プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

ゴグとマゴグ

オークションの時に1点気になったのが、マゴグの行方です。
モンゴメリの父方の祖父が住んでいたこの家は数年前までL. M. Montgomery Heritage Museumとしてオープンし、『アンの愛情』以降にしばしばアンシリーズに出てくるマゴグも展示されていました。
c0353373_21172980.jpg

ゴグとマゴグというのは、『アンの愛情』でアンが大学時代に友人と借りていた「パティの家」に飾ってあった陶製の対の犬の置物です。『アンの夢の家』では結婚の贈り物としてアンに贈られました。

モンゴメリの祖父の家にこの緑の斑点の犬の置物があり、モンゴメリは是非自分の家にも飾りたいとあこがれていたそうです。残念ながらゴグの方はずっと昔に割れてしまったそうで、マゴグだけが残っていました。ゴグの方は割れてしまったのに大胆だなとも思いましたが、ツアーで行くとこのマゴグを抱いて写真を撮らせてくれました。

因みにモンゴメリは新婚旅行先のイギリスで金色の斑点のあるものに一目ぼれしたそうで、現在はオンタリオ州のGuelpf大学で保管されています。

私の部屋には昔買ったゴグとマゴグのミニチュアが飾ってあります。茶色い斑点のあるものは試作品だそうで、昔ここが博物館だったときに買いました。どちらもかわいいです。
c0353373_21272160.jpg
c0353373_21273177.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-28 21:37 | Anne and Montgomery | Comments(0)

ルバーブのプディングとジンジャーブレッド

土曜日にPark Cornerのオークションに行った帰り、Blue Winds Tea Roomへ立ち寄りました。本日のデザートがルバーブのプディングだったので迷わずオーダー。今までルバーブタルトやルバーブクリスプは食べましたが、今回初めてルバーブのプディングです。小麦粉もお砂糖も使っていないとのこと。ルバーブの酸味がしっかり味わえておいしかったです。
c0353373_21110243.jpg

カナダ人の友人はアイスクリーム。これって「本当にホームメイドなの?すっごくおいしい」と食べてました。
c0353373_21111421.jpg

さらに、ここのジンジャーブレッドをお持ち帰りして、夜のデザートにしました。ピーチがたくさんあったのでソースを作って加えてみました。
c0353373_21112115.jpg

オークションの興奮冷めやらなかったので、寝る前にモンゴメリの『ストーリーガール』を読み始めました。20年以上前に篠崎書林版を読んだ以来久しぶりです。この小説の中にオークションに出てきたフルーツバスケットが出てきます。ルバーブパイの描写もあり、1日の出来事に思いを馳せながら久しぶりの『ストーリーガール』を楽しみました。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-27 21:24 | Food and Drink | Comments(0)

モンゴメリのオークションに行ってきました。

さて、本日オークションへ行ってきました。先日このブログにも書きましたが、『赤毛のアン』の作者モンゴメリの父方の祖父が住んでいた家でモンゴメリの作品に登場する品々をはじめ、家財のほとんどがオークションにかけられたのです。

寄付を募ってプリンスエドワード島州立大学(UPEI)のMontgomery Instituteに寄贈する呼びかけ(HP Facebook)もありました。これが見納めになるかもしれないと、Charlottetownから車で50分ほどにある北海岸のPark Cornerへ行ってきました。

実はこれが私にとっては初めてのオークションです。地域や国によっていろいろだと思いますが、今回はこんな感じでした。
まず9時から11時の間、Previewといってオークション対象品を自由に見ることができました。驚くことにモンゴメリの初版本なども手にとって自由に見ることが出来たのです。写真撮影もOKでした。参加する人は名前、電話番号、出身地を伝えて番号札をもらいます。これまたびっくりしましたが、手続きもごく簡単でした。

そして11時からオークションが始まりました。野外です。折りたたみ式の椅子を持ち込んだり、オークション対象の家具に座ったり、非常に自由です。始まってから30分ぐらい経った頃でしょうか、モンゴメリのサインの入った初版本、『赤毛のアン』のバラの蕾のティーセット、『ストーリーガール』のフルーツバスケットなどがどんどんオークションにかけられました。
c0353373_09031456.jpg
私の見た感じでは、モンゴメリに関係する品々に関心がある人と古い家財道具に関心がある人とに二分されていたような気がします。ここで詳しく書いていいのか分からないのですが、いつかまたバラの蕾のティーセットやフルーツバスケットが一般の人の目に触れる機会があるのではないかという期待を感じさせられる結果となりました。

