人気ブログランキング |

プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

北海岸

キャベンディッシュに新しくできた「モンゴメリ・パーク」とグリーンゲイブルズの新しいビジターセンターのオープニング・セレモニーなどがあったので、2日連続でキャベンディッシュへ行ってきました。日加修好90周年の年でもあり高円宮妃殿下もご参加されました。このセレモニーの写真はあらためてアップいたします。

水曜日は少し早めにキャベンディッシュに到着したので、セント・ローレンス湾に臨む国立公園にも行ってみました。青と赤のコントラストがとてもきれいでした。
c0353373_01592972.jpg
c0353373_02001884.jpg
レースフラワーもまだきれいに咲いています。
c0353373_02000262.jpg

# by abegweit | 2019-08-29 23:07 | Prince Edward Island | Comments(0)

サイクロン??

昨日は朝からずっと雨で気温も15℃ぐらいまでしか上がらず、とても寒かったです。まだ8月だというのに、久しぶりに車のシートヒーターを使いました。

そして気になるのが「Tropical Cyclone」の注意報です。この時期「Tropical Storm」や「Hurricane」の影響を受けることはありますが、アトランティック・カナダで「サイクロン」の注意報が出るのは滅多にないような気がします。木曜日遅くからお天気が再び崩れそうです。外れてくれるといいですね。
c0353373_03525621.jpg



# by abegweit | 2019-08-28 19:21 | Summer | Comments(0)

ビール・バーで日本風メニュー

よく行くビール・バーでは2週間ごとにフード・メニューが変わります。今週のテーマは「Tokyo Street」とのことで、日本風のメニューでした。メニューを見てお分かりのように日本色の濃いアジアン・メニューといった感じです。
c0353373_22445583.jpg
今回はポークのタコスとチャーハンを食べました。タコスに入っているポークは日本というよりは中華風の味付けでしたが、とてもおいしかったです。
c0353373_22450550.jpg
チャーハン(というよりは焼き飯?)のサワークリームのトッピングは無い方が好みですが、おいしかったです。
c0353373_22451228.jpg
ほどよい量で、ほとんどのメニューが9ドルと同じ料金なのも嬉しいです110.png ベジタリアン向けやグルテン・フリーメニューも多いです。

# by abegweit | 2019-08-27 21:06 | Food and Drink | Comments(0)

8月最後の週末

この週末は秋の気配を感じさせるような涼しさでした。さすがに日中は20度以上になりますが、朝晩は本当に涼しくなりました。これからプリンスエドワード島にいらっしゃる方は、秋に着るようなジャケットをお持ちくださいね。お天気の悪い日や、朝晩お散歩するときに役立つと思います。

土曜日は雨が降ったり止んだりの日でしたが、日曜日は朝からすっきりとした青空が広がり、終日とても気持ちのいい日でした。洗濯物も気持ちよく乾きました。島のどこかにドライブしようかとも思いましたが、こんな日にシャーロットタウンでゆっくりするのもいいねということになり、町を散策しながらのんびり過ごしました。

8月最後の週末のダウンタウンの様子です。日曜日の朝11時から、メインストリートであるQueen Streetの一部が歩行者天国となり、たくさんのマーケットが並びます。土曜日のファーマーズ・マーケットには野菜などの食材が多いですが、このダウンタウンのマーケットでは観光客の方が買えるような手工芸品が多いです。もちろん新鮮な野菜やブリーベリーなども売られています。日曜日のダウンタウンのマーケットの今年の最終日が10月6日(日)で、この日は特に「Farm Day in the City」と呼ばれ、とってもにぎやかです。
c0353373_21435245.jpg
コンフェデレーションセンターの前にのナナカマドの木もたくさんの赤い実をつけています。
c0353373_21434244.jpg
ウォーターフロントの「2019」のサインの前はいつも写真撮影している人でにぎわっています。
c0353373_21432973.jpg
今年できた「LOVE」サインのロックも増えてました。
c0353373_21431931.jpg
もう外でビールが飲めるような日も少ないかな…とさびしく思いながら、ラズベリーのビールを飲みました。
c0353373_21431177.jpg
特に何もしなかったけれど、いい週末でした110.png

