プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Winter( 139 )

冬のコンフェデレーション・ブリッジ

コンフェデレーション・ブリッジはプリンスエドワード島とカナダ本土のニュー・ブランズウィック州を結ぶ橋です。凍結する海の上にかかる橋では世界最長の12.9キロメートルです。冬は本土とのフェリーが運航休止しているので、陸路で本土に行く場合はこの橋が頼りです。

ハリファックスからの帰り道ちょうど日没だったので、橋を渡る前に本土側から写真を撮りました。ノーザンバーランド海峡の向こうはプリンスエドワード島です。
c0353373_04063383.jpg
c0353373_04064016.jpg
ほんのりとピンクに染まり始めていました。橋を渡ってからシャーロットタウンまでは50分ぐらいです。


by abegweit | 2019-03-19 20:41 | Winter | Comments(0)

冬のノース・ラスティコ 2

ノース・ラスティコは1767年にフランス系住民が移住して、漁業を始めました。昨年、250周年を記念して漁師さんの像が立てられました。海の中に立てられたことを知らずに行くと、ちょっとびっくりします。
c0353373_01452085.jpg
c0353373_02191259.jpg
凍った海の上を6台ぐらいのスノーモービルが轟音をたてて駆けていきました。もうかなり氷が薄くなっているところがあるので、見ている方がこわくなります。
c0353373_01510858.jpg
c0353373_01454007.jpg
灯台も今は静かです。灯台の近くにある古びた建物もいい味をだしてます。
c0353373_01452725.jpg
c0353373_01454744.jpg


by abegweit | 2019-03-15 20:09 | Winter | Comments(0)

3月14日はパイの日

今朝は車の窓に霜がついていましたが、午後は6℃まで上がる予定です。出勤前の霜取りがなくなるだけでも、とても楽になります110.png 週の後半はこのまま暖かい日が続きそうです。週末はハリファックスで過ごす予定ですが、雨の予報です。。。残念。

さて、夏時間が始まって日没時間(3月14日は19:15)がいっきに遅くなりました。昨日の仕事帰りにビクトリアパークを周って帰ったところ、たくさんの人がボードウォークを歩いていました。
c0353373_21084339.jpg
まだ氷で覆われているところがほとんどですが、青い海水も覗くようになってきました。じわじわと春が近付いてるのを感じます。この時期は天気に関わらず道路にたくさんの水溜りができているので、歩道を歩くときは車が泥水をはねていかないかどうかとひやひやします。たいていの人はスピードを緩めてくれますが、たまにものすごい勢いで泥水をはね散らかしているドライバーを見かけます。
c0353373_21082965.jpg
c0353373_21083539.jpg
ところで、今日は3月14日です。日本ならホワイト・ディですが、カナダでは円周率の3.14にかけてパイの日です。SNSでもパイの写真をアップしている人が多いです。先日このブログでもご紹介したハンドパイのお店では、1個目を定価(約8ドル)で買うと2個目が3.14ドルになるそうです。今日限りのサービスです。
c0353373_21081734.jpg
因みに焼きたてのパイを買うと税金がかかり、同じお店の同じパイでも冷凍してあるものは税金がかかりません。これはスーパーでも同じで、お惣菜コーナーの保温してあるローストチキンなどには税金がかかりますが、冷蔵コーナーにあるローストチキンには税金がかからなかったりします。すぐに食べることを前提としているものには税金がかかるのですが、なかなか判断が難しいものもあります。近くのスーパーでは税金がかからない方には"No Tax"のシールが貼ってあります。日本でも新しい税率の導入にあたり同じシステムが話題になっていますが、慣れるまでには時間がかかるかもしれませんね。

Happy Pie Day 110.png

by abegweit | 2019-03-14 21:27 | Winter | Comments(0)

