プリンスエドワード島の四季

abegweit.exblog.jp
ブログトップ

Kidsportのイベント

先日Kidsportのチャリティディナーがありました。Kidsportというのは子供がスポーツを楽しめる機会を儲け、スポーツできる環境を向上させることを目的とした団体です。ホッケーやスケートなどの冬のスポーツは用具などをそろえるのにお金がかかりますし、週末は島のあちこちで試合があり送迎も大変そうです。金銭的に余裕が無い家族の子供に援助もしています。

私の勤め先が何枚かディナーチケットを購入したので、1枚もらって行ってきました。大学や専門学校のホッケーチームなどのスター選手がハンバーガーを作ったり、スポーツ用品などのオークションが行われました。先週カナダのサスカチュワン州で起こったバスの事故で無くなった若い選手や関係者たちへ黙祷もささげられました。本来のドレスコードはビジネス・カジュアルだったのですが、彼らへの追悼の意をこめて「ホッケーチームのユニフォームを持っている人は着てくるように」と通達があり、半数近くの人が自分の好きなチームのユニフォームを着ていました。
c0353373_04002234.jpg
c0353373_04005350.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-04-15 22:41 | Food and Drink | Comments(0)

マグロのポキ

先週の日曜日の夜はHalifaxに泊まったので、シーフードがおいしいレストランでマグロのポキを食べました。ポキは生魚を使ったハワイの料理だそうです。吹雪の中外に出たかいがあり、とてもおいしかったです。私たちの他には1組しかおらず、料理を持ってきてくれた人は「これから道が悪くなりそうだから帰るね。」と言って、帰ってしまいました。
c0353373_00403298.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-04-13 20:32 | Food and Drink | Comments(0)

もうすぐ春?

先週の日曜日こそ吹雪きましたが、少しずつしっかりと暖かくなってきています。こんな景色も見納めでしょう。
c0353373_22140096.jpg
『アンの愛情』に出てくるハリファックスの墓地

c0353373_22142017.jpg
ハリファックスのウォーターフロント
c0353373_22140627.jpg
同じくハリファックスのウォーターフロント
c0353373_22135306.jpg
ノバスコシア州の州議事堂



[PR]
# by abegweit | 2018-04-12 20:00 | Spring | Comments(0)

『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』Art Gallery of Nova Scotia

このブログでも何回か紹介している『しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス』の映画は日本でも高い評価を得ているようで、嬉しいです。

仕事でHalifaxに行ってきたので、モード・ルイスが住んだ家や作品が展示されているArt Gallery of Nova Scotiaも訪れました。Art Galleryに到着した時は吹雪いてました。日本では桜吹雪を楽しんでいたのですが、アトランティックカナダの春はちょっと遅いようです。
c0353373_22373276.jpg
今にも映画の2人が出てきそうな雰囲気です。彼女の作品も多々展示され、ギフトショップではプリントやグッズなどが売られています。Art Gallery内はフラッシュを使用しなければカメラ撮影Okです。吹雪のせいか誰もいなかったので、ゆっくり鑑賞することができました。
c0353373_22371989.jpg
c0353373_22371314.jpg
c0353373_22370756.jpg
2人が実際に住んでいたのはHalifaxから2時間半ぐらい離れたDigbyの小さな村です。2人が亡くなったあとは有志が保存会を設立、後にノバスコシア州政府が買い取り、現在HalifaxのArt Gallery of Nova Scotiaで常設展示されているのです。絵の具の色があせてしまったところは1965年に撮影されたドキュメンタリーを参考に修復したそうです。
c0353373_22372533.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-04-11 21:07 | Nova Scotia | Comments(0)

Burger Love 2018 #3

私のパートナーが「週末だし、皆でバーガーを持ち寄っていろいろ試してみよう!」と言い出したので、結局3日連続でBurger Loveキャンペーンのバーガーを食べることになりました。

7人が各自食べたいバーガーを持ち寄り、いろいろ試してみました。食べるのにいそがしくて写真は撮れませんでしたが、一番おいしいと思ったのはジンジャーがたっぷり入ったバーガーです。同じ会社の料理好きな人が勧めていたので彼女の味覚を信じて買いましたが、本当においしかったです。バーガーのトッピングは日本のお寿司についてくる「がり」でした。
c0353373_20160812.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-04-10 20:33 | Food and Drink | Comments(0)

Burger Love 2018 #2

先週の金曜日は本土にあるオフィスで全体会議があり、かなり遅い時間にプリンスエドワード島に戻ってきました。全員お腹がすいていたので全員一致でBurger Loveのバーガーを食べることにしました。日本から島に戻ってきて2日連続でバーガーとなりました。

