人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

クルーズ・シーズン

9月も後半となり、シャーロットタウンには毎日のようにクルーズ船が訪れています。200人ぐらいの小さなクルーズ船もあれば、乗客だけでも3,000人の大型クルーズ船も寄港します。昨日は大型船2隻に小型船2隻、計4隻も寄港しました。

この1隻だけでも十分に大きいのですが、
c0353373_22005203.jpg
後ろからもう1隻現れました。この2隻だけでも、5,000人です。シャーロットタウンの町の人口が約4万人です… 
c0353373_22010009.jpg
10月には4,500人級の客船が訪れる予定です。

葉の色が変わり始めた木もちらほらと見かけるようになりました。夏は終わり、秋の観光シーズンに入ります。110.png
c0353373_22043906.jpg


# by abegweit | 2019-09-20 22:06 | Prince Edward Island | Comments(0)

ひまわり畑

週末にひまわり畑へ行ってきました。
ハリケーンでなぎ倒されてしまったと聞いていましたが、数日で復活したそうです。さすがの生命力です!

無料で摘み放題だったので、6本ほどもらってきました。日本でよく見るひまわりと比べると小ぶりなので、ひまわりのブーケを作ることもできます。お部屋の中がぱっと明るくなりました110.png
c0353373_02594908.jpg
c0353373_03000262.jpg


# by abegweit | 2019-09-19 20:23 | Prince Edward Island | Comments(0)

教会のフッキング・クッション展

最終日まで全く知らなかったのですが、キルト展と同じ週末、The Kirk of St. James教会で「フッキング・クッション」の展示が行われていました。お隣のニュー・ブランズウィック州のShediacの教会の200周年を記念したコレクションで、2年前の企画当初は50個ぐらい集まればいいなと思っていたそうです。ところが、カナダだけではなくアメリカやイギリスからの申し出もあって242点ものクッションが集まり、他の町や州でも展示されることになりました。プリンスエドワード島ではシャーロットタウンの教会で展示されましたが、実はモンゴメリさんがシャーロットタウンに住んでいたときに通った教会でもあります。

間に合ってラッキーでした。
c0353373_23345278.jpg
c0353373_23343531.jpg
c0353373_23342199.jpg
この地域らしいモチーフがたくさんありました。下は「うに」です。実は「うに」の殻をモチーフにしたギフトは人気があって、ギフトショップなどでもよく見かけます。
c0353373_23345854.jpg
c0353373_23344491.jpg
c0353373_23350564.jpg
フッキングは細く切った布や毛糸などを目の粗い布(主に麻が使われます)に引っ掛けるよう(フッキング)に刺していきます。デモンストレーションしている人を見ると簡単そうに刺していますが、表面を均等にしたり、布が引きつらないようにするのは経験が必要になると思います。アンの時代の人々は不要になった布や毛布などを細長く切って敷物を作っていたようです。当時は家事の1つだったのでしょう。グリーン・ゲイブルズにもラグ・フッキングと呼ばれる敷物がたくさん置いてあります。

# by abegweit | 2019-09-18 21:21 | Prince Edward Island | Comments(0)

教会でキルト展 2

キルト展の写真の続きです。「自分のベッドに掛けるならどのパターンがいいかな…」と思いながら見ていたら、あっという間に時間が経ってしまいました。
c0353373_21005047.jpg
c0353373_21004236.jpg
c0353373_21014410.jpg
c0353373_21005802.jpg
c0353373_21012301.jpg
プリンスエドワード島に来た頃はキルトクラスに通ったこともありましたが、かなりご無沙汰しています。自分でベッドカバーを作ってみたいとも思いますが、布を選ぶだけでも大変な時間と配色のセンスが必要だと思い知らされます。この下の写真のキルトは全て同じパターンなのに、全く違う布が使われていて、しかも全てが調和していてすばらしいと思いました。
c0353373_21010694.jpg