バラの蕾のティーセット(赤毛のアン)
c0353373_09114023.jpg
ブルーチェストに入っていたフルーツバスケット(ストーリーガール)
c0353373_09123511.jpg
モンゴメリの猫入りの貴重なサインの入った『もつれた蜘蛛の巣』の初版本
c0353373_09125493.jpg
そうそう、一番意外だったのは『アンの愛情』に出てくるゴグとマゴグのラグフッキングがフルーツバスケットとそれほど変わらない金額で競り落とされたことでした。いろいろ勉強になったオークションでした。
c0353373_09132265.jpg
因みに私は特にモンゴメリとは関係ない品を競り落とそうとしましたが、どんどん料金が上がっていく緊張に堪えられず断念しました。。。


[PR]
# by abegweit | 2015-07-26 09:27 | Anne and Montgomery | Comments(0)

セイヨウミヤコグサ

スーパーで買ったイチゴの中にちょっと変わった形のものがありました。きれいに4つに分かれています。
c0353373_09340118.jpg
このイチゴを見た時に何かに似ていると思ったのが、このお花です。セイヨウミヤコグサというそうで、今の時期島のあちこちで見かけます。ミヤコグサは4つではなく3つに分かれているのですが、このぷっくらとした感じがよく似ていると思います。
c0353373_09341482.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-07-25 20:41 | Summer | Comments(0)

Garden Party

先日ご案内した副総督主催のGarden Partyに行ってきました。お天気が危ぶまれましたが雨は降らず、気温が低くて心配していた藪蚊などもいませんでした。今年は蚊が多くて既にあちこち刺されて大変な思いをしたので、どうしても野外イベントでは蚊が気になってしまいます。。。

副総督ご夫妻と護衛の方が出迎えてくれた後は、公邸で作られたスイーツが振舞われます。
c0353373_21235189.jpg
ストロベリーソースのかかったアイスクリーム、クッキー、タルトなどがありました。
c0353373_02194888.jpg
c0353373_21240206.jpg
c0353373_21240893.jpg
もちろんGarden Partyというからにはお庭も散策。昨年の雪でかなりのバラの木がだめになってしまったそうで、今年の春は何十本も植え替えたそうです。
c0353373_02201051.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-07-24 21:58 | Summer | Comments(0)

ルバーブのタルト

CharlottetownのFarmers Marketは毎週土曜日の9:00-14:00、夏は水曜日と土曜日の週2回オープンしています。いつもは10時から11時の間に行くことが多く、いいものは売切れてしまいます。早く行けばいいとは分かっているものの、なかなか週末は起きられません。
でも先週の土曜日はがんばってオープン直前に行ってきました。新鮮な野菜やシーフードなどがたくさんあり、いつもより散財してしまったもののいいお買い物ができました。

朝早く起きて小腹がすいて買ってしまったのが、このルバーブとカスタードのタルトとエッグタルトです。
c0353373_21243439.jpg
どちらも甘さがちょうど良くておいしかったのですが、特にルバーブのカスタードタルトが非常においしかったです。ルバーブのほどよい酸味とカスタードがぴったりでした。是非焼きたてを食べてみたいです。
c0353373_21244224.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-23 21:35 | Food and Drink | Comments(0)

ルバーブとストロベリーのビール

オフィスの近くに新しい地ビールのお店、Upstreet Craft Brewingがオープンしました。あまりビールの種類は詳しくないのですが、ピルスナー、ペール・エール、そしてルバーブとストロベリーのビールの3種類があります。少しずつ味見させてくれたので、私はピルスナー(写真右)、友人はRuby Socialという名前のルバーブとストロベリーのビール(写真左)をオーダーしました。
c0353373_23442817.jpg
基本的にこの3種類のビールだけですが、外にあるタイ料理のフードトラックで買った食事だけは持ち込めます。タイ料理にビールはぴったりだし、これはWin Winのいいアイディアだなと思いました。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-22 21:42 | Food and Drink | Comments(0)