冬のノース・ラスティコ

冬の漁港の写真を撮りにノース・ラスティコへ行きました。漁港にはロブスター・トラップがたくさん積まれていました。
c0353373_03541564.jpg
ロブスター漁にはいろいろな規則がありますが、まずはロブスターのライセンスを持つことが大前提です。ただし、ライセンスの数が限られている為入手困難です。そして、写真のようなロブスター・トラップを使って漁をします。トラップは地域によって使用できる数が定められています。(1人250-300個)このトラップを1つのブイに5-6個ぐらいつなげて海底に沈めます。ブイは漁師さんごとに色やデザインが違います。漁ができる期間もアトランティック・カナダの海域によって細かく定められており、プリンスエドワード島でロブスター漁が再開するのは5月1日です。5月のロブスターはとてもおいしいので、島の人も毎年楽しみにしています。

漁港にはたくさんの漁師小屋が並んでいます。その中のひとつです。
c0353373_03542110.jpg
ブイも飾られています。海上でも自分のブイが分かりやすいよう、カラフルです。
c0353373_03543859.jpg
ドアのところにちょっと変わったボードが飾ってありました。
c0353373_03542757.jpg
これは、昔ロブスター・トラップをつなげてあるブイを数える時に使っていた道具だそうです。ブイだけでも50個近く使うので、ブイには数字がふってあります。今では電子機器で管理しているそうです。

by abegweit | 2019-03-13 20:53 | Winter | Comments(0)

あざらし

夏時間(Daylight Saving Time)に入りました。平日は朝6時に起きます。先週まではうっすらと明るくなり始めるころに起き上がっていましたが、今朝は真っ暗でした。その代わりに日没時間が遅くなるので、仕事が終わって帰宅してもしばらくは明るいです。

夏時間の始まりとともに、気温も上がってきました。今週の天気予報をみると、予想最高気温が7℃!という日もあります。

週末に北海岸に行ったところ、海の氷もだいぶ薄くなっていました。そして、日向ぼっこしているあざらしを見つけました。
c0353373_21024028.jpg
下の写真の真ん中の黒い点があざらしです。最初は岩かと思いました。
c0353373_21022998.jpg
c0353373_21025243.jpg

ちょっと離れたところにはたくさんの鴨がいました。
c0353373_21024654.jpg

帰り道に同じところを通ったら、あざらしはいなくなっており、あざらしがいた場所にはたくさんの鴨がいました。小魚がたくさんいる人気のスポットなのかもしれません110.png

by abegweit | 2019-03-11 21:16 | Winter | Comments(0)

あちこちに雪山

月曜日は1日に30センチも雪が積もりました。数日経った今でも、行き場の無い雪があちこちで高く積まれています。大きなかまくらが作れそうです110.png
c0353373_04163262.jpg
c0353373_04163948.jpg
さて、今週末からDaylight Saving Time(夏時間)が始まり、日本との時差は12時間となります。一番影響が少ないであろう日曜日の午前2時に1時間早まります。金曜日の日没は18時8分ですが、日曜日は19時11分です。晩ご飯を食べ終わってもまだ明るくて、夏時間が始まった後しばらくは変な感じがします。

by abegweit | 2019-03-09 23:31 | Winter | Comments(0)

厳寒のシャーロットタウン

昨日はお天気がよくて、とてもとても寒い1日でした。
c0353373_03204060.jpg
本当に寒かったのですが、気分転換にとランチタイムに近くのコンフェデレーショントレイルへ散歩へ行きました。コンフェデレーショントレイルは、鉄道の廃線後にレールを取り除いて整備したトレイルで、島の縦横に伸びています。シャーロットタウン周辺のトレイルはちゃんと雪かきもしてくれます。
c0353373_03204866.jpg