みんなで食べたのはピザ屋さんのバーガーです。
c0353373_20030078.jpg
プリンスエドワード島やノバスコシア州で人気がある"Donair Sauce"という甘いソースがあるのですが、それがたっぷり入っているのが特徴でした。エバミルク、砂糖、お酢、ガーリックがメインのソースです。かなりガーリックが効いてましたが、全員同じオフィスで働く仲間なので問題無し!ということになりました。


[PR]
# by abegweit | 2018-04-09 20:08 | Food and Drink | Comments(0)

Burger Love 2018

桜がいちばんきれいな時期に日本に帰国し、2週間ぶりにプリンスエドワード島に戻ったら、Burger Loveが始まっていました。Burger Loveはプリンスエドワード島産のビーフを使ったバーガーのキャンペーンです。4月の1ヵ月間、島の85件のレストランがそれぞれ個性的なバーガーで競います。

シャーロットタウン空港に到着したのが午前2時過ぎ… 同日に仕事に戻ったのですが、さすがにお弁当を用意する気力が無かったので、Burger Loveでランチにすることにしました。

私にとっての今年初Burger Loveはこちらです。
c0353373_03283704.jpg
チーズとベーコンがたっぷりのバーガーです。フライが2種類トッピングされています。1つはチーズ、そしてもう1つはチーズマカロニでした。それから、かわいらしいミニ・バーガーもトッピングされていました。これはグミ・キャンディでできています。
c0353373_03284313.jpg
奇をてらわず、ベーシックでおいしかったです。日本ではひたすら和食を食べていましたが、バーガーを食べてカナダに戻ったと実感しました。


[PR]
# by abegweit | 2018-04-06 23:19 | Food and Drink | Comments(2)

大さん橋

プリンスエドワード島とはあまり関係無いのですが、5月にアトランティック・カナダに寄港する飛鳥Ⅱの出港セレモニーの話を友人にしたところ、大さん橋は人気のあるデートスポットということを教えてくれました。

確かに片方はみなとみらい、もう片方にはベイ・ブリッジが一望でき、最高のロケーションです。
c0353373_04562125.jpg
c0353373_04561311.jpg
ここからの夜景はきれいでしょうね。飛鳥Ⅱをお見送りした日は、横浜駅からみなとみらい商業地区を通りながら大さん橋へ行き、その後山下公園で歓送放水を見て桜木町駅まで歩きました。気が付けば18,000歩も歩いてました。とてもいいお天気だったので、バスや電車に乗るのがもったいなくて、ついこんなに歩いてしまいました。プリンスエドワード島も大好きですが、やっぱり横浜も最高です。

[PR]
# by abegweit | 2018-03-27 05:06 | Sightseeing | Comments(0)

飛鳥Ⅱのお見送り

飛鳥Ⅱが世界一周クルーズに旅立つ3月25日の日曜日、横浜の大さん橋で出港セレモニーがあるとのことで行ってみました。
当日はこれ以上望めないほどの好天気で、大さん橋にもたくさんの人がお見送りに集まっていました。
c0353373_05233728.jpg
c0353373_05235979.jpg
日本は横浜出身ですが、実は今回初めて大桟橋のクルーズ・ターミナルに入りました。さすがにプリンスエドワード島のターミナルとは違います。ラグジュアリー感たっぷりのターミナルでした。
c0353373_05235249.jpg
お見送りの人に黄色いタオルと飛鳥Ⅱのうちわが配られ、午後1時半に出港セレモニーが始まりました。映画などでしかみたことのなかったテープ投げを初めて見ました。楽隊の演奏、バルーン・リリースなどがあり、いよいよ出港。ターミナルでもらった黄色いタオルを振って、お見送りです。
c0353373_05241138.jpg
そしてベイブリッジを通る前に横浜市消防局の消防艇による歓送放水が行われました。青い空に映えて、パーフェクトな旅立ちでした。
c0353373_05241736.jpg
c0353373_05250089.jpg
残念ながら今回の世界一周クルーズではプリンスエドワード島には寄港しませんが、5月22日にノバ・スコシア州のハリファックス、5月24日にはニュー・ブランズウィック州のセント・ジョンに寄港します。この船が2ヶ月後にはアトランティックカナダにいるのですね。ただただすごいと思います。

[PR]
# by abegweit | 2018-03-26 05:29 | Canada | Comments(0)

