プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

久しぶりの外食はLobster Supper

5月と6月は仕事がものすごく忙しくて、仕事が終わったらとりあえず家に帰る日々を送っていました。

年度末の会社のスタッフパーティで当たったロブスター・サパーの食事券があったので、ロブスターが旬のうちにと行ってきました。Charlottetownからは30分、Cavendishからは10分のところにあるNew Glasgow Lobster Supperというレストランです。ここではプリンスエドワード島の昔ながらのロブスター・サパーを食べることができます。

まずはロール(パン)が出てきます。このロールだけ食べに来てもいいぐらい、ものすごくおいしいです。薄い皮はかりっと、中はしっとりもっちりしていて、何個でも食べられそうです。今回も1個半食べてしまいました。お代わり自由です。もう少し食べたいところを我慢しました。
c0353373_03150126.jpg
それからシーフードチャウダーとムール貝。こちらもお代わり自由です。
c0353373_03150884.jpg
そしてサラダ。伝統的なロブスター・サパーにはポテトサラダとコールスローが欠かせません。
c0353373_03151467.jpg
ついにメインのロブスターです。このレストランでは、ロブスターは"Hot"か"Cold"か選ぶことができます。私は身がしまってぷりっとしたColdが好きですが、ゆでたてのHotを好む人も多いです。さすがにロブスターはお代わりできません。

小さいカップに入っている黄色い液体は溶かしバターです。個人的にはレモンだけが好きですが、島ではムール貝やロブスターには溶かしバターが付いてきます。レモンは食べた後の指先のにおい消しにもなります。
c0353373_03152188.jpg
最後はデザート。私はストロベリー・ショートケーキ、私のパートナーはブルーベリーパイを食べました。ストロベリーもブルーベリーもプリンスエドワード島産です。西日が強くて写真は撮れませんでした。

最初のロールからデザートまで、すべておいしくいただきました!

[PR]
# by abegweit | 2018-07-05 21:12 | Summer | Comments(2)

ルーピン

朝から気温が20度を超えるのは久しぶりです。湿度も高く、非常に暑いです。

島ではルーピンがきれいに咲いています。
c0353373_00000433.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-07-04 23:01 | Summer | Comments(0)

レディ・スリッパー

7月1日はCanada Dayというカナダ建国記念日です。今年は日曜日だったので、振り替え休日の月曜日と合わせて3連休となりました。かなり湿度が上がるとの予報が出ており、確かに日中は日差しが強くて蒸し暑かったです。しかし夜にはぐっと気温が下がって霧が発生してしまい、Canada Dayの花火は高く上がれば上がるほどぼんやりとしか見えませんでした。しかも飛行機も濃霧の影響かCharlottetown空港に降りることができなかったようで、フライトも大混乱となってしまいました。

さて、土曜日にレディ・スリッパーを探しに行きました。レディ・スリッパー(アツモリソウ)はプリンスエドワード島の州花です。ものすごい藪蚊との戦いになることを予想して、できるだけ肌を覆い、日本から持ってきたハッカ油をスプレーして森の中に入りました。5分といられなかったですが、ちょうどきれいに咲いているレディ・スリッパーを見つけることが出来ました。

今は絶版となっている『L.M.モンゴメリの日記Ⅰ』で、「道端にはシダやナデシコやアツモリソウが咲いていた。アツモリソウはこの世で一番香りがよい。」と書いてあります。帰ってきてからこの描写を見つけたので、お花の香りまでは分かりませんでした。来年はちゃんと香りも確かめたいと思います。

花の上にレディ・スリッパーと同じような形をしている白いクモがいました。
c0353373_21025190.jpg
c0353373_21025817.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-07-03 21:18 | Prince Edward Island | Comments(2)

シマリス

かわいいシマリスがいました110.png
c0353373_04112867.jpg
c0353373_04114098.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-07-02 10:58 | Prince Edward Island | Comments(0)

ストロベリー・ムーン

今日は朝からどしゃぶりです。6月の満月はストロベリー・ムーンと呼ばれるそうですが、昨晩は曇っていて何も見えませんでした。一昨日の晩に見た月は空もピンクがかっていて、とてもきれいでした。
c0353373_23275605.jpg
夕陽に染まる赤土の色がとても好きです。
c0353373_23280451.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-06-29 23:30 | Summer | Comments(0)