# by abegweit | 2019-09-17 20:15 | Prince Edward Island | Comments(0)

教会でキルト展 1

シャーロットタウンのSt. Paul Anglican Churchにて島のキルターによるキルト展が行われました。
トラディショナルなものから遊び心のあるものまで、たくさんのキルトが椅子に掛けられており、圧巻でした。
c0353373_21003269.jpg
c0353373_21015766.jpg
c0353373_21023618.jpg
c0353373_21002327.jpg
c0353373_21011728.jpg
c0353373_21013516.jpg
明日に続きます110.png

# by abegweit | 2019-09-16 21:17 | Prince Edward Island | Comments(0)

Cavendish Home

ちょうど1週間前に島を通過したハリケーン・ドリアンはグリーンゲイブルズのあるキャベンディッシュ周辺にも大きな被害をもたらしました。特にモンゴメリが祖父母と住んでいた家の跡地であるCavendish Home(Homestead)では敷地内の8割近くもの木にダメージがあったそうです。ここはモンゴメリが祖父母と暮らしながら、『赤毛のアン』『アンの青春』『果樹園のセレナーデ』そして『ストーリー・ガール』を執筆した場所でもあります。

今年の6月に撮影した写真です。とても静かで美しい場所です。
c0353373_21454212.jpg
c0353373_21455027.jpg
敷地内にはアクセスできますが(入場料有り)、まだたくさんの木が倒れているそうです。全てを元の姿に近づけるには15.000カナダドルが必要とのことで、寄付金のサイトが開設されました。こちらには現在の写真がアップされ、Cavendish Homeを引き継がれているモンゴメリのいとこの子孫であるDavid Macneilさんからのメッセージを読むことができます。

# by abegweit | 2019-09-15 21:53 | Anne and Montgomery | Comments(0)

中秋の名月

9月の満月はHarvest Moonと呼ばれています。とてもきれいな満月でした110.png
c0353373_10375429.jpg
c0353373_21192227.jpg


# by abegweit | 2019-09-14 19:15 | Fall | Comments(0)

赤い実と青い実

ハリケーンが来る前に国立公園のトレイルを散策した時、森の中は赤や青の実でいっぱいでした。

Bluebead Lilyという名前のツバメオモトの仲間です。
c0353373_21451680.jpg
BunchBerry(ゴゼンタチバナ)の赤い実。お化けの森にもたくさんあるので、モンゴメリの本にも度々言及されています。
c0353373_21453197.jpg
これは名前がわかりませんが、とてもきれいな赤い実をつけていました。
c0353373_21452581.jpg

# by abegweit | 2019-09-13 21:04 | Prince Edward Island | Comments(0)

食欲の秋

今朝は10℃で、日中の最高予想気温は14℃です。週末はもう少し暖かくなりそうですが、プリンスエドワード島の夏は終わりました…

とはいえ、秋のプリンスエドワード島はとても美しいです。そして食べ物もおいしいです。ファーマーズ・マーケットではブルーベリーをはじめ、収穫されたばかりのおいしそうな野菜が並んでいます。

9月のはじめの連休にプリンスエドワード島東部のはじっこにあるSourisという町に行って、ポキ丼を食べました。お目当てはBluefin Tuna(タイセイヨウクロマグロ)でしたが、残念ながら売り切れとのことで、サーモンとSnow Crab(ズワイガニ)にしました。

お好みでシーフード、サラダ、ご飯にそれぞれ違うソースをかけてくれますが、ご飯は白いままにしてもらいました。
c0353373_21280362.jpg
Sourisまで1時間15分ちょっとあるのでなかなか簡単には行けないのですが、これだけのためにドライブしていく価値はあると思いました。今度こそマグロ丼を食べたいと思います。

それからシャーロットタウンで食べたロブスターロールの写真です。ロブスターがたっぷり入ってました。お店によってさまざまですが、バターを塗ってトーストしたパンにはさんであるロブスター・ロールはおいしいと思います。カロリー高めですが、おいしいです110.png
c0353373_21320468.jpg

