人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

1月の反省

今日1月31日の日没は17時15分です。12月は仕事から家に帰るとすぐに真っ暗になってしまいましたが、今は家に帰っても明るくて気持ちがいいです。因みに仕事は4時半で終わり、自宅までは車で5分ぐらいです。

天候があまり良くなかったのもありますが、家にこもって過ごすことが多い1月でした。冬景色の写真も撮りたいし、2月はもっとアクティブに過ごそうと思います。

下の写真も去年の1月に撮ったものです…
c0353373_22060763.jpg

by abegweit | 2019-01-31 22:12 | Winter | Comments(0)

グリルド・チーズ・サンドイッチ

シャーロットタウンにはおいしいレストランがたくさんあります。ただし、外食は高いです。税金やチップもかかるので、1000円ぐらいで食べられるランチはほとんどありません。日本のようなコンビニもなく、ファースト・フードも結構高くつきます。カロリーも気になるので、節約と健康のためにも毎日会社にはお弁当を持っていきますが、昨日は久しぶりに会社のスタッフと外でランチしました。グリルド・チーズ・サンドイッチの専門店です。チーズはもちろん、パン、バター、ベーコン、トマトなどもすべてプリンスエドワード島産のものを使っています。さらにプリンスエドワード島のポテトチップスが付いてきます。
c0353373_02322966.jpg
店内は黄色を基調とした明るい雰囲気です。
c0353373_02321085.jpg
私はベーコンとトマトのグリルド・チーズ・サンドイッチを食べました。他にはポーク、ターキー、ビーフなどを挟んだものもあります。
c0353373_02321649.jpg
今日は特別にトマトスープとマック&チーズのサンプルをもらいました。マック&チーズはマカロニとチーズのグラタンのようなもので、カナダ人の大好物です。クラフト社が販売しているインスタント食品が有名で、クラフト・ディナーとも呼ばれます。スーパーに行くとクラフト・ディナーがたくさん並んでいて、「カナダの国民食」と呼ばれるのも納得します。
c0353373_02322255.jpg
とてもおいしかったですが、少しカロリー高めのランチでした… 最初から半分にカットしてありますし、女性なら誰かとシェアしてもいいですね。夏にはロブスターのサンドイッチもあるそうです。

シャーロットタウンのお店は車が無いと行けないところにありますが、キャベンディッシュのお店はAvonlea Village内(夏のみオープン)にあり、グリーンゲイブルズからも歩いて行ける距離です。Charlottetownのお店の周りにはCowsのアイスクリーム、島のビーフをつかったBoom Burger、島のブルーワリーで作っているビール、ポテトチップス、ポップコーン、チョコレートなど、島のグルメを楽しめるお店が並んでいます。車で島を周る人は、是非お立ち寄りくださいね。

by abegweit | 2019-01-30 21:38 | Food and Drink | Comments(0)

赤ちゃんの名前

ちょっと古いニュースですが、2018年にプリンスエドワード島で産まれた赤ちゃんが1209人(2018年12月19日の時点)だったそうです。女の子が580人で、男の子が629人でした。女の子の名前として人気が高かったのが"Charlotte"、男の子では"William"だったそうです。ロイヤル・ファミリーの影響が強いことが伺えます。カナダの西側のB.C.州では"Liam"と"Olivia"がそれぞれトップだったそうですが、プリンスエドワード島ではトップ10にも入っていません。州によって違いがあるのも面白いです。

The Guardianという地元紙が、その年にうまれた赤ちゃんの写真を募集して、Baby Bookとして公開してます。2つも3つもミドル・ネームを持っている子もいますね。どの赤ちゃんも本当にかわいいです。

赤ちゃんの写真が無いので、数年前に撮ったアルパカの赤ちゃんの写真をアップします。それぞれ別の牧場で撮りました。
c0353373_21433790.jpg
c0353373_03261909.jpg


by abegweit | 2019-01-29 21:45 | Prince Edward Island | Comments(0)

