プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Sightseeing( 39 )

Young CompanyとConfederation Players

気がつけば8月も半ばです。今週末でYoung CompanyとConfederation Playersによる無料のショーが終わってしまうので、今更ながら行ってきました。正午にYoung Companyが若さいっぱいの歌とダンスを披露します。先住民族、有色人種、異文化や移民そしてLGBTへの差別など多民族国家カナダが抱える問題がテーマです。英語もわかりやすくて子供から大人まで楽しめます。ただ日陰が全く無い野外ステージなので、演じる人はもちろんですが観客も暑いです。45分です。雨の日は屋内で演じられます。
c0353373_20580509.jpg
c0353373_20581279.jpg
このYoung Companyのすぐ後に、Confederation Playersによる寸劇が行われます。Confederation Playersは1864年のカナダ建国会議の時に島に集まった政治家、その家族たち、当時の島の人のコスチュームを着て、町の案内などをしてくれる人たちです。彼らが建国会議当時の人々の様子を再現してくれます。こちらは15分です。
c0353373_20582648.jpg
c0353373_20583273.jpg
どちらも基本的には無料ですが、寄付をお願いしています。プリンスエドワード島へは9月も10月もたくさんの観光客が来ますが、Young CompanyとConfederation Playersのほとんどが学生さんです。学校に戻らなくてはならないこともあり、今週末で終わってしまうのです。
c0353373_20584027.jpg
終わった後はConfederation Playersと写真撮影もできます。このConfederation Playersと一緒に町を歩いて案内してもらうウォーキングツアー(有料)は来週末で終わりです。

[PR]
by abegweit | 2018-08-14 21:16 | Sightseeing | Comments(0)

夏休みとシャトル

さて、プリンスエドワード島の学校はそろそろ夏休みに入ります。

夏の間はCavendishのお店や宿泊施設で働く学生さんが多いです。しかしながら、しばらくCharlottetownとCavendish間には自分の車以外の移動手段がありませんでした。車を持っていない学生さんが多くて大きな負担になっていたこともあり、2017年からシャトルが復活しました。City(シャーロットタウン)とBeach (Cavendish及び北海岸)を結ぶCity Beach Expressです。今年の運行は本日6月22日から9月3日までです。予約はHPかインフォメーションセンター内のツアーデスクでどうぞ。

夏休みに入りインフォメーションセンターも忙しくなりそうです。この自転車もレンタルすることができます。
c0353373_23365842.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-06-22 20:51 | Sightseeing | Comments(0)

ビジター・インフォメーション・センター

シャーロットタウンのビジター・インフォメーション・センターは市庁舎の中とウォーターフロントのFounders’ Hall内の2箇所にあります。このFounders' Hall内にはPrince Edward Toursのデスクもあって、ツアー、ミュージカルチケット、キャベンディッシュへのシャトルのチケットなどの購入やレンタル自転車ができます。このツアーデスクは6月18日から毎日オープンです。キャベンディッシュとシャーロットタウン間のシャトルは6月22日より9月3日まで運行予定です。
c0353373_20364533.jpg
メープルの葉も生き生きとしてきれいです。
c0353373_20382729.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-06-13 20:40 | Sightseeing | Comments(0)

クルーズ

昨日、シャーロットタウンに今年初のクルーズが寄港しました。まだヨットクラブには一隻も無くてハーバーフロントは静かですが、ダウンタウンは久しぶりに人でにぎわっていました。
c0353373_20253620.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-05-03 20:27 | Sightseeing | Comments(0)

大さん橋

プリンスエドワード島とはあまり関係無いのですが、5月にアトランティック・カナダに寄港する飛鳥Ⅱの出港セレモニーの話を友人にしたところ、大さん橋は人気のあるデートスポットということを教えてくれました。

確かに片方はみなとみらい、もう片方にはベイ・ブリッジが一望でき、最高のロケーションです。
c0353373_04562125.jpg
c0353373_04561311.jpg
ここからの夜景はきれいでしょうね。飛鳥Ⅱをお見送りした日は、横浜駅からみなとみらい商業地区を通りながら大さん橋へ行き、その後山下公園で歓送放水を見て桜木町駅まで歩きました。気が付けば18,000歩も歩いてました。とてもいいお天気だったので、バスや電車に乗るのがもったいなくて、ついこんなに歩いてしまいました。プリンスエドワード島も大好きですが、やっぱり横浜も最高です。

[PR]
by abegweit | 2018-03-27 05:06 | Sightseeing | Comments(0)

2018年度 シャーロットタウンとキャベンディッシュ間のシャトル 

昨年試験的に運行されたシャーロットタウンとキャベンディッシュ間のシャトルが今年も運行されることになりました。夏にキャベンディッシュで働く学生さんに安価な交通手段を提供するために昨年運行開始しましたが、もちろん一般の人も利用できます。シャーロットタウンのホテルに泊まっていて1日キャベンディッシュやグリーンゲイブルズで過ごしたい人、キャベンディッシュに泊まっていて町の劇場で上演されている『赤毛のアン』や『アンとギルバート』のミュージカルを観たい人などに最適です。但し夜のシャトルの運行は水、金、土のみなので、劇場とシャトルのスケジュールを両方しっかりご確認ください。2017年度の情報ですが、『赤毛のアン』のミュージカルの夜の部は10時前に終了し、『アンとギルバート』は9時40分頃終了するそうです。『赤毛のアン』を上演するコンフェデレーション・センター前でピックアップしてくれますが、『アンとギルバート』を上演するThe Guildという小劇場からもとても近いです。
c0353373_05082825.jpg
今年のバスのスケジュールはこちらのHPで確認できます。学校の夏休みにあたる6月22日から9月3日までのみ運行予定。バスチケットの購入はHP(Visitor Travelをクリック)か、シャーロットタウンのビジターインフォメーションセンター(6 Prince Street, Founders Hall)内のPrince Edward Toursのツアーデスクでできます。乗車と降車する場所がそれぞれ数箇所あります。予約が無い場合、バスは停まらないので【要予約】です。