# by abegweit | 2019-09-12 21:35 | Food and Drink | Comments(0)

ドリアンの後片付け

被害状況が明らかになっていくにつれて、ハリケーン・ドリアンが残していった爪跡の大きさが分かってきました。地元のニュースによると、セント・ローレンス湾に面しているプリンスエドワード島国立公園のキャベンディッシュ周辺の樹木にかなりのダメージがあり、モンゴメリが祖父母と住んでいた家の跡地も古いりんごの木を含め、かなりの木が倒れてしまったそうです。まだ停電している地区も多々残っており、電気会社のスタッフ総出で作業にあたっています。

その中で、停電でシャワーを浴びることが出来ない人にシャワー室を無料で開放しているジム、同じく停電で炊事ができない人に無料のランチをふるまっているスーパーなどのアイランダーの助け合いの話も報道されています。電気会社に勤めていて自分の家の片づけをする時間が全くない人のために、近所の人たちが協力してきれいにしてくれたというエピソードなどもSNSで広まっています。

グリーン・ゲイブルズをはじめとした北海岸の観光地も再オープンしていますが、中には停電の中クローズして後片付けしたり、最小限の灯りでオープンしている観光地もあります。まだ倒れている木があったり、多少の不便さがあるかもしれませんが、島へ観光へきている人たちのために一生懸命努力してくれています。

さて、ハリケーンの前に国立公園に散策にいったところ、Spotted Jewelweedというインパチェンスの仲間が咲いていました。蚊に刺された後に花弁を刷り込むと、かゆみ止めになるそうです。
c0353373_01331334.jpg

# by abegweit | 2019-09-11 23:43 | Prince Edward Island | Comments(0)

秋の気配が漂うプリンスエドワード島

8月の空は晴れていてもかすんで見えることが多いですが、9月に入って空や海の青も濃くなってきました。日中の最高気温が20℃に届くか届かないかで、朝晩の気温は1桁です。日中はとても快適ですが朝晩は冷えますので、これから島に来る方は暖かい服をお持ちくださいね。
c0353373_23160124.jpg
(9月上旬のとうもろこし畑)
c0353373_23161035.jpg
(8月上旬のじゃがいも畑)


# by abegweit | 2019-09-10 20:41 | Summer | Comments(0)

ドリアン

月曜日の今朝は「台風一過」という言葉のとおり、朝から快晴です。幸いなことに私の家は停電にもならず浸水もなく、洗濯物を干すロープが飛ばされてしまっただけで済みました。でもプリンスエドワード島の広範囲で停電がおこり、多くの木がなぎ倒され、収穫前の農産物や漁業ボートなどに被害が出ています。ハリファックスもかなりの被害が出たようです。まだ電気が復活していないところも多く、今日は学校もお休みです。

こんなにたくさんの注意報が同時に出るのは非常に珍しいです。

c0353373_21515992.jpg
日本も台風で大きな被害が出ていると聞いています。日本もこちらも被害が最小限にすむよう願っています。

# by abegweit | 2019-09-09 21:54 | Summer | Comments(0)

グリーン・ゲイブルズのビジター・センター 3

ビジター・センターのご紹介の続きです。

中は小部屋に区切られていて、モンゴメリの生涯や作品についての展示があります。
車椅子用のスロープもあり、ゆったりとしています。
c0353373_21524940.jpg
c0353373_21530447.jpg
c0353373_21531067.jpg
『赤毛のアン』が出版された当時の書評などを音声で聞くことができます。音声は当時のものではなくこのビジター・センター用に録音したものですが、当時の高揚感が伝わってきます。
c0353373_21531611.jpg
『赤毛のアン』の各国語版です。日本語版は左端の上から4つ目、1952年に日本で初めて出版された時の表紙です。右端の一番下は点字の本です。
c0353373_21534388.jpg
左が日本での初版本の表紙(写真)です。他の言語版の表紙と比べるとアンがおとなっぽいです。右は、戦争が始まる前に帰国したカナダ教師から村岡花子さんが受け取った原書(写真)です。英語の書物が禁止されていた戦争中にこの本を訳され、1952年に出版されました。
c0353373_04242385.jpg