スノー・ストーム

"March comes like a lion and goes out like a lamb." という諺があります。直訳すると、「3月は獅子のようにやってきて、子羊のように終わる。」です。3月の気まぐれで変わりやすいお天気のことを指した諺だそうです。ただ今年の3月はどちらかというと逆で、穏やかに始まって荒々しく終わりそうです。

今日3月22日(木)はスノー・ストーム警報が出ており、学校は早々に休校。交通機関にも影響が出始めており、非常に荒れそうです。実は今プリンスエドワード島にはいないので、数年前の冬の写真をアップいたします。いろいろと大変ですが、冬のプリンスエドワード島は美しいです。
c0353373_20004050.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-22 20:03 | Winter | Comments(0)

ライス・プディング

ブレッド・プディングとかプリンなどのカスタード系のデザートは大好きなのですが、同じプディングでもライス・プディングだけはどうしても苦手です。カナダで一般的なのはお米をミルクで煮て甘くしたものです。食わず嫌いはいけないと食べてみましたが、やはりだめでした。どうしても冷たくて甘いミルクに浸ったご飯に違和感があります。

子供の頃からライス・プディングを良く食べていたカナダ人のパートナーは大好きです。でも、ひじきやきんぴらなども含めてほとんどの日本食はおいしいと食べる彼ですが、茶碗蒸しだけは苦手だそうです。一見デザートに見えるので、食べてみたときのギャップ(甘くなくて温かいところ)が駄目なのだそうです。朝食に私はお粥、彼はオートミールを食べたりすることもありますし、やっぱり食べなれたものがほっとしますね。

これは2月にセント・ジョンに遠出したときのライス・プディングです。シナモンがかかってました。彼はとってもおいしそうに食べてました。
c0353373_22472983.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-21 22:36 | Food and Drink | Comments(0)

新しいビール・バー

お隣の州のトピックが続いたので、久しぶりにP.E.I.のニュースです。以前スターバックスが入っていた後のスペースに、ビール・バーがオープンしました。人通りの多いエリアの角にあり、スターバックスの頃はいつも混んでいました。次はどんなお店が来るのかなと思っていたところです。

ボトルのビールの購入もできます。もちろんP.E.I.のクラフト・ビールです。少しずついろんな味を試したい旅行者の方に便利ですね。
c0353373_21572414.jpg
下がバーの写真です。ブルーベリーや、ルバーブのビールなどもあります。コンブチャやアイスコーヒーもあるので、アルコールを飲まない方も楽しめます。
c0353373_21573154.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-20 19:46 | Food and Drink | Comments(0)

セント・ジョン、シティ・マーケット内のシーフード・レストラン

セント・ジョンのシティ・マーケットの建物の中にあるシーフード・レストラン。前から気になっていて、今回やっとランチを食べることができました。

まずはシーフード・チャウダーを食べました。ダルスという海藻を乾燥させたものがトッピングされていました。ダルスの塩気がいいアクセントになっています。
c0353373_04001077.jpg
ダルスの下はこんな感じです。シーフードがたくさん入っておいしかったです。
c0353373_04001880.jpg
それからメインには、悩んだあげく結局ロブスター・ロールを食べました。甘いマヨネーズであえてあるロブスターがたっぷり入ってました。普段ならちょっと甘すぎるかもしれませんが、この日は町中を歩き回っていたので、疲労回復に効いたような気がします。急な坂の上に立っている町なので、結構足にきます。
c0353373_04002474.jpg
私のパートナーはレストランの人が勧めてくれたカニの身が入ったラップを食べていました。写真ではあまり中身が見えませんが、結構たっぷり入ってます。プリンスエドワード島でもカニはたくさんとれますが、ほとんど輸出されてしまいます。最近少しずつカニを出すレストランも増えてきましたが、まだまだ島ではカニを食べる機会が少ないのです。
c0353373_04003195.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-19 20:46 | New Brunswick | Comments(0)

セント・ジョンのシティ・マーケット

セント・ジョンのダウンタウンにあるシティ・マーケットはいつも地元の人や観光客でにぎわってます。農産物、シーフード、お肉、パンなどの食品はもちろん、お土産なども売っています。完全に屋内なので、お天気が悪日でもゆっくり見ることができます。シーフード・レストランやカフェもあるので休憩もできます。
c0353373_03411954.jpg
c0353373_03405938.jpg
c0353373_03411111.jpg
c0353373_03412654.jpg
c0353373_03413325.jpg
前回のソチ・オリンピックの直前、このセント・ジョンでグランプリ・シリーズのSkate Canadaの大会が行われ、日本からもたくさんの選手が来ていました。私はちょうど日本にいてセント・ジョンまで行くことはできなかったのですが(今更ながら悔やまれます)、選手やスタッフの方々がこのマーケットにも来ていたかもしれませんね。


