プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

大晦日

あと数時間で2019年です。星空がきれいで空気もとても澄んでいます。夜の7時半にNew Year's Eveの花火が打ち上げられました。とても寒い夜でしたが、冬の花火はとてもきれいで、あちこちから歓声があがっていました。
c0353373_11170290.jpg

by abegweit | 2018-12-31 23:53 | Winter | Comments(0)

クリスマス・ツリー

クリスマスは終わりましたが、クリスマスの飾りを片付けるのはお正月を過ぎてからです。本物のツリーを飾っている家も多いのですが、1月7日までに家の外に出しておくと回収してくれます。家の前にクリスマス・ツリーがごろんと転がっている姿はちょっと物悲しいです。
c0353373_01290806.jpg
昨日ラジオを聴いていたら、「今年はツリーをごみに出すかわりに家の庭においてみては?」と提案してました。冬の間、野生の鳥などの隠れ家になるだろうとのことでした。雪がたくさん積もると森の中のえさが不足するので、アメリカコガラ、フィンチ(アトリ)、スズメやブルージェイ(アオカケス)などがたくさんやってきては家のバード・フィーダーをつついています。この時期は体がぱんぱんに膨らんでいて、かわいいです。

by abegweit | 2018-12-28 23:13 | Winter | Comments(0)

クリスマス・プレゼント

今年のクリスマスにもらった本です。

『虹の谷のアン』と『銀の森のパット』の古い本。表紙の絵は、本の内容よりもモダンな雰囲気がします。
c0353373_05425168.jpg
c0353373_05425861.jpg

そして『果樹園のセレナーデ』のカナダで出版された初版本です。シンプルな表紙です。
c0353373_05423240.jpg
3冊とも私のパートナーがオンタリオ州のキングストンに行ったときに買っておいたそうです。キングストンには大きな大学があるので、たくさんの古本屋さんがあったそうです。モンゴメリさんの本がたくさん眠っていそうですね。


by abegweit | 2018-12-27 23:49 | Anne and Montgomery | Comments(0)

ボクシング・ディ

本日12月26日はBoxing Dayという祝祭日です。クリスマスに続いてほとんどのお店がクローズしています。市バスも2日間お休みです。この2日間は、私が小さかった頃の三が日のように町が静まりかえります。
c0353373_00192493.jpg
そして27日からはBoxing Dayセールが始まります。クリスマス商品は半額以下、冬物の服や靴、家電も安くなります。特に家電やデジタル商品はものすごく安くなるものもあるので、数量限定の目玉商品を狙って27日の朝早くから並んでいる人たちも多いです。このあたりは日本もカナダも変わりませんね。都会だと26日からセールを始めるお店も多いようですが、P.E.I.では25日と26日はごく一部のお店を除きお休みです。ただオンラインでは26日からセールを開始しているので、私も今朝Air Canadaのサイトで日本への一時帰国用のチケットを購入しました。これで私のBoxing Day ショッピングは終了です。
by abegweit | 2018-12-26 23:31 | Winter | Comments(0)

シャーロットタウンからMerry Christmas!

CharlottetownからMerry Christmas!

Charlottetownのお店やオフィスのウィンドウ・ディスプレイです。
c0353373_02571472.jpg
c0353373_02570766.jpg
c0353373_02572643.jpg
c0353373_02574592.jpg
c0353373_02573631.jpg
c0353373_02580450.jpg
c0353373_02575370.jpg


by abegweit | 2018-12-25 20:02 | Winter | Comments(0)

グリーン・クリスマス

このブログを書いているのは24日(月曜日)の午前中です。11月中旬からずっと雪に覆われていたのですが、クリスマス直前の大雨でほとんどの雪がとけてしまいました。今日は終日晴天の予報なので、今年はグリーン・クリスマスとなりそうです。11月の方がよほどクリスマスらしい雰囲気でした。でもクリスマスの日は家族で祝う為に車で移動する人が多いので、運転しやすいのはよいことです。

下の写真は先週国立公園のトレイルを散策した時のものです。枝にも雪が積もってとてもきれいでした。私の古いスマートフォンは寒さですぐにバッテリーがなくなってしまったので、私のパートナーが撮った写真です。
c0353373_00224608.jpg


by abegweit | 2018-12-24 23:00 | Winter | Comments(0)

冬のダルベイ・バイ・ザ・シー

陽が落ちるころ、Dalvay by the Seaの前を通りました。
c0353373_21564801.jpg
薄く凍ったDalvay Lakeの上に雪が積もっていてきれいでした。
c0353373_00161211.jpg

by abegweit | 2018-12-22 21:00 | Winter | Comments(0)

灯台からメリー・クリスマス!