# by abegweit | 2019-09-09 21:20 | Anne and Montgomery | Comments(0)

グリーン・ゲイブルズのビジター・センター 2

新しくオープンしたビジター・センターの写真です。
当然ですがオープンしたてでとてもきれいです。特にお手洗いの数が増えたのは、すばらしいと思います。特に大型クルーズが寄港する日はものすごく混むので、並ぶ時間が短縮されそうでよかったです。

正面ではあじさいがきれいに咲いていました。
c0353373_21533518.jpg
グリーン・ゲイブルズにあわせたのか、裏側は木調です。太陽光パネルが目立ちますね。
c0353373_21532223.jpg
ビジター・センターに入るとキルト調のパネルがお迎えしてくれます。アンの場所に立って写真が撮れます110.png
c0353373_21524244.jpg
SNSの時代を反映してか、あちこちに撮影用のスポットがあります。
c0353373_21534963.jpg
c0353373_21535685.jpg
人気のレゴで作ったグリーン・ゲイブルズです。
c0353373_21525746.jpg
明日に続きます!

# by abegweit | 2019-09-07 19:19 | Anne and Montgomery | Comments(0)

ドリアン

今朝は早朝から隣の家が屋根を修理していました。

明日9月7日にはハリケーン・ドリアンが熱帯低気圧となってプリンスエドワード島を通過予定です。バハマやアメリカでかなりの被害を出しているハリケーンです。現時点(9月6日午前)では7日(土曜日)の19時~22時の時間帯、強風と豪雨に注意とのことです。プリンスエドワード島やハリファックスなどマリタイム州に滞在中の方も移動日にあたる方もご注意ください。
c0353373_20534387.jpg



# by abegweit | 2019-09-06 20:56 | Prince Edward Island | Comments(0)

グリーン・ゲイブルズのビジター・センター

モンゴメリ・パークのセレモニーの翌日(8月29日)、グリーン・ゲイブルズのビジター・センターのオープンニング・セレモニーが行われました。ここ数年ずっと工事をしていましたが、やっとオープンとなりました。今回はオープニング・セレモニーの様子をご紹介します。

当日はいまにも雨が降り出しそうなどんよりとした空でしたが、たくさんの人が集まりました。

まずは国歌斉唱です。モンゴメリさんが作詞した「Island Hymn」も披露されました。女性のコーラスがとてもすばらしかったです。
c0353373_21153113.jpg
雨がぽつぽつと降り出した頃、モンゴメリのお孫さんのKate MacDonaldさんの朗読がありました。Kateさんとは今回お話しさせていただく機会が何回かありましたが、とてもフレンドリーで素敵な方でした。アン関係のイベントなどで何度も来日されており、他の家族の方からうらやましがられているとのことでした。
c0353373_21154013.jpg
モンゴメリ・パークに続いて高円宮妃殿下もご出席されました。
c0353373_21154789.jpg
c0353373_21155516.jpg
当日はアンのピンバッジをつけていらっしゃいました。
c0353373_21264390.jpg
アンとダイアナにアンのピンバッジをお見せしているところだと思われます。
c0353373_21160341.jpg
ご滞在中、プリンスエドワード島に住んでいる日本人も副総督公邸でのレセプションに招待いただきました。その際はロブスターのピンバッジをつけていらっしゃいました。
c0353373_21271510.jpg
今回はオタワ大使ご夫妻とモントリオール領事ご夫妻もご同行されていましたが、高円宮妃殿下のご滞在は島のメディアでも頻繁に報道されていました。もともとプリンスエドワード島での日本へ対するイメージはいいですが、日加修好90周年の記念すべき年を迎え、ますますよい関係を築いていけることを願います。110.png