[PR]
# by abegweit | 2018-03-18 23:31 | New Brunswick | Comments(0)

ニュー・ブランズウィック州の屋根付橋

ニュー・ブランズウィックは豊かな森と水に恵まれた州です。大小さまざまな川が縦横無尽に流れていて、冬の寒さや雪から橋を守る為の屋根付き橋(Covered Bridge)が多いことでも有名な州です。屋根付き橋を作る木材も豊かなことから、あちこちに屋根付き橋を作ることができたようです。ニュー・ブランズウィック州の屋根付き橋のリストはこちらで確認できます。プリンスエドワード島の13倍もある州なので全部見つけるのは大変だと思いますが、どれも絵になります。

世界で一番長い屋根付き橋もこの州のHartlandというところにあります。普通の乗用車なら渡れますが、反対側から車が来ないことを確かめてからゆっくりと進めます。地元の人は慣れているのでしょうが、ちょっと怖いです。
c0353373_23280837.jpg
c0353373_23330406.jpg
歩行者専用の通路もあります。
c0353373_23325877.jpg
とても短い橋も多く、灯台と一緒だとよりフォトジェニックです。
c0353373_23282237.jpg
c0353373_23282928.jpg
ハイウェイを走っていると見えることもあります。車を路肩に停めることはできないので、走っている車の中からがんばって撮りました。
c0353373_23281797.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-17 22:50 | New Brunswick | Comments(0)

リバーシング・フォールズの展望レストラン

リバーシング・フォールズにある展望レストランです。まだ誰もいなかったので写真を撮らせてもらいました。
c0353373_04062264.jpg
私はシーフード・チャウダーとロブスターロールを食べました。どこに行っても同じもばかりオーダーしてますが、アトランティック・カナダではこの組み合わせが最高だと私は思ってます。
c0353373_04063804.jpg
相方はエルク・バーガーを食べていました。脂肪分は少ないけど、肉の味がしっかりすると言ってました。
c0353373_04064577.jpg
エルクはニュー・ブランズウィック産ではなくケベックから取り寄せたそうです。シェフの意向でジビエをメニューに入れているそうです。

窓側の席からの眺望です。ガラス張りなので、雲っていたにも関わらず明るく開放的で気持ちのいいレストランでした。ここで誕生日やウェディングのパーティをすることが多いのもうなずけます。
c0353373_04061451.jpg
c0353373_04063065.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-16 21:07 | New Brunswick | Comments(2)

セント・ジョンのReversing Falls Rapids

セント・ジョンのダウンタウンから車で数分のところに、Reversing Falls Rapidsという場所があります。
c0353373_03574844.jpg
セント・ジョン川が注いでいるファンディ湾は世界で一、二を争う干満の差が激しい湾で、満潮時にはセント・ジョン川を逆流します。ここでは川の逆流現象だけではなく、川底の複雑な形や急流が影響してあちこちにできる渦なども見ることができます。もう10年も前ですが、『世界の果てまでイッテQ』で出川さんがこの渦で洗濯にチャレンジしていました。
c0353373_03581205.jpg
c0353373_03575472.jpg
この周辺で逆流や渦を見るだけなら無料ですが、去年の秋にSkywalkという展望台がオープンしました。足元の一部がガラスになっていて、この展望台だけは有料です。
c0353373_03572049.jpg
料金を払い、このパスをもらって首にかけます。
c0353373_03572988.jpg
裏はポストカードになっていて、記念に投函することもできます。(切手は売店で購入できます)
c0353373_03573657.jpg
まずはリバーシング・フォールズとセント・ジョンの紹介フィルム(10分ほど)を見てから、展望台へ。当日は残念ながら曇ってました。大丈夫だと分かっていてもガラスの上を歩くのは怖かったです。

翌朝晴れたので、周りの景色を撮影しに再び行ってみました。Skywalkを下から見るとこんな感じです。この展望台の下はレストランになっています。次のブログではレストランについてご紹介したいと思います。
c0353373_03574272.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-15 20:38 | New Brunswick | Comments(0)

ニュー・ブランズウィック州のセント・ジョン

ニュー・ブランズウィックはプリンスエドワード島とコンフェデレーションブリッジで繋がっている州です。州都は大学町でもあるフレデリクトンですが、人口が多いのはそれぞれ河口にあるモンクトンとセント・ジョンです。日本ではニュー・ブランズウィック州自体があまり知られていませんが、森と川が多い自然豊かな州で、特に秋の紅葉が美しいです。カナダで唯一英仏の2言語を公用語としている「州」です。