下の写真はコンフェデレーション・センターのBox Officeの入り口前、シャトルのピックアップ場所です(ピックアップ場所は他にも数箇所あるので、予約時に劇場前と指定しないと停まってくれないので要注意)。今はハンプティ・ダンプティの人形はありません。
c0353373_05125263.jpg
そしてこちらがシャトルバス。整備などでたまに違うバスも使ってますが、基本的にこの"City Beach"と書いてあるバスで運行しています。
c0353373_05130050.jpg

[PR]
by abegweit | 2018-03-06 21:47 | Sightseeing | Comments(0)

夕暮れのビクトリア・パーク

毎日とてもいいお天気が続いています。夏の休暇を過ごしている人には最高ですが、島の産業の基盤となっているじゃがいも畑は雨を待ち焦がれていると思います。

さて、シャーロットタウンのダウンタウンのはずれにあるビクトリア・パーク。夕暮れ時は、たくさんの人が海沿いのボードウォークでの散策を楽しんでいます。この日は空がピンク色に染まっていき、とてもきれいでした。
c0353373_21040101.jpg
c0353373_21034329.jpg
c0353373_21040855.jpg
公園の近くの住宅街では猫も夕涼みに出ていました。
c0353373_21035594.jpg
c0353373_21034967.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-08-03 21:06 | Sightseeing | Comments(0)

ポイントプリム灯台

とてもお天気のよい週末でした。
ポイントプリム灯台で終日イベントがあるとのことで、行ってきました。

ポイントプリム灯台は1845年築で、プリンスエドワード島では一番古い灯台です。円錐形の灯台は珍しいそうで、カナダでも数えるほどしかないそうです。(下の写真は春先の誰もいない時に撮影したものです)
c0353373_20451224.jpg
周りをぐるっと海に囲まれ、とても絵になる灯台です。年間1万5千人~2万人訪れるそうですが、お手洗いが無くちょっと不便でした。お手洗いとギフトショップを作り、駐車場を整備、他にも必要な修理などをし、土曜日にレセプションが行われました。
c0353373_20450531.jpg
この灯台には何十回と来たことがありますが、ここでこんなに多くの人と車を見かけたのは初めてです。何十台もの車がずらっと並んでいました。(下の写真にはほんの一部しか写ってません)
c0353373_20451915.jpg
ギフトショップには灯台をモチーフにしたギフトや本などが置かれています。下のキルトも素敵でした。便利になって、ますます多くの人を惹き付けることでしょう。
c0353373_20445453.jpg
灯台のHPによると今年は9月末までオープン。入場料5ドルを払うと、はしごのような階段で灯台の一番上(赤い部分)まで登ることができます。

[PR]
by abegweit | 2017-07-18 20:59 | Sightseeing | Comments(0)

シャーロットタウンとキャベンディッシュ間のシャトルが復活しました。

今年2017年6月23日から9月3日まで、シャーロットタウンとキャベンディッシュ間を1日3往復するシャトル、City Beach Expressが運行されます。ここ数年運行停止していましたが、今年2017年に復活しました!

City Beach ExpressもしくはPrince Edward ToursのHP(英語のみ)で24時間前までのオンラインでの予約が必要です。現金でお支払いされたい方、予約する前に質問のある方は、シャーロットタウンのウォーターフロントにあるビジター・インフォメーション・センター(観光案内所 6 Prince Street)のPrince Edward Toursのツアーデスク(英語のみ/毎日9時~16時)へどうぞ。席には限りがありますので、お早めに…
c0353373_23224455.jpg
バスの写真だけだとさびしいので、フレンチリバーで風に揺れるピンクのルーピンです。
c0353373_23583095.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-06-30 23:25 | Sightseeing | Comments(0)

Discovery Passで国立公園無料!

このブログでくどいほど書いていますが、2017年はカナダ建国150周年の年です。そのお祝いの一環として、カナダの国立公園や国定史跡を管理するParks CanadaがDiscovery Passというパスを発行します。このパスがあるとカナダ中の国立公園などに無料で入ることができるのです。(キャンプ場などの施設や特別プログラムなど有料の場合もあります。)

プリンスエドワード島のグリーンゲイブルズハウスもParks Canadaが管理しているので2017年だけは無料で観光できます。Discovery PassはParks Canadaのオフィスでピックアップするか、HPでもオーダーできます。でも事前に入手しなくてもグリーンゲイブルズでは現地でPassを入手することができるそうで、安心ですね。因みにグリーンゲイブルズは5月1日から10月31日までの間9:00-17:00まで毎日オープン予定です。他の州に関しては分かりませんのであしからず… 

と書いていたら、ちょうどDiscovery Passが届きました。カナダの多くの国立公園は車で入るところが多いので、バックミラーのところに引っ掛けられるようになっています。2017年のみ有効です。
今年個人でカナダを訪問予定の方はオーダーしてみてはいかがでしょう?
c0353373_21394395.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-01-05 21:53 | Sightseeing | Comments(0)