人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:Sightseeing( 45 )

City Beach Express でキャベンディッシュへ!

夏の始まりとともに、City Beach Expressが運行開始しました。シャーロットタウンとキャベンディッシュを結ぶシャトルです。初日は大雨だったので利用者は少なかったようですが、夏は始まったばかりです。これからキャベンディッシュも観光客でにぎやかになります。

グリーンゲイブルズの恋人の小径は勿忘草できれいでした。お化けの森にはゴゼンタチバナやスターフラワーが咲いていました。本当にしつこいですが、藪蚊に注意しましょう…
c0353373_23421398.jpg
(恋人の小径と勿忘草)
c0353373_23421979.jpg
(お化けの森)
c0353373_23422732.jpg
(スターフラワー)
c0353373_23420657.jpg
(マイズルソウ)

シャーロットタウンとキャベンディッシュの間は牧歌的な風景が続きます。
c0353373_23423927.jpg
シャトルはオンラインPrince Edward Toursのツアーデスクで予約ができます。予約しないとバスが停まらないので、必ず予約しましょう!


by abegweit | 2019-06-22 20:31 | Sightseeing | Comments(0)

ポイント・プリム灯台

プリンスエドワード島で一番古いポイント・プリム灯台です。シャーロットタウンからは車で50分ほど、オーウェル歴史村からは20分のところにあります。灯台の回りには赤い小船、赤いピクニック・テーブルなどが置かれ、赤い屋根のギフトショップ(お手洗い有り)があり、天気の良い日はのんびりと過ごしたいところです。灯台の中にははしごのような階段があり、入場料を払うと一番上まで登ることができます。
c0353373_22132477.jpg
c0353373_22133174.jpg
ギフトショップの中には灯台をモチーフにしたクラフトやステンドグラスなどが並んでいます。建てられたばかりなので、お手洗いもきれいです。
c0353373_22134350.jpg
c0353373_22135943.jpg
近くでルーピンの蕾を見つけました。たんぽぽが終わるとルーピンの季節が近付きます。
c0353373_22141507.jpg
c0353373_22135087.jpg


by abegweit | 2019-06-12 20:07 | Sightseeing | Comments(2)

観光シーズン到来

今年初の客船クルーズが寄港し、今年のプリンスエドワード島の観光シーズンが始まりました。といっても、オープンしている観光地、郊外のレストランやお店はまだまだ一部です。これからじわじわと、オープンしていきます。
c0353373_00575836.jpg
クルーズ・ターミナルにある巨大ロブスターです。ダブルデッカーのバスを見ると、観光シーズンが始まったなと実感します。
c0353373_00580686.jpg
ダウンタウンの教会です。まだ木々はさむざむしい感じですが、この1ヶ月でどんどん新緑の葉をつけていくことでしょう。
c0353373_00581218.jpg
c0353373_00582039.jpg


by abegweit | 2019-05-03 20:43 | Sightseeing | Comments(0)

Vessel

今朝は0℃で、久しぶりに息が白かったです。週末は10度まで上がるようです。この時期は気温の差がとても激しいです。

世界カーリングミックスダブルス選手権で日本がカナダを破ったと、今朝のラジオのニュースで知りました。私のパートナーはカーリングファンなのでカナダが負けたことにはがっかりしてました。でも、前回のオリンピックから日本の選手をかなり賞賛していて、プリンスエドワード島にもプレーしに来て欲しいとずっと言ってます。実現するといいですね。

