プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

ロブスター・ロール

プリンスエドワード島国立公園の中にCoveheadという小さい漁港があります。小さいけれども絵になる灯台ときれいなビーチがあるので、人気の観光スポットにもなっています。そのCoveheadにあるRichard'sというお店ではFish and ChipsやFish Burgerなどシーフード系の揚げ物が人気です。今日はLobster Rollを食べてみました。Lobster Rollというのは、ホットドッグのようなパンにロブスターの身をマヨネーズなどで合えたものが挟んであるサンドイッチです。普通はロブスターの身を細かくほぐしたものが使われていますが、ここはさすがに漁師さんが経営しているお店です。大きな身がそのままごろごろと使われていて、とてもおいしくいただきました。あっさりしているので、もう1個ぐらい食べられそうでした。軽くトーストしてあるパンとの相性もばっちりでした。
c0353373_22125283.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-23 22:16 | Food and Drink | Comments(0)

ルーピン

ルーピン、1週間でだいぶ増えてきました!
育ちきって満開になったルーピンも華やかですが、咲き始めのルーピンが好きです。
c0353373_23515905.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-06-22 23:54 | Summer | Comments(0)

ピンク レディスリッパー

週末の朝は、これ以上は望めないような真っ青な空で始まりました。今日はレディスリッパーを探して森の中へ。そして尋常ではない数の虫と闘いながら見つけました!
c0353373_22022902.jpg
日本ではラン科のアツモリソウの仲間です。人工的に育てるのは難しく、繁殖条件も厳しいので、どんどん少なくなっています。数も少ないし摘んでもすぐにしおれてしまうそうなので、写真を撮り終えたらすぐに森から撤退しました。虫除けスプレーを頭から足元まで念入りにかけましたが、どうしても顔の周りに集まってくるので、今でも虫の羽音が聞こえてくるようです。

それにしても、何度見ても不思議な形をしているお花です。蚊もしっかり写真に入ってしまいました。。。
c0353373_22022156.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-21 22:24 | Summer | Comments(0)

牡蠣

ここ数年アジア系のレストランが増えてきて、島の人もいろいろな味を受け入れるようにはなりました。それでも、まだ食に関しては他の州よりも保守的だと思います。Sushiといえばカリフォルニアロールなどのことで、生魚を使った握り寿司は絶対駄目という人も多いです。町を歩けば日本食レストランだらけのバンクーバーがうらやましいです。

そんなアイランダーですが、牡蠣だけは生で食べます。先日スーパーで1つ75セントという安さだったので、数個買ってみました。種類を確認するのを忘れましたが、ものすごく大きくて、ものすごく新鮮で、それはそれは美味しかったです。ちょうど日本からのお客様からもらったばかりのポッカレモンで頂きました。(多分ロブスターにお使いになる予定だったのでしょう。)
c0353373_11151421.jpg
レストランで食べると1個2.5ドル~3ドルぐらいしますし、こんなに大きな牡蠣には滅多にお目にかからないので大変お得でした。とても美味しかったので、他には何も食べずに牡蠣の余韻を味わいながら過ごした夜でした。食材豊かなP.E.Iです。
c0353373_11150574.jpg






[PR]
# by abegweit | 2015-06-20 11:20 | Food and Drink | Comments(0)

赤毛のアン ミュージカル

これが始まると「夏!」という感じがします。『赤毛のアン』のミュージカル、今年はいつもより少し早く始まりました。プリンスエドワード島のアマチュアの俳優さんたちが演じていると思っている人が多いのですが、実は本格的なミュージカルでオーディションも全国規模で行われます。従ってAnneの役を得るのもかなり大変ですが、今年は島出身の女性がAnneを演じることになりました。今年で51年目を迎えましたが、意外にも島出身のAnneはまだ2人目なのだそうです。

そして迎えたオープニング。おそらく彼女の家族や友人も多かったのでしょう。ミュージカルが終わった途端にみんな立ち上がり、大喝采を浴びていました。

今回は省略されたシーンもあって時間も短くなりました。個人的に好きだったAnneとGilbertの二人三脚のシーンなどがなくなってしまって少し残念ですが、新しくなったアボンリー学校でのダンスシーンはすごく良かったです。さすがに王道のミュージカル。これがないと夏が始まりません。
c0353373_21473978.jpg





