人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

<   2020年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ドラゴン・ヘッドの岩

ここ1,2年、国立公園内でとても人気のある写真スポットです。誰が名付けたのかドラゴン・ヘッド・ロックと呼ばれています。
ドラゴン・ヘッドの岩_c0353373_04541420.jpg
ドラゴン・ヘッドの岩_c0353373_04550138.jpg
2016年の夏に撮った写真と比較すると、穴がかなり大きくなったのがわかります。
ドラゴン・ヘッドの岩_c0353373_04540384.jpg
もともと岩がごろごろしていて干潮の時にかろうじて近付ける場所でした。去年から護岸工事が行なわれており、歩いてドラゴン・ヘッドへアクセスすることがかなり難しくなってしまいました。特に今は岩の割れ目が雪で隠れていて危険です。

波が激しくて風が強い北海岸では、赤土の侵食が昔から問題になっています。だからこそすばらしい光景が見られることもありますが、かつて「エレファント・ロック」と呼ばれた岩のように、数年後には全然違った姿になっているかもしれません。

現在護岸工事中です。
ドラゴン・ヘッドの岩_c0353373_04545405.jpg
崖の上から何とか見ることは可能ですが、足元に要注意です。
ドラゴン・ヘッドの岩_c0353373_04574105.jpg
上の写真の看板が立っている崖の下はこんな感じで、今にも崩れ落ちそうなのです。
ドラゴン・ヘッドの岩_c0353373_00345644.jpg


by abegweit | 2020-01-31 21:40 | Prince Edward Island | Comments(0)

チーズ屋さんのパン

今朝は体感気温がマイナス16℃です。それほど珍しくは無い気温ですが、凍結している道路が多いらしく学校は休校となりました。12月の休校はほとんど無かったのですが、1月に入ってからかなりの頻度で休校になっています。

さて、冬に郊外へ遠出するのは楽しいのですが、冬のシーズンは観光地がどこもクローズしているので、休憩場所やお手洗いに困ってしまいます。先日グリーンゲイブルズへ行ったのは土曜日だったので、キャベンディッシュからは車で10分のニューグラスゴー村にあるチーズ屋さんでランチ休憩をとりました。ここのチーズ屋さんには本格的な石釜があり、焼きたてのピザやパンがとてもおいしいのです。土曜日には大きなシナモンロールも買うことができます。ただし冬は限られた日だけオープンしてます。

今回購入したサワードウのマルチグレインブレッド(いろいろな雑穀が入っているパン)です。体にも良さそうですが、味もとてもおいしいです。翌日の朝食にポーチドエッグといただきました。
チーズ屋さんのパン_c0353373_04285590.jpg
チーズ屋さんのパン_c0353373_04290392.jpg
エクレアもあったので、つい買ってしまいました。
チーズ屋さんのパン_c0353373_04284773.jpg
写真は撮りませんでしたが、オーダーしてから石釜で焼いてくれるピザは、チーズはもちろん島の食材がたっぷりで、クラストが薄くてぱりっとしていて、とてもおいしいです。

by abegweit | 2020-01-30 21:44 | Food and Drink | Comments(0)

冬の国立公園

グリーンゲイブルズの近くにはセント・ローレンス湾に面している国立公園の海岸があり、赤土の崖が絶好の写真スポットとなっています。2月と3月の一時期は水平線まで一面真っ白になります。ここからずっと北東の方にはマドレーヌ島 があり、タテゴトアザラシのあかちゃんを見るツアーが出ます。日本からのツアーもたくさん出てますね。

このときは見られませんでしたが、崖や海に浮かんだ氷の上で獲物を狙っている白頭鷲の写真がSNS上でたくさんアップされていました。今森の方では獲物が少ないので、魚を狙っているのでしょう。
冬の国立公園_c0353373_04093059.jpg
冬の国立公園_c0353373_04092271.jpg
冬の国立公園_c0353373_04093700.jpg
小さな湾、入り江や川の方は全体的にうっすらと凍っていて、その上に雪がかかっています。どこもかしこも真っ白で地面と水面の違いが分かりません。昔の人は水際には棒を立てて、間違えて落ちないよう目印にしていたそうです。
冬の国立公園_c0353373_04123093.jpg

by abegweit | 2020-01-29 21:39 | Winter | Comments(0)

お化けの森と恋人の小径

グリーンゲイブルズには2つのトレイルがあります。「お化けの森(0.9km)」と恋人の小径に続く「Balsam Hollow Trail(0.8km)」で、トータルで2キロ弱です。どちらも冬は整備されていないので雪に足をとられて歩きにくいですが、とてもいい運動になりました。

