プリンスエドワード島の四季 abegweit.exblog.jp

カナダ・プリンスエドワード島での四季折々の姿を綴るブログ


by abegweit
プロフィールを見る
更新通知を受け取る
カレンダー

湯たんぽ

昨日のウィンター・ストームの影響は想像よりもひどく、1日経っても電気が復旧されない地域がたくさんあります。昨日と今日、島中の学校はお休みです。天候理由で11月に2日連続で休校になるなんて非常に珍しいそうです。

さて、プリンスエドワード島とは関係無いですが、今回日本から持ってきて早速役に立ったのが「湯たんぽ」です。停電中もしばらくはお湯が使えたので、重宝しました。6時間経っても十分あたたかかったです110.png プリンスエドワード島でも湯たんぽは売られています。でも、こんなにかわいい湯たんぽは日本ならではだと思いました。
c0353373_04175937.jpg
今現在も電気の復旧作業は続いています。強風と雪の中復旧作業に努めてくれた電気会社のスタッフへ向けて、SNS上で感謝の声があふれています。

# by abegweit | 2018-11-30 21:55 | Winter | Comments(0)
水分を含んだ重たい雪が降り、さらにものすごく強い風が吹いています。フェリーは終日キャンセル、コンフェデレーションブリッジは大型車輌が通行規制となり、空の便も何本かキャンセルしています。しかも、島のあちこちで地域で停電が起こってしまいました。こんな日は家でじっとするしかありません。

私の家では、ちょうど身支度を済ませてこれから朝食!という時に停電になりました。温かいコーヒーを求めてマクドナルドのドライブスルーに並びましたが、私たちの車の3台前で「売り切れ」となってしまいます。しばらく町を運転しても何も開いていないのであきらめようとしたところ、スーパーマーケットに人が入っていくのが見えました。私たちも中に入ると、驚くことにいつもと全く変わらない様子で営業しています。早速焼きたてのパンとコーヒーを買って、スーパーで朝ごはんとなりました。
c0353373_01580023.jpg
念の為会社に行ってみると、やはり停電で真っ暗でした。そして、近くの電柱が倒れているのを見かけました。視界不良でトラックが電柱にぶつかったようです。
c0353373_01580746.jpg
これが停電の原因かと思っていましたが、実はお隣のニューブランズウィック州の影響も大きかったそうです。プリンスエドワード島で消費する電気の大半はお隣のニューブランズウィック州から海底ケーブルで供給されています。その供給が一時ストップしたことで、島のほとんどの地域が停電になってしまったとのことでした。
c0353373_01575249.jpg
先月日本に行ったときに買った湯たんぽが早速活躍しました。まさか、こんなに早く使うことになるとは思いもしませんでした… 私の家では4時間後に電気が戻りましたが、水分を含んだ重い雪が電線や樹木にダメージを与えており、まだ多くの地域では停電が続いているようです。

# by abegweit | 2018-11-29 23:50 | Winter | Comments(0)

ハチミツワイン

先日のVictorian Christmas Weekendのクリスマス・マーケットには、2件のハチミツワイナリーが出店していました。ハチミツを発酵させて作ったお酒はMeadと言います。島の酒屋さんでも入手できますが、このクリスマス・マーケットでは「ビーツ」などちょっと変わったフレイバーのものも販売されていました。
c0353373_01253600.jpg
c0353373_01253048.jpg

# by abegweit | 2018-11-28 23:04 | Food and Drink | Comments(0)

Christmas Parade

クリスマス・ツリーの点灯式、Victorian Christmas Weekend、そしてChristmas Paradeとイベントが目白押しの週末でした。パレードは今年で20周年目を迎えたそうです。シャーロットタウンの企業、団体、公的機関などが、宣伝も兼ねながら今年のご挨拶をします。

風が無かったので凍えるほどの寒さではなかったものの、やはり日が暮れると気温がぐっと下がります。スマートフォンのバッテリーもすぐに無くなってしまいます。冬にカナダに来てスマートフォンや携帯のカメラを使用する人は、携帯できるバッテリーがあると便利です。
c0353373_02315601.jpg
c0353373_02315020.jpg
c0353373_02314410.jpg
c0353373_02313873.jpg
c0353373_02313197.jpg

