人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

『HOME~心輝くカナダの旅 inプリンスエドワード島~』

日曜日8月4日の午後2時からBSフジで『HOME~心輝くカナダの旅 inプリンスエドワード島~』が放映されるそうです。ご覧になれる方は是非110.png

さて、ファーマーズ・マーケットの前でカノーラがきれいに咲いています。今島のあちこちで黄色い畑が広がっているようです。毎日暑いので屋内にこもりがちですが、そろそろ郊外へ写真を撮りに出かけたいと思っています。今日も体感気温が40℃近くまで上がる予報です…
c0353373_00035419.jpg


by abegweit | 2019-07-31 20:34 | Prince Edward Island | Comments(2)

Run Under The Star 2019

Run Under The Star - なんともロマンチックな響きですが、来る8月10日の午前12時にコンフェデレーション・ブリッジの上でマラソンが行われます。文字通り星空の下でのマラソンです。金曜日(9日)の夜から土曜日(10日)へ日付が変わったところでニューブランズウィック州側からプリンスエドワード島へ向けてスタートです。5キロと13キロ(橋の長さが12.9キロ)の2コースがあります。

写真は2010年にコンフェデレーションブリッジを歩いたときの写真です。このときは朝6時ぐらいにスクールバスで橋の向こう側であるニューブランズウィック州に渡り、プリンスエドワード島へ向けて歩きました。この時は人数制限も年齢制限もなく、しかも歩いて渡ることができました。今回は真夜中のマラソンなので19歳以上かつ1000名までというルールが設けられていますが、大人気で申し込みの受付は終了しています。9年前に歩いたときは朝焼けや橋から昇る朝日がきれいでした。(下の写真はニューブランズウィック州側から撮影しています。)今回はスタートからゴールまで真っ暗な中で行われます。

おそらくこの時間帯に車で橋を渡る予定の人はいないと思いますが、橋は両車線とも数時間クローズします。
c0353373_02524548.jpg
c0353373_02525110.jpg
c0353373_02523789.jpg
(シャトルで島を出発するところです)
c0353373_02525978.jpg
(島まであと1キロの地点です)


by abegweit | 2019-07-30 21:48 | Prince Edward Island | Comments(0)

クランベリー・サイダーとポーク・バーガー

暑い週末でした。オタワで体験した46℃(体感気温です)には及びませんが、それでも日中はかなり暑かったです。でも湿気が無かったので木陰に入れば爽やかでしたし、日が落ちるととても涼しくなりました。洗濯物がとても気持ちよく乾きました110.png

さて、今年会社の近くに新しいサイダー(りんごの発泡酒)のお店がオープンして以来、金曜日の仕事帰りに立ち寄るのが習慣になりつつあります。中には5人ぐらいが座れるカウンターがあり、外にはピクニックテーブルも置いてあります。瓶でも売ってますが、私たちは専用のグラウラー(持ち帰り用の詰め替えできる瓶)も購入してしまいました。

そのお店で、りんごのえさで育った豚を使ったバーガーが食べられるイベントがありました。「あたらしく仕込んだクランベリーのサイダーも飲めるよ。」と言われたので、もちろん行ってきました。スモークしたポークにBBQソースやお酢などで調味したプルド・ポークのバーガーです。
c0353373_20413653.jpg
このバーガーがこの上なくおいしかったです。このお店では普段はフードメニューが無いので、次はいつこのバーガーが食べられるか分かりません。「もう少し食べたいね…」ということで、2人でもう1つ買ってシェアしました。クランベリー・サイダーも爽やかでおいしかったです。このサイダーもお持ち帰りしたかったのですが、仕込んだ量が限られているとのことで、お持ち帰りはできませんでした。

by abegweit | 2019-07-29 20:52 | Food and Drink | Comments(0)

モンゴメリのスクラップ・ブック

『赤毛のアン』出版100周年である2008年に、モンゴメリのスクラップ・ブック「Imagining Anne」が出版されました。モンゴメリは生涯にわたって雑誌の切り抜き、猫に関するもの、押し花、自分の作品や書評などをスクラップ・ブックにしていましたが、この本では『赤毛のアン』の執筆に影響を与えたであろう1890年台から1910年ごろのスクラップがカラーで掲載されています。

今回表紙の装丁を一新して違う出版社から再発表され、出版記念のスピーチ及びサイン会がプリンスエドワード島大学(UPEI)で行われました。以前に大学学長を務め、Montgomery Institute(モンゴメリの研究機関)を発足させたElizabeth Rollins Epperly さんはもちろん、モンゴメリの孫であるKate Macdonald Butlerさんなどそうそうたるメンバーが集まっていました。

今回出版されたのはこちらです。
c0353373_20595537.jpg
青い表紙は2008年に出発されたもので、ハードカバーです。今回出版された赤い表紙は一回り小さいペーパーバックなので、その分料金も抑えられています。日本でも訳本が出ています。
c0353373_21000210.jpg
スクラップ・ブックを編集したエパリーさんは、モンゴメリ研究の第一人者です。
c0353373_20594153.jpg
当日はスクラップブックのコピーも展示されていました。
c0353373_20594959.jpg
今年の8月にはCavendishにモンゴメリ記念公園がオープン予定ですし、まだまだモンゴメリの人気は衰えません。衰えないどころか、ますます世界中の人を魅了しています110.png


by abegweit | 2019-07-26 21:11 | Anne and Montgomery | Comments(0)