# by abegweit | 2019-08-26 21:54 | Summer | Comments(0)

カラスの行進

いつしか恒例行事となったカラスの行進。Art in the Openというシャーロットタウンで1日だけ行われるイベントの目玉です。カラスの格好をした人々が夕暮れにシャーロットタウンのダウンタウンからビクトリアパークまで行進するだけなのですが、ついつい後を追っかけてしまいます。

まずはオープンテラスのレストランが並ぶ通りから行進開始です。何も知らずに食べていた人たちはびっくりしたことでしょう。
c0353373_22480969.jpg
このまま町の中を歩いてビクトリアパークで集合写真。
c0353373_22482664.jpg
c0353373_22485286.jpg
c0353373_22484412.jpg

# by abegweit | 2019-08-25 22:56 | Summer | Comments(0)

イチゴのビール

夕暮れ時に、シャーロットタウンの対岸にある灯台へ行きました。が、ものすごい蚊の大群に襲われて、2分で車内に戻りました。
c0353373_22012053.jpg
早く町に戻ったので、パブで季節限定のイチゴのビールを飲みました。結構苦味があってあまりイチゴの味はしませんでしたが、ビール自体はとてもおいしかったです。
c0353373_22011489.jpg

# by abegweit | 2019-08-23 22:05 | Food and Drink | Comments(0)

夏の終わりのプリンスエドワード島

学校の長い夏休みも終盤に入り、プリンスエドワード島の夏もそろそろ終わりに近付いてます。

新じゃがいもがおいしい季節でもあります。
c0353373_21170934.jpg
こんな私道のある家に住めたらいいな...と思いながら写真を撮りました。赤土の道に沿って並んでいる木がとても素敵です。
c0353373_21171518.jpg
郊外の家で見かけたポニーです。なんだか前髪がかわいくて写真を撮らせてもらいました。飼い主の方がフレンドリーなポニーだとおっしゃってましたが、本当にその通りでした110.png
c0353373_21172371.jpg


# by abegweit | 2019-08-22 21:57 | Prince Edward Island | Comments(2)

プリンスエドワード島の生牡蠣

シャーロットタウンから30分強ドライブしたところに、Victoria by the Seaという南海岸に面している小さな村があります。そこのレストランで生牡蠣を食べました。

左下から時計回りに、Savage Blonde、Lucky Limes(2つ)、South Lake、Gowanbrae、そしてBlackberryです。赤ワインソース、カクテルソース、ホースラディッシュなどの薬味がついてましたが、私はレモンだけで食べるのが好きです。

全てプリンスエドワード島でとれた牡蠣です。各牡蠣の違いまではなかなか区別できませんでした、新鮮で生臭みがなくてとてもおいしかったです。全ておいしくいただきました。
c0353373_22385242.jpg
いっしょにスモークサーモンのプレートも頼みました。とてもおいしいスモークサーモンでした。
c0353373_22390221.jpg
このレストランも今年オーナーさんが変わって新装開店したのですが、盛り付けもおしゃれで、どれもとてもおいしかったです。お手洗いがきれいなのも嬉しいです。

# by abegweit | 2019-08-21 20:59 | Food and Drink | Comments(0)

からし菜畑

今年はカノーラ畑をあまり見ることができず残念に思っていましたが、からし菜(おそらく)畑を見つけました。110.png
c0353373_22113498.jpg

# by abegweit | 2019-08-20 22:25 | Summer | Comments(0)

ファーマーズ・マーケット

ファーマーズ・マーケットでブルーベリーが売られていたので、早速買いました。
緑と黄色のズッキーニ、カラフルなプチトマト、これまたカラフルなじゃがいもと、ファーマーズ・マーケットも色鮮やかです。
c0353373_21534054.jpg