# by abegweit | 2018-11-27 21:20 | Winter | Comments(0)

Victorian Christmas Weekend

週末はシャーロットタウンのメインストリートで、Victorian Christmas Weekendという3日間のイベントが行われました。こじんまりと数年前に始まったイベントですが、年々大きくなっています。
c0353373_22350160.jpg
クリスマスのギフトになりそうなものを売っているお店が並び、氷像作りのデモンストレーション、無料の馬車、聖歌隊によるクリスマス・キャロルなど、クリスマスらしいイベントです。
c0353373_22351420.jpg
もちろんクリスマス・ツリーも売られています。
c0353373_22344139.jpg
c0353373_22345510.jpg
c0353373_22344866.jpg
c0353373_22343475.jpg
今週末は島のあちこちでクリスマスのクラフトショーが行われていました。しかもアメリカの感謝祭のイベントであるBlack Fridayの大きなショッピングセールの影響もあって、一般のお店でも大きなセールが行われていました。

# by abegweit | 2018-11-26 22:43 | Winter | Comments(0)
Windchill(カナダにおける体感温度)がマイナス15度ぐらいまで下がっていますが、シャーロットタウンのクリスマス・ツリーの点灯式を見に行ってきました。本来点灯式が行われるはずの州議事堂が修復中なので、コンフェデレーションセンターの前にクリスマス・ツリーが飾られました。明日24日はシャーロットタウンでパレードが行われます。
c0353373_09454006.jpg
ところで、日本のニュースを読んでいたら、今年は藤原道長が「望月の歌」を詠んでからちょうど1000年目にあたるそうです。今日11月23日は旧暦にすると藤原道長がこの歌を詠んだ10月16日に相当するとか。そんなことを思っていたら点灯式よりも月に魅入ってしまいました。とてもきれいな満月でした。
# by abegweit | 2018-11-24 09:59 | Prince Edward Island | Comments(0)

安野光雅さんの本

昨日の夜遅くプリンスエドワード島に戻ってきました。日本を出る前に島の天気予報をチェックしたら「吹雪警報」が出ており、特に強風で雪が吹き上げられて視界が非常に悪くなるとのことでした。これは国内線が大遅延かキャンセルになるかもと心配しつつカナダに入ったところ、トロントからシャーロットタウンへの便は時間通り発着したのでほっとしました。

今年の9月から、エア・カナダで日本からカナダに入り、さらにエア・カナダでカナダ国内線に乗り継ぐ場合、預けた荷物が最終目的地までスルーで運ばれることになりました。(私の場合はシャーロットタウン空港です)今まではカナダ入国審査の際に必ずスーツケースを受け取ってから預けなおしていたのですが、このプロセスがない分ものすごく楽になりました。特に今回は本をたくさん持ってきたので、スーツケースが重量制限ぎりぎりの23キロだったのです。

岸田衿子さん訳に安野光雅さんがイラストを描いた『赤毛のアン』の本は、3~4ページごとにイラストが入っていて読み物としても絵を見るだけでも楽しい本です。しっかりした紙を使っているので、重厚で、美術品のようです。この本を見ていたら、同じシリーズの『小さな家のローラ』の本も欲しくなって買ってしまいました。こちらの方がイラストが多く、絵本のようです。
c0353373_21560831.jpg
そして、こちらは親切な友達が買っておいてくれたNHKのテキストブックです。残念ながら放送は見られませんでしたが、内容が充実したテキストブックのようで読むのが楽しみです。このテキストブックはとても軽いですが、こんな調子で私のスーツケースはぱんぱんになってしまいました。
c0353373_21561573.jpg

それにしても、プリンスエドワード島に戻ってきてびっくりしたのは、一面銀世界だったことです。11月の下旬でこんなに降雪するとは、今年の冬が思いやられます。ただ今週末はクリスマスイルミネーションの点灯式、クリスマスパレード、クリスマスのクラフトショーなどがあるので、クリスマスの雰囲気はばっちりだと思います。

# by abegweit | 2018-11-23 22:05 | Anne and Montgomery | Comments(0)
『赤毛のアン』のクリスマスのエピソードといえば、マシュウが密かに用意していた「ふくらんだ」袖のドレスです。ドレスの上には "To Anne, Love, Matthew" と書いたメッセージが置いてありました。
c0353373_04274673.jpg
こちらはマリラからアンへの贈り物のようです。
c0353373_04273738.jpg
それからマリラとマシュウから雇い人のジェリーへの贈り物。
c0353373_04275294.jpg
プリンスエドワード島か、カナダか、北米か、はたまた欧米の習慣なのかは分かりませんが、オレンジは伝統的なクリスマスギフトだそうです。私のパートナーは5人兄弟ですが、兄弟全員のクリスマスの靴下にも必ずオレンジが入っていたそうです。彼が小さい頃に使っていた名前入りの靴下を今でも持っていて、いっしょに過ごした初めてのクリスマスには、私の靴下も用意してくれました。もちろんオレンジが入ってました110.png