矢車菊

この紫色のお花をよく見かけるのですが、名前が分かりませんでした。調べてみたら、英語では"Centaurea"、日本では「矢車菊」という名前のようですね。今ちょうど家の裏庭にたくさん咲いています。
c0353373_23225146.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-06-28 20:04 | Summer | Comments(0)

プリンスエドワード島のアップル・サイダー

最近プリンスエドワード島やノバスコシア州ではアップル・サイダーの人気が高いです。プリンスエドワード島に新しいアップル・サイダーのお店がオープンしました。
スコットランドから移住してきたご夫婦(2 Scots)が地元の3種類のりんごから作ったサイダーということで、"2 Scots 3 Apples"と名付けたようです。すっきりドライで甘ったるくなくて、とてもおいしいサイダーです。ちなみにアルコール度は5.7%です。
c0353373_02505087.jpg
今のところはCharlottetownから車で20分ぐらいのRiverdaleにあるお店でしか購入することはできないそうです。4本しか買わなかったことを悔やんでいます…

[PR]
# by abegweit | 2018-06-27 20:18 | Food and Drink | Comments(4)

DiverseCity

週末の日曜日、Charlottetownがにぎやかだなと思ったらDiverseCityのフェスティバルが開催されていました。プリンスエドワード島の多様な民族や文化をお祝いするお祭りで、今年12回目を迎えます。

各国や地域からの屋台が並び、歌やダンスなどのパフォーマンスが行われます。

私が到着した際はPersian Girls(パンフレットより)のダンスが始まったところで、盛り上がってました。
c0353373_22332511.jpg
台湾からのヴァイオリニストの演奏、そして地元からはケルティック・ハープの演奏がありました。私たちは1時間ほどで帰ってしまいましたが、夜10時ごろまでずっと盛り上がっていたようです。
c0353373_22333133.jpg
c0353373_22331802.jpg
書道コーナーには人の列ができていました。Wish Treeという七夕の短冊のような木もありました。
c0353373_22333800.jpg
c0353373_22334515.jpg
日本の方たちも半被や浴衣を着て楽しそうに参加されてました。

[PR]
# by abegweit | 2018-06-26 20:02 | Prince Edward Island | Comments(0)

ミュージカル

先週、『赤毛のアン』のミュージカルが始まりました。今年54年目を迎えます。毎年少しずつ舞台、衣装、演出など変わっていますが、今年のミュージカルはコミカルなしぐさが増えたような気がします。もう30回以上は見てますが、最初から最後まで全く飽きずに満喫しました。

アン役のAJ Bridelさんは昨年に続いて今年2年目です。とてもかわいらしくて、リンド夫人の『ルックスで選ばれたんじゃないことだけは確かね』という台詞がしっくりこないくらいです。今年のフィリップ先生がかっこいいなと思っていたら、昨年ギルバート役をつとめた方でした。
c0353373_20311183.jpg
月、火、土曜日の夜7:30、そして水曜日の1:30、週に4回の上演です。今年のファイナルは9月22日です。

[PR]
# by abegweit | 2018-06-25 20:39 | Anne and Montgomery | Comments(0)

夏至の夕暮れ

ここ数日とてもよいお天気に恵まれています。
ちょうど日没のころにビクトリア・パークを通りかかったら、とてもきれいな夕陽を見ることができました。
c0353373_02171145.jpg
現在日没が21時8分です。

[PR]
# by abegweit | 2018-06-23 21:49 | Summer | Comments(2)

夏休みとシャトル

さて、プリンスエドワード島の学校はそろそろ夏休みに入ります。

夏の間はCavendishのお店や宿泊施設で働く学生さんが多いです。しかしながら、しばらくCharlottetownとCavendish間には自分の車以外の移動手段がありませんでした。車を持っていない学生さんが多くて大きな負担になっていたこともあり、2017年からシャトルが復活しました。City(シャーロットタウン)とBeach (Cavendish及び北海岸)を結ぶCity Beach Expressです。今年の運行は本日6月22日から9月3日までです。予約はHPかインフォメーションセンター内のツアーデスクでどうぞ。

夏休みに入りインフォメーションセンターも忙しくなりそうです。この自転車もレンタルすることができます。
c0353373_23365842.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-06-22 20:51 | Sightseeing | Comments(0)

スターフラワー

スターフラワーも見つけました。
c0353373_02401681.jpg
『赤毛のアン』では第9章と第15章に出てきます。第9章では「去年の花の精にも似た青白いスター・フラワー」と描写されています。マイズルソウと同じく小さな花ですが、遠目でも形ですぐに分かるお花です。
c0353373_02402545.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-06-21 20:16 | Summer | Comments(0)