2月末にセント・ジョンへ行ってきたので、何回かに分けてこの町の紹介をしたいと思います。セント・ジョンはカナダ初の「市(City)」となった町ということもあり、「カナダ初の」という表現がとてもよく使われます。下にセント・ジョンの「カナダ初」リストを貼ってみました。

ミス・カナダに選ばれた女性が旦那さんの名前で呼ばれている点に時代を感じます。例えば『赤毛のアン』のアンが「ミセス・ギルバート・ブライス」と呼ばれるような感じですね。アンの作者のモンゴメリさんは結婚後も作家名には旧姓である「モンゴメリ」を使い続けていましたが、旦那さんの前では「マクドナルド」夫人であることを徹底していたそうです。

Canada's first:

  • Biscuit factory - established in 1801
  • Board of Fire Insurance Underwriters - established in 1865
  • Boys and Girls Club of Canada - founded in 1903
  • Brain surgery using innovative, portable equipment - Saint John Regional Hospital, 2006
  • Charter bank - Bank of New Brunswick, 1830
  • Common-law (farmers) market - Saint John City Market, 1876
  • Female Canadian Golf Champion - Miss Mabel Thompson, 1902
  • Female commercial air pilot - Mrs. Tony Shelfoon (nee Daphne Peterson)
  • Fire insurance company - Munso Jarvis, established 1801
  • Free public library, established 1883
  • Incorporated city - founded by the United Empire Loyalist, 1783 & created by Royal Charter, 1785
  • Industrial exhibition, 1851
  • Miss Canada - Mrs. Harold Drummie (nee Winnie Blair), 1923
  • National Historic Streetscape - Prince William Street, designated in 1981
  • Paved street - Prince William Street
  • Publically funded high school - Saint John High School
  • Public museum - New Brunswick Museum (originally called the Gesner Museum), 1842
  • Public playground - started by Miss Mabel Peters. This playground is known as the Allison Ground Playground in Rockwood Court.
  • Soda crackers - developed by T. Rankine & Sons, Church Street, 1823
  • Use of anaesthetic during an operation - December 17, 1847
  • Vocational school - located on Douglas Avenue the school still operated today as Harbourview High School
  • YWCA - established by Mrs. Agnes A. Blizzard, 1870

下の写真はセント・ジョンで泊まったホテルの部屋から撮りました。ダウンタウンから少し離れていたので迷ったのですが、駐車料金が無料だったので選んだホテルです。セント・ジョンだけではなく、都会のダウンタウンのホテルでは1泊につき15-20ドルくらいの駐車料金を取られるところが多いです。この夕陽がおちていくダウンタウンの景色を見て、ここにして良かったと思いました。
c0353373_23550565.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-14 20:35 | New Brunswick | Comments(0)

夏時間

日曜日からDaylight Saving Time、いわゆる「夏時間」が始まりました。日本とはちょうど12時間の時差となります。急に日没が7時過ぎになったので、1日がとても長く感じられます。ただし今までは朝起きるときには薄明るかったのに、ふたたび暗くなりました。

本日火曜日は大雪注意報が出ていますが、1週間予報を見ると日中予想気温にマイナスが付いてません!こうやって少しずつ春に近付いていくのでしょうね。

海の氷も潮の関係で行ったり来たりしてますが、さすがにもうこの冬では一面凍った海を見ることはないでしょう。
c0353373_03330901.jpg
c0353373_03384017.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-13 20:41 | Winter | Comments(0)

週末、久しぶりにまとまった雪が降りました。風が無いので木にも雪が降り積もってきれいでした。
c0353373_21050293.jpg
ビクトリア・パークのトレイルでは雪靴散策やカントリースキーを楽しむ人を見かけました。
c0353373_21051308.jpg
明日の火曜日も大雪注意報が出ています。1月と2月に忘れていた分を思い出したかのように降り始めました…

[PR]
# by abegweit | 2018-03-12 21:08 | Winter | Comments(0)

Daylight Saving Time

平日は毎朝8時15分ごろ家を出るので、だいたい6時頃起きています。因みにありがたいことに会社までは車で5分かかりません。2月の初めぐらいまでは6時台は真っ暗でしたが、最近は薄明るくなってきました。カナダの長い冬もようやく終わるのか。。。と感慨深く思っていたところ、今朝のラジオで今夜15-20センチぐらいの積雪になると伝えていました。