ご注意:2018年現在、グリーンゲイブルズは12月1日から翌春まで完全にクローズする為、残念ながらクリスマスの飾りつけはありません。この写真は2011年に撮影したものです。


# by abegweit | 2018-11-22 04:41 | Anne and Montgomery | Comments(0)
昔はポップコーンや乾燥したクランベリーなどがクリスマスの飾りに使われていたようです。もちろん島にはたくさんある松ぼっくりも。
c0353373_08595965.jpg
c0353373_09000496.jpg
c0353373_08594125.jpg
c0353373_08594606.jpg
ご注意:2018年現在、グリーンゲイブルズは12月1日から翌春まで完全にクローズする為、残念ながらクリスマスの飾りつけはありません。この写真は2011年に撮影したものです。

# by abegweit | 2018-11-21 09:02 | Anne and Montgomery | Comments(2)
グリーンゲイブルズハウスは5月1日~10月31日までは毎日オープンしていますが、冬期は完全にクローズしてしまいます。昔は冬もオープンしていたのですが、2011年の冬が最後になってしまいました。(ただし11月1日~30日と4月15日~4月30日までは予約すればオープンしてくれます。特別料金がかかります。)

その2011年12月13日に撮影したのが、下記の写真です。ビクトリアン調に飾られたクリスマスツリーが素敵でした。
c0353373_20481798.jpg
c0353373_20482652.jpg
c0353373_20483453.jpg
因みに冬期休業中もグリーンゲイブルズの前で写真を撮ったり、お化けの森や恋人の小径などを歩くことはできますが、降雪などの状況によってはアクセスできない場合もあります。

# by abegweit | 2018-11-19 20:53 | Anne and Montgomery | Comments(0)

聖火

今回の日本滞在では、あちこちで東京オリンピックのロゴを見かけます。東京オリンピックが2年後であることを実感します。

下は2010年のバンクーバー冬季オリンピックの聖火です。2009年11月21日、プリンスエドワード島のシャーロットタウンに聖火リレーが到着した時の写真です。
c0353373_13445480.jpg

# by abegweit | 2018-11-17 07:21 | Prince Edward Island | Comments(0)
プリンスエドワード島は雪が降ったり、体感温度がマイナス2桁まで下がったりと、すっかり冬のようです。下の写真は2008年の11月23日に撮ったものです。リメンバランス・ディの10日後で、まだポピーのリースが飾ったままです。リメンバランス・ディに関してはここのサイトが分かりやすいと思いました。
c0353373_14142781.jpg
『アンの娘リラ』を読むと、第一次世界大戦時のプリンスエドワード島の状況がよく分かります。


# by abegweit | 2018-11-16 05:36 | Canada | Comments(0)

『赤毛のアン』の本

ノートパソコンのキーボードが壊れてしまってブログの更新が滞ってしまいました。ワイヤレスのキーボードを買って解決しましたが、1週間もご無沙汰してしまい、読んでくださっている方にお詫びします。

さて、日本では本屋さん巡りが楽しみの1つです。大きな書店ではまだまだ『赤毛のアン』の本が平積みになっていて、なんだか私まで嬉しくなってしまいます。そして、日本に帰る度に『赤毛のアン』やモンゴメリに関する新しい本が出版されていることに、心から感心します。今回は安野光雅さんが挿絵を描いている本が出版されていました。ずっしりと重量感のある本です。もちろん買ってしまいました。京都で原画展も行われているようです。

右は昨年の春に買った葉祥明さんの絵本、左が今回買った本です。そういえば日本ではモンゴメリさんのお孫さんが製作総指揮を務めた『赤毛のアン』の映画が公開中ですね。
c0353373_07565801.jpg
c0353373_07570434.jpg


# by abegweit | 2018-11-15 08:02 | Anne and Montgomery | Comments(0)
今日は私のブログを読んで下さっている方に日本で偶然お会いしました。仕事が忙しかったりプリンスエドワード島を離れているときはブログを休んでしまおう...と思うこともありますが、このような出会いがあると励みになります。これからも皆さんに読んでいただければ嬉しいです110.png