カナダの国立公園の特に見晴らしのいいところには、ビーバー(カナダ国立公園のシンボルマーク)のロゴがついた赤い椅子が置いてあります。プリンスエドワード島内の国立公園にもおいてあり、もちろん国立公園が管理しているグリーンゲイブルズにもあります。座って休憩したいところでしたが、雪が深いし、椅子も雪で覆われて冷たそうだったので今回はやめておきました。まっしろな雪の中の赤い椅子はとても目立ちます。
お化けの森と恋人の小径_c0353373_03500790.jpg
グリーンゲイブルズから見下ろしたお化けの森です。冬は葉が落ちてしまってさびしく見えます。
お化けの森と恋人の小径_c0353373_03520453.jpg
恋人の小径です。白樺が日光に反射してまぶしかったです。
お化けの森と恋人の小径_c0353373_03495820.jpg
恋人の小径に続いているBalsom Hollow Trailというトレイルです。昨年の秋に島を通り抜けたストームの影響でたくさんの木が倒れてしまいましたが、今では雪に覆われています。
お化けの森と恋人の小径_c0353373_03494027.jpg
トレイルの道はこんな感じで、足跡やスノーシューの跡が続いています。
お化けの森と恋人の小径_c0353373_03494916.jpg
冬にプリンスエドワード島へ来る方はとにかく防水の暖かいブーツをご用意くださいね。足がぬれて冷たいのが一番つらいと思います。

by abegweit | 2020-01-28 21:52 | Anne and Montgomery | Comments(0)

冬のグリーンゲイブルズ

土曜日は朝から快晴でした。風が無かったおかげで気温と体感気温の差もほぼ無く、マイナス5℃前後。きちんと防寒すれば屋外で楽しむことができる気温です。日曜日は雨の予報だったので、青空がひろがっているうちに雪景色のグリーンゲイブルズを見ておきたいと、キャベンディッシュまでドライブしました。

グリーンゲイブルズは11月1日から4月30日まではクローズしていますが、敷地内は自由に入ることができます。(12月の半ばまでと4月の後半は、予約して家の中を観光することも可能です。この場合は有料です。)グリーンゲイブルズの周りにはたくさんの足跡が残っており、私たちが帰るころにスノーシュー(雪靴)で歩いている人たちも見かけました。小動物の足跡もたくさん残ってました。

真っ白い雪に囲まれたグリーンゲイブルズは陽射しに輝いてとてもきれいでした。誰もいなかったので、いろいろな角度や距離で撮りました。110.png
冬のグリーンゲイブルズ_c0353373_22552079.jpg
冬のグリーンゲイブルズ_c0353373_22550671.jpg
冬のグリーンゲイブルズ_c0353373_22553131.jpg
冬のグリーンゲイブルズ_c0353373_22560799.jpg
冬のグリーンゲイブルズ_c0353373_22585731.jpg

by abegweit | 2020-01-27 23:00 | Winter | Comments(0)

しょうが

寒い日が続いていましたが、昨日の仕事帰りはプラス2℃まで気温が上がり暖かいと感じました。日曜日は雨の予報が出ており、天気が毎日めまぐるしく変わっています。ところで、新型肺炎に関するニュースはこちらでも毎日大きく報道されています。昔SARSが流行していたときに日本から来た観光客の方たちだけマスクをしていたことを思い出します。私は人ごみに行く機会がほとんど無いのでマスクの必要は無いのですが、自分自身や周囲の人を守るのは大切だと思ってインフルエンザのワクチンだけは受けました。

特に健康のためというわけではないですが、毎日しょうが湯やしょうがの紅茶を飲んでいます。『アンの青春』で気持ちが高ぶっているアンを落ち着けるために、マリラがしょうがのお茶を勧めていたのが印象に残っています。アンシリーズを読んでいると、ジンジャーブレッドやジンジャーティなど「しょうが」の入った食べ物がよく出てきます。Bideford Parsonage Museum(モンゴメリが学校を教えていたときに下宿していた牧師館を再現した博物館)のスタッフによると、モンゴメリがBidefordの学校の先生をしていた1895年、"A Baking of Gingersnaps"という短編を書いたそうです。Gingersnapはしょうががたっぷり入ったクッキーです。生のままかパウダーか分かりませんが、昔は比較的手に入りやすかったのでしょうね。

下の写真はジンジャーブレッドです。このブログで何度も書いてますが、素朴なのに味わい深くてとてもとてもおいしいです。110.png
しょうが_c0353373_03524218.jpg

by abegweit | 2020-01-24 22:10 | Canada | Comments(0)

冬のビクトリア・パーク

ダウンタウンからも家からも近いので、よく散歩や写真撮影に行くのがビクトリア・パークです。ビクトリア・パークには海沿いのボードウォーク、森の中のトレイル、プール、テニスコート、多目的フィールド、ユニバーサル公園、小さな音楽堂などがあり、市民の憩いの場となっています。ボードウォークを歩いて行くとイギリスとフランスで北米の領土を争っていた際に据えられた大砲が残っており、ずっと奥の方には灯台も見えてきます。7月1日のカナダ建国記念日(Canada Day)には花火が打ち上げられます。