[PR]
# by abegweit | 2015-06-17 22:03 | Anne and Montgomery | Comments(0)

Blue Winds Tea Room

お天気が最高に良かった日曜日、今年2回目のBlue Winds Tea Roomへ行ってきました。今日はBlue Windsのメニューとしては珍しいフィッシュバーガーがあったので、迷わずオーダー。ビスケットのようなさくさくしたホームメイドのパンと卵サラダのようなふわふわしたタルタルソースがとってもおいしかったです。この日は景色もすばらしく、眼にもお腹にも大満足の1日となりました。冬はだらだらと屋内で過ごしていた週末ですが、やっぱり外に出て過ごすと気持ちいいです。
c0353373_21121279.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-16 21:18 | Food and Drink | Comments(0)

赤土の畑

雨が降った翌日郊外へドライブへ行きました。雨で酸化して真っ赤になった畑が一面に広がり、じゃがいもを植える前の、この時期ならではの景色が広がっています。一緒に行った友人が「天然総カラーだね」と言っていた通り、見事な自然の色のコントラストでした。モンゴメリが言ったとおり、世界で一番美しい島です :>
c0353373_22295936.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-15 22:34 | Summer | Comments(0)

ルーピン

今日は雨が降ったり晴れたりの不思議なお天気です。

たんぽぽとりんごの花がほぼ終わり、ライラックや勿忘草のお花が満開です。
そして島のあちらこちらでルーピンのお花を見かけるようになりました。日本ではルピナスですね。これからどんどん咲き始めて、1週間か10日ぐらいごろには島中ルーピンのお花で鮮やかになることでしょう。
c0353373_04562042.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-14 04:59 | Summer | Comments(0)

Forget me not

勿忘草もきれいです。お店で見たときから勿忘草を生けようと決めていたルクルーゼのタンブラーにぴったり。思わず笑みがこぼれてしまいます。Green Gablesの恋人の小径にもたくさん咲いていてきれいです。初夏ですね。
c0353373_23284422.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-12 23:32 | Summer | Comments(0)

スズラン

Charlottetownでスズランがたくさん咲いているところを見つけました。なんとも可憐です。
c0353373_23555130.jpg
同じところにWild Lily of the Valleyも見つけました。野性?のスズランという呼び方でいいのかどうか分かりませんが、真っ白い花火のような、小さいながらも元気のあるお花です。『赤毛のアン』の中ではダイアナが「樺の道」と名付けた道(アンにはあまりぴんとこなかったようですが)にも咲いていました。秋にはルビー色の実を付け、ねずみや鳥が好んで食べるようです。
c0353373_23402203.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-11 23:59 | Summer | Comments(0)

ミュージカル Anne and Gilbert

一足先にAnne and Gilbertのミュージカルが始まりました。AnneとGilbertをはじめ新しいキャストが多かったので、期待と不安半々で観ましたがとっても良かったです。特にフィリパ、リンド夫人、ムーディは続編では大きな位置を占めるのですが、コミカルな演技がすばらしかったです。笑いが止まらない観客の方がいて、その人につられて何度も笑ってしまいました。

また、昨年『花子とアン』関連のイベントでプリンスエドワード島公式Anneとして日本を訪問していたCeliaという役者さんもAnnetta Bell役で活躍しています。NHKの「あさイチ」にも出演したので、覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんね。いつか彼女がAnne役をする姿を見てみたいです。
c0353373_21464901.jpg
それからAnne of Green Gablesのミュージカルも同じですが、このミュージカルはプリンスエドワード島賛歌でもあるのです。原作とは違う素敵なエンディングも感動的で、何度観てもほろっとしてしまいます。しかもAnne and Gilbertは上演回数が多いので、ご滞在中に観やすいのがいいですね。原作ファンとして心からお勧めします。


[PR]
# by abegweit | 2015-06-10 22:05 | Anne and Montgomery | Comments(0)