気温差が激しい1月

それほど寒くも無く、穏やかな週末でした。これを書いている今(月曜日の朝)は1度ですが、夜はマイナス15度まで下がるようです。明日の朝には、いろいろなものが凍っていそうです。

下の2枚は去年の今頃の写真です。気温が上がって雪が溶けた後に急に凍った時のビクトリア・パークです。水溜りがリンクのように凍っていました。朝陽に輝いてきれいでしたが、木が寒そうですね。
c0353373_21523153.jpg
c0353373_21521127.jpg


by abegweit | 2019-01-28 21:56 | Winter | Comments(0)

冬の天気

今朝は4℃で、とても暖かいです。あちこちに水溜りができているので、冬用のブーツではなくてゴム長靴で出勤しました。
c0353373_21505787.jpg
この1月よりもっと寒かったり暖かい年はありましたが、こんなに気温の変化が大きいのは珍しいと思います。2月にはJackfrost Festivalという雪のお祭りがあるので、十分な雪があるよう願ってます。

by abegweit | 2019-01-25 21:52 | Winter | Comments(0)

キャベンディッシュとモンゴメリ

モンゴメリが前半生のほとんどを過ごしたプリンスエドワード島のキャベンディッシュ村には、グリーンゲイブルズの家はもちろん、モンゴメリが眠る墓地、モンゴメリが通っていた教会、モンゴメリが祖父母と住んでいた家の跡地など、モンゴメリに関する場所がたくさんあります。

このキャベンディッシュにモンゴメリの功績を讃えるミニパークがオープンすることになりました。元々はHeritage Parkと呼ばれていたピクニックテーブルがあるだけの小さな公園でしたが、モンゴメリの等身大ブロンズ像や展示パネルなどが設置されるようです。ニュースによると今年の夏には公開できる予定とのことで、早く公開されるといいですね。お化けの森のトレイルを抜けてグリーンゲイブルズまで歩いて行けます。とても楽しみです。

同じニュースを伝えるこの新聞記事 のモンゴメリさんの写真は初めて見ました。とてもおしゃれで素敵な写真です。

下の写真はすぐ近くにあるThe Site of Lucy Maud Montgomery's Cavendish Home(モンゴメリが祖父母と住んでいた家の跡地)の写真です。
c0353373_22395165.jpg
c0353373_22400428.jpg


by abegweit | 2019-01-24 22:45 | Anne and Montgomery | Comments(0)

お酒

カナダ東部全体が大寒波におそわれています。ニュースで凍っているナイアガラの滝の写真を見ました。プリンスエドワード島は今夜から気温がぐんぐん上がり、明日は雨の予報です。また足元がつるつるになりそうです。

さて、今までは他の州からプリンスエドワード島州にお酒を持ち込む場合に、個人でも制限がありました。個人が一度に他の州から持ち込めるのは、ワイン9リットル(通常のサイズの瓶だと12本)、スピリッツは3リットル、そしてビールは24.6リットル(通常のサイズの缶だと24本)以内と決まっていました。これ自体2,3年前に緩和されたばかりで、昔はもっと厳しかったです。

昨日の報道によると、プリンスエドワード島州では、この制限を一切無くすことに決めたそうです。このアルコール持ち込みの規制は州によって様々ですが、多くの州が無制限にするそうです。あくまでもカナダ国内での話なので、日本から持ち込む場合は税関のルールに準じます。
c0353373_21442550.jpg

by abegweit | 2019-01-23 21:45 | Prince Edward Island | Comments(0)

冬のフライト

このニュースは日本でも報道されていたので、ご存知の方も多いと思います。ニューアーク空港から香港へ向かった飛行機が、急病人搬送のためカナダのニューファンドランドの空港に緊急着陸しました。ところが機械系のトラブルで出発できなくなり、14時間以上も機内で缶詰状態になってしまったそうです。国が変わると入国/税関の問題があり、19日は確かに凍えるほど寒い日でした。諸事情で機内にとどまらなければならなかったようです。因みにカナダのトロント空港から羽田までが約14時間です。このような不安な状況であの長い時間を狭い機内で過ごさなければならなかった人たちは本当に大変だったと思います。