さて、昨日に続いてリメンバランス・ディです。ここ数年11月11日は日本にいることが多いので、最後にリメンバランス・ディの追悼式に行ったのは2010年ごろだと思います。私が覚えている限り11月11日はいつも寒くて、氷雨や雪が降っていました。凍えるような寒さの中、戦没者やベテラン(退役軍人)への追悼、敬意や感謝が捧げられます。私のパートナーによると、第一次及び第二次世界大戦の際、プリンスエドワード島からの志願者の人口比率がどの州よりも高かったそうです。アンの息子も3人戦地に赴いて、次男のウォルターは帰らぬ人となりました。

下の写真は2010年11月14日に州議事堂の戦士の像の前で撮ったものです。赤いポピーをあしらったリースが飾ってあります。赤いポピーはリメンバランス・ディのシンボルです。この理由に関しては、またあらためて…
c0353373_22080140.jpg


# by abegweit | 2018-11-06 21:51 | Canada | Comments(0)

リメンバランス・ディ

毎年11月11日はリメンバランス・ディです。1918年11月11日の11時に第一次世界大戦が終結したことから、毎年同日の同時間に戦没者追悼式が行われます。カナダにおける追悼式は第一次世界大戦だけではなく第二次世界大戦、朝鮮戦争、アフガニスタンなど、カナダ国民が関係したすべての戦争が対象のようです。2018年は100周年です。

シャーロットタウンの対岸にあるストラットフォードという人口1万人弱の町では、この時期になるとバス停の広告スペースがストラットフォード出身の戦没者のポスターに代わられます。下記の写真は2011年度のものです。今年は全部で26枚のポスターが貼られました。
c0353373_16271465.jpg
c0353373_16271929.jpg
c0353373_16272365.jpg

# by abegweit | 2018-11-06 04:46 | Canada | Comments(0)

冬時間

Daylight Saving Time(いわゆる夏時間)が終了して、通常の時間帯(冬時間)になりました。日本とは13時間の時差となります。混乱を避けるために日曜日の午前2時に変更されます。

今日本にいるので私は体験していませんが、この週末はものすごい強風で、停電や倒木などの大きな被害があったようです。人的被害は無かったようで何よりです。木に残っていた紅葉は全部吹き飛ばされてしまったかもしれません。

というわけで今はプリンスエドワード島の写真が撮れないので、10年前の写真を捜してみました。霜がついた落ち葉です。
c0353373_07595001.jpg


# by abegweit | 2018-11-05 08:02 | Winter | Comments(0)

恋人の小径の夏、秋と冬

今年の6月30日、10月14日と28日、そして昨年の3月に撮影した「恋人の小径」です。6月30日に比べると10月末の写真がさびしく見えますが、実際は黄色い落ち葉が小径を覆ってきれいでした。
c0353373_20384842.jpg
2018年6月30日

c0353373_20483992.jpg
2018年10月14日

c0353373_20383836.jpg
2018年10月28日

c0353373_20482800.jpg
2017年3月


# by abegweit | 2018-11-02 20:51 | Anne and Montgomery | Comments(2)

アップル・パイ

アップル・パイをいただきました。りんごがたっぷり入っていて、それはそれはおいしいアップル・パイでした。
c0353373_15245774.jpg
c0353373_15245206.jpg

# by abegweit | 2018-11-01 15:26 | Food and Drink | Comments(0)

ハロウィーン

10月31日は日本でもおなじみハロウィーンです。
スクールバスのドライバーさんはなんとなく分かりますが、ホテルや銀行のスタッフの人まで仮装していて、楽しい1日です。一部の人がお酒を飲みすぎて騒ぎますが、プリンスエドワード島では全般的に平和な日です。
c0353373_08370015.jpg
c0353373_08371111.jpg
c0353373_08370550.jpg

# by abegweit | 2018-10-31 23:36 | Prince Edward Island | Comments(0)

日本へのお土産

3週間ほど日本に帰るにあたり、何をお土産に持って帰ろうかとかなり悩みました。年に2回くらいの割合で日本に帰るので、さすがにお土産の案も尽き、友人にも相談して今年のお土産は「じゃがいも石けん」にしました。10種類以上ある中から無香料のじゃがいも石けんと、ラベンダーの香りのAnneの名前の付いた石けんにしました。先月放映された「旅サラダ」のプリンスエドワード島の特集でも取材されてましたが、「日本のテレビで見たという人が買いに来てくれたんだよ!」とオーナーさんが嬉しそうに話してました。ビタミンCが豊富に含まれているそうです。たくさん買ったら、ハンドクリームをおまけにくれました。たしかにしっとりします。
c0353373_22145372.jpg
c0353373_04312444.jpg