山羊

先日訪問したFarmには7種類、約80匹の山羊がいます。最近切り立った崖やとんでもなく高い所に登っている山羊の写真をインターネットで見かけることが多いですが、やっぱり山羊という動物は高い所が好きなのかもしくは高い所に登る習性があるのだと実感しました。テーブルでも何でもとにかく少しでも高い所に登っています。この3匹の山羊はまるで表彰台にいるかのようで、ほほえましかったです。
c0353373_01495797.jpg
下の写真の2匹はお母さん山羊からミルクをもらうことができず人の手で育てられたため、他の山羊とはあまり交わらずいつもこの2匹でよりそっているそうです。元気に育つといいですね。
c0353373_01500627.jpg
ここの山羊は本当に人懐っこくて、自ら人に近づいてきます。なでてもらうのが嬉しくてたまらないようです。指をしゃぶられた後思いっきりかまれましたが、食事の時間前でお腹がすいていたようで憎めません。

[PR]
# by abegweit | 2015-06-10 01:58 | Comments(0)

Petting Farm

たんぽぽが満開です。雑草とはいえ、畑一面に広がっているたんぽぽ畑は圧巻です。
c0353373_21432245.jpg
日曜日はこれ以上は望めない!というほどの青空が広がり爽やかな1日でしたので、Charlottetownから車で20分ほどのところにあるPetting Farmへ行ってきました。Petting Farmというのは、動物と触れ合うことのできる牧場です。80匹近い山羊、うさぎ、鶏、あひる、アルパカ、豚、猫などがいて、家族連れが歓声を上げながら楽しんでいました。

太陽で温まったアルパカの毛は、このままお布団にしたいほどでした。なぜかハイジの干草のベッドが頭に浮かびます。牧場の人によるとアルパカの毛はつむぐ前に洗わなくて済むそうです。確かに羊のようにべとべとしてなくて、ふわふわでした。しかもとても穏やかな愛嬌のある顔をしています。アルパカのファンになった日曜日の午後でした。山羊についてはまた後日。。。
c0353373_21433181.jpg



[PR]
# by abegweit | 2015-06-08 21:52 | Sightseeing | Comments(0)

ロブスター漁

私のパートナーは1年に1回だけ知り合いの漁師さんに頼んでロブスター漁に参加しています。私は昨年1回だけ参加しましたが、1回で十分体験しましたので今回はパスして写真撮影だけお願いしました。

まず朝が早いです。漁師さんや時期にもよると思いますが朝4時に港を出発、午後1時から3時ぐらいに港に戻ってきます。こんなに真っ暗な中出発しますので、海上で月と朝日が楽しめます。
c0353373_21575027.jpg
あとはひたすらロブスタートラップという仕掛けを引き揚げ、1つずつロブスターの大きさを測り、規格外の小さなロブスターやお腹の外にたまごを抱えている産卵間近のロブスターは海へ返します。それから爪にゴムバンドをつけます。その間にロブスタートラップにえさを仕掛けて、海に戻します。この漁師さんは日本から輸入した冷凍鯖をえさに使っているそうです。島で新鮮な鯖が手に入るのは限られた時期なので、ロブスターがうらやましくなりました。

下の写真は左からCanners、Market、Jumboです。CannersとMarketの違いはボディシェルの長さで決まりますが、重量にするとだいたい450g(1ポンド)が境目となります。Junboはかなり大きいロブスターで、この写真のロブスターは5ポンド(約2.5キロ)でした。
c0353373_21580425.jpg
こんなに大きいとゴムバンドをはめるのも一苦労だそうです。写真の左手前においてある小さいゴムバンドをはさみのような器具に取り付けて、爪にはめます。GPSやロブスタートラップを引き揚げる技術の向上はしているものの、基本的には昔ながらのやり方でロブスターの生態系を守りながら漁が行われています。

ところでモンゴメリの小説には頻繁には出てきませんが、『赤毛のアン』ではマリラが「最近の子供は畑仕事をおぼえたと思ったらすぐにロブスターの缶詰工場に行ってしまう」と愚痴っていましたし、『かわいいエミリー』では、エミリーが知り合いの人に「今夜はゆでたロブスターを食べるんでしょう?」と聞かれていたシーンがありました。昔はロブスターは畑の肥料に使われていたり、あまり豊かではない家で食べていたそうですが、いつ頃から高級品へと変わっていったのか興味あります。今度ゆっくり調べてみようと思います。