そして今週末からDaylight Saving Timeが始まり、日曜日の午前2時に1時間早まります。こちらの人は"Spring forward, fall back"と覚えています。急に夜7時ぐらいまで明るくなるので、慣れない間は1日が急に長くなったように感じます。

写真は去年の3月中旬のグリーン・ゲイブルズです。今夜雪が降ったら、明日の朝は真っ白できれいなことでしょう。
c0353373_23401241.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-03-09 23:43 | Winter | Comments(0)

国際女性ディとモンゴメリ

本日3月8日は国際女性ディです。国際女性ディに合わせたのか偶然なのか、Heritage Minutesがモンゴメリのショート・フィルムを公開しました。Heritage Minutesはカナダの歴史、人物、文化などをそれぞれ1分間で紹介する映像です。学校の教材として使用されるのはもちろん、テレビのコマーシャルとしても頻繁に流れるので、自然と何度も見ることになります。国内での影響力がとても強いので、Heritage Minutesで取り上げられること自体がニュースになります。

英語のサイトですが、Heritage Minutesを作成しているHistorica CanadaのHPのロゴにアン、麦藁帽子とタイプライターがあしらわれています。このロゴはまた変わってしまうと思うので、是非今のうちに見てみてください。色調もアンらしくて、とても素敵です。

Heritage Minutesのモンゴメリ版は下記のYou Tubeで見ることができます。モンゴメリの台詞は全て、彼女の日記に書かれていることです。何度も原稿を断られた挫折や女性差別に悩みながらも、プリンスエドワード島の美しい風景の中で小説や詩を書き続けるモンゴメリの姿が描写されています。屋外の撮影は全てプリンスエドワード島です。撮影しているシーンは昨年のニュースでも報道されました。

ではどうぞ!



[PR]
# by abegweit | 2018-03-08 22:06 | Anne and Montgomery | Comments(0)

モンクトンの日本食レストラン

先週の日曜日に久しぶりにお隣の州のモンクトンに行きましたが、日本食レストランがたくさんあってびっくりしました。P.E.I.から近いですが、私個人としてはモンクトンに行く機会があまりありません。レストランのHP、SNSそして口コミサイトなどでチェックして、島を出る前にお店を決めておきました。

前菜の揚げ出し豆腐。
海外の日本食レストランではなぜか必ずオーダーしてしまいます。日本のよりもしっかりとした衣で揚げているお店が多いです。ずっと以前どこかで厚揚げにさらに衣をつけて揚げたものが10個ぐらい出てきたことがありました…
c0353373_23273672.jpg
お味噌汁
同じく海外の日本食レストランでは、一番最初にお味噌汁が出てくることが多いです。「お寿司と一緒にお願いします」と言えばよかったと、ほぼ毎回後悔します。前菜のスープの位置づけだと思います、やはりビールとお味噌汁は別々に楽しみたいですね。
c0353373_23274206.jpg
モンキー・ブレイン
名前で迷いましたが、試してみました。くりぬいたアボカドにカニとマグロなどが入ってました。2人で食べるには量が多すぎました。
c0353373_23274899.jpg
巻物
うなぎ好きなパートナーの希望でオーダーしたうなぎロール。P.E.I.でもうなぎが釣れるので、釣り好きなお父さんが釣ってきたものをお母さんが料理してくれていたそうです。
c0353373_23275456.jpg
お寿司
サーモンとうなぎだけオーダーしました。ご飯もほどよい量でとてもおいしかったです。やっぱりお寿司はおいしいですね。
c0353373_23280552.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-07 22:26 | Food and Drink | Comments(0)

2018年度 シャーロットタウンとキャベンディッシュ間のシャトル 

昨年試験的に運行されたシャーロットタウンとキャベンディッシュ間のシャトルが今年も運行されることになりました。夏にキャベンディッシュで働く学生さんに安価な交通手段を提供するために昨年運行開始しましたが、もちろん一般の人も利用できます。シャーロットタウンのホテルに泊まっていて1日キャベンディッシュやグリーンゲイブルズで過ごしたい人、キャベンディッシュに泊まっていて町の劇場で上演されている『赤毛のアン』や『アンとギルバート』のミュージカルを観たい人などに最適です。但し夜のシャトルの運行は水、金、土のみなので、劇場とシャトルのスケジュールを両方しっかりご確認ください。2017年度の情報ですが、『赤毛のアン』のミュージカルの夜の部は10時前に終了し、『アンとギルバート』は9時40分頃終了するそうです。『赤毛のアン』を上演するコンフェデレーション・センター前でピックアップしてくれますが、『アンとギルバート』を上演するThe Guildという小劇場からもとても近いです。
c0353373_05082825.jpg
今年のバスのスケジュールはこちらのHPで確認できます。学校の夏休みにあたる6月22日から9月3日までのみ運行予定。バスチケットの購入はHP(Visitor Travelをクリック)か、シャーロットタウンのビジターインフォメーションセンター(6 Prince Street, Founders Hall)内のPrince Edward Toursのツアーデスクでできます。乗車と降車する場所がそれぞれ数箇所あります。予約が無い場合、バスは停まらないので【要予約】です。