オタワ 2

もう7月も終わりですが、朝晩とても涼しくて過ごしやすいです。イチゴがおいしい季節になりました110.png

もう1回だけオタワの写真をアップします。

ネピアン・ポイントという展望台から見た国会議事堂です。
c0353373_01160280.jpg
ノートルダム聖堂
c0353373_01154148.jpg
カナダ国立美術館
広々とした空間を贅沢に使っている美術館でした。
c0353373_01154819.jpg
バイワード・マーケット
c0353373_01155501.jpg
国会議事堂のツアー
本来の下院会議場が改築工事中のため、仮の会議場を案内してもらいました。仮とは思えないほど立派ですが、ツアーのガイドさんによるとこの改修工事はあと10年ほどかかるそうです。残念ながらPeace Tower(平和の塔)や有名な図書室も改築工事に伴い、見学することはできませんでした。「2030年以降にまた来てね。」と言われました…
c0353373_01161505.jpg
そして国会議事堂のプロジェクション・マッピングです。
日中はものすごく暑かったのですが、夜はとても爽やかで過ごしやすくなりました。これだけ湿度が高い芝の上ではさぞかし蚊に刺されるだろうと怯えていましたが、一匹の蚊にも悩まされることなく気持ちよく見学ができました。
c0353373_01160848.jpg
オタワはとてもきれいで興味深い町でしたが、「やっぱりプリンスエドワード島が一番きれいだね。」と話しながら帰ってきたのでした。

by abegweit | 2019-07-25 20:38 | Canada | Comments(0)

オタワ

オタワは比較的徒歩圏内に観光スポットや博物館が集まっているので、こんなに暑くなかったら(体感温度40℃以上)もっとゆっくりと散策を楽しめたと思います。今回は暑さに負けてできるだけ屋内で過ごしました。
c0353373_22290256.jpg
夏は国会議事堂前で衛兵交代式があり、さすがにこれは首都ならではの光景だと思いました。
c0353373_22282875.jpg
国会議事堂と並んで観光スポットとなっているのがリドー運河です。開門する様子を見学していましたが、まさか毎回手動で作業するとは知らず、びっくりしました。ユネスコ世界遺産となったのも納得です。
c0353373_22285540.jpg
c0353373_22290942.jpg


by abegweit | 2019-07-24 20:27 | Canada | Comments(0)

上空から見たプリンスエドワード島

猛暑のオタワからプリンスエドワード島へ戻ってきました110.png
オタワへはシャーロットタウン空港から直行便で1時間半です。夕方の便だったので上空からの眺めをじっくりと楽しみました。写真には撮れませんでしたが、おそらくカノーラ畑であろう黄色い畑も見えました。
c0353373_21421652.jpg
c0353373_21422533.jpg
コンフェデレーションブリッジの上空に来ると霧がかってしまいましたが、それでもきれいに見えました。左手前がプリンスエドワード島です。海岸線が赤いです。
c0353373_21423826.jpg
そしてオタワ空港に到着する前にぐるっと旋回したので、オタワ市街地の眺めも楽しむことができました。カナダの首都ですが、田園風景の中に突然市街地が現れます。
c0353373_21424692.jpg
それにしても暑かったです。Humidex(カナダ独自の体感温度)が46℃!と、常に冷蔵庫の裏側に立っているような状態でした。
c0353373_21425314.jpg

by abegweit | 2019-07-23 21:51 | Prince Edward Island | Comments(0)

カナダの州花

週末を挟んでオタワに行ってきますので、このブログも数日お休みいたします。
カナダに25年以上住んでいますが、首都のオタワには全く行く機会が無かったので、楽しみです。

オタワのあるオンタリオ州の州花はホワイト・トリリウムで、名前の通り3枚の真っ白な花びらが特徴です。
下の写真は今年の春にプリンスエドワード島で見かけたPainted Trilliumです。
c0353373_22394115.jpg
プリンスエドワード島州の州花のPink Lady's Slipperの仲間のShowy Lady's Slipperです。
c0353373_22395289.jpg
お隣のノバスコシア州はメイフラワー。
c0353373_03320544.jpg
コンフェデレーションブリッジを挟んでお隣のニューブランズウィック州は紫のスミレです。(写真は白スミレです)
c0353373_03321168.jpg
州花を調べていたら、数年前にMary Margaret Landさんというアーティストが描いた各州の州花の水彩画の展示会があったことを思い出しました。カナダには10の州と3つの準州があります。それぞれ13種類の花と全ての花をリースにした絵の計14点があり、どれもとても素敵でした。下はポストカードの写真です。
c0353373_22493847.jpg

by abegweit | 2019-07-18 20:47 | Canada | Comments(0)

灯台とシーフード

島で一番古いポイント・プリム灯台のすぐ近くにあるレストランはとても人気があり、いつ行っても混んでいます。予約無しでふらっと立ち寄り、「ここでもいい?」と通されたのが海と灯台が見える席でした。テーブルはとても小さいけれど、眺めがとてもよい特等席でした。110.png ちょっと雲が多かったですが、雲が無かったら夕陽がまぶしくてしょうがなかったと思うので、ちょうどよかったです。
c0353373_04045116.jpg
c0353373_04043096.jpg
(一番手前の席です)

前菜は生牡蠣を食べました。
c0353373_04044421.jpg
それからロブスターロール、シーフードチャウダーとクラブ・ケーキをシェアして食べました。どれも地元のシーフードたっぷりでとてもおいしかったです。
c0353373_04045701.jpg
灯台の風見鶏も素敵でした。
c0353373_04043679.jpg


by abegweit | 2019-07-17 21:07 | Food and Drink | Comments(0)

夏本番

いつもよりは涼しいですが、夏の観光シーズンも本番となり、島にはたくさんの人が訪れています。アイスクリーム屋さんには長い列ができ、ファーマーズ・マーケットもいつも以上に混んでいます。緑の色も濃くなってきました。新緑とはまた違った良さがあります。
c0353373_00035653.jpg


by abegweit | 2019-07-16 20:16 | Summer | Comments(0)