謎の白いお花

今年この白いお花が多いのです。(ルーピンの周りに咲いているお花です)
c0353373_03100770.jpg
この島に住んで20年以上になりますが、この花がこんなにたくさん咲いているのを見たのは初めてです。アカネ科ヤエムグラ属の仲間のようですが、今年になってこんなに急に増えたのは理由があるのでしょうか。。。一箇所だけではなく北海岸のFrench Riverや南海岸のVictoria by the Seaなどあちこちで見かけます。ウェディングドレスのようなオフホワイトでかわいいお花です。ルーピンが咲いていた頃はカスミソウみたいできれいと喜んでいたのですが、急にこれだけ増えるとびっくりです。。。
c0353373_02580589.jpg
ルーピンもモンゴメリさんの時代には咲いていなかったようですし、人と物の移動が激しくなって生態系も変わっているのでしょうね。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-21 21:18 | Summer | Comments(0)

潮干狩り

プリンスエドワード島は北海道よりも高緯度にあり、現在の日没は9時少し前です。ふと潮干狩りに行きたくなり干潮時間を調べたら夜の7:30。これは潮干狩りには最適の時間ということで再びVictoria by the Seaまで行ってきました。到着したのは干潮の1時間前で遠浅の海はどこまでも歩いて行けるかのようです。
c0353373_21590948.jpg
張り切って来てはみたものの、取れるのはRazor Clamと呼ばれる貝ばかり。Atlantic Jacknife Clamとも言うそうで、ものすごい速さで砂の中にもぐりこむので注意しないと指を切ってしまいそうです。
1時間ほど探し続けてバケツの中はRazor Clamのみ。。。そしてついに目的のClamが取れました!
c0353373_21591687.jpg
Razor Clamも身がしっかりしていておいしいですのですが、今度行く時はもう少しClamの比率を高めたいと思います。。。
c0353373_21592696.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-20 22:08 | Summer | Comments(0)

副総督公邸の無料見学ツアー

昨日副総督邸のGarden Partyのことを書きましたので、今日は副総督に関して補足です。

まず、カナダは英連邦に属しています。その長である英国王(今はエリザベス女王)の代理が総督(Governor General)です。カナダに総督が1人、そして各州に1人ずつ副総督(Lieutenant Governor)がおかれています。現在プリンスエドワード島の副総督は41代目のFrank Lewis氏で、公邸Government House(別名Fanning Bank)に住んでいます。初期は英国やカナダ本土から派遣されていましたが、現在は地元の産業、経済や文化に貢献した人が選ばれており、任期はほぼ5年です。

職務は州議会の開会宣言、国内及び国際的な外交、州内の祭典や式典での挨拶や出席、各コミュニティのイベントへの出席など多岐に渡り、多少の相違はあるものの日本の皇室と同じような役割を果たされているように思います。

副総督の公邸はVictoria Parkの入り口にあり、庭園は一年を通していつでも開放されています。今はバラがちょうど見ごろです。あまり知られていませんが、7月と8月の平日は10時から16時(最終ツアーは15:30)まで30分ごとに公邸内の英語無料ツアーが行われています。イギリス王室の方々がお泊りなった寝室も公開されています。かつてはエリザベス女王、最近ではエドワード王子、ウィリアム王子ご夫妻、そしてチャールズ皇太子ご夫妻がお泊りになりました。

テーマがテーマなのでガイドブックみたいな文になってしまいましたが、季節に関係なく写真を撮影するにもいい場所です。6月の週末にはよくウェディングカップルが写真を撮影しているそうです。
c0353373_01545753.jpg
ここ毎日暑いので涼しさを感じる為に冬の写真もご紹介。空以外は真っ白でした。
c0353373_01550580.jpg




[PR]
# by abegweit | 2015-07-18 20:00 | Sightseeing | Comments(0)

副総督公邸主宰のGarden Party

先日ご案内したよりも大きいイチゴが出回っています。しかもスーパーで1.99ドルと非常にお得でした。遠い昔、栄養学的には1日5粒のイチゴが理想だと聞いた覚えがありますが、5粒どころか1箱全部食べてしまうぐらいおいしいです。
c0353373_21161057.jpg

下の写真は2012年の州副総督公邸のGarden Partyで撮影したイチゴを使ったお菓子です。2015年度のGarden Partyは7月22日(水)の14:00-16:00(無料、予約なども必要なし)です。昨年はどしゃぶりだったので今年は晴れるといいですね。かなり長い行列ができるので、興味のある方は2時に行くことをお勧めします。
c0353373_21492920.jpg