# by abegweit | 2019-08-19 21:55 | Summer | Comments(0)

バーガーの味比べ

プリンスエドワード島では毎年4月の1ヵ月間、各レストランが島のビーフを使ったオリジナルのバーガーを競うBurger Loveというキャンペーンが行われます。観光シーズンのまだ静かな時期ながら、人気のあるレストランは予約でいっぱいです。このBurger Love優勝者(レストラ8月になってやっと食べることができました。

今年優勝したバーガーです。店内の黒板にはバーガーの具材が描かれています。
c0353373_02561687.jpg
c0353373_02560278.jpg
そして2013年に優勝したバーガーです。
c0353373_02560966.jpg
外観だけだと分からないので半分に切って比べてみました。(左が2013年、右が今年)
c0353373_02562300.jpg
どちらもさすがにおいしかったのですが、2013年版はビーフパティが2枚入っていて、半分だけでもかなりの重量感がありました。今年版はコールスローとポテトチップスが入っていて歯ざわりがよかったです。それにしても今年は十分にバーガーを食べました。バーガーは来年の4月まで食べなくても大丈夫です。

# by abegweit | 2019-08-17 21:19 | Food and Drink | Comments(0)

オイスターのポーボーイ・サンドイッチ

Thunder Cove Beachへ行った後、近くのレストランで遅いランチを食べました。今年の春にオーナーさんが変わってメニューも一新したそうで、行く機会を待っていたのです。私は揚げた牡蠣のポーボーイを食べました。諸説あるそうですが、ボーボーイは「Poor Boy(貧しい子)」という意味で、アメリカ南部で生まれたサンドイッチだそうです。アメリカ南部料理らしく、スパイシーな味付けでした。
c0353373_01001293.jpg
下の写真は白身魚のフライが入ったフィッシュ・タコスとサツマイモのフライです。
c0353373_01000475.jpg
この1時間後にどしゃぶりになったとは思えないほど、レストランの周りには気持ちのいい青空が広がっていました。
c0353373_01001951.jpg


# by abegweit | 2019-08-16 20:26 | Food and Drink | Comments(0)

SunsetとMoonrise

「日没と月の出を見に行こう!」という友人の誘いで、夕刻に北海岸へ行きました。日没が20:23で月の出が20:18、ほぼ同時刻です。北海岸に住んでいる友人も合流して、3人でしばし景色に見とれました。

こちらが日没。水平線にはちょっと雲が出てしまいましたが、すばらしい夕焼けでした。
c0353373_22173032.jpg
そしてこちらが月の出。満月より1日早い月ですが、とても大きく見えました。
c0353373_22173766.jpg
陽が沈んだ場所と月がのぼった場所がちょうど反対方向だったので、両側を鑑賞するのに忙しかったです。

下の写真は夕陽を受けた「Rabbit's Foot Clover」です。本当にウサギの手足に見えます110.png
c0353373_22172226.jpg
c0353373_22174417.jpg
友人たちのおかげで、素敵なひとときを過ごすことができました。

# by abegweit | 2019-08-15 22:28 | Summer | Comments(0)

HOME~心輝くカナダの旅 inプリンスエドワード島~ 

先日テレビで放映された「HOME~心輝くカナダの旅 inプリンスエドワード島~」がカナダ観光局の公式HPで公開されています。是非こちらでご覧くださいね。昨日このブログで写真をアップしたThunder Coveも出てきます。

ティーカップと呼ばれている岩は、人間と比較するとこのくらいの大きさです。よじ登って大怪我をした人がいるので、横で写真を撮るだけにしましょう…
c0353373_00460976.jpg
近くには大きなキャンプ場もあり人気のビーチでもあります。ちょっと足を浸してみましたが、先週行った南海岸とは違って、北海岸の水は冷たかったです。
c0353373_00461978.jpg