[PR]
# by abegweit | 2015-06-07 22:31 | Summer | Comments(0)

スズラン

特に豪雪だったこの冬。屋根が雨漏りしてしまったので大家さんが修理してくれたのですが、前庭のお花が踏みつぶされてしまい無残な姿になってしまいました… 屋根へ登る為に仕方が無い場所だったとはいえ、残念です。
茎が折れてしまったスズランを日本の100円ショップで買ってきたミニじょうろに生けたら、とってもかわいらしくなりました。ずっと見続けても全く飽きないです。
c0353373_01375670.jpg
 

[PR]
# by abegweit | 2015-06-07 01:38 | Spring | Comments(0)

りんごの花

りんごのお花が満開です! ピンクの蕾と薄いピンクの花びらが最高にきれいです。大量の虫さえいなければ、何時間でも果樹園で過ごしていたかったです。唯一むき出しにしていた両手が、虫に刺されるというよりは噛まれました… それでもりんごの開花期間はとても短いので、絶妙のタイミングで見ることが出来て満足です。虫に噛まれたかいもあるというものです。
c0353373_21220530.jpg
c0353373_21215897.jpg
c0353373_21222068.jpg
c0353373_21221367.jpg



[PR]
# by abegweit | 2015-06-05 21:28 | Comments(0)

赤毛のアンのミュージカル

朝から快晴のいいお天気です。

6月に入り、島もにぎやかになってきました。今週末からAnne and Gilbert、来週からはAnne of Green Gablesのミュージカルが始まります! 今年のAnne of Green Gablesは昨年までダイアナを演じていた島の女性がアン役を務めるということで話題です。今年51回目を迎えながらアイランダー(P.E.Iの住人)がアン役を演じるのはこれでやっと2人目なのです。

Anne and GilbertはAnne of Green Gablesの続編にあたる、アンとギルバートとのラブストーリーです。コミカルかつロマンチックなストーリーになっているので、続編ファンの方は是非是非ご覧ください。とってもお勧めです。

ブログの内容とは関係ないですが、こちらはAnne of Green Gablesの初版本の写真です。ミュージカルの50周年を記念して、昨年だけ劇場内で展示されていました。100年以上経った後もこんなに人気があるなんて、モンゴメリさんも驚かれるでしょうね。
c0353373_23365318.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-04 23:39 | Anne and Montgomery | Comments(0)

ムール貝

今日の気温は7度! 今夜は5度まで下がるそうです。つい先日「春爛漫」と書いたばかりなのに、6月に入ってこんなに気温が下がるとは信じられません。。。
クラブアップルやりんごの花はどんどん咲いていますが、冷たい雨にぬれて寒そうです。

ここ数日あまりお天気が良くないので写真も撮れず、昨年撮ったムール貝の写真をご紹介します。プリンスエドワード島ではムール貝の養殖がとても盛んで、北米の半分以上の産出量を誇るとか。P.E.Iのほとんどのレストランのメニューに入っていますが、ムール貝の英語名が日本ではあまり知られていない為、すぐには分かり難いかもしれませんね。Mussels(マッスル)といいます。
c0353373_21322525.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-06-03 21:59 | Food and Drink | Comments(0)

チーズ

CharlottetownからCavendishに向かう途中、New Glasgow村を通ります。Preserve Company、New Glasgow Lobster Supperなどのお店が有名ですが、また1つ素敵なお店が増えました。Glasgow Glen Farmといって、かつてはThe Cheeseladys Gouda Shopという名前で親しまれていたチーズのお店が、新しいオーナーの元で新しく生まれ変わったのです。

何種類もあるチーズの中から、地ビールが入ったものと、クミン(スパイス)が入ったチーズを購入しました。真空パックで常温で販売されているので、お土産にもなりそうですね。
c0353373_21502086.jpg
また、ここでは本格的な石釜でピザも焼いてくれます。7,8種類くらいあって迷ったのですが、お店の人に一番人気と言われたAbeというピザをオーダーしました。トマトソースとチーズのシンプルなピザで、クラストもほどほどな薄さでとてもおいしかったです。友人2名と分けて10ドルちょっと。とても良心的な料金でした。この辺りには夏の貸し別荘が多いので、夏休みが始まったらとても混みそうです。

c0353373_21483250.jpg



[PR]
# by abegweit | 2015-06-02 21:55 | Food and Drink | Comments(0)