お天気が良い日に北海岸の国立公園までドライブしました。国立公園は夏の間は有料ですが、夏以外は自由に出入りできるのでありがたいです。あちこち真っ白でドライブ中の景色もとてもきれいでした。
c0353373_04340822.jpg
灯台にもクリスマス・リースが飾られていました110.png
c0353373_04341436.jpg

by abegweit | 2018-12-21 21:44 | Winter | Comments(0)

朗報! The Site of Lucy Maud Montgomery's Cavendish Home

モンゴメリに関する嬉しいニュース です。

プリンスエドワード島のキャベンディッシュ村には "The Site of Lucy Maud Montgomery's Cavendish Home"、モンゴメリが住んでいた家の跡地があります。モンゴメリは、幼い時に母親を亡くしてから結婚するまでキャベンディッシュ村の母方の祖父母と住んでいました。その家は1920年代に取り壊されてしまい、現在では家の跡地と敷地が公開されています。実は、プリンスエドワード島の歴史家がキッチンの部分だけを譲り受け、昨年亡くなるまで大切に管理されていたそうです。その建物が長い年月を経て、元の場所に戻ったとのニュースでした。

なぜ「キッチンだけ?」と思われるかもしれません。当時は鉄製のストーブで調理をしていました。これは冬は暖房としても使われるくらいでしたので、夏の台所仕事は暑くて大変だったようです。(『アンの青春』にもそんな描写があります。)そこでサマーキッチンと呼ばれる小屋を建てて、夏の間はここで炊事をした家もあったようです。今回移転されたのは、このサマーキッチンの部分です。すべて取り壊されなくて本当によかったです。

下の写真の建物は今回移転されるサマーキッチンではなく、Cavendish Homeのギフトショップと小さい博物館です。モンゴメリが使っていた机や、たくさんのモンゴメリ関連の本が置いてあります。
c0353373_22581057.jpg
c0353373_22581839.jpg
c0353373_22582593.jpg
下の写真はモンゴメリが住んでいた家の跡地です。モンゴメリはこの家に住んでいたときに、『赤毛のアン』『アンの青春』『果樹園のセレナーデ』と『ストーリーガール』を執筆しました。モンゴメリが好きだった樹齢100年を超えるりんごの木もすぐ傍に立っています。
c0353373_22583208.jpg
来年訪れるのが楽しみです110.png

by abegweit | 2018-12-20 21:42 | Anne and Montgomery | Comments(2)

ぶたのパン

18日の火曜日は終日雪でした。学校はすべてお休みで、お店なども早仕舞いしたようです。今朝は雪は降っていませんが、学校は昨日に続いてお休みとなりました。シャーロットタウンの町の中は除雪が早いですが、郊外の道路は除雪が進んでいないようで、休校と判断したようです。子供には嬉しい2連休ですが、13歳までの子供だけで留守番させることは出来ないので(法律で決まってます)保護者は大変です。

さて、2週連続Blue Winds Tearoomのベイク・セールに行った友人が、ぶたのパンを買ってきてくれました。大きい豚にはドライカレーが入っていて、小さいほうにはラズベリーとチョコレートが入ってました。
c0353373_03505125.jpg
かわいくて食べるのがもったいないと思いつつ、食べ始めたらあっという間になくなりました… この季節は日照時間も短く、寒さや雪などで家にいる時間が長いです。家にいる時間に比例して食べる量も増えているので、気をつけようと思います…
c0353373_03505851.jpg
c0353373_03510562.jpg

by abegweit | 2018-12-19 21:56 | Food and Drink | Comments(0)