さて、ニューヨークに新しい観光スポット、Hudson YardsのVesselです。日差しに反射して建物全体が輝き、階段が蜂の巣のように巡らされて、ものすごく目を惹く建物でした。
c0353373_00063492.jpg
当日は快晴でしたが、ものすごい強風でした。これがビル風なのかたまたま風が強い日だったからなのか分かりませんでしたが、ちょっと怖かったです。
c0353373_00062058.jpg
Vesselはオンラインで予約できます。無料!かつオープンしたばかりで大変人気があると聞いていたので、2週間前に予約しました。当日券も配っていましたが、今後観光シーズンに入ると混むかもしれないので予約しておいたほうが安心かもしれません。私たちは10時に予約していたのでオープンと同時に入り、とりあえずエレベーターでトップまで上がってみました。2,500段あるという階段をぐるぐると下りて1階まで到着すると、たくさんの人がスマートフォンのカメラをタイマーにして上空を背景に写真撮影してました。私たちも記念に写真を撮り、せっかく来たんだからと今度は階段を使って最上階まで上りました。風が強いし、カメラやスマートフォンを落とそうものなら下の人が大怪我をしかねないので、写真を撮るのも緊張します。
c0353373_00060898.jpg
c0353373_00062756.jpg
新しい地下鉄の駅もオープンし、周辺の工事もまだまだ行われていて、この辺りはどんどん開発が進んでいきそうです。

Vesselに行った日の総歩数は3万歩を超えていました。ニューヨーク滞在中の平均歩数は1日2万歩前後でした。プリンスエドワード島にいると車で移動してしまうので、1日の平均歩数が2000歩ぐらいです。日頃の運動不足を深く反省し、仕事終わりにビクトリアパークを歩こうと思うものの、毎日悪いお天気のせいにして、運動不足解消は実現していません。


by abegweit | 2019-04-26 21:06 | Sightseeing | Comments(0)

新しい写真スポット?

シャーロットタウンのウォーターフロントに"LOVE"というサインが立てられていました。
c0353373_21294453.jpg
よく見ると鍵がたくさんついています。江ノ島のようです。
c0353373_21295069.jpg
サインには「恋人同士で南京錠をかけて、キスをして、鍵は捨ててしまいましょう!」と書いてあります。最近、プリンスエドワード島で挙式をする島外からのカップルがとても増えているので、シャーロットタウンの観光局が積極的にこのようなキャンペーンをしています。島にはビーチ、歴史ある建物、牧歌的な風景、トレイルなど、素敵な写真が撮影できるスポットがたくさんあります。食べ物もおいしいし、結婚式やアニバーサリーをお祝いするには最適な島だと思います。
c0353373_21300231.jpg
やはりハート・マークに南京錠をつける人が多いですね110.png
c0353373_21295612.jpg
メインストリートのQueen Streetの突き当たり、"2019"の大きなモニュメントの隣なので、簡単に分かります110.png 観光シーズンには鍵でいっぱいになっていることでしょう。

by abegweit | 2019-03-22 20:43 | Sightseeing | Comments(0)

Car Life Museum

Trans Canada Highway(国道)1号線沿いにあってよく前を通るのに、一度も入ったことがない博物館がありました。Car Life Museumです。
c0353373_03244365.jpg
プリンスエドワード島では車は必需品です。車はそこそこきれいで快適に動けばいいと思っている私にとって、申し訳ないけれども全く興味を感じない博物館でした。今年の春先にこの博物館が50周年を迎えたというニュースを聞いて少しだけ興味を覚え、車好きな私のパートナーに引きづられるようにして、行ってみました。エルビス・プレスリーのキャディラックがあるという看板は見たことがありますが、同じ年代の車両かレプリカが展示されているものだと思ってました。
c0353373_03240483.jpg
入ってみると、アンティーク・カーが大好きなオーナーさんの個人の趣味が高じてできた博物館のようです。アンティーク・カーだけではなく、車輪の付くものがたくさん展示してありました。
c0353373_03241776.jpg
c0353373_03242350.jpg
c0353373_03241007.jpg
多くのアンティーク・カーはまだ動くようで、1997年にコンフェデレーション・ブリッジが開通した時にはこの車で橋をドライブしたそうです。
c0353373_03243712.jpg
そして、ありました。ピンクのキャディラック。本当にエルビス・プレスリーが所有していたそうです。
c0353373_03243097.jpg
なぜかこの博物館の庭には古びた動物の像がたくさんおいてあって、不思議な雰囲気が漂っています。
c0353373_03435546.jpg
c0353373_03440850.jpg
c0353373_03440114.jpg
外の動物の置物は別として、アンティーク・カーの車体もエンジンもぴかぴかで、Facebookも頻繁に更新していて、オーナーさんの車好きが伝わってくる博物館でした。

by abegweit | 2018-09-06 20:44 | Sightseeing | Comments(0)