# by abegweit | 2018-10-30 22:15 | Prince Edward Island | Comments(0)
ものすごく寒くなって霰や雪交じりの雨が降ったかと思えば、15度ぐらいまで気温が上がったりして、不安定なお天気が続いています。

さて、シャーロットタウンから車で30分のVictoria by the SeaでChristmas Strollというイベントがありました。"Stroll"は散策という意味です。Victoria by the Seaはとても小さい町で、短いメインストリートを中心に質の良いクラフト工房がたくさんあります。ぶらっと歩きながら一足早く素敵なクリスマスプレゼントを見つけましょうという趣旨のイベントです。紅葉とクリスマスはちょっとミスマッチな気もしますが、楽しい1日でした。
c0353373_00235161.jpg
c0353373_00233025.jpg
c0353373_00233721.jpg
c0353373_00230892.jpg
c0353373_00231600.jpg
c0353373_00235786.jpg
c0353373_00240449.jpg


# by abegweit | 2018-10-29 21:35 | Prince Edward Island | Comments(0)

晩秋

島全体の紅葉のピークは終わってしまいましたが、場所によってはまだきれいなところもあります。

1週間前に撮った写真です。鏡のような湖面に映る紅葉がきれいでした。
c0353373_02471841.jpg
c0353373_02412404.jpg
c0353373_03073561.jpg
c0353373_03072800.jpg


# by abegweit | 2018-10-27 20:25 | Fall | Comments(0)

紅葉散策

今年の秋はどちらかというとあまりお天気が良くなかったので、お天気のいい日はできる限りトレイル散策に出かけました。プリンスエドワード島には国立公園と州立公園内にあるトレイル、元鉄道の線路だったコンフェデレーション・トレイル、できるだけ自然に近いまま残してあるNature Trailなど様々なトレイルがあります。今年の秋はNature Trailを中心に、いろいろなトレイルを歩きました。プリンスエドワード島は全体になだらかな土地なので、老若男女が楽しめるトレイルが多いです。ただNature Trailは獣道のようなトレイルがほとんどで、木の根っこなどがたくさん出ているので注意が必要です。

ここのトレイルは黄色に染まった木がほとんで、太陽にきらきらと輝いてきれいでした。
c0353373_02413574.jpg
c0353373_02412923.jpg
森の中はこんな感じです。
c0353373_02553966.jpg
足もとにはたくさんの落ち葉が重なっていて、「かさかさ」というよりは「ざくざく」という音を立てて歩きました。
c0353373_02553276.jpg


# by abegweit | 2018-10-26 21:15 | Fall | Comments(0)

ブランチ

週末に食べたブレックファスト・タコスとアスパラガスのエッグス・ベネディクトです。

タコスの皮がハードシェルなのに、具が水分たっぷりだったので、食べるのが大変でした。ソフトシェルだったら文句無しでした。
c0353373_03210797.jpg
エッグスベネディクトのサイドディッシュのポテトはハッシュブラウンのようなものを想像していたら、コロッケのようにマッシュポテトを揚げたものが出てきました。これがなかなかおいしかったです。エッグスベネディクトのポーチドエッグもオランデーズソースも美味でした。
c0353373_03211397.jpg
シェアしたらこんな感じになりました。お腹いっぱいです。
c0353373_03212088.jpg

# by abegweit | 2018-10-25 23:36 | Food and Drink | Comments(0)

白頭鷲とカナダギース

友人と紅葉ドライブをしていたら、畑の中に白頭鷲を発見しました。空を飛んでいる姿はよく見かけるようになりましたが、地上で見かけることは非常に稀です。車から降りて見ていたら、獲物をつかんで飛んでいきました。拡大してみるとあらいぐまのようでした。かなり重いようで、1,2回勢いをつけながら、飛んでいきました。
c0353373_21511078.jpg
c0353373_21511658.jpg
また別の場所の川では、たくさんのカナダギースを見かけました。V字型の編隊を組んで空を飛んでいるときはにぎやかに鳴いていますが、ここでは異様なまでに静かでした。
c0353373_21512375.jpg