下の写真はコンフェデレーション・センターのBox Officeの入り口前、シャトルのピックアップ場所です(ピックアップ場所は他にも数箇所あるので、予約時に劇場前と指定しないと停まってくれないので要注意)。今はハンプティ・ダンプティの人形はありません。
c0353373_05125263.jpg
そしてこちらがシャトルバス。整備などでたまに違うバスも使ってますが、基本的にこの"City Beach"と書いてあるバスで運行しています。
c0353373_05130050.jpg

[PR]
# by abegweit | 2018-03-06 21:47 | Sightseeing | Comments(0)

Dining in the Dark

CNIB(Canadian National Institute of the Blind)が主催した"Dining in the Dark”というチャリティ・ディナーに行ってきました。CNIBは盲目の人や視覚障害を持つ人が生活する上で必要な支援を行っている非営利団体です。

"Dining in the Dark"は、目隠しをして視覚以外の五感を使って食事をする体験です。1人100ドルのチケットが完売し、200人が集まったそうです。当日は地元の協賛会社が出品した物のオークションも行われました。知人からディナー・チケットをもらった私たちは、オークションやラッフルというくじに参加しました。ラッフルというのは会場でくじを販売して(今回は1枚2ドル)、そのくじが当たった人が掛け金をもらえるシステムです。ほとんどの場合単価が小さいので何枚か買います。この日の当選金額は400ドルぐらいでしたが、当たった人はその場でCNIBに全額寄付していました。食事代、オークションの売り上げなどで、当日の寄付金総額は300万円を超えたそうです。

前菜はグリルしたフェタ・チーズとマッシュルームのフラン。
c0353373_22020692.jpg
メインはビーフに、薄くスライスして揚げたオニオン、ビーツ、パースニップがトッピングされてました。ビーフはとてもやわらかくて、ナイフは必要ありませんでした。
c0353373_22021298.jpg
デザートはチョコレートのムース。
c0353373_22021872.jpg
皆さん一度はこうやって目隠しをつけてました。でも目隠しをするかしないかは個人の自由だったので、食事中ずっと目隠しをしている人はごくわずかでした。一度お皿の上を見てから目隠しをしてみましたが、とても難しかったです。
c0353373_22020012.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-05 22:27 | Food and Drink | Comments(0)

モンクトンのタイダル・ボア

モンクトンの町はファンディ湾に注ぐプティコディアック川沿いにあります。町の中にはあまり目立った観光スポットはありませんが、プティコディアック川のタイダル・ボア現象は有名です。

今回泊まったホテルはボア・パークという小さな公園の裏にあり、見晴台から川を眺めることができました。ホテルに到着した時は干潮に近く、川は穏やかでした。
c0353373_23400967.jpg
ファンディ湾は世界1,2を競うほどの干満の差が大きい湾です。1日に川を流れる水量もものすごく、いつもにごってます。Mud River(泥川)とかChocolate River(チョコレートのような色の川)とも呼ばれてます。

そして湾や川の形状と水量の影響により、満潮時に波が川をさかのぼる現象が1日2回見られるのです。この現象がタイダル・ボアです。波の高さは3センチから60センチぐらいで、観測には満月の日が最適のようです。


翌朝のタイダル・ボアのスケジュールをチェックして早起きしましたが真っ暗で何も見えず(朝5時57分)、あきらめてベッドに戻りました。その2時間後ぐらいに撮影したのがこちらです。干潮時とは違って川の流れがとても速かったです。時折氷の塊が流れるので、速さがよく分かりました。
c0353373_23401623.jpg
c0353373_23594785.jpg
ここでタイダル・ボア時の写真や動画が見られます。

[PR]
# by abegweit | 2018-03-03 21:17 | New Brunswick | Comments(0)