副総督ご夫妻(中央)が迎えてくれ、その後は自由にガーデン内を散策したり、生演奏が流れる中お菓子や飲み物を楽しむことが出来ます。これぞ英国風ガーデンパーティという感じでゆったりとした優雅な一時を過ごせます。
c0353373_21594920.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-17 22:06 | Summer | Comments(0)

モンゴメリとオークション

プリンスエドワード島にある日系宿泊施設、カフェ、ツアー会社などのHPで案内されていますが、7月25日にモンゴメリの父方の祖父の家でオークションが行われるそうです。Park Cornerのグリーンゲイブルズ博物館の向かいにあり、昔はHeritage Museumという博物館としてオープンしていました。モンゴメリや彼女の小説に関連したものが所狭しと置いてあって、小さいながらも見応えのある博物館でした。残念ながら数年前から博物館としてはクローズし、今回ほとんど全てのものをオークションにかけるのだそうです。いろいろな事情があってのことと思いますが、個人の手に渡ってもう一般の人が鑑賞する機会がなくなってしまうことは残念に思います。

こちらもオークションにかけられるそうですが、『もつれた蜘蛛の巣』のサイン入り初版本が下の写真です。日本では1983年に篠崎書林より出版、2009年に角川文庫から再出版されています。登場人物が多すぎて、何度も最初のページに戻りながら読みました。出版時期をAmazonで調べていたら、原ちえこさんの漫画も発見。「なかよし」で育った私としては懐かしい… それはさておき、モンゴメリは猫が大好きだったのでこのようなサインが多く残っています。
c0353373_21401815.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-16 21:50 | Anne and Montgomery | Comments(0)

シャクヤク

夏真っ盛り。日中は体感温度が30度を超え非常に暑いです。この島に住み始めた頃はこんなに暑くは無かったのですが、やはり地球温暖化の影響でしょうか。但し朝晩は涼しくて過ごしやすいのがありがたいです。

島のあちこちのガーデンではシャクヤクがきれいに咲いています。英語ではPeony。お庭がぐんと華やかになりますね。
c0353373_21362511.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-15 21:43 | Summer | Comments(0)

貝のフルコース

プリンスエドワード島の北海岸にあるCarr'sというシーフードレストランで、フルコースというよりは貝づくしの夕食を食べました。ここはいつもおおにぎわいで、ラッキーなことに1つ空いていた外のテーブルで食べることができました。
まずは生ガキと生ホンビノスガイ。生ガキは小2ドル、中3ドル、大4ドルという料金で、とりあえず1人1つずつオーダーしました。ショウガのきいたカクテルソースもとてもおいしいのですが、やはり生ガキはレモンだけで頂きました。とっても新鮮。
c0353373_21353197.jpg
ホンビノスガイは元々北米の東海岸に生息していたそうですが、今では東京湾でも多くとれるそうです。船に付いて一緒に来てしまったのでしょうか。英語ではQuahog。『アンの愛情』の中ではQuahogと言えない人がCow Hawksと発音してました。牛(Cow)の多いP.E.Iならではですね。生でもおいしいですが少し癖があるので次回は蒸して食べたいです。
c0353373_21354866.jpg
それからタイ風ムール貝とハマグリ。もう少し辛い方が好みかなと思いましたが、貝を全部食べた後に残ったスープが貝のうまみがたっぷりでこのスープが非常においしかったです。
c0353373_21360173.jpg
最後にBar Clamのフライ。Bar Clamというのは巨大なハマグリです。北米ではハマグリのフライが人気ですが、普通サイズだと衣が多すぎてすぐに胃がもたれて飽きてしまいます(少なくても私は…)。このBar Clamのフライは身の部分がじっくり味わえました。ホタテのフライのようでもあります。
c0353373_21552670.jpg
というわけで、5種類のおいしい貝を食べつくした夜でした。もちろん全てプリンスエドワード島産です。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-14 22:04 | Food and Drink | Comments(0)