# by abegweit | 2019-09-06 20:35 | Anne and Montgomery | Comments(0)

モンゴメリ・パーク 2

昨日に続いてモンゴメリ・パークのオープニング・セレモニーの時の写真です。

モンゴメリ像の近くに、高円宮妃殿下がさくらの木を植樹されました。
c0353373_04125598.jpg
モンゴメリの像はモンゴメリ・パークのオープニング・セレモニーで初めて公開されました。像にかけてあった布をひいたのはCavendish Home(モンゴメリが祖父母と住んでいた家の跡地)を守り続けてきたJennie MacNeilさんと、モンゴメリのお孫さんのKate MacDonaldさんでした。Jennieさんは引退され、息子さんであるDavidがCavendish Homeを継いでいます。MacNeil家の皆さんも集合されていました。素敵なご家族です。
c0353373_01305821.jpg
当日はおいしいものもたくさん用意されており、アンも一生懸命アイスクリームを作ってました。かわいい笑顔を見せてくれながらも腕が痛いと言ってました。
c0353373_01300692.jpg
ロブスターロールはあっという間に無くなってしまい、写真を撮るだけになってしまいました…
c0353373_04124827.jpg
c0353373_04123399.jpg
c0353373_04122754.jpg
シェフの人が教えてくれたのですが、イタドリで作ったピクルスもありました。イタドリは「Japanese Knotweed」という雑草で、Wikipediaによると世界の侵略的外来種ワースト100の1つでもあるそうです。最近プリンスエドワード島でも問題になっており、我が家の庭も気を抜くとイタドリの茂みができてしまいます。
c0353373_04124073.jpg

# by abegweit | 2019-09-05 20:16 | Anne and Montgomery | Comments(0)

モンゴメリ・パーク

もう1週間も前になりますが、先週の8月28日、キャベンディッシュにモンゴメリ・パークがオープンしました。Cavendish Home(モンゴメリの祖父母が住んでいた家の跡地)のすぐ近くにあり、グリーン・ゲイブルズからもお化けの森を通りぬけて歩いて行くことができます。

日本のメディアでも報道されましたが、オープニング・セレモニーには高円宮妃殿下や村岡花子さんのお孫さん姉妹もご出席され、モンゴメリさんの像が公開されました。モンゴメリさんの隣に座って写真が撮れます。
c0353373_01310606.jpg
モンゴメリさんの後ろやベンチの下にも猫がいたりして、猫好きだったモンゴメリさんが喜びそうです。
c0353373_01311308.jpg
c0353373_01312013.jpg
公園自体はとても小さくて、入場料もなく、誰でも入れます110.png
c0353373_01295323.jpg
高円宮妃殿下の英語とフランス語でのスピーチが素敵でした。日加修好90周年ということもあり、日本とカナダの関係を「Kindred Spirits(腹心の友)」とおっしゃっていました。
c0353373_01303033.jpg
c0353373_01301416.jpg

# by abegweit | 2019-09-04 21:04 | Anne and Montgomery | Comments(0)

連休と夏の終わり

9月の第1月曜日はLabour Dayの祝日です。とてもお天気に恵まれた連休で、町もビーチもたくさんの人でにぎわっていました。長かった学校の夏休みも終わりです。島の観光業を支えている働き手である学生さんが学校に戻ることもあり、この週末を境に、観光箇所、お店、レストランなどの営業時間が大きく変わります。営業時間が短縮されたり、週末お休みになったり、冬期休業(!)に入るところもあります。キャベンディッシュとシャーロットタウンを結ぶCity Beach Expressも今年の運行は終わりました。秋に観光される方はご注意くださいね。グリーンゲイブルズは10月31日まで毎日オープンしています110.png 
c0353373_21115409.jpg
c0353373_21120388.jpg
c0353373_21121073.jpg


# by abegweit | 2019-09-03 21:23 | Summer | Comments(0)

村岡花子さんのお孫さん

『花子とアン』のドラマの原案である『アンのゆりかご -村岡花子の生涯ー』の著者村岡恵理さんが、グリーンゲイブルズの新しいビジターセンターでスピーチをされました。当日は『赤毛のアン』の各国語版の表紙の展示パネルの前に特別会場が設けられていました。
c0353373_04243090.jpg
c0353373_04242385.jpg
c0353373_04241718.jpg
村岡恵理さんは上品でとても素敵な方でした。
c0353373_04244342.jpg
お姉さまの美枝さん、モンゴメリのお孫さんのケイト・マクドナルドさん、そしてオタワの日本大使館から石兼大使ご夫妻もいらっしゃいました。
c0353373_04243734.jpg
もう少し先になるとのことですが、『アンのゆりかご -村岡花子の生涯ー』は英語に訳されて出版予定とのことです。とても楽しみです。