このニュースを読んだのは日曜日の朝でした。その晩、トロントの友人を訪ねていた彼をシャーロットタウン空港まで迎えに行くことになっていました。予定時間通り搭乗が始まりましたが、全員搭乗後に「シャーロットタウン空港付近の風の状況によってはモントリオール空港まで引き返す可能性があり、往復分の燃料を入れているので出発時間が遅れます」という機内アナウンスが流れたそうです。当日は大雪で日中のフライトがすべてキャンセルとなっており、飛行機は満席でした。彼の隣の人は朝のフライトがキャンセルされたので、10時間以上もトロント空港で待っていたそうです。乗客に事実を隠さずに案内してくれるのはとても助かります。でも、「Uターンするかも」と考えるだけでがっかりしたことと思います。私も、「空港に行っても飛行機が引き返してしまうかも。。。」と思いつつ、とりあえず空港へ行きました。幸いなことに1時間の遅れだけで到着し、無事に家に帰ることができました。シャーロットタウン空港と自宅は15分ぐらいしか離れていないので、こういうとき本当にありがたいと思います。

シャーロットタウン空港ではCOWSアイスクリームの牛が出迎えてくれます110.png
c0353373_05011307.jpg


by abegweit | 2019-01-22 21:35 | Canada | Comments(0)

冬の天気

お天気に振り回された週末でした。土曜日は体感温度がマイナス30度までいくのではないかと思うくらい寒かったです。日曜日の午前中は大雪、午後になって雨、その夜には8度(マイナスではありません)まで気温が上がり、雪がどんどんとけていきました。ところが、月曜日の朝になって急に気温が下がり、とけだした雪と雨水が急速に凍り始めています。かちんかちんに凍っているときの方が歩きやすいと思います。凍りかけている水分の多い氷の上を歩くのは本当に怖くて、家のドアから屋外に停めてある車まで行くのは命がけでした。Flash Freeze Warningという警告がでており、島の全学校がお休みです。確かにこの足元では転倒する子供が続出することでしょう。それにしてもこの冬何回目の休校でしょうか。。。例年よりも多いような気がします。

下は本文とは関係ないですが、氷つながりでシャーロットタウンのカーリング場の写真です。私のパートナーと彼の家族が毎週木曜日にプレイしているので、久々に観に行きました。ここは観戦するところにBarがあって、お酒を飲みながら応援できます。
c0353373_23463376.jpg

by abegweit | 2019-01-21 22:19 | Winter | Comments(0)

りす

冬でもお天気がよければ裏庭に置いてあるBBQ台でお肉やバーガーを焼いたりしています。もちろん夏よりは格段に使用頻度が少なくなるので、普段は黒いシートで覆っています。ある日このシートを外すと、BBQ台の上に黒い種がたくさん置いてありました。よく見るとブルージェイ用のえさです。なぜこんなところに??と不思議でしたが、多分リスが貯めていたのでしょう。置いたままだと黒こげになってしまうので、かわいそうですが片付けました。その代わり、バード・フィーダーのえさを絶やさないように気をつけてます。

ちなみに自宅の裏庭にはアメリカコガラ、スズメやフィンチなどの小鳥用、そしてブルージェイなど一回り大きめの鳥用の2種類のバード・フィーダーを吊るしています。夏はあまりやって来ませんが、冬はえさが無くなるのがとても早いです。

下の写真は数年前にどこかの納屋で撮影したリスです。カメラを向けるとちょっとびっくりしてましたが、そのままえさを食べ続けていました。
c0353373_02263407.jpg

by abegweit | 2019-01-19 22:44 | Winter | Comments(2)