吹雪で火曜日のフライトがキャンセルになった友人は、金曜日の今朝やっと日本へ向けてシャーロットタウン空港から出発していきました。よく「シャーロットタウン空港からは週に何便フライトが出てるの?」となぜか週単位で聞かれますが、1日に15本以上が発着しています110.png  夏はもう少し本数が増えて、機材も大きくなります。それでもスムーズな乗り継ぎで日本へ帰るためには、使えるフライトが限られてしまうのです。友人は日本に1ヶ月滞在予定なので多少の変更には対応できましたが、旅行中は困りますよね。冬にカナダへ来る方、特にカナダ国内で乗り継ぎのある方は、余裕のある日程でお越しくださいね。


by abegweit | 2019-03-08 21:37 | Winter | Comments(0)

北海岸の夕暮れ

空がピンクに染まり始めた頃の北海岸です。
c0353373_22040955.jpg
誰かが大きなハートマークを残していました110.png
c0353373_22040363.jpg
キツネが道路を横切っていきました。
c0353373_22035728.jpg

by abegweit | 2019-03-07 22:05 | Winter | Comments(0)

Sourisの町とフェリー

プリンスエドワード島の東にSouris(フランス語で「ねずみ」の意味)という町があります。ここから出ているフェリーは島から130キロほど北にあるケベック州のマドレーヌ島と往来しています。この時期はマドレーヌ島からタテゴトアザラシの赤ちゃんを見るツアーが出ているので、島の名前を聞いた方もいらっしゃると思います。

このフェリーはIce Breaker(砕氷船)なので冬も航海することができるのですが、昨日(3月5日)は氷が厚すぎてSouirsの港まで来られず、コースを変更して隣のノバスコシア州のSydneyという港に到着したそうです。私の同僚によるとこの砕氷船は北米でも最強のパワーを誇るそうなので、余程厚い氷だったのでしょう。

冬の写真は無いので、2016年の7月に撮った写真をご紹介します。

Sourisのフェリーターミナルです。
c0353373_22162634.jpg
Souirsの灯台です。特に変わった外観ではないのですが、この灯台には他の灯台には無い特徴があります。それは階段で上まで上がり、外のデッキに出ることができるのです。島にはたくさんの灯台がありますが、内部を公開している灯台は限られており、その上外のデッキに出ることができる灯台はほとんど無いのです。
c0353373_22162103.jpg
内部はミニ博物館になっていて、Souris近辺で取れたSea Glassがたくさん展示されています。Sea Glassは瓶などのガラス片が波で削られて角が取れたものです。これをネックレスなどに加工されたものが島中のギフトショップで売られています。島の周りではたくさんの船が座礁したり沈没したので、Sea Glassを見つけるのは簡単です。沈没船マップなども売られています。
c0353373_22163388.jpg
Souirsの丘にあるカトリック教会です。外壁には島の赤い砂岩が使われているそうです。
c0353373_22163900.jpg
Sourisから15分ほどドライブしたところにEast Pointの灯台があります。ここで写真を撮っていたら、Sourisのフェリーターミナルで見たフェリーが通り過ぎていきました。
c0353373_22161578.jpg


by abegweit | 2019-03-06 22:50 | Winter | Comments(0)

野外リンク

昨日の吹雪は思ったよりは早く終わったものの、シャーロットタウン空港ではこの冬一番の30センチの積雪を記録しました。フライトは終日キャンセルで、今朝日本へ一時帰国するはずだった友人は金曜日まで帰れなくなってしまいました。シャーロットタウン空港からトロント乗り継ぎで羽田空港へ行く便が金曜日まで満席のようです。ハリファックス空港でも着陸した飛行機がゲートに向かう途中で滑ってしまい、3時間ほど空港の滑走路が使えなかったそうです。移動できた人も移動できなかった人も大変な1日でした。

陸路も空路も冬の移動は大変ですが、冬ならではのアクティビティもあります。

下は先週末のシャーロットタウンで撮った写真です。この時期はインフォメーション・センター前の広場が野外アイスリンクとなります。皆さん気持ち良さそうに滑っていました。
c0353373_22200912.jpg
c0353373_22202251.jpg


by abegweit | 2019-03-05 22:29 | Winter | Comments(0)