チョコレート屋さんでのおいしい朝ごはん

Charlottetownから30分ほどのところにある南海岸に、Victoria by the Seaというとても小さい村があります。短いメインストリートにはCharlottetownには無い独特の雰囲気のあるクラフトショップ、アンティークショップ、ミニシアターやレストランなどが並んでいます。その中でも人気が高いIsland Chocolateというお店の朝ごはんを食べに行ってきました。
その名もChocolate Lovers' Breakfast!
c0353373_21563309.jpg
もちろんワッフル生地にもチョコレートが練りこまれているのですが、朝食にほどよい甘さでした。ふわふわのワッフル、チョコレートソース、メープルシロップ、そして旬のストロベリーが絶妙です。日曜日の朝から車を走らせたかいがありました。コーヒーは別料金ですがどんどんお代わりを注いでくれ、サービスも抜群でした。
c0353373_21542868.jpg
今は日曜日だけのメニューのようです。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-13 22:07 | Food and Drink | Comments(0)

デイジー

夏らしい日が続いています。週末にプリンスエドワード島の東部をドライブしていたところ、一面に…というわけではないですがデイジーがたくさん咲いている場所が何箇所かありました。カラフルなルーピンが終わってしまってさびしく感じていましたが、デイジーのおかげで盛夏らしい景色が広がっています。
c0353373_02295279.jpg
白と黄色がとっても爽やかです。
c0353373_02300372.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-07-12 02:32 | Summer | Comments(0)

ストロベリー

長い冬の影響で10日ほど遅れていましたが、やっと地元産のストロベリーを入手しました。まだ小粒ですが甘くておいしいです。プリンスエドワード島のイチゴはグリーンハウスではなく日差しをたっぷり浴びて育っていますので、中までしっかり熟していてとてもおいしいのです。
c0353373_21320765.jpg
今日はスーパーで2ドル99セントでした。U-pickといって自分で摘めばもっと安いのですが、日差しと虫対策が大変なのでここ数年買ってばかりいます。この島に来たばかりの頃は自転車で汗だくになりながら遠くまでイチゴ摘みに行っていたのですが、もうそんな気力も体力も無くなってしまいました。イチゴは今も昔も変わらずおいしいです。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-10 21:38 | Summer | Comments(0)

デイジーと灯台と白頭鷲

今日は朝からいいお天気です。体感温度が33度まで上がった昨日とは違い爽やかな風が吹いています。夕方の予想気温は20度前後。今夜のRod Stewartの野外コンサートにあつらえたかのような、最高のコンディションです。

外ではデイジーが咲き始めました。休耕地に一面に咲くこともあり、そんな時は嬉しいサプライズとなります。
この写真は道端に咲いていたデイジーをCape Tryon灯台を背景に撮影してみました。
c0353373_21591743.jpg
Cape Tryon灯台といえば、昨年行った時は電柱の上に白頭鷲がとまっていました。空を飛んでいる姿は度々見かけますがなかなか静止している姿は見られず、しかもCape Tryonと一緒の貴重な写真となりました。小さいですけど。。。
c0353373_22034774.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-09 22:24 | Summer | Comments(0)

赤土の道

プリンスエドワード島にはHeritage Roadと呼ばれる舗装されていない赤土の道が多く残っています。乾いた日は赤土のほこりがすごいですし、雨の後は赤土というよりは赤い泥でタイヤも靴も真っ赤になりますが、つい引き寄せられてしまいます。
c0353373_22075652.jpg
今は濃い緑がまぶしいですが、秋の紅葉の時期はこれまた絶妙な色合いとなります。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-08 22:12 | Summer | Comments(0)

Cavendishのコンサート

7月9日(木)はRod Stewartの野外コンサート、7月10日(金)~12日(日)は毎年恒例のCavendish Beach Music Festivalが開催されます。個人的にはあまり興味が無いのですが、島の内外からカントリーミュージックファンがCavendishに殺到します。Keith Urbanは日本でも人気ありそうですね。
c0353373_21305457.jpg
このフェスティバル会場に隣接しているAvonlea Villageも大忙しだと思います。今年から入場料を無料にして食べ物のお店を増やしました。お店や施設に関しては後日書きたいと思うのですが、いつも不思議に思うのが入り口に立っているこのアン。今でこそ慣れましたが、最初見た時ははものすごいインパクトでした。。。居なくなったらそれはそれで寂しくなりそうです。
c0353373_21310606.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-07 21:38 | Summer | Comments(0)