マイズルソウ

マイズルソウも咲き始めました。小さくて白い玉が花火みたいにはじけるように咲きます。小さくて目立たないですが、お気に入りのお花です。英語では "Wild Lily of the Valley"です。『赤毛のアン』(第15章)にも出てきます。私の手元の村岡花子さんの訳では「スズラン」となっています。

c0353373_23263727.jpg
スズランとマイズルソウが一緒に咲いていたので、写真に撮っておきました。
c0353373_23264494.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-06-20 21:14 | Spring | Comments(0)

スズラン

スズランが咲く時期になりました。清楚なお花です。モンゴメリさんが自分の結婚式のブーケにスズランを選んだのも納得です。
c0353373_23090857.jpg
c0353373_23091619.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-06-19 21:00 | Spring | Comments(0)

チャイブ

日曜日の父の日は19度ぐらいまで気温が上がり、とても快適な1日でした。父の日をBBQでお祝いしていた家族も多かったと思います。

さて、お庭のチャイブの花がきれいに咲いています。チャイブはあさつきのように薬味に使われていて、細かく切ってオムレツにふりかけることが多いです。昨日はリゾットにふりかけてみました。
c0353373_20215646.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-06-18 20:24 | Spring | Comments(0)

イタドリ

昨年の秋に引っ越した家の裏庭にJapanese Knotweed(イタドリ)がはびこってます。昨年の秋に根こそぎ取り除いたはずでしたが、元気いっぱいです。世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれているのもうなずけます。
c0353373_05061102.jpg
c0353373_05061976.jpg
他にも害虫であるJapanese Beetle(マメコガネ)もプリンスエドワード島で勢力を広げているようです。これだけ世界中の人や物の往来が多いと、避けようがない問題です…


[PR]
# by abegweit | 2018-06-17 05:18 | Prince Edward Island | Comments(2)

白い花

シャーロットタウンのウォーターフロントの小さな一区画に白い花が咲き誇る場所があり、毎年開花するのを楽しみにしています。ここ数日すっきりと空が晴れなかったので、短い晴れ間を逃さずカメラを持って行ってみました。昔はりんごの花だと思ってましたが、秋に行ったら小さいさくらんぼのような真っ赤な実をつけていたので、Cherryの木でした。
c0353373_01132023.jpg
c0353373_01134087.jpg
c0353373_01132725.jpg
c0353373_01134641.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-06-15 21:00 | Spring | Comments(4)

アンとギルバート

Anne and GilbertのミュージカルはこちらのThe Guideという劇場で上演しています。Confederation Centerの向かいにあります。Confederation Centerの1,100席に比べて、こちらは140席前後の小劇場です。舞台と観客席がとても近いので、演技が間近で見られて楽しいです。
c0353373_01221502.jpg
既に上演中です。

[PR]
# by abegweit | 2018-06-14 20:13 | Anne and Montgomery | Comments(0)

ビジター・インフォメーション・センター

シャーロットタウンのビジター・インフォメーション・センターは市庁舎の中とウォーターフロントのFounders’ Hall内の2箇所にあります。このFounders' Hall内にはPrince Edward Toursのデスクもあって、ツアー、ミュージカルチケット、キャベンディッシュへのシャトルのチケットなどの購入やレンタル自転車ができます。このツアーデスクは6月18日から毎日オープンです。キャベンディッシュとシャーロットタウン間のシャトルは6月22日より9月3日まで運行予定です。
c0353373_20364533.jpg
メープルの葉も生き生きとしてきれいです。
c0353373_20382729.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-06-13 20:40 | Sightseeing | Comments(0)

シャーロットタウン・フェスティバル

土曜日に『ジーザス・クライスト・スーパースター』がオープニングを迎え、来週からはいよいよ『赤毛のアン』のミュージカルが始まります。6月18日、19日と22日のプリビューの後、23日の1時半にオープニングとなります。プリビューというのは試演と訳す他ないかもしれませんが、本公演と全く同じです。しかも料金もお得です。

コンフェデレーション・センター内の大きなシアターで上演されるのは上記の2本がメインですが、他にも小さいホール、野外シアター、そしてThe Mackというシアターを中心に夏の間行われるイベントをシャーロットタウン・フェスティバルといいます。