夏の間は朝昼夕晩と終日たくさんの人がボードウォークを歩いていますが、マイナス20℃近くの寒い日も欠かさず歩いている人がいて尊敬します。流星群が見える夜にフィールドで横になっていたら、キツネに顔を覗き込まれてお互いにびっくりしたこともありました。

火曜日は久しぶりに晴れたので、仕事終りにビクトリア・パークをドライブして帰りました。手袋をしていても指が凍傷になるかと思うほどの凍てつく寒さでした。ところで、12月半ばの16時26分が一番早い日没でしたが、今は17時台になりました。仕事帰りもまだ明るさが残っていて嬉しいです。110.png
冬のビクトリア・パーク_c0353373_03321440.jpg
冬のビクトリア・パーク_c0353373_03382790.jpg
冬のビクトリア・パーク_c0353373_03394362.jpg


by abegweit | 2020-01-23 21:36 | Winter | Comments(2)

寒さが厳しくなってきました

朝からすっきりと晴れていますが、今朝の気温がマイナス19℃、体感気温がマイナス23℃です。風が無いおかげで、気温と体感気温の差が小さいです。

通勤は車の霜取りから始まります。。。
寒さが厳しくなってきました_c0353373_22111417.jpg
シャーロットタウンに面している海もうっすらと凍り始めました。今週はずっとお天気は良さそうですが、その分寒そうです。
寒さが厳しくなってきました_c0353373_22110222.jpg


by abegweit | 2020-01-22 22:13 | Winter | Comments(0)

インド料理のレストラン

今朝は体感気温がマイナス22℃。朝からしっかりと寒いです。

近所にインドから移民してきた人たちが経営しているレストランがあります。先日インドからの移民が急増しているというニュースを読んでから、むしょうにカレーが食べたくなりました。そこでランチにバターチキンカレーとモモをシェアして食べました。モモは鶏肉と野菜にスパイスをきかせた餃子みたいなものです。バターチキンカレーはタンドーリ・チキンにトマトやバター、クリームが入ったクリーミーなカレーです。とても大きなナンがついてきました。

この日は吹雪で学校や官公庁や多くのオフィスがお休みになった日です。私たちが一番最初のお客だったので、「今日はもう誰も来ないかと思ってた!!!」と大歓迎されました。110.png バターチキンもナンもモモもとてもおいしかったです。
インド料理のレストラン_c0353373_22242157.jpg


by abegweit | 2020-01-21 22:27 | Food and Drink | Comments(0)

真っ白なアトランティック・カナダ

この週末もたくさんの雪が降りました。同じくアトランティック・カナダ(といってもかなり離れていますが)の、ニューファンドランド州 では17日の降雪量が76センチに達し非常事態宣言が発令されました。プリンスエドワード島はそこまでひどくなかったものの、土曜日は体感気温が終日マイナス25℃前後と寒く、日曜日は雪と風がすごくて、結局家に閉じ込められてしまった週末でした。日曜日にスーパーにだけ行きましたが、いつもの週末とは違って人がとても少なかったです。道も雪で覆われていて、私は怖くて運転できません。彼は小さい頃からずっと島の田舎で育っているので、こんな道は全く問題無いと運転してくれるのがありがたいです。
真っ白なアトランティック・カナダ_c0353373_21573709.jpg
真っ白なアトランティック・カナダ_c0353373_21574529.jpg
ニューファンドランドから心が温まるニュースがあります。17日の猛吹雪の中、「Snow」という名字のご夫婦に男の子のあかちゃんが生まれたそうです。吹雪になる前に病院に到着したそうですが、19日に退院するためにSNSで家の前の雪かきを募ったところ、自分の家からでるのも大変なときにたくさんの人が集まってきれいにしてくれたそうです。名字(Snow)が完璧でもあり、話題になっていました。19日現在ニューファンドランドの非常事態宣言は続いています。早く通常の生活に戻れるようになるといいですね。

さて、少し遅れをとりましたが、インフルエンザの予防接種を受けました。病院やクリニックまで行かなくても、「Flu Shot」と書いてある薬局で簡単に受けることができます。受付でHealth Card(プリンスエドワード島州が発行している保険証のようなカード)を提示、問診表に記入して待つこと1分で終わりました。他に誰も待っていなかったこともあり、薬局を入って出るのに10分かかりませんでした。薬局なので予約の必要もなく、好きなときに行けます。しかもHealth Card保持者は無料で受けることができます。州政府のHPによるとカナダ非居住者は40カナダドルで接種を受けることができるそうです。(州によって変わります。)今年のワクチンはインフルエンザA(H1N1とH3N2)及びインフルエンザBに効果があるとのことです。

by abegweit | 2020-01-20 22:19 | Winter | Comments(0)