# by abegweit | 2019-08-30 20:49 | Anne and Montgomery | Comments(2)

北海岸

キャベンディッシュに新しくできた「モンゴメリ・パーク」とグリーンゲイブルズの新しいビジターセンターのオープニング・セレモニーなどがあったので、2日連続でキャベンディッシュへ行ってきました。日加修好90周年の年でもあり高円宮妃殿下もご参加されました。このセレモニーの写真はあらためてアップいたします。

水曜日は少し早めにキャベンディッシュに到着したので、セント・ローレンス湾に臨む国立公園にも行ってみました。青と赤のコントラストがとてもきれいでした。
c0353373_01592972.jpg
c0353373_02001884.jpg
レースフラワーもまだきれいに咲いています。
c0353373_02000262.jpg

# by abegweit | 2019-08-29 23:07 | Prince Edward Island | Comments(0)

サイクロン??

昨日は朝からずっと雨で気温も15℃ぐらいまでしか上がらず、とても寒かったです。まだ8月だというのに、久しぶりに車のシートヒーターを使いました。

そして気になるのが「Tropical Cyclone」の注意報です。この時期「Tropical Storm」や「Hurricane」の影響を受けることはありますが、アトランティック・カナダで「サイクロン」の注意報が出るのは滅多にないような気がします。木曜日遅くからお天気が再び崩れそうです。外れてくれるといいですね。
c0353373_03525621.jpg



# by abegweit | 2019-08-28 19:21 | Summer | Comments(0)

ビール・バーで日本風メニュー

よく行くビール・バーでは2週間ごとにフード・メニューが変わります。今週のテーマは「Tokyo Street」とのことで、日本風のメニューでした。メニューを見てお分かりのように日本色の濃いアジアン・メニューといった感じです。
c0353373_22445583.jpg
今回はポークのタコスとチャーハンを食べました。タコスに入っているポークは日本というよりは中華風の味付けでしたが、とてもおいしかったです。
c0353373_22450550.jpg
チャーハン(というよりは焼き飯?)のサワークリームのトッピングは無い方が好みですが、おいしかったです。
c0353373_22451228.jpg
ほどよい量で、ほとんどのメニューが9ドルと同じ料金なのも嬉しいです110.png ベジタリアン向けやグルテン・フリーメニューも多いです。

# by abegweit | 2019-08-27 21:06 | Food and Drink | Comments(0)

8月最後の週末

この週末は秋の気配を感じさせるような涼しさでした。さすがに日中は20度以上になりますが、朝晩は本当に涼しくなりました。これからプリンスエドワード島にいらっしゃる方は、秋に着るようなジャケットをお持ちくださいね。お天気の悪い日や、朝晩お散歩するときに役立つと思います。

土曜日は雨が降ったり止んだりの日でしたが、日曜日は朝からすっきりとした青空が広がり、終日とても気持ちのいい日でした。洗濯物も気持ちよく乾きました。島のどこかにドライブしようかとも思いましたが、こんな日にシャーロットタウンでゆっくりするのもいいねということになり、町を散策しながらのんびり過ごしました。

8月最後の週末のダウンタウンの様子です。日曜日の朝11時から、メインストリートであるQueen Streetの一部が歩行者天国となり、たくさんのマーケットが並びます。土曜日のファーマーズ・マーケットには野菜などの食材が多いですが、このダウンタウンのマーケットでは観光客の方が買えるような手工芸品が多いです。もちろん新鮮な野菜やブリーベリーなども売られています。日曜日のダウンタウンのマーケットの今年の最終日が10月6日(日)で、この日は特に「Farm Day in the City」と呼ばれ、とってもにぎやかです。
c0353373_21435245.jpg
コンフェデレーションセンターの前にのナナカマドの木もたくさんの赤い実をつけています。
c0353373_21434244.jpg
ウォーターフロントの「2019」のサインの前はいつも写真撮影している人でにぎわっています。
c0353373_21432973.jpg
今年できた「LOVE」サインのロックも増えてました。
c0353373_21431931.jpg
もう外でビールが飲めるような日も少ないかな…とさびしく思いながら、ラズベリーのビールを飲みました。
c0353373_21431177.jpg
特に何もしなかったけれど、いい週末でした110.png