センターの壁の『赤毛のアン』の大きなポスターが目立ちます。
c0353373_20282641.jpg
c0353373_20284215.jpg
今、コンフェデレーション・センターの前ではクラブアップルの花がとてもきれいに咲いています。さくらんぼのような小さくて真っ赤なりんごの実がなります。昔はこれを砂糖漬けにして食べていました。ノバスコシアの養護施設から来る男の子(実際はアン)のためにマリラが用意していたのはこのクラブアップルの砂糖漬けでした。リンド夫人がこの砂糖漬けを見て、「たいしたお客様ではないようだ。」と一瞬でみやぶってました。
c0353373_20283537.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-06-12 20:37 | Prince Edward Island | Comments(0)

ジーザス・クライスト・スーパースター

夏の間シャーロットタウンのConfederation Center of the Artsの劇場を中心にCharlottetown Festivalが開催されます。メイン・シアターでは今年54年を迎える『赤毛のアン』はもちろん、シャーロットタウンでは初となる『ジーザス・クライスト・スーパースター』が上演されます。基本的に月、火、土の夜は『赤毛のアン』、水、木、金の夜は『ジーザス・クライスト・スーパースター』です。それぞれマチネ(お昼の部)が水曜日と土曜日に上演されます。日曜日はお休みです。
c0353373_20225780.jpg
この土曜日に『ジーザス・クライスト・スーパースター』のオープニングに行ってきました。去年『赤毛のアン』でギルバートを演じた人がキリスト役を演じていました。私は彼の演じるギルバートが好きだったので、今年ギルバートを演じないと聞いたときは残念でしたが、このキリスト役もとてもすばらしかったです。ユダを演じた人も圧巻の声量と演技でしたが、歌詞がまったく聞き取れず自分の英語力にがっかりしました。でもカナダ人の同僚も「全く分からなかった」と言っていたのでほっとしました。

[PR]
# by abegweit | 2018-06-11 20:31 | Prince Edward Island | Comments(0)

ファーマーズ・マーケットでお土産

6月になって島の観光地もどんどんオープンしてきました。冬は土曜日のみオープンするファーマーズ・マーケットですが、水曜日の営業も始めました。(10月の感謝祭まで水曜日もオープンしています。)

ファーマーズ・マーケットでは島の野菜、肉、シーフード、お花、お酒などが買えますが、日本へ持って帰れるようなお土産も見つかります。

下の写真はメープルシュガーです。プリンスエドワード島にはサトウカエデがそれほど多くないので、島のメープルシロップやメープル製品はなかなか貴重なお土産です。
c0353373_20332865.jpg
それから紅茶が入ったポストカードです。映画のシーンを彷彿とさせるイラストです。他にも灯台や島の風景などがありました。
c0353373_20334282.jpg
水曜日は開いているお店も少なくて静かなので、できれば土曜日に行くことをお勧めします。

[PR]
# by abegweit | 2018-06-08 20:39 | Prince Edward Island | Comments(0)

ブリーディング・ハート

久しぶりに朝から青空が広がっています。今日は20度まで上がるとか。。。

お庭のブリーディング・ハートもそろそろ終わりです。次はライラックが咲きそうです。
c0353373_21534380.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-06-07 21:54 | Spring | Comments(0)

白いスミレ

毎日寒い日が続いています。6月に入って気温一桁の日が続くとは想像もしていませんでした。週間天気予報を見ると、さすがに明日からは二桁台になるようです。

さて、家の庭に白いスミレ(だと思います)がたくさん咲いています。
『アンの青春』でアンが『魂は花のようなものだと書いてあるのを、何かで読んだわ。』と言ったところ、腹心の友の1人であるプリシラが『それでは、あんたのは、芯に紫色の縞が入っている白すみれよ。』と答えるシーンを思い出します。
c0353373_22400373.jpg
c0353373_22401238.jpg
明日からは暖かくなりますように…

[PR]
# by abegweit | 2018-06-06 22:40 | Spring | Comments(2)

白いお花が真っ盛り

赤毛のアンの冒頭シーンはりんごの並木道「歓喜の白路」の印象が強いですが、「桜」「山桜」の白い花の描写も多々あります。

村岡花子さんの訳より抜粋します。
『もし今夜いらしてくださらなかったら、(中略)あの大きな桜の木にのぼって、一晩暮らそうと思っていたんです。月の光をあびて一面に白く空いた桜の花の中で眠るなんて、すてきでしょうからね。』
「花ざかりの山桜と、しなやかな白い樺が並んでいた」
『あの土手からはみだしている真っ白なレースのような木を見て、おじさん何を思って?(中略)あら、花嫁よ、むろん 何から何まで真っ白な着物を着て、すばらしい、かすみのようなヴェールをつけた花嫁だわ』
「すぐ外にたている大きな桜の木は枝が家とすれすれになるくらい近かった。白い花がぎっしりと咲き、葉が見えないほどだった。家の両側は、一方はりんご、一方は桜の大きな果樹園になっており、これまた花盛りだった