# by abegweit | 2019-08-14 21:03 | Prince Edward Island | Comments(0)

隠れた名所

グリーンゲイブルズ博物館のあるPark Cornerから10分ほどドライブすると、DarnleyのThunder Coveというところがあります。先日、日本のテレビ番組でも紹介されたようですが、このビーチには波や風で侵食されてティーカップのように見える岩があります。侵食が激しい場所なので、形がもっと変わってしまう前に見に行ってきました。

SNSの影響で瞬く間に人気が出たスポットです。人がいなくなった一瞬の隙に写真を撮りました。
c0353373_23084305.jpg
c0353373_03273743.jpg
c0353373_23090892.jpg
周りの赤土も今にも崩れてきそうです。
c0353373_23092263.jpg
c0353373_23092962.jpg
c0353373_23091662.jpg


# by abegweit | 2019-08-13 21:18 | Summer | Comments(0)

輝く湖水

「輝く湖水」です。
「晴れのち曇り、にわか雨、もしくは雷雨」となんでもありの天気予報でしたが、輝く湖水では青空が広がって気持ちよかったです。この日の夕方はものすごい土砂降りになりましたが、ずっと雨が降っていなかったので恵みの雨となりました。
c0353373_22473347.jpg


# by abegweit | 2019-08-12 22:53 | Summer | Comments(0)

8月のお花

日中の陽射しはとても強いですが、朝晩はとても涼しくて過ごしやすいです。
今はレースフラワー、ワイルドローズ、カラスノエンドウが咲いており、ゴゼンタチバナの赤い実も見られるようになりました。
c0353373_21502745.jpg
c0353373_21504984.jpg
c0353373_21503636.jpg
c0353373_21504388.jpg
さて、プリンスエドワード島では今日からOld Home Weekの1週間が始まります。村岡花子さんは『赤毛のアン』の中で「共進会」と訳されていました。元々は1888の10月に第1回を迎え、当時は家畜、収穫した野菜やフルーツ、それからハンドメイドの品々(乳製品、お菓子、パン、キルトや刺繍など手作りのもの)などの品評会でした。『赤毛のアン』でもリンド夫人が手作りのバターとチーズで一等、ジョーシー・パイがレースで一等、ベルさんが豚で一等を取った…と書いてあります。世界一次大戦のあとに本土と島を結ぶフェリーが開通すると観光客が急に増えたので、開催時期を8月の観光シーズンに移したそうです。現在では移動遊園地、パレード、競馬なども加わり、夏の終わりの一大イベントになっています。アイランダーは「Old Home Weekが終わると夏も終わるね。」と言うのが口癖です。

# by abegweit | 2019-08-09 22:07 | Summer | Comments(0)

干潮の南海岸

夕暮れに南海岸の州立公園に行ったらちょうど干潮時で、たくさんの人が潮干狩りをしていました。ハマグリ、ホンビノスガイやマテガイなどがとれます。陽が落ちるまで浜辺を歩いていましたが、水も温かくてとても気持ちがよかったです。とても穏やかな夕暮れでした。
c0353373_20255711.jpg
c0353373_20264430.jpg

# by abegweit | 2019-08-08 20:34 | Summer | Comments(0)

あざらし

プリンスエドワード島周辺、特に南海岸では「あざらし」をよく見かけます。先日も何か沖の方で動いていると思ったら、たくさんのあざらしがいました。気持ち良さそうに日光浴をしています。
c0353373_21404577.jpg
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、泳いでいるあざらしの頭もたくさん見えました。
c0353373_21405359.jpg
シャーロットタウンなどの港からは、あざらし・ウォッチング・ツアーも出ています110.png