# by abegweit | 2019-08-26 21:54 | Summer | Comments(0)

カラスの行進

いつしか恒例行事となったカラスの行進。Art in the Openというシャーロットタウンで1日だけ行われるイベントの目玉です。カラスの格好をした人々が夕暮れにシャーロットタウンのダウンタウンからビクトリアパークまで行進するだけなのですが、ついつい後を追っかけてしまいます。

まずはオープンテラスのレストランが並ぶ通りから行進開始です。何も知らずに食べていた人たちはびっくりしたことでしょう。
c0353373_22480969.jpg
このまま町の中を歩いてビクトリアパークで集合写真。
c0353373_22482664.jpg
c0353373_22485286.jpg
c0353373_22484412.jpg

# by abegweit | 2019-08-25 22:56 | Summer | Comments(0)

イチゴのビール

夕暮れ時に、シャーロットタウンの対岸にある灯台へ行きました。が、ものすごい蚊の大群に襲われて、2分で車内に戻りました。
c0353373_22012053.jpg
早く町に戻ったので、パブで季節限定のイチゴのビールを飲みました。結構苦味があってあまりイチゴの味はしませんでしたが、ビール自体はとてもおいしかったです。
c0353373_22011489.jpg

# by abegweit | 2019-08-23 22:05 | Food and Drink | Comments(0)

夏の終わりのプリンスエドワード島

学校の長い夏休みも終盤に入り、プリンスエドワード島の夏もそろそろ終わりに近付いてます。

新じゃがいもがおいしい季節でもあります。
c0353373_21170934.jpg
こんな私道のある家に住めたらいいな...と思いながら写真を撮りました。赤土の道に沿って並んでいる木がとても素敵です。
c0353373_21171518.jpg
郊外の家で見かけたポニーです。なんだか前髪がかわいくて写真を撮らせてもらいました。飼い主の方がフレンドリーなポニーだとおっしゃってましたが、本当にその通りでした110.png
c0353373_21172371.jpg


# by abegweit | 2019-08-22 21:57 | Prince Edward Island | Comments(2)

プリンスエドワード島の生牡蠣

シャーロットタウンから30分強ドライブしたところに、Victoria by the Seaという南海岸に面している小さな村があります。そこのレストランで生牡蠣を食べました。

左下から時計回りに、Savage Blonde、Lucky Limes(2つ)、South Lake、Gowanbrae、そしてBlackberryです。赤ワインソース、カクテルソース、ホースラディッシュなどの薬味がついてましたが、私はレモンだけで食べるのが好きです。

全てプリンスエドワード島でとれた牡蠣です。各牡蠣の違いまではなかなか区別できませんでした、新鮮で生臭みがなくてとてもおいしかったです。全ておいしくいただきました。
c0353373_22385242.jpg
いっしょにスモークサーモンのプレートも頼みました。とてもおいしいスモークサーモンでした。
c0353373_22390221.jpg
このレストランも今年オーナーさんが変わって新装開店したのですが、盛り付けもおしゃれで、どれもとてもおいしかったです。お手洗いがきれいなのも嬉しいです。

# by abegweit | 2019-08-21 20:59 | Food and Drink | Comments(0)

からし菜畑

今年はカノーラ畑をあまり見ることができず残念に思っていましたが、からし菜(おそらく)畑を見つけました。110.png
c0353373_22113498.jpg

# by abegweit | 2019-08-20 22:25 | Summer | Comments(0)

ファーマーズ・マーケット

ファーマーズ・マーケットでブルーベリーが売られていたので、早速買いました。
緑と黄色のズッキーニ、カラフルなプチトマト、これまたカラフルなじゃがいもと、ファーマーズ・マーケットも色鮮やかです。
c0353373_21534054.jpg

# by abegweit | 2019-08-19 21:55 | Summer | Comments(0)