Young CompanyとConfederation Players

気がつけば8月も半ばです。今週末でYoung CompanyとConfederation Playersによる無料のショーが終わってしまうので、今更ながら行ってきました。正午にYoung Companyが若さいっぱいの歌とダンスを披露します。先住民族、有色人種、異文化や移民そしてLGBTへの差別など多民族国家カナダが抱える問題がテーマです。英語もわかりやすくて子供から大人まで楽しめます。ただ日陰が全く無い野外ステージなので、演じる人はもちろんですが観客も暑いです。45分です。雨の日は屋内で演じられます。
c0353373_20580509.jpg
c0353373_20581279.jpg
このYoung Companyのすぐ後に、Confederation Playersによる寸劇が行われます。Confederation Playersは1864年のカナダ建国会議の時に島に集まった政治家、その家族たち、当時の島の人のコスチュームを着て、町の案内などをしてくれる人たちです。彼らが建国会議当時の人々の様子を再現してくれます。こちらは15分です。
c0353373_20582648.jpg
c0353373_20583273.jpg
どちらも基本的には無料ですが、寄付をお願いしています。プリンスエドワード島へは9月も10月もたくさんの観光客が来ますが、Young CompanyとConfederation Playersのほとんどが学生さんです。学校に戻らなくてはならないこともあり、今週末で終わってしまうのです。
c0353373_20584027.jpg
終わった後はConfederation Playersと写真撮影もできます。このConfederation Playersと一緒に町を歩いて案内してもらうウォーキングツアー(有料)は来週末で終わりです。

by abegweit | 2018-08-14 21:16 | Sightseeing | Comments(0)

夏休みとシャトル

さて、プリンスエドワード島の学校はそろそろ夏休みに入ります。

夏の間はCavendishのお店や宿泊施設で働く学生さんが多いです。しかしながら、しばらくCharlottetownとCavendish間には自分の車以外の移動手段がありませんでした。車を持っていない学生さんが多くて大きな負担になっていたこともあり、2017年からシャトルが復活しました。City(シャーロットタウン)とBeach (Cavendish及び北海岸)を結ぶCity Beach Expressです。今年の運行は本日6月22日から9月3日までです。予約はHPかインフォメーションセンター内のツアーデスクでどうぞ。

夏休みに入りインフォメーションセンターも忙しくなりそうです。この自転車もレンタルすることができます。
c0353373_23365842.jpg


by abegweit | 2018-06-22 20:51 | Sightseeing | Comments(0)

ビジター・インフォメーション・センター

シャーロットタウンのビジター・インフォメーション・センターは市庁舎の中とウォーターフロントのFounders’ Hall内の2箇所にあります。このFounders' Hall内にはPrince Edward Toursのデスクもあって、ツアー、ミュージカルチケット、キャベンディッシュへのシャトルのチケットなどの購入やレンタル自転車ができます。このツアーデスクは6月18日から毎日オープンです。キャベンディッシュとシャーロットタウン間のシャトルは6月22日より9月3日まで運行予定です。
c0353373_20364533.jpg
メープルの葉も生き生きとしてきれいです。
c0353373_20382729.jpg

by abegweit | 2018-06-13 20:40 | Sightseeing | Comments(0)

クルーズ

昨日、シャーロットタウンに今年初のクルーズが寄港しました。まだヨットクラブには一隻も無くてハーバーフロントは静かですが、ダウンタウンは久しぶりに人でにぎわっていました。
c0353373_20253620.jpg

by abegweit | 2018-05-03 20:27 | Sightseeing | Comments(0)