プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

大寒波

今朝の体感気温はマイナス14ですが、マイナス30度の後では暖かくすら感じます。

このブログでは「体感気温/温度」と書いていますが、英語ではWind Chillです。CBCのニュースサイトでWind Chillに関して簡単にまとめてありました。外気に肌を露出した場合、Wind Chillがマイナス28度~マイナス39度で10分~30分、マイナス40度以下だと10分で凍傷になるリスクがあるそうです。

1月や2月ならWind Chillがマイナス30度になる日も多々有りますが、12月でここまで寒いのは非常に珍しいです。新しく引っ越してきた家では早々に水道管が凍りかけてしまい、あわただしい年末を過ごしています。この寒さで楽しみにしていた大晦日の花火なども早々にキャンセルとなってしまいました。

下の写真は数年前の2月に撮影した、凍ったセント・ローレンス湾です。全部海です。私は怖くていけませんでしたが、私のパートナーは結構遠くまで海の上を歩いていました(下の写真の黒い点です)。彼が子供の頃は、冬の間に池の厚い氷(30-45センチぐらい)を切り出しておがくずをかけて保存し、夏にキャンプ場で売っていたそうです。
c0353373_03222094.jpg
厳寒のなかでキツネもたくましく生きています。
c0353373_03220543.jpg
雨が降った後に急に気温が下がると、霧氷がきれいです。こういう景色を見ると寒くても我慢できます。
c0353373_03371897.jpg
今年も1年このブログを読んでくださってありがとうございました。
皆様にとって素敵な1年となりますように心から願っております。

[PR]
by abegweit | 2017-12-30 23:30 | Winter | Comments(0)

冬のダルベイ・バイ・ザ・シー

夕暮れのダルベイ・バイ・ザ・シー・ホテルの写真です。
c0353373_23321865.jpg
ホテルの前にある池はうっすらと凍り始めていました。
c0353373_23321194.jpg
ホテルのすぐ近くにあるビーチはセント・ローレンス湾に面しています。夏は夕暮れ時にたくさんの人が散策していますが、この日は車が他に1台とまっているだけでした。
c0353373_23322920.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-12-29 23:35 | Winter | Comments(0)

冬の灯台

寒い日が続きます。体感気温はマイナス30度に近いです。

晴れた日にコーブヘッドの灯台へ行ってきました。雪や氷で覆われている道路もあり怖かったですが、なんとかたどり着きました。

クリスマスリースがかかっていました。
c0353373_00065734.jpg
下の写真は海側から撮った灯台です。海の上から吹いてくる風が凍えるように冷たかったです。5分といられませんでした。
c0353373_00065008.jpg
北海岸はまだ凍っていませんでしたが、この寒さが続くのならすぐに凍りそうです。
c0353373_00064409.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-12-28 23:03 | Winter | Comments(2)

凍える朝

プリンスエドワード島ではクリスマス当日に雪が降り、ホワイトクリスマスとなりました。
25日のクリスマスと26日のボクシング・ディはほとんどのお店がお休みで、昔の日本のお正月のように静まりかえっています。
そして、このブログを書いている今日(27日)からボクシング・ディ・セールが始まり、クリスマスグッズはもちろんのこと、いろいろなものが安くなります。

というわけで、ブランチを食べるついでにダウンタウンへショッピングに行きましたが、凍えるほどに寒かったです。気温はマイナス14度ぐらいですが、体感気温がマイナス25度です。ものすごく風が強いので、ウォーターフロントではマイナス30度ぐらいまで下がっているのではないかと思ったほどです。

下の写真はウォーターフロントで撮りました。足跡まで凍ってます。風がものすごく強いので、湾に落とされないように遠くから写真を撮りました。
c0353373_02322336.jpg
内海であるノーサンバーランド海峡は凍り始めています。ここに落ちたら一瞬で凍ってしまいそうです。
c0353373_02322904.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-12-27 23:23 | Winter | Comments(0)

生牡蠣

クリスマスといえばターキーですが、生牡蠣、ホタテのベーコン巻き、ムール貝、スモークサーモンなどのシーフードは島のパーティでとても人気のある前菜です。

生牡蠣が1個1ドルで売られていたで2ダースほど買ってきました。
もちろんプリンスエドワード島産で、Red Headという名前の牡蠣です。アンを意識して付けた名前でしょうか???