原書では"Cherry"のみなので、モンゴメリさんが描写していたのはどのお花か分からないのですが、今郊外では白いお花がたくさん咲いています。一番多いのはService Berryというザイフリボクに似たお花です。あとはChoke CherryとかPin Cherry らしい花も見かけます。私もあまりよく分からないので、家に帰ってネットで画像を探しては比較しています。未だ私の中であいまいな花も多いですが、でも新緑にまじって白いお花が咲いている様子はとてもきれいです。この時期になると、アンがマシュウと馬車でグリーンゲイブルズへ向かったときに見た景色なのだなと思います。

c0353373_04032899.jpg
c0353373_04112036.jpg
c0353373_04030029.jpg
c0353373_04021946.jpg
c0353373_04031517.jpg
こんな感じの低い木ばかりなので、アンが登って眠れそうな大木を見たことがありません。いつか大きなサクラの木を見てみたいものです。
c0353373_04030763.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-06-05 20:26 | Spring | Comments(0)

荒れた週末

金曜日は30度近くまで上がりましたが、週末は気温が1桁台!のとても寒い週末でした。おまけに雨風も強く、せっかくの週末なのに何もできませんでした。そこで、たまっていた仕事を片付けにオフィスで過ごしました。こういう場合、仕事が忙しくないときなら好きなときに振り替え休日が取れる会社です。

こんな日は会社の近くのフード・トラックにお世話になります。ランチサイズだとカレーやパッドタイが9ドルぐらいです。
c0353373_20570645.jpg
寒暖の差がものすごく激しいですが、メープルの葉っぱは順調に大きくなっています。本当に赤ちゃんの手のようでかわいいです。
c0353373_20584517.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-06-04 21:01 | Spring | Comments(2)

チューリップ 2

もう2点チューリップの写真をアップいたします。

これはスマートフォンでできる限り手を頭上に伸ばして撮りました。奥の方までずっと続いています。「球根が痛むので溝を歩かないように」との看板があちこちに出てました。
c0353373_22031313.jpg
このオレンジと赤のチューリップが一番多かったです。カナダでは人気のある品種なのかもしれないですね。
c0353373_22043358.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-06-01 22:07 | Spring | Comments(2)

チューリップ畑

チューリップ畑が満開です!

ここは球根用の畑なので、満開になった後に花の部分が刈り取られてしまいます。きれいに咲いているうちにと、仕事終わりに行ってきました。本当にこの道でいいのかと思いながら舗装されていない道を運転していくと、急にぱっと明るい色が見えてきました。
c0353373_22092540.jpg
c0353373_22093904.jpg
これ以上は無い青空と鮮やかなチューリップが最高にきれいでした。
c0353373_22091951.jpg
いろいろな色が整然と並んで咲いていました。鮮やかな色が多いので、かえって白とピンクのチューリップに目が留まります。
c0353373_22093295.jpg
チューリップは最高にきれいでしたが、小さな虫もチューリップの数と同じぐらいいました。蚊ではないようで刺されはしませんでしたが、わっとむらがってきました。それさえなければ一日中でもいられそうな景観でした。

[PR]
# by abegweit | 2018-05-31 22:15 | Spring | Comments(0)

リュウキンカ

たまに水辺で見かけるCowslipです。北米のCowslipは日本の「リュウキンカ」と同じ仲間ですね。Cowslipというのは「牛の落し物」という意味だそうです。黄色が鮮やかできれいなお花なのですが。。。
c0353373_04271361.jpg
c0353373_04272131.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-05-30 19:07 | Spring | Comments(0)

春のワイルドフラワー

森の中にWild Lily o the Valleyが小さい蕾をつけていました。村岡花子さんが「野生のスズラン」と訳していましたが、「マイズルソウ」ですね。
c0353373_00264086.jpg
もう終わりかなと思っていたメイフラワーも咲いていました。今年はずっと寒かったので、暖かくなるのを待っていたのかもしれません。
c0353373_00265188.jpg
春の森の散策は楽しいです。

[PR]
# by abegweit | 2018-05-29 23:24 | Spring | Comments(0)