで、地元に帰ってきたなという気がします。さすがに通勤ラッシュの時間帯は殺伐としてますが、平日の昼間に乗るとほっとします。
c0353373_23065540.jpg


by abegweit | 2018-04-19 20:25 | My Favorite | Comments(0)

クリスマスツリーの使用法

カナダならではだと思いますが、使用済みのクリスマスツリーの回収日があります。本物の木のほうです。今年は1月8日までに家の前に置くことになっており、1週間ぐらいかけて回収していきます。

枯れたクリスマスツリーが道路沿いにごろごろと置いてある風景は非常にシュールというか、とても物悲しい雰囲気が漂っています。最近はヤギ牧場がえさとして使用済みのクリスマスツリーを募集しているので、ヤギ牧場にもって行く人も多くなりました。
c0353373_03492990.jpg
それにしても、ヤギの赤ちゃんはとてもかわいいです。
c0353373_03492255.jpg

by abegweit | 2018-01-24 23:48 | My Favorite | Comments(2)

『若草物語』の新ドラマ

私は『赤毛のアン』はもちろん、『若草物語』の世界も大好きで、ボストン近郊のコンコードにある「オーチャード・ハウス(『若草物語』舞台となった家」には2回行きました。この時期になるとウィノナ・ライダー主演の映画も見たくなります。

『赤毛のアン』でアンが緑色に染めてしまった髪を短く切らなくてはならなくなったとき、『本に出てくる女の子はみんな、熱病で髪を切るとか、なにか気高い目的のためにそれおを売ってお金にするとかいうんだけれど…』と嘆きますが、『若草物語』のジョーのことのようです。『若草物語』は1868年に出版されました。モンゴメリが生まれたのは1874年です。

その『若草物語』の新しいテレビドラマがイギリスのBBCで放映されるそうです。下記はBBCの公式トレイラーです。





イギリスのBBC局では12月26日から3夜連続で放映される予定です。日本でも人気の高い物語なので、いずれ見ることができると思います。ベテラン俳優が脇を固め、イーサン・ホークとユマ・サーマンの娘であるマヤ・ホークがジョー役を演じるとのことで、新しいキャストも楽しみです。

by abegweit | 2017-12-19 21:20 | My Favorite | Comments(0)

子ヤギと過ごす幸せな時間

近くのヤギ牧場に子ヤギを見に行ってきました。この1ヵ月間で20匹以上うまれたそうです。どの子ヤギもとてもかわいくて2時間近く過ごしてしまいました。Petting Farmなので、触ったり抱いたりできます。Petting Farmは日本語では「ふれあい牧場」と訳すのが一般的でしょうか。

これは耳が小さくて特徴のある形をしているので、私のパートナーは勝手にヨーダ(『スター・ウォーズ』のキャラクター)と名付けてました。
c0353373_21161707.jpg
こちらはうさぎのように耳が長いヤギです。体にバンビのような模様があって、かわいかったです。
c0353373_21162452.jpg
このヤギの名前はギルバートです。アンという名前のヤギと双子ですが、今回はどこにアンがいるか分かりませんでした。
c0353373_21163402.jpg
子ウサギもいて、とにかくかわいい動物がいっぱいでした。

最近読んだニュースによると、アメリカでは子ヤギと一緒にヨガができる牧場もあるそうです。動画を見たら、子ヤギも人も皆とっても楽しそうでした。笑いすぎて顔の筋肉が痛くなるほどだそうで、是非体験してみたいです。

by abegweit | 2017-05-11 20:40 | My Favorite | Comments(0)

ピンクのチューリップ

今朝はプラス5度!です。

売り上げが病院へ寄付されるとのことで、ピンクのチューリップを買いました。家の外も中も春が来たような感じがします。
c0353373_22122063.jpg


by abegweit | 2017-02-24 22:11 | My Favorite | Comments(0)

かわいい妨害

プリンスエドワード島は今日も雪が降っています。あちこち真っ白です。

先々週の話ですが…
バンクーバーに行く前日に準備をしようとスーツケースに手を伸ばした途端、遊びにきていた猫がものすごい勢いで飛び乗ってきました。
c0353373_23095459.jpg
こんな顔をされたら「どいて」とも言えません。猫がスーツケースに飽きるまでメールチェックをしようとしたら、今度はキーボードを占領されました。邪魔だけどかわいくて抗議できませんでした。

by abegweit | 2016-12-14 23:15 | My Favorite | Comments(0)

Spoon River

今朝は朝から日差しがまぶしく、昨日に続いて真夏日となりそうです。Charlottetownにはクルーズが到着し、町はとってもにぎやかです。
c0353373_00205557.jpg
さて、CharlottetownにThe Mackという小劇場があります。Spoon Riverというミュージカルのチケットをもらったので昨晩The Mackへ行ってきました。プリンスエドワード島生まれのMike Rossが作曲したことで島では話題になっていましたが、私にとっては初めて聞くタイトルです。事前にあらすじを検索してみましたが日本語ではほとんど情報がありません。Amazonから引用すると『アメリカ中西部の田舎町「スプーンリバー」。人びとが「丘」と呼ぶ、この町の共同墓地から244の墓碑銘が語りかける、人生のうらみつらみ、愛の喪失、政治的離反、セックスにがんじがらめの人間模様。1915年、アメリカでベストセラーとなって以来、今日まで読み継がれているマスターズの代表作。』とのです。

確かに人生の理不尽さや厳しさなどをテーマにした歌が多かったのですが、悲喜劇こもごもの人生をコメディ調に演じてました。音楽もよかったですが、キャストの方たちがリアル感いっぱいですばらしかったです。途中の休憩なしで1時間半の短いミュージカルでしたが、とても見ごたえありました。大きな劇場で演じられるAnne of Green Gables やManma Mia!もとてもよかったですが、独特の雰囲気がある小劇場での鑑賞も楽しいものです。

by abegweit | 2016-07-14 00:43 | My Favorite | Comments(0)