ものすごく新鮮で臭みが全くなくて、とってもおいしい牡蠣でした。この時期の貝類は身がふっくらとしていてとてもおいしいです。いくらでも食べられそうです。
c0353373_05310329.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-12-23 22:26 | Food and Drink | Comments(0)

アンからメリー・クリスマス

夏の間に『赤毛のアン』のミュージカルを上演するConfederation Centerからクリスマス・メッセージが届いてました。Youtubeで誰でも見ることができます。

シュールというかちょっと不思議なメッセージです…



[PR]
by abegweit | 2017-12-21 21:33 | Anne and Montgomery | Comments(0)

クリスマス・リース

コンフェデレーション・センターでは毎年クリスマス・リースのコンテストが行われています。5ドルの参加費で誰でも応募できます。

リースというと「輪」というイメージですが、「輪」にこだわらない独創性ゆたかなクリスマス・リースがたくさん飾られていました。(展示は18日で終了しました)
c0353373_04514394.jpg
c0353373_04515064.jpg
c0353373_04513172.jpg
c0353373_04513781.jpg
c0353373_04515793.jpg


[PR]
by abegweit | 2017-12-20 21:38 | Winter | Comments(0)

『若草物語』の新ドラマ

私は『赤毛のアン』はもちろん、『若草物語』の世界も大好きで、ボストン近郊のコンコードにある「オーチャード・ハウス(『若草物語』舞台となった家」には2回行きました。この時期になるとウィノナ・ライダー主演の映画も見たくなります。

『赤毛のアン』でアンが緑色に染めてしまった髪を短く切らなくてはならなくなったとき、『本に出てくる女の子はみんな、熱病で髪を切るとか、なにか気高い目的のためにそれおを売ってお金にするとかいうんだけれど…』と嘆きますが、『若草物語』のジョーのことのようです。『若草物語』は1868年に出版されました。モンゴメリが生まれたのは1874年です。

その『若草物語』の新しいテレビドラマがイギリスのBBCで放映されるそうです。下記はBBCの公式トレイラーです。





イギリスのBBC局では12月26日から3夜連続で放映される予定です。日本でも人気の高い物語なので、いずれ見ることができると思います。ベテラン俳優が脇を固め、イーサン・ホークとユマ・サーマンの娘であるマヤ・ホークがジョー役を演じるとのことで、新しいキャストも楽しみです。

[PR]
by abegweit | 2017-12-19 21:20 | My Favorite | Comments(0)

ピンクのポインセチア

とても寒い日が続いています。でもまだ本格的な雪は降っていないので、クリスマスが1週間後に迫っていることが信じられません。

週末にピンクのポインセチアを買いました。通常15ドルが半額の8ドルだったので、2鉢買いました。お店のお兄さんはとても元気な人で、ポインセチアの手入れなどを熱く語ってくれます。去年もこのお兄さんから買ったなと思いながら、1年があっという間に過ぎていくのを感じました。
c0353373_21231009.jpg
c0353373_21231699.jpg

[PR]
by abegweit | 2017-12-18 21:36 | Winter | Comments(0)

プリンスエドワード島の初夏と秋

2017年もあと2週間ほどですね。時間がある時に今年撮った写真を整理しています。

同じトレイルで初夏(6月はじめ)と秋(10月下旬)に撮った写真を比較してみました。新緑でいっぱいの森はエネルギーに満ち溢れていましたし、秋の紅葉もしっとりと落ち着いていました。どちらの季節も空気が澄んでいて、とても気持ちよく散策ができました。両時期とも藪蚊などがいないので、ゆっくりと歩けます。
c0353373_03431247.jpg
c0353373_03432011.jpg
真っ白い雪に覆われた冬の森も大好きです。


[PR]
by abegweit | 2017-12-16 21:06 | Prince Edward Island | Comments(2)