プルドポークサンドイッチとロブスターロール

週末はお天気が良かったのでCavendishへ。ツアーで何百回と訪れたのに、未だにお天気がいい時はCavendishへ向かってしまいます。せめて今まで食べたことのないレストランでランチをと思い、The Lost Anchorというインフォメーションセンターの向かいのお店に入りました。赤、白、青を基調とした洒落た内装のこじんまりとしたレストランです。
c0353373_22422285.jpg
メニューにはFish and Chips、ハンバーガー、フィッシュバーガーなどカナダ人が大好きなものばかりが並んでいます。その中で私はロブスターロール、一緒に行ったパートナーはプルドポークサンドイッチをオーダーしました。今年ロブスターロールばかり食べていますが、やはり地元の旬の食材に勝るものはありません。ここもロブスターの身がたっぷり入ってて最後の一口までおいしく頂きました。
c0353373_22231576.jpg
プルドポーク(Pulled Pork)というのはアメリカ南部の料理で豚肉を甘辛いBBQソースでほろほろになるまで煮込んだものです。これもカナダ人の大好物で、BBQソースも家庭やレストランによって千差万別なのでついいろいろ試したくなります。ここのプルドポークはほとんど辛さは無くマイルドなBBQソースで子供にも喜ばれそうです。プレッツェルのパンとの相性も抜群でした。2人ともそれぞれ自分のオーダーに満足しながらお店を後にしました。
c0353373_22232054.jpg
最近お肉もシーフードも軒並み高騰していますが豚肉は比較的安定しているので、今年の冬はプルドポーク作りに挑戦しようと思います。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-06 22:47 | Food and Drink | Comments(0)

ルピナス真っ盛り

プリンスエドワード島ではルピナスのお花が全盛期を迎えています。
写真スポットで有名なフレンチリバーの丘でもルピナスが風に揺られていました。
c0353373_23512960.jpg
c0353373_23511186.jpg
ここでは、とても小さくて真っ白なお花をつけた野草がルーピンの周りにたくさん咲いていました。野原一面がブーケのようでとてもきれいでした。
c0353373_23511873.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-07-05 23:56 | Comments(0)

花火

7月1日のCanada Dayの花火は強風で延期されましたが、2日は無事行われました。子供たちの歓声が響き渡る中、最後はハート型の花火でかわいらしく終了しました。

下の写真はCanada Dayの日に振舞われていたケーキです。カナダといえば日本と同じ赤と白で、嬉しい親近感です。
c0353373_22250376.jpg
c0353373_22245630.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-07-03 22:30 | Summer | Comments(0)

Subwayのロブスターサンドイッチ

昨日のCanada Day、FIFAのワールドカップの試合が時差の関係上現地時間の夜8時に始まりました。終わったのが9時48分。興奮冷めやらぬままに急いで花火の見えるVictoria Parkまで行ったところ、花火の始まる5分前なのに人が帰り始めています。ばったり会った友人が、強風で延期になったと伝えてくれました。それほど風が強いようには思えなかったのですが、風向きが悪かったようです。今夜見られるといいのですが。。。

ところで、こちらが昨日のランチの写真です。
日本でもお馴染サンドイッチチェーンのSubwayで始まった、期間限定/地域限定のロブスターサンドイッチです!
c0353373_21250298.jpg
昨年は欲張って野菜を全部入れてもらったらロブスターの味が分からなくなってしまったので、今回はシンプルにレタスときゅうりだけにしました。身は結構細かくほぐしてありますが、良心的な量が入ってました。
c0353373_21251334.jpg
そんなにお腹がすいていない時は、ロブスターの身をトッピングしたサラダもあるようです。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-02 21:33 | Food and Drink | Comments(0)

Happy Canada Day

本日7月1日はカナダの建国記念日。今年で148歳! 2017年には建国150年という大きな年を迎えます。

今日はおそらく3分の2以上の人が国旗と同じ赤を基調とした服を着ています。

まずは11時半にCharlottetownのVictoria Parkで行われたオープニングセレモニーで始まりました。赤い制服を着ているのは連邦警察の方。国歌斉唱の後、カナダを讃える歌を高らかに歌い上げます。いやがおうにも愛国心が盛り上がります。
c0353373_02310565.jpg
続いて正午には21発の号砲。
c0353373_02311720.jpg
同じく12時に始まったYoung Companyのショーに間に合うように急いでダウンタウンのConfederation Centreへ。Young Companyというのは将来のスターを目指す若いパフォーマーたちです。かなり日差しの強い中、45分歌い踊りまくっています。Young Companyの名前の通り若さがみなぎっていて、大盛り上がりでした。今日は初日かつ祝日なので多くの人が集まり、惜しみない拍手をおくっていました。
c0353373_02322716.jpg
そして13時にはお隣の州議事堂の前でConfederation Playerによる建国会議時の寸劇が始まりました。
c0353373_02314293.jpg
Young CompanyとConfederation Playerのパフォーマンスは7月と8月の間、(強制ではない寄付金をお願いしていますが)無料で見ることができます。