ブリーディングハート

ブリーディングハートが咲きました。英語ではBleeding Hearts、直訳すると「血を流している心臓」「血塗られた心臓」となってしまいますが、色も形もかわいいお花です。たまに見かける真っ白なブリーディングハートも清楚でいいですね。
日本語名は「鯛釣り草」や「ケマンソウ」です。鯛釣り草という昔の人に発想に関心してしまいます。
c0353373_21050974.jpg
因みに花を生けているのは、日本で買った限定発売のルクルーゼのタンブラーです。日本のお店で見かけた時、「勿忘草」にぴったりと思って購入しました。ブリーディングハートとも相性ばっちりで見るたびに幸せな気分になります。がんばって島まで持ってきたかいがありました!

[PR]
# by abegweit | 2015-06-01 21:09 | Spring | Comments(0)

春のトレイル散策

プリンスエドワード島には、ものすごく大きく分けて3種類のトレイルがあります。1つ目はコンフェデレーショントレイル。昔鉄道が走っていた路を保存しており、島を縦断しています。2つ目は国立公園内のトレイル。そして3つ目はコンフェデレーショントレイルと国立公園以外のトレイルで、一番人の手を加えておらず自然に近いかもしれません。どのトレイルもそれぞれ特徴があって素敵です。

この週末はは北海岸の国立公園内のトレイルを散策してきました。この時期はまだ蚊もいなくて、快適に歩けます。メイフラワー、白と紫のスミレ、ワイルドストロベリーなどが咲いており、バンチベリー(ゴゼンタチバナ)がたくさん葉を広げていました。それから、野生のさくらがあちこちに咲いており、まさにアンが初めてプリンスエドワード島に来た時のような景色が広がっていました。やわらかい新緑の色と白いお花が木漏れ日の中できらきらしていて、空気も新鮮でとても贅沢な時間でした。一緒に行った友人によると毎年同じ場所で写真を撮って同じことを言っているようですが。。。
c0353373_22515112.jpg
c0353373_22513882.jpg



[PR]
# by abegweit | 2015-05-31 22:55 | Spring | Comments(0)

カナダ 150周年

1864年にプリンスエドワード島でで行われた建国会議が基になり、1867年にカナダが誕生しました。そして2017年はカナダ建国より150周年。カナダが国を挙げて、150周年の記念すべき年に向けて様々なイベントを企画しています。

昨年は1864年のCharlottetown建国会議から150周年のイベントの中心となっていたプロビンスハウス(州議事堂)ですが、今年から大掛かりな改修工事が始まりました。改修中は中に入ることができない為、お隣のコンフェデレーションセンターで会議室のレプリカを展示し、Charlottetown建国会議に関する特別フィルムを見ることができます。
c0353373_23371172.jpg
昨日はオープニング記念ということで150年前の寸劇を見せてくれました。この人たちはFathers of Confederation(建国の父)と呼ばれ、150年前の服装に扮して町のウォーキングツアーを行っています(夏のみ)。このツアーはインフォメーションセンターから出発し、今年はこのコンフェデレーションセンターで解散となるそうです。Charlottetownは、カナダ発祥の地という歴史があり、海に面していていながら緑も豊かで、家並みもきれいで、歩いていてとても気持ちのいい町です。

[PR]
# by abegweit | 2015-05-30 23:43 | Sightseeing | Comments(0)

春爛漫

青空が広がって気持ちのいい朝です。
裏庭では、いつの間にか勿忘草やスズランが蕾をつけ始めました。どちらも大好きなお花なのでとても嬉しいです。モンゴメリさんも結婚式のブーケのお花に選ぶくらいだったので、スズランが好きだったのでしょうね。プリンスエドワード島ではWild Lily of the Valleyという野生のスズランも見ることができます。

さて、名前は分からないのですが、このお花も最近よく見かけます。お花だけみるとチューリップのようですが、少し不思議な模様をしていて下向きに咲いています。蜂が中に入ってゆらゆらしていることが多いです。
c0353373_00164444.jpg

[PR]
# by abegweit | 2015-05-30 00:18 | Spring | Comments(0)