モンクトンの鉄道駅

日曜日はニュー・ブランズウィック州のモンクトンにいました。モンクトンはハリファックスに次ぐアトランティック・カナダの交通の要地で、空港、鉄道駅、長距離用バスターミナルが揃っています。

オンタリオ州やケベック州などから鉄道を使う場合、プリンスエドワード島には鉄道が走っていないので、モンクトン駅で降りて長距離バスを使うことになります。長距離バス(Maritime Bus)では、一度Amherstという町のガソリンスタンドで乗換えをします。それからコンフェデレーション・ブリッジを渡って合計で3時間ぐらいかかります。乗り換えの際、預けた荷物の移動は自分でしなくてはならないので要注意です。バスによっては無料のWi-Fiも使えます。シャーロットタウンのバスターミナルはダウンタウンの外れにあり、ダウンタウンまで徒歩20分です。ただ、初めての人には分かりにくい場所にあるので、到着したばかりの際はタクシーを利用したほうが安心です。たいてい空のタクシーが1,2台待ってますし、バスターミナルの受付で呼んでくれます。

さて、モンクトンの鉄道の駅舎はダウンタウンのメインストリート沿いにあります。
c0353373_22063965.jpg
中に入るとすぐにチェックイン用のカウンターがあります。
c0353373_22062780.jpg
そして降りたときに荷物を取るターンテーブル、待合室と長距離バスのカウンターだけがあるコンパクトな駅です。
c0353373_22063370.jpg
駅舎にはキオスクやコンビニなどはありませんが、駅から200メートルぐらいのところに大型スーパーやドラッグストアーがあるので便利です。スーパーでお惣菜やおすしを買って乗り込むこともできます。
c0353373_22181544.jpg
c0353373_22180886.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-02 21:32 | New Brunswick | Comments(0)

会社の慰安旅行

会社の慰安旅行で、ハリファックスへの日帰りショッピング・ツアーに参加してきました。昨年オープンしたIKEAをメインに郊外の大型ショッピングモールとCostcoでお買い物するツアーで、会社のスタッフとゲストが無料でした。シャーロットタウンとハリファックスは往復で7時間強かかるので、朝早く出発しても実際にお買い物できるのは5-6時間です。でも、冬に慣れていない本土の道を運転したくないし、コンフェデレーション・ブリッジ代やガソリン代を払う必要も無いので、たくさんの人がゲストを連れて参加しました。大型バスだったのでIKEAで多少大きい家具を買っても問題無いことも魅力的だったと思います。総勢30名以上はいたと思いますが、ほぼ女性でした。私にとっては初のIKEA体験だったので、何もかもが面白かったです。HalifaxのIKEAは昨年オープンしたばかりなので、とてもきれいでした。もちろんダイニングでは、ミートボールとスモークサーモンを食べました。

当日は携帯を忘れて写真を撮ることができなかったので、コンフェデレーション・ブリッジの近くにある灯台の写真をアップします。おととい本土から戻ってくるときに撮影しました。今夜は満月ですね。
c0353373_21453712.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-03-01 21:49 | Nova Scotia | Comments(0)

冬のコンフェデレーション・ブリッジ

数日間、お隣のニュー・ブランズウィック州に行ってきました。プリンスエドワード島とニューブランズウィック州はコンフェデレーション・ブリッジという12.9キロの橋でつながっています。「凍る海の上に架かる橋としては世界最長」の橋です。

往路の日曜日の午後。暖かい2月だったので、陸に近いところだけ凍ってました。
c0353373_04153504.jpg
こちらは復路で火曜日の夕方。夕陽がきれいでした。このハート型の看板はとても人気のある写真スポットです。
c0353373_04152856.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-02-28 23:59 | Winter | Comments(0)

カーリング

今日はオリンピックの女子カーリングの準決勝の日です。カナダ(女子チーム)は今回初めて決勝トーナメントに残れなかったそうで、私のパートナーはがっかりしています。男子チームも3位決定戦で敗れてしまいました。昔はカナダの独壇場だったのに、今では世界各国が強くなってきたと嘆いてます。実は韓国女子チームのコーチはプリンスエドワード島の人です。カナダが他の国も強くしているんですね、きっと。

彼も毎週木曜日にカーリングをしています。男女混合のチームで11月から3月ぐらいまでの期間、毎週違うチームと対戦するのですが、買ったチームが負けたチームにビールをおごる暗黙のルールがあるんだそうです。負けても悔しくないですね。昨日写真を撮ってきてもらいました。
c0353373_22414400.jpg
c0353373_22413927.jpg


[PR]
# by abegweit | 2018-02-23 22:43 | Prince Edward Island | Comments(2)