# by abegweit | 2019-08-07 20:59 | Prince Edward Island | Comments(0)

ヤナギラン

2年前の秋に訪れたトレイルに行ってみたところ、想像していたとおりにヤナギランがたくさん咲いていました。ヤナギランは紫がかったピンクで群生しています。英語名の「Fireweed」の由来は山火事の後に咲くことが多いからだそうです。終わりかけていましたが、まだまだとてもきれいでした。
c0353373_21301483.jpg
c0353373_21302459.jpg
c0353373_21303163.jpg

# by abegweit | 2019-08-06 21:37 | Summer | Comments(2)

キルト

土曜日の朝何気なくSNSを見ていたら、たくさんのアイランダーがキルトを外に干している写真を掲載していました。偶然にしては多いと思ったら、「Quilt Hang Out Day」というイベントだったそうです。土曜日は記念すべき第1回目だったとか。「様々なキルトで島の夏景色を彩り、島の伝統であるキルト文化を讃えましょう」という趣旨だったそうです。

近くのコミュニティ・ホールにもキルトが飾ってありました。結構風がある日だったので、キルトにとってもよい虫干しになったことでしょう110.png
c0353373_20515666.jpg
c0353373_20521223.jpg
Facebookでたくさんの写真を見ることができます。今年は第1回目だったので知らない人も多かったと思います。来年はもっとたくさんのキルトが見られるといいなと思います。

# by abegweit | 2019-08-05 20:55 | Prince Edward Island | Comments(0)

日本食レストランで誕生会

私のパートナーの親しい友人が50歳の誕生日を迎えるにあたり特別な食事会をしたい!ということで、日本食レストランHojo'sさんで特別メニューを作ってもらいました。7コースのすばらしいコースでした。本格的な日本食は初めてという人も多く、メニューや箸の使い方などを説明するのに忙しくてあまり写真が撮れませんでしたが、どれも大変おいしくいただきました。

お刺身が絶品でした110.png
c0353373_23143209.jpg
そして特別に作ってもらったロブスターの天ぷら!です。
c0353373_23143969.jpg
たまたま土用の丑の日だったので、うなぎ丼も特別コースに加えていただきました。
c0353373_23150189.jpg
今までは店内のみでしたが、テイクアウトも始めたそうです。ここでは自家製麺のラーメンも人気ですが、テイクアウトしても味が落ちずにおいしく食べられるように研究を重ねられたそうです。このブログを書いていたらまた行きたくなりました。

# by abegweit | 2019-08-02 23:24 | Food and Drink | Comments(0)

夕立

昨日はとてもとても蒸し暑い日でした。涼みがてら陽が落ちた後にビクトリア・パークへ散歩に行きました。これは夕立になりそうな空…と、急いで帰ったところ、家に入ると同時に雨が降り始めました。それほどたくさんは降らなかったけれど、ちょっと気温が落ち着いたような気がします。
c0353373_20441873.jpg
普段はこんなにきれいな夕陽が見られます。
c0353373_20440980.jpg


# by abegweit | 2019-08-01 20:53 | Summer | Comments(0)

『HOME~心輝くカナダの旅 inプリンスエドワード島~』

日曜日8月4日の午後2時からBSフジで『HOME~心輝くカナダの旅 inプリンスエドワード島~』が放映されるそうです。ご覧になれる方は是非110.png

さて、ファーマーズ・マーケットの前でカノーラがきれいに咲いています。今島のあちこちで黄色い畑が広がっているようです。毎日暑いので屋内にこもりがちですが、そろそろ郊外へ写真を撮りに出かけたいと思っています。今日も体感気温が40℃近くまで上がる予報です…
c0353373_00035419.jpg


# by abegweit | 2019-07-31 20:34 | Prince Edward Island | Comments(2)

Run Under The Star 2019

Run Under The Star - なんともロマンチックな響きですが、来る8月10日の午前12時にコンフェデレーション・ブリッジの上でマラソンが行われます。文字通り星空の下でのマラソンです。金曜日(9日)の夜から土曜日(10日)へ日付が変わったところでニューブランズウィック州側からプリンスエドワード島へ向けてスタートです。5キロと13キロ(橋の長さが12.9キロ)の2コースがあります。