強い日差しで疲れたのでSubwayでロブスターサンドイッチを買って、家で一休み。夜10時に始まる花火に備えることにします。今日はCharlottetownのダウンタウンに住んでいて良かったとしみじみ思います。なんと祝日は市バスもお休みしていますし、今日ダウンタウンで駐車場を見つけるのは至難の技なので。。。

[PR]
# by abegweit | 2015-07-02 02:50 | Summer | Comments(0)

モンゴメリとワイルドフラワー

ルーピンが目立ち過ぎるので小さなお花を見過ごしがちですが、森の中ではいろいろなワイルドフラワーが咲いています。こういったお花はモンゴメリの『赤毛のアン』シリーズでも描写されています。

「やさしく、しおらしい無数の釣鐘草」
「釣鐘草」は英語の原文では "June Bells" です。釣鐘草とJune Bellで検索してもなかなか一致しないのですが、おそらくこのBluebead Lilyではないかと何かの本で読んだ記憶があります。緑がかったクリーム色で、原文の "shyest and sweetest" という表現にも合うような気がします。秋には名前の通り青い実をつけます。
c0353373_21322453.jpg
それから「去年の花の精にも似た青白いスター・フラワー」これもとても小さな慎ましやかなお花です。
c0353373_21321562.jpg
追記:テリー神川さんの『赤毛のアン生活辞典』を読んでいたところ、June Bellsは違うお花だということが分かりました。私の記憶違いでした。。。また調べてからあらためて書きたいと思います。2015年7月10日

[PR]
# by abegweit | 2015-06-30 21:48 | Summer | Comments(0)

DiverseCity

今年9回目を迎えたDiverseCity。これはDiverse(多様性)とCity(町)を結んだ造語です。各国からの移民が増えて、プリンスエドワード島の人口構成も大きく変わっています。そこで、いろいろな国の文化や食べ物を同時にお披露目するのが、このDiverseCityというイベントです。通常7月1日のCanada Dayの前に開催されており、今年も大賑わいでした。

今年は日本からFlower Arrangement(生花とと造花)の展示もあり、かなりの人が興味を持って見ていたようです。今たくさん咲いているルーピンも写真のように素敵に生けられていました。
c0353373_22321794.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-06-29 22:37 | Summer | Comments(0)

ルピナス

英語だとルーピンですが、日本ではルピナスの方がなじみがあるでしょうか?長い冬の影響か例年に比べると全体的に少ないような気がしますが、まだまだこれからのお花も多く1週間以上は楽しめそうです。
c0353373_21355870.jpg
c0353373_21361853.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-28 21:41 | Summer | Comments(0)

鏡の国のアリス

Confederation Centreのメインステージで『鏡の国のアリス』の上演が始まりました。7月と8月は『赤毛のアン』と『鏡の国のアリス』の2本立てです。原作を読んでから観た方がもっと楽しめたと思いますが、アンとは全く違うセットや大掛かりでカラフルなコスチュームがとてもよかったです。演じているキャストがとても楽しそうで、ひきこまれました。
c0353373_23425380.jpg
c0353373_23424435.jpg
Box Officeの入り口ではハンプティ・ダンプティがお迎えしてくれます。

あのマーク・トウェインがアンのことを「アリス以来の魅力あるキャラクター」と評したそうです。縁のある取り合せですね。


[PR]
# by abegweit | 2015-06-27 23:49 | Sightseeing | Comments(0)

ゴゼンタチバナ

森の中ではゴゼンタチバナがにぎやかです。もちろん、グリーンゲイブルズのお化けの森にもたくさん咲いています。
c0353373_01145068.jpg
白い部分はお花ではなくて苞という葉の一部なんだそうです。真ん中に小さな小さなお花が見えます。秋には赤い実をつけ、紅葉をさらに彩ってくれます。
c0353373_01145807.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-06-26 01:18 | Summer | Comments(0)