# by abegweit | 2018-10-24 22:01 | Prince Edward Island | Comments(2)

鳥と動物

森の中を散策していたら、キツツキがいました。家に戻って調べたらHairy Woodpecker(セジロアカゲラ)という名前のようです。一心不乱に下から上まで木をつついてました。
c0353373_10043784.jpg
りすも忙しそうでした。
c0353373_10123864.jpg
家の裏庭にはよくBlue Jay(青カケス)がやってきます。本当はリスが来ないかなと思って置いておいたピーナッツですが、Blue Jayが気に入ってしまったようです。ピーナッツは鳥にはカロリーが高いようなので、代わりにBlue Jay用のえさを買ってきました。見かけはかわいいですが、鳴き声はあまりかわいいとは言えないです。鳥は詳しくはないのですが、Blue Jayの鳴き声だけはすぐに分かるようになりました。
c0353373_10044859.jpg


# by abegweit | 2018-10-23 20:18 | Prince Edward Island | Comments(0)

"Marilla of Green Gables"

"Marilla of Green Gables"という本が出版され、シャーロットタウンの本屋さんでサイン会がありました。作者のSarah McCoyさんは小柄でとても素敵な人でした。そして、とても丁寧にサインをしてくれました。小さいときは彼女のおばさんがアンの本を読み聞かせてくれて、自分自身で初めて本を一冊読み終えたのが『赤毛のアン』だったそうです。それ以来アンの大ファンとのことでした。写真の掲載許可もいただきました。
c0353373_21431190.jpg
c0353373_21431828.jpg
『赤毛のアン』の中でマリラがアンに語っていたのは、遠い昔に自分とギルバートのお父さんが恋仲だったけれども、けんか別れしてそれっきりになってしまったということです。そのあたりのお話が描かれるのではないかと思います。Sarahさんはアンの大ファンでかなりリサーチをして書いたとおっしゃっていたので、期待して読みたいと思います。

以前はモンゴメリ以外の書いたアンの世界の本は読みたくないと思っていましたが、最近は柔軟になってきました…

# by abegweit | 2018-10-22 21:51 | Anne and Montgomery | Comments(0)

グリーンゲイブルズの秋

仕事がお休みの朝はものすごくお天気が良かったので、ベッドから跳ね起きてグリーンゲイブルズへと車を走らせました。風が吹くと、黄色い葉が舞い散ってとてもきれいでした。
c0353373_04042822.jpg
お化けの森や恋人の小径もだいぶ紅葉がきれいになってきましたが、まだ紅葉していない木もありました。先日の強風で散ってしまっていなければ、まだ紅葉散策が楽しめそうです。
# by abegweit | 2018-10-19 20:45 | Fall | Comments(0)

カナダの歴史的な1日

カナダでは2018年10月17日に、マリファナが合法化されました。ラジオやテレビのニュースは、朝からこの話題でもちきりです。時差の関係でいち早く解禁となったニューファンドランド州では、午前12時にお店がオープンし、一番最初に購入した人がインタビューを受けていました。

プリンスエドワード島州では4店舗がオープンすることになり、今朝の9時のオープン時には行列ができていたようです。そして、仕事帰りの午後5時ごろにシャーロットタウンのお店の前を通ったら、ものすごい行列ができていました。シャーロットタウンのお店は、大きなスーパーのすぐ近くで車の通りも多く、かなり目立つ場所にあります。

モントリオール領事館からも注意喚起のメールが届いていました。マリファナに関しては居住国に関係なく日本国民には日本の法律が適用されるようです。ここに領事館からのメールを抜粋しておきます。

1. カナダでは、本年1017日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。

2. 一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。

3. この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。

4. 在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。


さて、下は町で見かけたかわいいパンプキンです。最近雨が多いので、お口の周りにカビができていますが、それもハロウィーンらしいです。
c0353373_04190015.jpg

# by abegweit | 2018-10-18 20:35 | Canada | Comments(0)

タイヤのカラス

8月末に一晩限りで行われたArt in the Openというイベントで展示されていたタイヤでできたカラスが、コンフェデレーション・センターの前に置かれています。
c0353373_04274612.jpg
知らない人が夜みかけたらびっくりとすると思います。知っていても不気味です。
c0353373_04275308.jpg
何度見ても感心しますが、タイヤの質感が非常にリアルです。いつまで展示されているかは分かりませんが、一晩限りではもったいないと思っていたので、町の中心で展示されることになってよかったです。
c0353373_04275919.jpg


# by abegweit | 2018-10-17 20:31 | Fall | Comments(0)