スミレ

昨日は急に気温が27度まで上がり(!)湿度も高く、なんとなく体が重く感じる1日でした。そんな日の仕事帰り、町の道端に白スミレがたくさん咲いているのを見かけました。普通に芝の上に咲いていたりするので、芝刈りの際に全部刈られてしまわないかと心配です。
c0353373_21310059.jpg

『アンの青春』ではアンの腹心の友プリシラがアンのことを芯に紫の縞が入った白スミレのようと例えていましたね。P.E.Iに来て、確かに紫の縞が入っている!と感激したのを覚えてます。

そういえば江國香織さんの『すみれの花の砂糖づけ』という本を読んで、どんなものかと憧れたときもありました。やっとデメルで見つけたときは嬉しかったです。もったいなくてまだ食べてないのですが。。。 

野草ではありながら私にとっては上品な印象を受けるお花です。

[PR]
# by abegweit | 2015-05-28 21:51 | Spring | Comments(0)

べにはこべ

c0353373_21101689.jpg
日本に帰ったら必ず買おうと思っていたのが、この『べにはこべ』です。
某サイトで村岡花子さんの訳本を検索していたところ、古めかしいタイトルとかわいい装丁に魅かれました。『三銃士』や『モンテクリスト伯』のようなフランス大河ドラマにラブストーリー色を濃くした感じで、特に後半がおもしろかったです。
いかにも外国語を訳しましたという感じではなく、自然な文章が村岡花子さんの訳の魅力だと思います。次回帰国した際は『花子とアン』で何度も紹介されていた『王子と乞食』を読みたいと思っています。

[PR]
# by abegweit | 2015-05-27 21:11 | My Favorite | Comments(0)

ガーデン

今年の冬に引っ越したアパートの前庭や裏庭でもお花が咲き始めました。このアパートで過ごす初めての春です。前に住んでいた人か管理人が庭の手入れをしていたのかは分かりませんが、いろんなお花が少しずつ植えられています。恥ずかしながら花が咲くまでは何のお花か分からないものが多いのですが、サプライズのようで楽しんでいます。。先週末はこんな星のような花がきれいに咲きました。
c0353373_23473496.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-05-26 23:53 | Spring | Comments(0)

ピンクのマグノリア

島ではようやくチューリップが満開になってきました。ムスカリやレンギョウが咲き、ブリーディングハートやライラックは小さな蕾を付け、メープルは小さな葉を広げ始めています。
白いマグノリアは終わりかけていますが、一足遅れてピンクのマグノリアが今にもほころびそうです。
c0353373_21141613.jpg



[PR]
# by abegweit | 2015-05-25 21:27 | Spring | Comments(0)

P.E.I. ロブスター

5月も下旬ですが、やっと今年初のP.E.I産ロブスターを食べました。スーパーで買うと1ポンド(450g)9ドル強ですが、トラックで直接町に売りに来ている人から買ったので、1ポンド6ドルでした。本当は1.5ポンドのロブスターが欲しかったのですが、残っている中では1.25ポンドが一番大きいサイズでした。雌を指定して2つ買い、合計15ドル。レストランで食べると1ポンドのロブスターでも20ドル以上はするので断然お得です。ロブスターは左手で敵から身を守ったりえさを捕獲して右手で細かくするそうで、左側の爪の方が殻が固くて大きいのです。
c0353373_00311701.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-05-25 00:47 | Food and Drink | Comments(0)

ハチドリ

朝からどんよりした空で、午後は雨の予報です。朝食後ふと外をみると、砂糖水に今年初のハチドリが来てました。残念ながらすぐに去ってしまいましたが、これから毎日が楽しみです。
c0353373_22190735.jpg


[PR]
# by abegweit | 2015-05-22 22:23 | Spring | Comments(0)

国立公園のトレイル

再び3連休の写真ですが、5月18日に行ったプリンスエドワード島国立公園のトレイルです。
c0353373_21071377.jpg
結構日当たりが良さそうなところなのに、まだ10センチ以上の雪が残っていました。吹き溜まりだったのかもしれませんが、それにしても5月中旬の景色とは思えません。。。

[PR]
# by abegweit | 2015-05-21 21:09 | Spring | Comments(0)