写真は2010年にコンフェデレーションブリッジを歩いたときの写真です。このときは朝6時ぐらいにスクールバスで橋の向こう側であるニューブランズウィック州に渡り、プリンスエドワード島へ向けて歩きました。この時は人数制限も年齢制限もなく、しかも歩いて渡ることができました。今回は真夜中のマラソンなので19歳以上かつ1000名までというルールが設けられていますが、大人気で申し込みの受付は終了しています。9年前に歩いたときは朝焼けや橋から昇る朝日がきれいでした。(下の写真はニューブランズウィック州側から撮影しています。)今回はスタートからゴールまで真っ暗な中で行われます。

おそらくこの時間帯に車で橋を渡る予定の人はいないと思いますが、橋は両車線とも数時間クローズします。
c0353373_02524548.jpg
c0353373_02525110.jpg
c0353373_02523789.jpg
(シャトルで島を出発するところです)
c0353373_02525978.jpg
(島まであと1キロの地点です)


# by abegweit | 2019-07-30 21:48 | Prince Edward Island | Comments(0)

クランベリー・サイダーとポーク・バーガー

暑い週末でした。オタワで体験した46℃(体感気温です)には及びませんが、それでも日中はかなり暑かったです。でも湿気が無かったので木陰に入れば爽やかでしたし、日が落ちるととても涼しくなりました。洗濯物がとても気持ちよく乾きました110.png

さて、今年会社の近くに新しいサイダー(りんごの発泡酒)のお店がオープンして以来、金曜日の仕事帰りに立ち寄るのが習慣になりつつあります。中には5人ぐらいが座れるカウンターがあり、外にはピクニックテーブルも置いてあります。瓶でも売ってますが、私たちは専用のグラウラー(持ち帰り用の詰め替えできる瓶)も購入してしまいました。

そのお店で、りんごのえさで育った豚を使ったバーガーが食べられるイベントがありました。「あたらしく仕込んだクランベリーのサイダーも飲めるよ。」と言われたので、もちろん行ってきました。スモークしたポークにBBQソースやお酢などで調味したプルド・ポークのバーガーです。
c0353373_20413653.jpg
このバーガーがこの上なくおいしかったです。このお店では普段はフードメニューが無いので、次はいつこのバーガーが食べられるか分かりません。「もう少し食べたいね…」ということで、2人でもう1つ買ってシェアしました。クランベリー・サイダーも爽やかでおいしかったです。このサイダーもお持ち帰りしたかったのですが、仕込んだ量が限られているとのことで、お持ち帰りはできませんでした。

# by abegweit | 2019-07-29 20:52 | Food and Drink | Comments(0)

モンゴメリのスクラップ・ブック

『赤毛のアン』出版100周年である2008年に、モンゴメリのスクラップ・ブック「Imagining Anne」が出版されました。モンゴメリは生涯にわたって雑誌の切り抜き、猫に関するもの、押し花、自分の作品や書評などをスクラップ・ブックにしていましたが、この本では『赤毛のアン』の執筆に影響を与えたであろう1890年台から1910年ごろのスクラップがカラーで掲載されています。

今回表紙の装丁を一新して違う出版社から再発表され、出版記念のスピーチ及びサイン会がプリンスエドワード島大学(UPEI)で行われました。以前に大学学長を務め、Montgomery Institute(モンゴメリの研究機関)を発足させたElizabeth Rollins Epperly さんはもちろん、モンゴメリの孫であるKate Macdonald Butlerさんなどそうそうたるメンバーが集まっていました。

