プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大さん橋

プリンスエドワード島とはあまり関係無いのですが、5月にアトランティック・カナダに寄港する飛鳥Ⅱの出港セレモニーの話を友人にしたところ、大さん橋は人気のあるデートスポットということを教えてくれました。

確かに片方はみなとみらい、もう片方にはベイ・ブリッジが一望でき、最高のロケーションです。
c0353373_04562125.jpg
c0353373_04561311.jpg
ここからの夜景はきれいでしょうね。飛鳥Ⅱをお見送りした日は、横浜駅からみなとみらい商業地区を通りながら大さん橋へ行き、その後山下公園で歓送放水を見て桜木町駅まで歩きました。気が付けば18,000歩も歩いてました。とてもいいお天気だったので、バスや電車に乗るのがもったいなくて、ついこんなに歩いてしまいました。プリンスエドワード島も大好きですが、やっぱり横浜も最高です。

[PR]
by abegweit | 2018-03-27 05:06 | Sightseeing | Comments(0)

飛鳥Ⅱのお見送り

飛鳥Ⅱが世界一周クルーズに旅立つ3月25日の日曜日、横浜の大さん橋で出港セレモニーがあるとのことで行ってみました。
当日はこれ以上望めないほどの好天気で、大さん橋にもたくさんの人がお見送りに集まっていました。
c0353373_05233728.jpg
c0353373_05235979.jpg
日本は横浜出身ですが、実は今回初めて大桟橋のクルーズ・ターミナルに入りました。さすがにプリンスエドワード島のターミナルとは違います。ラグジュアリー感たっぷりのターミナルでした。
c0353373_05235249.jpg
お見送りの人に黄色いタオルと飛鳥Ⅱのうちわが配られ、午後1時半に出港セレモニーが始まりました。映画などでしかみたことのなかったテープ投げを初めて見ました。楽隊の演奏、バルーン・リリースなどがあり、いよいよ出港。ターミナルでもらった黄色いタオルを振って、お見送りです。
c0353373_05241138.jpg
そしてベイブリッジを通る前に横浜市消防局の消防艇による歓送放水が行われました。青い空に映えて、パーフェクトな旅立ちでした。
c0353373_05241736.jpg
c0353373_05250089.jpg
残念ながら今回の世界一周クルーズではプリンスエドワード島には寄港しませんが、5月22日にノバ・スコシア州のハリファックス、5月24日にはニュー・ブランズウィック州のセント・ジョンに寄港します。この船が2ヶ月後にはアトランティックカナダにいるのですね。ただただすごいと思います。

[PR]
by abegweit | 2018-03-26 05:29 | Canada | Comments(0)

スノー・ストーム

"March comes like a lion and goes out like a lamb." という諺があります。直訳すると、「3月は獅子のようにやってきて、子羊のように終わる。」です。3月の気まぐれで変わりやすいお天気のことを指した諺だそうです。ただ今年の3月はどちらかというと逆で、穏やかに始まって荒々しく終わりそうです。

今日3月22日(木)はスノー・ストーム警報が出ており、学校は早々に休校。交通機関にも影響が出始めており、非常に荒れそうです。実は今プリンスエドワード島にはいないので、数年前の冬の写真をアップいたします。いろいろと大変ですが、冬のプリンスエドワード島は美しいです。
c0353373_20004050.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-22 20:03 | Winter | Comments(0)

ライス・プディング

ブレッド・プディングとかプリンなどのカスタード系のデザートは大好きなのですが、同じプディングでもライス・プディングだけはどうしても苦手です。カナダで一般的なのはお米をミルクで煮て甘くしたものです。食わず嫌いはいけないと食べてみましたが、やはりだめでした。どうしても冷たくて甘いミルクに浸ったご飯に違和感があります。

子供の頃からライス・プディングを良く食べていたカナダ人のパートナーは大好きです。でも、ひじきやきんぴらなども含めてほとんどの日本食はおいしいと食べる彼ですが、茶碗蒸しだけは苦手だそうです。一見デザートに見えるので、食べてみたときのギャップ(甘くなくて温かいところ)が駄目なのだそうです。朝食に私はお粥、彼はオートミールを食べたりすることもありますし、やっぱり食べなれたものがほっとしますね。

これは2月にセント・ジョンに遠出したときのライス・プディングです。シナモンがかかってました。彼はとってもおいしそうに食べてました。
c0353373_22472983.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-21 22:36 | Food and Drink | Comments(0)

新しいビール・バー

お隣の州のトピックが続いたので、久しぶりにP.E.I.のニュースです。以前スターバックスが入っていた後のスペースに、ビール・バーがオープンしました。人通りの多いエリアの角にあり、スターバックスの頃はいつも混んでいました。次はどんなお店が来るのかなと思っていたところです。

ボトルのビールの購入もできます。もちろんP.E.I.のクラフト・ビールです。少しずついろんな味を試したい旅行者の方に便利ですね。
c0353373_21572414.jpg
下がバーの写真です。ブルーベリーや、ルバーブのビールなどもあります。コンブチャやアイスコーヒーもあるので、アルコールを飲まない方も楽しめます。
c0353373_21573154.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-20 19:46 | Food and Drink | Comments(0)

セント・ジョン、シティ・マーケット内のシーフード・レストラン

セント・ジョンのシティ・マーケットの建物の中にあるシーフード・レストラン。前から気になっていて、今回やっとランチを食べることができました。

まずはシーフード・チャウダーを食べました。ダルスという海藻を乾燥させたものがトッピングされていました。ダルスの塩気がいいアクセントになっています。
c0353373_04001077.jpg
ダルスの下はこんな感じです。シーフードがたくさん入っておいしかったです。
c0353373_04001880.jpg
それからメインには、悩んだあげく結局ロブスター・ロールを食べました。甘いマヨネーズであえてあるロブスターがたっぷり入ってました。普段ならちょっと甘すぎるかもしれませんが、この日は町中を歩き回っていたので、疲労回復に効いたような気がします。急な坂の上に立っている町なので、結構足にきます。
c0353373_04002474.jpg
私のパートナーはレストランの人が勧めてくれたカニの身が入ったラップを食べていました。写真ではあまり中身が見えませんが、結構たっぷり入ってます。プリンスエドワード島でもカニはたくさんとれますが、ほとんど輸出されてしまいます。最近少しずつカニを出すレストランも増えてきましたが、まだまだ島ではカニを食べる機会が少ないのです。
c0353373_04003195.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-19 20:46 | New Brunswick | Comments(0)

セント・ジョンのシティ・マーケット

セント・ジョンのダウンタウンにあるシティ・マーケットはいつも地元の人や観光客でにぎわってます。農産物、シーフード、お肉、パンなどの食品はもちろん、お土産なども売っています。完全に屋内なので、お天気が悪日でもゆっくり見ることができます。シーフード・レストランやカフェもあるので休憩もできます。
c0353373_03411954.jpg
c0353373_03405938.jpg
c0353373_03411111.jpg
c0353373_03412654.jpg
c0353373_03413325.jpg
前回のソチ・オリンピックの直前、このセント・ジョンでグランプリ・シリーズのSkate Canadaの大会が行われ、日本からもたくさんの選手が来ていました。私はちょうど日本にいてセント・ジョンまで行くことはできなかったのですが(今更ながら悔やまれます)、選手やスタッフの方々がこのマーケットにも来ていたかもしれませんね。


[PR]
by abegweit | 2018-03-18 23:31 | New Brunswick | Comments(0)

ニュー・ブランズウィック州の屋根付橋

ニュー・ブランズウィックは豊かな森と水に恵まれた州です。大小さまざまな川が縦横無尽に流れていて、冬の寒さや雪から橋を守る為の屋根付き橋(Covered Bridge)が多いことでも有名な州です。屋根付き橋を作る木材も豊かなことから、あちこちに屋根付き橋を作ることができたようです。ニュー・ブランズウィック州の屋根付き橋のリストはこちらで確認できます。プリンスエドワード島の13倍もある州なので全部見つけるのは大変だと思いますが、どれも絵になります。

世界で一番長い屋根付き橋もこの州のHartlandというところにあります。普通の乗用車なら渡れますが、反対側から車が来ないことを確かめてからゆっくりと進めます。地元の人は慣れているのでしょうが、ちょっと怖いです。
c0353373_23280837.jpg
c0353373_23330406.jpg
歩行者専用の通路もあります。
c0353373_23325877.jpg
とても短い橋も多く、灯台と一緒だとよりフォトジェニックです。
c0353373_23282237.jpg
c0353373_23282928.jpg
ハイウェイを走っていると見えることもあります。車を路肩に停めることはできないので、走っている車の中からがんばって撮りました。
c0353373_23281797.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-17 22:50 | New Brunswick | Comments(0)

リバーシング・フォールズの展望レストラン

リバーシング・フォールズにある展望レストランです。まだ誰もいなかったので写真を撮らせてもらいました。
c0353373_04062264.jpg
私はシーフード・チャウダーとロブスターロールを食べました。どこに行っても同じもばかりオーダーしてますが、アトランティック・カナダではこの組み合わせが最高だと私は思ってます。
c0353373_04063804.jpg
相方はエルク・バーガーを食べていました。脂肪分は少ないけど、肉の味がしっかりすると言ってました。
c0353373_04064577.jpg
エルクはニュー・ブランズウィック産ではなくケベックから取り寄せたそうです。シェフの意向でジビエをメニューに入れているそうです。

窓側の席からの眺望です。ガラス張りなので、雲っていたにも関わらず明るく開放的で気持ちのいいレストランでした。ここで誕生日やウェディングのパーティをすることが多いのもうなずけます。
c0353373_04061451.jpg
c0353373_04063065.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-16 21:07 | New Brunswick | Comments(2)

セント・ジョンのReversing Falls Rapids

セント・ジョンのダウンタウンから車で数分のところに、Reversing Falls Rapidsという場所があります。
c0353373_03574844.jpg
セント・ジョン川が注いでいるファンディ湾は世界で一、二を争う干満の差が激しい湾で、満潮時にはセント・ジョン川を逆流します。ここでは川の逆流現象だけではなく、川底の複雑な形や急流が影響してあちこちにできる渦なども見ることができます。もう10年も前ですが、『世界の果てまでイッテQ』で出川さんがこの渦で洗濯にチャレンジしていました。
c0353373_03581205.jpg
c0353373_03575472.jpg
この周辺で逆流や渦を見るだけなら無料ですが、去年の秋にSkywalkという展望台がオープンしました。足元の一部がガラスになっていて、この展望台だけは有料です。
c0353373_03572049.jpg
料金を払い、このパスをもらって首にかけます。
c0353373_03572988.jpg
裏はポストカードになっていて、記念に投函することもできます。(切手は売店で購入できます)
c0353373_03573657.jpg
まずはリバーシング・フォールズとセント・ジョンの紹介フィルム(10分ほど)を見てから、展望台へ。当日は残念ながら曇ってました。大丈夫だと分かっていてもガラスの上を歩くのは怖かったです。

翌朝晴れたので、周りの景色を撮影しに再び行ってみました。Skywalkを下から見るとこんな感じです。この展望台の下はレストランになっています。次のブログではレストランについてご紹介したいと思います。
c0353373_03574272.jpg


[PR]
by abegweit | 2018-03-15 20:38 | New Brunswick | Comments(0)