今回出版されたのはこちらです。
c0353373_20595537.jpg
青い表紙は2008年に出発されたもので、ハードカバーです。今回出版された赤い表紙は一回り小さいペーパーバックなので、その分料金も抑えられています。日本でも訳本が出ています。
c0353373_21000210.jpg
スクラップ・ブックを編集したエパリーさんは、モンゴメリ研究の第一人者です。
c0353373_20594153.jpg
当日はスクラップブックのコピーも展示されていました。
c0353373_20594959.jpg
今年の8月にはCavendishにモンゴメリ記念公園がオープン予定ですし、まだまだモンゴメリの人気は衰えません。衰えないどころか、ますます世界中の人を魅了しています110.png


# by abegweit | 2019-07-26 21:11 | Anne and Montgomery | Comments(0)

オタワ 2

もう7月も終わりですが、朝晩とても涼しくて過ごしやすいです。イチゴがおいしい季節になりました110.png

もう1回だけオタワの写真をアップします。

ネピアン・ポイントという展望台から見た国会議事堂です。
c0353373_01160280.jpg
ノートルダム聖堂
c0353373_01154148.jpg
カナダ国立美術館
広々とした空間を贅沢に使っている美術館でした。
c0353373_01154819.jpg
バイワード・マーケット
c0353373_01155501.jpg
国会議事堂のツアー
本来の下院会議場が改築工事中のため、仮の会議場を案内してもらいました。仮とは思えないほど立派ですが、ツアーのガイドさんによるとこの改修工事はあと10年ほどかかるそうです。残念ながらPeace Tower(平和の塔)や有名な図書室も改築工事に伴い、見学することはできませんでした。「2030年以降にまた来てね。」と言われました…
c0353373_01161505.jpg
そして国会議事堂のプロジェクション・マッピングです。
日中はものすごく暑かったのですが、夜はとても爽やかで過ごしやすくなりました。これだけ湿度が高い芝の上ではさぞかし蚊に刺されるだろうと怯えていましたが、一匹の蚊にも悩まされることなく気持ちよく見学ができました。
c0353373_01160848.jpg
オタワはとてもきれいで興味深い町でしたが、「やっぱりプリンスエドワード島が一番きれいだね。」と話しながら帰ってきたのでした。

# by abegweit | 2019-07-25 20:38 | Canada | Comments(0)

オタワ

オタワは比較的徒歩圏内に観光スポットや博物館が集まっているので、こんなに暑くなかったら(体感温度40℃以上)もっとゆっくりと散策を楽しめたと思います。今回は暑さに負けてできるだけ屋内で過ごしました。
c0353373_22290256.jpg
夏は国会議事堂前で衛兵交代式があり、さすがにこれは首都ならではの光景だと思いました。
c0353373_22282875.jpg
国会議事堂と並んで観光スポットとなっているのがリドー運河です。開門する様子を見学していましたが、まさか毎回手動で作業するとは知らず、びっくりしました。ユネスコ世界遺産となったのも納得です。
c0353373_22285540.jpg
c0353373_22290942.jpg


# by abegweit | 2019-07-24 20:27 | Canada | Comments(0)

上空から見たプリンスエドワード島

猛暑のオタワからプリンスエドワード島へ戻ってきました110.png
オタワへはシャーロットタウン空港から直行便で1時間半です。夕方の便だったので上空からの眺めをじっくりと楽しみました。写真には撮れませんでしたが、おそらくカノーラ畑であろう黄色い畑も見えました。
c0353373_21421652.jpg
c0353373_21422533.jpg
コンフェデレーションブリッジの上空に来ると霧がかってしまいましたが、それでもきれいに見えました。左手前がプリンスエドワード島です。海岸線が赤いです。
c0353373_21423826.jpg
そしてオタワ空港に到着する前にぐるっと旋回したので、オタワ市街地の眺めも楽しむことができました。カナダの首都ですが、田園風景の中に突然市街地が現れます。
c0353373_21424692.jpg
それにしても暑かったです。Humidex(カナダ独自の体感温度)が46℃!と、常に冷蔵庫の裏側に立っているような状態でした。
c0353373_21425314.jpg

# by abegweit | 2019-07-23 21:51 | Prince Edward Island | Comments(0)